« サンタケープのこと | トップページ | ダブル・シュナプー三度(みたび) »

2009年12月28日 (月)

久良岐公園(くらきこうえん)

りどみぃが椅子に座っている時は、パソコンに向かっていたり、縫い物をしていたり、何かしらじっくり取り組んでいることが多いので、みんとさんとしても「しばらく遊んでもらえないな」と判断するようです。


靴下ロープが腹巻になっているみんとさん

が・・・朝から座る暇も無いままに部屋から部屋へと動き回っていると、「これは遊んでもらえるかもしれない」と思うらしく、りどみぃから片時も離れず、口にはぬいぐるみやらペットボトルやら”靴下ロープ”やらをくわえて来ては、「これで遊びません?」と誘って来ます。

あの~みんとさん、りどみぃは大掃除してるんで・・・遊べないです。( ̄◇ ̄;)

それでもお昼をはさんで4時間以上も着いて来られると、「そんなに遊びたいのか・・・」とお断りする方も胸が痛む始末。

みんとさんの健気さにほだされ&大掃除からの現実逃避願望で、りどみぃの運転で1度も行った事の無い遠くの公園へ行ってみることにしました。

行き先に選んだのは、横浜市港南区にある、久良岐公園(くらきこうえん)です。

久良岐公園(くらきこうえん)

所在地:港南区上大岡東3-12-1
駐車場:90台(2時間まで300円 以降20分ごとに50円)

久良岐公園への道は、坂を上って行ったので、印象としては「高い場所にある公園」で、自然の地形を生かして作られた公園ということなので、大池小池と池が2つもあったり、棚田があったりする、起伏に富んだ公園でした。

以前行った事のある、戸塚区の舞岡公園まさかりが淵市民の森が思い出されます。

駐車場のすぐ近くに管理事務所があり、そのすぐ横にあったトイレの建物脇には、”犬のリード掛け”と文字が彫られた丸太があるじゃありませんか!

早速、みんとさんにモデルを頼んで、リードを掛けてみました。

初めて来た公園で、初めて嗅ぐわんこの匂いを追いたいみんとさん、リードを掛けて待たされるのには不満顔です。

みんとさんのリクエストにお応えして、ロングリードで園内を散策します。

少し進んで行くと、斜面全体が見事な桜の林になっていました。
春はさぞかし見事だろうと想像出来ました。

来春になって桜の花がほころんだら、また来てみようかな。(・_・)

みんとさん、広々しているので、あっちこっちの匂いを嗅ぎ、落ち葉を踏みしめて走り、すっかりご機嫌になりました。

池の近くへ行ってみようと歩き出したら広いこと広いこと・・・!

山越えという感じで遊歩道を下ったら、棚田の上の方に出ました。

段々になっている棚田の横を下って行くと、木道があって小池の上を通って大池の前に出られるようです。

棚田から小池へ水が落ちて行く水路があったので、りどみぃが先に行ってみんとさんをうながすと、ちゃんとジャンプしてついて来ました。

ちびちびみんとさんにしては上出来の跳躍です。

どちらの池も自然な状態で生き物を保護しているとのことで、水草や葦などもそのままにしてあり、ちょっと水の透明度は低い池でした。

小魚などがいるようで、リールやルアーを使わなければ、多少は釣りをしてもいいらしい・・・小さな釣竿を持っている子供や大人がいました。

池の横を通って進んだら、公園の北側(?)の入口にたどり着きました。

りどみぃ、この時点でかなりお散歩としては充実感があったのですが、山を下って来たのですから、池鑑賞を終えて駐車場に戻りたければ、階段を上って山越えしなくてはなりません!

ここをのぼるのかーっ!(T▽T)

みんとさんは元気が余っているのか、階段をロングリードいっぱい先まで行っては、だらだら上るりどみぃの元へ戻って来る・・・という繰り返しをしておりました。

元気です。あまりにも元気です。・・・まぁ、みんとさんは大掃除していなかったから、ちっとも疲れていないもんね。

なんとかこんな階段をいくつもいくつも上って駐車場へと戻り、売店の自動販売機で買った飲み物を飲んで休憩すれば、すっかり夕方になっていました。

また来ようね、みんとさん。今度はじじくんも一緒にね!(*^^*)

広い公園を時間をかけて歩き、目いっぱい楽しんだみんとさん、ご機嫌よろしゅう帰宅したのでした。

|

« サンタケープのこと | トップページ | ダブル・シュナプー三度(みたび) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/32797849

この記事へのトラックバック一覧です: 久良岐公園(くらきこうえん):

« サンタケープのこと | トップページ | ダブル・シュナプー三度(みたび) »