« 今年のかぼちゃ | トップページ | ウッドチップ山 »

2009年10月16日 (金)

植物園にて

桜の季節でもなく、紅葉には早いせいか、植物園はほとんど人がいませんでした。


マリヤカラスという名前のバラ

バラ園ではきれいな四季咲きのバラが咲き始めているのに、見る人が少ないのはもったいないような気がしましたが、ロングリードにしてもご迷惑をかけることが無いので、みんとさんとのんびりするには良い感じの午後でした。

先日、りどみぃが止めても止めても無視してわんこ友達のパパやママ達に跳びついていたみんとさん・・・

りどみぃの言うことを聞くように、一体感を増すべくカフェへ出かけ、公園に行く時には少しでもリードを引っ張ったらりどみぃは2、3歩後退りすることにしてりどみぃに対しての注意を喚起し、匂い嗅ぎも公園に到着してロングリードにするまでは一切禁止、家の中で仕事の合間にそれまではぬいぐるみを投げたり引っ張りっこをしたりと”みんとさんにとって楽しいこと”をしていましたが、それ以外にも単純な”おすわり”や”ふせ”を繰り返して反応速度を上げるような練習をするようにしました。

結果、かなりみんとさんがりどみぃと行動することに楽しさを覚え、だいぶ言うことを聞くようになってきました。

こちらの態度が違うと、みんとさんの反応も違うということで、良いわんこでいて欲しければ、りどみぃがちゃんと良いリーダー役を全うしなくてはいけないようです。

どうもみんとさんは、りどみぃが思っているよりも”厳しく”する必要があるようです。

以前、どうしたものかと考えていた”1階と2階の間の移動で、眠そうなみんとさんをどうするか”については、みんとさんの性格の場合は、が良いようなのです。

例えば、眠そうなみんとさんを黙って抱き上げて運んでやったりする2は、”みんとが考えるリーダー”の行動とは違っているようです。

りどみぃとしては「眠かろう」という”思いやり”なのに、みんとさんにはちっとも「このリーダー優しいな。この人の為なら何でも言うこと聞こう」なんて評価はされなくて、その逆で「こいつ甘いな。うひひ、こいつの言うことなんて聞かなくていいや」的に受け止められるみたいなのです。

植物園のバラ園でも、ベンチに座ったりどみぃが、前方にボーロを「ころり~ん☆」とかけ声をかけながら投げてやり、みんとさんがダッシュで追って食べるという遊びをしましたが、これが相当楽しいらしいです。

みんとさんにとっては、ねずみのぬいぐるみを投げて持って来るのよりターゲットが小さくて難易度が高い所がわくわく☆するらしい・・・

ボーロが生垣の下の方に入ってしまって、捕らえにくいのも、見つけて食べることが出来た時の達成感を高めるらしいのです。

みんとさんは「また投げてくれろ」と、お口をもぐもぐさせながら、りどみぃの元へ戻って来るので、何度か繰り返しました。

その後、わざと遊びを中断し、りどみぃが植物園に入る前にコンビニで買って来た温かいお茶を飲む間休憩とし、みんとさんには”ふせ”で待機していてもらうことに。

りどみぃがお茶を飲んでいる間、ちゃんと勝手なこと(立ち上がる等)をせず待てたら、「ちゃんと待ってて良いこだったね」と声をかけて”ふせ”を解除し、”ころりん☆”の遊びを再開。

「楽しいことは、りどみぃがやるかやらないか決めるんだな」ということを印象付けることで、主導権の所在を意識させたかった為です。

もし勝手なことをしたら、遊びは再開せずに切り上げて帰宅するつもりでしたが、みんとさんはじっとりどみぃを見つめたまま、また遊んでもらえるのを待っていました。

と、みんとさんが思ったのかどうか・・・

生き生きと顔を輝かせて、りどみぃに対しての注意力も上がり、みんとさんの態度も謙虚になり、跳び付きもだいぶ減りました。

台風前のみんとさんは、もうちょっといい子だったので、そこまで戻すべく、りどみぃももうちょっとリーダーらしく頑張ろうっと。

|

« 今年のかぼちゃ | トップページ | ウッドチップ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/31814759

この記事へのトラックバック一覧です: 植物園にて:

« 今年のかぼちゃ | トップページ | ウッドチップ山 »