« 相模川で泳ごう 投入編 | トップページ | 鼻トスで頼みたかった »

2009年8月16日 (日)

相模川で泳ごう ナスよさらば編

相模川で川の中に誘導する為に、昨年長者屋敷キャンプ場で投げたのと同じ、ナスのおもちゃを使ってみました。

りどみぃが川の中、みんとさんが岸の状態で、最初は限りなく川岸に近い場所に投げ、みんとさんに「持って来い」と言ってみました。

少しばかり流れたナスが石に乗り上げて停まったところで、岸のみんとさんがぱく☆っとくわえ、そのまま川の中をじゃぶじゃぶ☆と数歩進んで、りどみぃの元に持って来るみんとさん・・・お見事。ごほうびにジャーキーのかけらなど、美味しい物を気前良くあげちゃいます。

次は、岸から50cm程度離れた場所に投げてみました。

これも、数歩川に入るだけで回収出来るので、みんとさんもちゃんと拾ってくれました。

りどみぃが川の中から水面にナスを投げる→岸のみんとが川に入ってナスを拾う→川の中のりどみぃの手元に持って来る→ごほうびを景気良く貰う→みんとさん独自の判断で岸に戻る

こんな流れの作業を、何回か繰り返しておりました。

浅い場所なら、みんとさんがじゃぶじゃぶ☆歩いて行けばナスが流れて行ってしまう前に拾うことが出来るのですが、少し水深が深くなると水の流れも岸辺よりは速いし、水の抵抗があってみんとさんの水中ウォークも遅くなるので、ナスに到達する前に目の前を流れて行ってしまいます。

みんとさん、ナスに追いつこうと頑張る気はこれっぽっちも無いらしく、潔く(?)諦めて、流れていくナスを見送っておりました。

1度諦めることをおぼえてしまうと、水の中に入ってまで拾うという根性が無くなってしまうらしく、川遊びの最後の方では、みんとさんは自分は岸にいて、ナスが岸に打ち寄せる流れに乗って手前に来るのを待っているようになりました。

怠け者~!( ̄□ ̄;)!!

岸に打ち寄せられたナスを、前足で手前に引き寄せるという技まで繰り出し・・・

がぶっ☆っとくわえると口の中に水が入るので、それを避けようとして、ナスの水の上に出ている部分の一番上のところを、つまむように小さくくわえるという技も使っておりました。

かように頼みもしないのに様々な技が編み出された、みんとさんの今年の川でのナス拾いでございました。

ちなみに、川遊びを終えてライフジャケットを外してやったら、輝くばかりに笑顔を見せていました。みんとさんなりに緊張していたようです。

泳ぐという挑戦から開放されてみると、みんとさんもそれなりに楽しかったらしいです。

|

« 相模川で泳ごう 投入編 | トップページ | 鼻トスで頼みたかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/30974635

この記事へのトラックバック一覧です: 相模川で泳ごう ナスよさらば編:

« 相模川で泳ごう 投入編 | トップページ | 鼻トスで頼みたかった »