« ここが安心 | トップページ | お勉強は気合? »

2009年7月 9日 (木)

スカートでなめられない

7月2日に右腰に出来た腫瘤切除の手術を受けたシュナプーのみんとさん、傷口をなめないように・・・ということで、家ではわんこのおむつをしていたみんとさんですが、外ではトイレの都合もあるので、急遽腰巻スタイルで傷だけをカバーすることを考え、本を見てスカートを作ってみました。

参考にした本は、

”手作りでぴったりサイズ かわいい 愛犬服&便利グッズ”
雄鶏社
発行日/2007年7月10日
ISBN978-4-277-431-8-1C5077
¥1,200

です。

背中側はプリーツスカートになっていて、腹巻状のベルトの上に縫い付けてある形なので、本には”エチケットサポーター”とありました。マナーベルトと同じ意味で、わんこの勝手なマーキングをおしゃれにカバーするというアイテムのようです。

みんとさんの場合は、おんなのこなので、排泄器官が尻尾の根元に近いところにあるので、おしっこするのは自由自在です。(防げないという意味で)
しかし、傷を舐められないという意味では、ちゃんと役に立っています。

プリーツスカート部分は綿の先染めチェックの布で、その裏側はデニム(本での指定もデニムの生地だったので)、腹巻部分の表はデニムで裏は綿のプリント布になっています。

腹巻部分は面ファスナー(マジックテープという商品名の物もあります)で巻き始めと終わりを固定する仕様になっていますが、このデニムの微妙にかたいところが、みんとさんが鼻面でめくって傷を舐めようとするにはめくれず&届かないようなのです。

りどみぃはわんこのスカートを作るのは初めてでしたが、直線縫いばかりなので金曜日1日で出来上がり、土曜日のお教室に着せて行くことが出来ました。

|

« ここが安心 | トップページ | お勉強は気合? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/30482286

この記事へのトラックバック一覧です: スカートでなめられない:

« ここが安心 | トップページ | お勉強は気合? »