« ケツハゲへの道 | トップページ | マイ・エリザベス »

2009年7月 3日 (金)

麻酔は効くのか?

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、右の尻尾付け根近くに腫瘤(何かのかたまり)が出来たので、手術で取っていただくことに・・・手術は7月2日(木)の午後になりました。

手術自体は短時間で済むそうなので、1時過ぎに病院に連れて行ってお預けし、6時過ぎにお迎えに行くという日帰り手術&入院形式です。

前日の晩御飯の後、0時までは物を食べても良いけれど、以後は禁止。お水は当日の朝8時までは飲んでも良いけれど、以後は禁止。なので、お散歩は8時までに済ませてお水飲んでおかないと・・・ということで、軽く近くの公園に行きましたが、暑くなかったせいか、帰宅してもお水は飲みませんでした。

いつもなら朝ごはんを食べる時間になっても何も食べられなかったらみんとさんも悲しいだろうし、空腹のまま手術の時間まで過ごすのも長そうなので、りどみぃと一緒にお昼寝をして過ごしました。

前回の血液検査の時に可哀想なことをしたので、今回はりどみぃもお付き合いで朝昼ご飯抜きです。

1時過ぎに動物病院に行くことになっていましたが、道が空いていてちょっと早めに到着してしまい、駐車場に停めた車の中で待つことにしました。

駐車場に到着した時点で、動物病院に来たということは解っているらしく、”動物病院大好きわんこ”のみんとさんなので、車を降りて行く気満々。

いや、みんとさん、まだだから・・・(・_・;)

りどみぃが運転席から後部座席に移動して、メッシュクレートのファスナーを開けてやると、みんとさんが膝の上にのって来ました。
しかし、これは甘えてのことではなくて、車の前の方が見たいので、少しでも高い所にのりたかったようです。

動物病院の前の通りは近くのビジネス街のビジネスマン達がランチの為にたくさん通る場所なので、みんとさんは彼らの姿が見える度に姿を追っていました。どうやら「じじくんじゃないかな?」と思って注目してしまうようです。

みんとさん、じじくんの会社はこの辺じゃないから・・・居るわけないんで!ゞ( ̄◇ ̄;)

時間になって、動物病院へ移動し、手術前の検査についての説明を受けてから、お願いする検査項目を選び、心電図を取っていただいたり、聴診器で胸やお腹の音をチェックしていただいたり・・・と、検査は順調に進みました。

幸いなことに不整脈も出なかったし、異常が無いので、手術決行へ。

が・・・麻酔の1本目を打っていただき、先生の「10分ほどでぼんやりして来ますからね」と薬が効いて来るまで待合室で待つことになったのに、病院大好きわんこ過ぎて、いつもお世話になっているトリマーさんに尻尾振りまくるは、診察室へのガラス戸を通して姿が見える大好きな獣医師の先生の元へ行きたそうにいそいそするは・・・で、これっぽっちもぼんやり☆して来ません。

・・・みんとさん、麻酔効いてよね・・・(・_・;)

挙句の果ては、執刀医の院長先生が奥から登場の際には、「わんわんわん☆」と遊びましょうコールをする始末・・・

みんとさん、これから手術だから・・遊びに来たんじゃないんだからね!( ̄△ ̄;)

みんとさんがぼんやりしないままに時間が経過し、再び診察室へ・・・診察台の上のみんとさんは、状況を理解しておらんようで、ものすごくうれしそうでした。

2本目の麻酔の注射はすぐに効いてきて腰が砕けるようになるとのことでしたが、ハイなみんとさんはがくっ☆っと来るわけでもなく、この段階でやっとぼんやりしてきたかな?という雰囲気に・・・

獣医師の先生が2人で患部を確認し、電動バリカンでみんとさんの毛刈りが始まったところで、「もう大丈夫ですよ」と飼い主りどみぃはサポート役をお役御免になり退出することになりました。

お尻の毛をぶみ~ん★と刈られながら、去って行くりどみぃをぼんやりと見送るみんとさんは、この時何を考えていたものやら・・・

いよいよケツハゲが始まった・・・!( ̄△ ̄;)

りどみぃはそんなことを考えつつ、心の中で「みんとがんばれ!」と応援しつつ帰宅しました。

つづく

|

« ケツハゲへの道 | トップページ | マイ・エリザベス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/30406082

この記事へのトラックバック一覧です: 麻酔は効くのか?:

« ケツハゲへの道 | トップページ | マイ・エリザベス »