« 水辺に興味アリ? | トップページ | スタバのテラスにて »

2009年6月15日 (月)

苦肉の防暑対策

宮ヶ瀬湖畔サイトに行った時にりどみぃが苦肉の策としてみんとさんに着せた(?)、”金太郎の腹掛け”ならぬ”シュナプーの背掛け”について書いておこうと思います。

暑そうなみんとさん・・・りどみぃが”背掛け”を着せ掛けていなかったら、もっと暑かったことでしょう。こんなもんじゃ済まなかったはずです!

と力強く言い訳してしまうのは、じじくんが「そんなの着せるの?( ̄△ ̄;)」と否定的だったから~

確かに、りどみぃも「ステキなお洋服」とは言えないと解っていますが、暑い時は濡らしたパイル地の服を着せると水が蒸発する時に熱を奪ってくれるので、みんとさんが涼しくて楽なんですもん・・・

背に腹はかえられないのよっ!( ̄◇ ̄;)(魂の叫び)

さて、具体的に説明すると、これは単なるハンドタオルです。形はほぼ正方形。

木陰が少ないと知っていたのに、用意したパイル地の服を家に忘れて来てしまったと悟った時、りどみぃはこのハンドタオルをお水で濡らして、みんとさんの背中にかけ、1辺を首の後から前へまわして、両端をクリップでとめてみました。
子供が風呂敷をマントに見立てて遊ぶ時のような、マントタイプです。

クリップは、みんとさんのごほうびのおやつの予備を持って来ていたので、その袋の口をとめるのに使っていた物を利用しました。

すでに陽が差して暑くなり始めていたので、みんとさんも嫌がらずに羽織っていましたが、クリップで顎の下一箇所をとめてあるだけだと、みんとさんが歩く度に背中からずれて、地面にずるずる引き摺りそうになってしまいました。

これはダメだ・・・(・_・;)

次は、タオルの四角い形そのままに、海苔巻きの要領でみんとさんの胴に巻いてお腹の下でクリップをとめる腹巻タイプにしようとしました。

しかし、タオルの大きさがみんとさんの胴回りよりは小さいので届きませんでした。

対角同士ならイケル!とわかり、みんとさんのお腹の下で正方形の対角同士をクリップでとめる形で巻いてみましたが、少し歩くと胴を中心として外側が回るようなずれ方をして、クリップが脇腹に・・・

りどみぃ、ふと思いついて、もう1個あったクリップで、首に近い方の角を首輪の内側に巻き込み、首輪ごとクリップでとめてみました。


つり橋から宮ヶ瀬ダム湖を見るみんとさん

これがとても良くて、みんとさんは歩いてもタオルがずれなくなりました。

お昼にバーベキューを食べる時は日陰にいられたので、みんとさんのこのタオルを脱がせましたがが、からから☆に乾いておりましたので、いかに日向が暑かったかが知れようというものです。


暑さにバテもせずに元気なみんとさん

このように、タオルをクリップでとめただけの服(?)を着て、みんとさんが平気な顔で活動しているものですから、知らない犬連れの方に「その服、どうなっているんですか?」と質問されたりもしました。

バーベキューランチを終えて解散した後、再びタオルを水で濡らして同様に装着!

宮ヶ瀬湖畔サイトの大階段を上って、水の郷商店街まで戻ったら、霧状の水が一定時間毎に散水されるシステムが稼動していて、辺りが涼しくなっていました。

みんとさん、涼しいので嬉しそうです。

見た目は良くないかもしれないけれど、熱中症になることも無く、楽しく遊んだみんとさん・・・めでたし、めでたし。

|

« 水辺に興味アリ? | トップページ | スタバのテラスにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/30126277

この記事へのトラックバック一覧です: 苦肉の防暑対策:

« 水辺に興味アリ? | トップページ | スタバのテラスにて »