« みんとのお耳は風まかせ | トップページ | 猫ちゃんから逃げろ! »

2010年1月25日 (月)

鉄橋の回し者

 みんとさんが電車の鉄橋という物を最悪の形で体験し、すっかりがちゃこん☆した金属音に弱くなってしまったことは既に書きましたが、その後、堤防の上で遊んだことなどで少しは恐怖心も薄らいだように見えていました。

鎌倉へ行った時なども問題無く、ホームで乗る電車の入線を待ちましたし、ビル建設等の工事現場の近くを通っても、それらの金属の音には動じないように見えていました。

が・・・意外な場所でみんとさんが怖がっていることが判明。

それは、公園から近道出来る出入り口である“鉄階段”です。

この鉄階段、ずーっと前は、確かにみんとさんは上がることさえ怖がり、練習して克服した場所でありました。

しかし、以後は何年間も平気で上り下りしていたのに・・・

”鉄橋事件”以来、みんとさんはやはり金属音に敏感になっているようで、公園からこの鉄階段を下って出ようとしたところ、一番上で足を踏ん張って下りようとしないではありませんか!

どうやら、りどみぃの靴が鉄階段のステップを踏んだ時に鳴らした音・・・カンコンカン的なカン☆の小さな音が鉄橋のガタンゴトン☆を連想させ、みんとさんとしては「ひいっっ(T T)」っとなったらしい・・・

みんとさん、鉄階段は、鉄橋の回し者じゃないから・・・(--;)

と、りどみぃは説得しようとしましたが、みんとさんにとっては鉄という素材で一括りに出来る仲間のようです。

 結局、この日は、一度みんとさんをりどみぃが抱き上げてから階段を下り、みんとさんを地面におろしてから、練習の意味で一緒に階段を上がってみようとしましたが、これまた踏ん張って上がろうとしませんでした。

どうやらみんとさんは、再び「鉄階段怖い」わんこになってしまったようです。

怖い割には挑戦的な顔しておりますな・・・( ̄△ ̄;)

まぁ、また1から練習するしかないでしょう。そして、練習すれば、また鉄階段なんてほいほい☆上るわんこになることでしょう。

新たなる課題を抱え込み、ちょっと疲労感を覚えるりどみぃでありましたが、みんとさんにとってはさぞかしのご心労の事と思われ、恐怖克服は絶対に必要な使命なのでした。

|

« みんとのお耳は風まかせ | トップページ | 猫ちゃんから逃げろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/33159059

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄橋の回し者:

« みんとのお耳は風まかせ | トップページ | 猫ちゃんから逃げろ! »