« 我慢する心はまだまだで | トップページ | 5日間集中特別講座 (1日目) »

2009年10月25日 (日)

今ここにある危機

「みんとにとっては、ママ(りどみぃのこと)なんてどうでもいいんだよ。」

24日のしつけ教室の時、先生の口から出た言葉です。

確かに~でも今日始まったことじゃないんですけど・・・( ̄△ ̄;)

状況はこうでした。

脚側停座からりどみぃがみんとさんに「行こう」と声をかけて5、6m程前進して何も言わずに停まる・・・という状況の時、みんとさんはりどみぃを一瞥もしないで、停まった位置の周囲の匂いを嗅ぎ続けておりました。

同じことをして、クラスの他のわんこの場合はどうなるかというと、まず、歩き出した時点で飼い主を見上げてアイコンタクトを取りながら歩き、飼い主が立ち止まると「ん?ママ、どうしたの?」とこれまた見上げて、このまま停まっているのか進むのか飼い主の意向を確かめようとするのです。

それが飼い主と犬との良好な関係が出来ている場合の正しいカタチらしい・・・

ところが、みんとさんとりどみぃのコンビだと、歩き出しの時からみんとさんがアイコンタクトを取って来ないので、「行こう」と言って1歩を踏み出すタイミングをもはかりにくく、歩いている間もみんとさんってばこれっぽっちもりどみぃの方を見ないし、停まったからといって「どうしたの?」とも思わないらしいのです。

どうもみんとさんってば、「なんか停まったから、ゆっくりにおいが嗅げる」程度にしか考えていないように見えます。

みんとさんは、りどみぃが停まろうが歩こうが”どうでもいい”ので、「どうするの?」とアイコンタクトを取って、りどみぃの意向を確認しようともしないわけです。

先生は、その点をご指摘になられたのですが、「確かにどうにかしたいものだ・・・(´`)」とりどみぃが思っていると、先生は恐ろしいことを仰ったのです。

今直さないと、一生このままだぞ。

えっ?!そうなの???( ̄□ ̄;)!!

一生このまま!?なんて恐ろしい・・・

それに”今”直さないとって・・・”今”?
短期決戦なのかっっっ?

今、ここにある危機なのねっ!?( ̄□ ̄;)

そんなに”今”の時期を逃さず取り組まなくてはいけないなんて、思ってもいませんでした。

引っ張り癖についても、先生は「ちゃんとやれば直ぐ直るよ。やればね!そうだな、4、5日で直るよ」とのこと。

本当に?本当かなぁ・・・ということで、先生に詳しく直し方を聞いて、4、5日がんばってみることにしました。

みんとさんの引っ張り癖を直そうとしてもうすぐ3年、最近は引っ張られたら「みんと」と声をかけるだけでりどみぃの脚側に自主的に戻って来るようになったので「良い感じ」だと思っていましたが、りどみぃはちょっと暢気過ぎたようです。

”ちゃんと”出来ていなかったようです。

先生に詳しく教わった方法は、りどみぃが考えていたよりもシビアな”厳しい”基準にのっとったものでした。

俄然、りどみぃにとってはあれもこれもが、”将来的に直したいこと”から”今、直さなくてはならないこと”になってしまいました。

なんでなのかなぁ・・・4歳になると自我がしっかり固まり過ぎて、飼い主と犬の良好な関係を築きにくくなるとか、そんな理由からなんでしょうか?
だから、3歳の内に直しておけってこと?

なんだか締め切りを突きつけられたようなショックで、そういうことは聞いてきませんでした。

が・・・もうちょっとしっかりと危機感を持って取り組まねばならないようです。

じゃないと一生みんとさんはこのまま、よそ見ばっかりしている引っ張りわんこ・・・( ̄△ ̄;)ぞぞぞ

|

« 我慢する心はまだまだで | トップページ | 5日間集中特別講座 (1日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/31989722

この記事へのトラックバック一覧です: 今ここにある危機:

« 我慢する心はまだまだで | トップページ | 5日間集中特別講座 (1日目) »