« 野良チャボ? | トップページ | ロングリードの使いみち »

2009年12月 1日 (火)

15mは遠すぎる

以前から「やるよ、やるよ」と言われていたゴールデン(クラス)の試験は、先生が試験内容を見直して、だいぶ易しい内容になったそうです。その為、名前も”ゴールデン クラブ試験”になったそうな・・・

クラブでもクラスでも、みんとさんは落ちそうなんですけど・・・( ̄△ ̄;)


これで7m程度

試験では、課目ごとに10点満点からの開始となっていて、いたらない事がある度に減点され、終了時に残ったのが得点・・・という減点式の採点方法とのことですが、みんとさん、生まれてこの方10点満点の形には、1度も出来たことが無いものがたくさんあります。

みんとさんを置いて、飼い主が姿を隠す”待つ”事に関する課目では、鳴かないで居られたことがないので、7点どころか5点、3点とどんどん減っていってしまっても仕方ないのですが、別に、”15m”という厳しい基準があり、みんとさんにはそれが耐えられないのです。

”15m”が条件になっている試験は複数あって、”遠隔”に関する課目もそのひとつです。

これは、みんとさんをりどみぃの左脚の横におすわりさせて(脚側停座)、りどみぃだけが15m前に歩いて行って離れ、そこで振り向いてみんとさん向き合い、言葉だけで「ふせ」とか「おすわり」とかさせるというものです。

しかし!みんとさんは、りどみぃが10mも離れると不安になって立ち上がってしまうので、遠隔の指示以前に、試験の開始が成り立ちません。(距離が保てないので)

言うなれば、”スタート地点ですっ転んでいる”状態。

日頃、7mのロングリードを使っているので、5m~7m程度なら離れても大丈夫なのですが、それ以上となると不安になるらしいのです。

15mって・・・7mの倍以上じゃないの!( ̄□ ̄;)

試験の時、みんとさんが自ら勝手に立ち上がって、りどみぃとの距離を詰めて来たら減点になってしまうので、これからはちゃんと15m程度の距離で練習しなくてはなりません。

出来るようになるかしら・・・みんとさんとは違った意味で不安なりどみぃでございます。しかし、やらねばなりません。

とりあえず、公園の中で、見通しが良くてちゃんと距離が取れて、通行人のお邪魔にならず、みんとさんのリードがくくり付けられる場所で練習することにしました。

試験の時はノーリードで行うのですが、公園ということで、リードを固定。この方が、みんとさんがりどみぃを追いかけて来ようとしても来られないので、安心です。

どうも、みんとさんは、そーっと動けばバレないとでも思っているらしくて、りどみぃが振り返ると距離を詰めていたり、りどみぃが前を向いている間に足音を忍ばせて追って来て、すぐ後に来ていたりするので、それを防ぐことにもなります。

みんとさん、”だるまさんが転んだ”じゃないんだから・・・ゞ( ̄◇ ̄;)

しかし、練習を始めてすぐに、りどみぃはいくつかの問題に気がつきました。

まず1つ目は、15mも離れていると、小さな声で「ふせ」なんて言っても、みんとさんには聞えないので、大きな声で叫ばなくてはならないことです。

冬なので、そう人口密度が高いわけではありませんが、公園で「ふせー!」っと叫ぶのは恥ずかしいものです。

公園の中心で「ふせ」を叫ぶ・・・ってか?( ̄▽ ̄;)

2つ目の問題は、15mも離れるとみんとさんが小さくて、ちゃんとやっているのかどうか見えないということです。

”おすわり”→”ふせ”はなんとか姿勢が大きく変わるので見えるのですが、”たて”→”おすわり”なんか、正面から見える頭の高さや前足の状態が同じなので、ちゃんと座ったのかどうかが良く見えないのです。

ちゃんと出来ているかどうか見る為に、お散歩にオペラグラスでも持って行こうかなぁ・・・

|

« 野良チャボ? | トップページ | ロングリードの使いみち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/32461274

この記事へのトラックバック一覧です: 15mは遠すぎる:

« 野良チャボ? | トップページ | ロングリードの使いみち »