« リーダーになれているか | トップページ | 鎌倉散歩(人間だけ編) »

2010年1月31日 (日)

生肉は食べられる

線路の上を横切る人道橋の上からでも電車が怖いことが判明したみんとさん、線路沿いの公園に行って、そこから電車の通過を見ることから慣れさせる事にしました。


人道橋の上で、なるべく遠ざかろうとしているみんとさん

りどみぃの作戦は、電車の音が聞こえている間のみ、または電車が目の前の線路を通過している間のみ、みんとさんが好きな美味しい物を次々と食べさせ、”電車=美味しい(いいことがある)”と刷り込み、”電車=怖い”というネガティブな記憶を、ポジティブな記憶に書き換えてしまうことです。

河川敷の堤防の上で電車の通過を見た時は、チーズなら食べるけれど、ささみは食べませんでした。
これは、みんとさんの食べ物に対する魅力的な度合いの違いに由来すると思われ、つまり、チーズは大好きなので、「食べたい」気持ちが恐怖に打ち勝つのだと思われます。

一方、ささみ(犬のおやつ用の製品)は、チーズよりはみんとさんにとってはランクが低いので、恐怖に打ち勝つだけのパワーが無いという訳です。

しかし、電車が怖くなって以後に人道橋を訪れた時、みんとさんはチーズさえ食べようとしませんでした。

そこで、今回、りどみぃは、チーズよりもパワーのある物を使ってみる事にしました。牛肉の生肉を細かく切った物です。

小さな密閉容器に入れて持って行きました。
もちろん、この肉は晩御飯に与える分から持ち出して来た物で、その分晩御飯はローカロリーな内容とする段取りです。

公園に到着した時、電車が通過する時刻ではなかったので、しばらくの間はボール型のコングを転がして「”持って来い”」をして遊び、公園そのものに楽しい印象を与えようとしました。

よしんば、電車が通過している間も楽しく遊べれば、みんとさんにお肉を振舞うまでも無いかな・・・とか思ったりもして・・・

しかし、みんとさんの電車に対する恐怖心はボール遊びなんかでは薄めることは不可能なようです。

それまでは楽しく遊んでいたのに、遠くから線路をきしませる電車の音が聞こえて来たら、みんとさんは警戒モードに突入。ボールなんてほったらかしになりました。

そこで、ボール遊びは切り上げ、線路が見下ろせるバルコニーのような場所のベンチで、待機する事にしました。

みんとさんは、前回ここで電車の通過があったことを覚えているのか、電車が来る前からベンチの下に隠れ、出て来ようとはしませんでした。

そのベンチ下のみんとさんに、次の電車が来るまでの間に密閉容器から牛肉をひとつ出して食べさせ、「美味しいねぇ、電車が来たら、あげるからね(*^^*)」と予告。

「あたしゃ、こんな(美味しい)物、持ってるんだよ~」というアピールでもあります。でも、電車が来ない限りは食べさせないのです。

そして運命の一瞬・・・!

次の電車が来た時にみんとさんの口元にお肉を持って行ったら、みんとさんは、ベンチの下に身を隠しながらも、お肉をぱくり☆と食べました。

おおっ、やはり生肉は恐怖に勝るのかっ!( ̄□ ̄;)

電車が通過している間、りどみぃはみんとさんに次々お肉を食べさせました。

みんとさんは、「なんで、今お肉がもらえるんだろう?」と不思議そうな顔をしつつも、「もらえるんだから食べておきましょう」と、遠慮無くぱくぱく☆

お肉を食べさせている間は(=電車が通過している間)、明るい楽しそうな声色で「電車が来たから、お肉食べよう。美味しいねぇ、美味しいねぇ」と気分を盛り上げるようにしました。

電車が通過してしまって音が遠ざかって聞えなくなったら、残念そうな声色で、「電車行っちゃった・・・」と言いながら密閉陽気の蓋をしました。

そして、「また電車が来たら食べようね」と予告をして、みんとさんには”電車”という言葉と”肉”とが印象に残るようにしました。

結局、この日は電車上り下り合計8本の通過を見守りましたが、みんとさんはなんとなく「電車が来ると肉だな」という法則に気がついたようです。

最初はベンチ下から出て来なかったみんとさん、電車を5、6本も見送る頃には、電車が来たらベンチの下から出て来て、肉を食べるようになり、次の段階では、もうベンチの下に隠れないようになりました。

電車の音がするだけで震えていたのに比べれば、お肉を食べられるだけでも上出来です。今後もこの方法でしばらく続けてみることにしようと思います。

|

« リーダーになれているか | トップページ | 鎌倉散歩(人間だけ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/33221584

この記事へのトラックバック一覧です: 生肉は食べられる:

« リーダーになれているか | トップページ | 鎌倉散歩(人間だけ編) »