« 5日間集中特別講座 (1.5日目) | トップページ | 5日間集中特別講座 (3日目) »

2009年10月28日 (水)

5日間集中特別講座 (2日目)

みんとさんの”引っ張り癖”を一生ものにしたくないので、りどみぃ気合を入れて臨んでおりますが、お散歩の時だけでなく、生活態度についてもかなりゆるんでいた部分を引き締めました。


撮影中にお友達に会って嬉しそうなみんとさん

例えば、みんとさんの被毛のお手入れです。

ここ1ヶ月程仕事が忙しくて長い時間をコーミングに割けず、2日に1度、家にある櫛の3段階の目の細かさの内で、中くらいのコームで梳かしていましたが、これを1番目の粗い櫛で毎日することにしました。目の細かい櫛で梳かすよりも時間がかからずに済みます。

みんとさんの場合は、コーミングされるのを喜びとしているわけではないので、全身をくまなく梳かす間じっとしていなくてはいけないことが”我慢する心”を育てる大切な機会になっている為です。

部屋から部屋への出入についても、勝手にりどみぃより先に部屋を出ようとしたら、後から声をかけて「あとへ」と呼び止め、必ずりどみぃが先というのを守らせるようにしました。これは原則は知っていても、ついじじくんが帰宅した時など喜んで夢中になってしまうのが理解できる為、なんとなくゆるしてしまうことがあったのを、徹底して管理しました。

うっかり☆みんとが部屋から飛び出して行ってしまい、りどみぃが声をかけるのが遅れてしまった時は、部屋の中から「みんと、あとへ」と自分は部屋から出ないで声をかけ、みんとさんが戻って来てからあらためて、りどみぃ、みんとさんの順で部屋を出るようにしました。

遊ぶ時だって、こんなことしたりして・・・

ねずみのぬいぐるみを頭にのせて、10数える間じっとしていられたら遊んであげる・・・という具合です。

これまでは、みんとさんがねずみのぬいぐるみをくわえて来て、りどみぃの足元にころん☆と投げ出したら「あそぼ」と誘っているのだということは解っていたので、”お手”とか簡単な芸をさせてから応じていました。

しかし、”お手”なんてみんとさんには楽過ぎるので、”遊んでいただく為にはこれくらいしなくてはならないのだ”的にハードルを高くしたわけです。

ちゃんと、みんとさんはねずみを落とすことなく耐えたので、この後は希望通り投げたり引っ張りっこをしたりして楽しく遊べるようにしました。

さて、集中特別講座(?)2日目とも言うべき27日は、家の敷地を出る時にみんとさんがりどみぃを見上げて、「歩いてもええの?」という感じに、おうかがいをたててきました。

おおっこんなことは今まで無かった!(・◇・;)

どうでもいいりどみぃ”返上への道は近いのかっ?!

この日は公園まで、ほとんど引っ張ることなく行くことが出来ました。
公園に入ってすぐのロングリードによる”遠隔のおさらい”も、黙々と集中して取り組んでいたので、りどみぃが1度言っただけでびしっ☆っと座ったり伏せたりしておりました。

みんと・・・やれば出来るんじゃん・・・(・_・;)

公園の端の方のスペースで、ちょっとだけゴールドの試験に備えての訓練をしてみましたが、一緒に歩いてる時に「”おすわり”」と声をかけ、みんとさんはその場におすわりし、りどみぃはそのまま歩き続ける・・・という”行進中のスワレ”も”行進中のフセ”も”行進中のマテ”も全部1度で出来ました。

なんだかみんとさんが別の犬に変身してしまった様な素晴らしさです。

そして出来たことをりどみぃにほめられると、本当に嬉しそうな顔をしていました。

みんとさんのような性格の犬の場合は、厳しい時は厳しく、優しい時は優しくするというように、メリハリを利かせた方が尊敬してくれるのかもしれません。

気合入れるとりどみぃ疲れるんですけど、みんとさんが望んでいる理想のリーダーとして生きて行くことがみんとさんの幸福につながると思うので、甘やかして猫かわいがりしたい気持ちを抑えて、明日も頑張ります。

|

« 5日間集中特別講座 (1.5日目) | トップページ | 5日間集中特別講座 (3日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/31989881

この記事へのトラックバック一覧です: 5日間集中特別講座 (2日目):

« 5日間集中特別講座 (1.5日目) | トップページ | 5日間集中特別講座 (3日目) »