« 今ここにある危機 | トップページ | 5日間集中特別講座 (1.5日目) »

2009年10月26日 (月)

5日間集中特別講座 (1日目)

”引っ張り癖”は、先生の言うように”ちゃんと”やれば、4、5日で直るとのこと。

4、5日がんばれるだろうか・・・(´`)

しかし、「今、直さないと一生このまま」とも宣告され、将来「あの時頑張れば良かった」と思うのも嫌なので、心を入れ替え、気合で臨みます。

みんとさんのことだから、4、5日と言っても4日というのは無理だろう。一応5日で・・・ということにして5日間集中特別講座(?)開始。

全5日間の初日ということで、お散歩に行く用意をしている時にじじくんに「どこ行くの?」と聞かれたりどみぃ、思わず答えておりました。

わかんない・・・(・_・;)

というのも、一応目的地はいつも”待つ訓練”しているスーパーマーケットなのですが、日曜日でもお仕事の締め切りが近くて十分時間が避けない為、散歩時間は1時間と決めてのスタート・・・そして、みんとさんがリードを引っ張ったらイチイチ直して進むので、1時間でどこまで行けるのか予想出来なかったのです。

さて、引っ張りの直し方ですが、基本はしつけの本などにも良く出ている方法です。

犬が人より前に出てリードを引っ張る”引っ張りわんこ”は、名前を呼んだり「”あとへ”」と声をかけて脚の横の正しい位置に戻して、出来たら先へ進む・・・というアレです。

でも、りどみぃは基本がぼーっとしているので、前へ前へと行こうとするみんとさんには、手が痛くなるほど引っ張られてしまうことが多々ありました。

そんな時、りどみぃが「み~ん!(T▽T)」とか「痛い、痛い」とか言ってはみたのですが、みんとさんが力を緩めることはありませんでした。
いつも「なんで、こんなに引っ張るかなぁ(T▽T)」と苦りきっていましたが、

「みんとにとっては、ママ(りどみぃのこと)なんてどうでもいいんだよ。」

・・・ってことだったのですね。

うう・・・(・_・、)

なめたらあかんぜよ”で実力行使に出たりどみぃでしたが、みんとさんには”文句鳴きは不快”というメッセージが伝わったようで、以後は同じことをしても2度と鳴きません。ちゃんと我慢してロングリード付け替え直後の”遠隔のおさらい”をします。

同様に”りどみぃはみんとが引っ張ったら嫌なのだ。ものすごく嫌なのだ”ということをもっと理解してもらえるように伝えなくては・・・!

先生の”ちゃんと”やれば4、5日で直るという方法は、最初にりどみぃが自分でルールを決め、それを守るということでした。

そう言われてみると、これまでのりどみぃの態度には一貫性がなかったかもしれません。

ルールは、”みんとが1歩でもりどみぃより前に出たら”と決めました。
1歩でも前に出たら厳しく指摘し、毅然とした態度で横に戻らせるのです。

これまでは

みんと~引っ張ってるよ~やめてねー( ̄▽ ̄;)

というたしなめる程度でおりましたのを、気合で

引っ張ったらコロス。なにを生意気に、りどみぃ様より前歩こうとしとるんじゃいっ!(`△´)

くらい強い意志を持つように心がけました。

案の定、家の敷地を出た瞬間から、みんとさんはリードめいっぱい前に出ようとし、りどみぃのチェックを受けました。
気を取り直して「行こう」と歩き出した途端に、またみんとさんが前に・・・チェック☆

1歩前に出てはチェック☆
3歩歩けてはチェック☆と、予想通りに全然前に進めません。

しかし、これは先生も「最初は時間かかるぞ」と仰っていたので、がんばりどころだと思い、あきらめずに続けました。

みんとさんとしては、前の日までは気軽に前に出ていたのに、歩き出すとすぐに注意されている感じだったでしょう。

んふーっと、ため息ついとりました。
不満そうというよりは「なんで?」と問いかけるように、りどみぃを見上げてこられると、心がぐらぐら。

なんでそんなに注意するの?
なんでそんなに厳しいの?
なんで急に?

みんとさんの頭の中では、そんな疑問が渦巻いていたことと思います。

胸が痛みましたが、りどみぃも強くあらねばなりません。だって、引っ張られるのが一生続くのなんて絶対に嫌なんですもの。

なんでも、急でも、今日からこれがルールなんじゃ~!
散歩に行きたかったら、ルールに従わんかいっっっ!!ヽ(`△´)/

の気合で、みんとさんのはみだし1歩をチェックし続けました。

すると、家から50m離れる頃には、ちゃんと横を歩けるようになりました。

みんとさん、やれば出来るじゃない!!( ̄□ ̄;)

りどみぃが覚悟していたより早く、みんとさんはルールを理解したようです。
その後、歩いている内に夢中になってしまい、いつものように前に出ようとしてしまうことはありましたが、気合で声をかけてリードをぴっ☆っと引っ張って合図すると、「ああ、はいはい。そこを歩くんでしたっけね」という感じで横に戻っておりました。

この辺が、気合を入れる前と違います。

以前は、りどみぃが「引っ張ってるよ~ここ、ここ歩いてね」という要請程度の気持ちでいたので、みんとさんに伝わる物も弱かったようです。みんとさんがりどみぃの横に戻って来る時は、「な~に~?呼んだぁ?」なんてリズムでだらりん☆と戻って来ていました。
「どうせ前に進むんだから戻るのなんて面倒くさい。なるべく戻りたくないものだわい」という気持ちでいたように思われます。

かくして、めでたくも20分程度でスーパーマーケットの前までたどり着くことが出来ました。途中で「くんくんOK」とにおいを嗅いでも良い場所で許可を与えたりしたので、マーキングもトイレも済んでいて、みんとさんにとって辛いだけではなかったはずです。

無事に到着したスーパーマーケットの出入口の横で、10分間の”待つ訓練”をしてから、家に戻りました。もちろん、行く時と同様に1歩でも前に出るのを許さないで・・・です。

5日間集中特別講座(?)の1日目は、こうして終わったのでした。

|

« 今ここにある危機 | トップページ | 5日間集中特別講座 (1.5日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/31954904

この記事へのトラックバック一覧です: 5日間集中特別講座 (1日目):

« 今ここにある危機 | トップページ | 5日間集中特別講座 (1.5日目) »