« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

わんこのゆであずきシフォンケーキ

ゆであずきの缶詰を使った、わんこと人間が一緒に食べられる、甘さ控えめ、油とベーキンブパウダー不使用のシフォンケーキを焼きました。

ゆであずきなので、あずきの粒が確認出来ちゃいます。

先日、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんがずっとお世話になっていたトリマーさんが退職されることになり、他のわんこよりもお手数をかけている手前、ほんのお礼の気持ちに・・・と、シフォンケーキを焼いて持って行こうと思い立ちました。

他のわんこよりお手数をかけているというのは、りどみぃやじじくんの好み(頭を丸く、口元は長過ぎず・・・など)の微妙な加減を、次回からの担当の方に教えながら、一緒にトリミングして下さる”引継ぎ”を5月、6月と2回(!)に渡ってして下さったからです。

朝、みんとさんを連れて行って、夕方お迎えに行くまでの家での待機中に急に思い立って焼いたので、材料として目新しい物を買い物に行く時間など無く、その時家にある物で焼くことに・・・

えーと、えーと・・・何か無いかな?果物はちょうど良いのが無いし、この前黒蜜きなこ味は持ってったし・・・あ、ゆであずきはどうでしょうか?!( ̄◇ ̄;)

「金時豆の蒸しパンや小豆のカステラなど売っているのだから、あずきの入ったシフォンケーキだって美味しいはずだ!」と思い、野性の勘で焼いてみたらじじくんにも、みんとさんのわんこ友達のママさんたちにも好評でした。

わんこのゆであずきシフォンケーキ

材料:17cmシフォン型用

卵黄 4個分

卵白 4個分

小麦粉 (薄力粉)90g

砂糖 25g

ゆであずき 100g

水 50cc(あれば牛乳にする)

下準備:

材料は量って用意しておく。

今回使用したゆであずきは、”甘さ控えめ糖度38%~42%”という製品でした。430g入でしたが、りどみぃは1度に2個のシフォンケーキを焼くので、100g×2として缶の半分量を使いました。

水は、あれば牛乳にした方がもっと美味しいのではないかと、りどみぃの野生の勘が言っていますが、家に無かったので水にしました。

オーブンは180℃に予熱しておく。(りどみぃの場合は、メレンゲが出来上がりそうになった段階でスイッチを押して予熱を始めるようにしています)

型の用意も忘れずにd(*^^*)

1.卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖(今回は20g)でメレンゲを作る。

メレンゲの作り方は別に詳しく書いてあります。d(*^^*)

しかし、今回は冷凍庫に白身を入れて置いておく時間が無かったので、ステンレスのボウルの下に冷凍庫から保冷剤を出して敷いて作業しました。

氷を当てるよりも水気が入る心配が無いのでお気軽でした。

シフォンケーキの作り方はいつも同じ手順です。一応書いておきます(^^;)

2.卵黄をボウルに入れ、軽く泡立て器で割りほぐしてから、残してあった5gの砂糖を入れ、泡立て器で良く混ぜてマヨネーズ状にする。

3.2にゆであずき、水の順で加える。均一になるように混ぜる。

4.3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えてなめらかになるまで混ぜる。(最近のりどみぃは、この辺はゴムベラで混ぜております)

この時、まだオーブンの予熱が完了していなかったら、完了するまで小麦粉を混ぜないで予熱が完了するまで手を止めて待っています。

小麦粉は混ぜてから時間が経つと粘り気が出てしまうので、ケーキの焼き上がりが重たくなってしまうからです。

5.4に残りの小麦粉を1/3ずつ2度に分けてふるいながら加える。練らないように短時間で混ぜ、多少粉が見える程度でも良い。

6.メレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に混ぜる。

この時は、粉っぽい部分が無いように全体的にきちんと混ぜること。

7.6にメレンゲの残りを2度に分けて加える。

8.7を型に流し込み、表面を軽く平らにする。型の底を2,3cm持ち上げてトン☆と落とすことを2,3回繰り返して、もし型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜く。

9.180℃で30分焼く。20分程度焼いて焼き色がついてしまったら、アルミホイルをあらかじめ用意しておき、オーブンを一瞬だけ開けてふんわりのせると焦げなくて良い。

10.焼きあがったらオーブンから出して型ごと逆さまにして冷ます。

11.型の上から素手で触っても熱くない程度まで冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べる。

みんとさんも、とっても好きみたいで、撮影の為に一切れのったお皿を持ち歩いていたら、呼んでもいないのに後をついて来ました。
たわむれにみんとさんが昼寝するマットの上に置いてみたりして・・・

最近、みんとさんは食べたい物があるとたらっ☆っとよだれを落とすことがあるので、用心して”ふせ”してもらいます。

上から覗き込んでいる時にお皿の上からよだれを落とされたら、さくらんぼの時みたいに洗いなおすことも出来ませんから。

そして、ケーキのみの撮影をしている間、足元できゅんきゅん☆鳴いていました。

鳴かなくてもあげるから・・・ゞ(^^;)

ゆであずきを常備しておけば、季節を問わずに焼けるので、作りやすいフレーバーだと思いました。緑茶にも合いますし♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

トス!

別にシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんに芸を仕込んで、わんわんサーカスに売ろうってんじゃありませんが、みんとさんに新しい芸を教え始めました。

”トス”という芸で、りどみぃがみんとさんに向かって投げたスポンジボールをみんとさんがお鼻でドシュッ☆っと突いてりどみぃの手元に返す・・・というものです。

”サッカーで言うところのヘディング”のお鼻版?(^▽^;)


宮ヶ瀬にて

これは屋外で練習中のみんとさん・・・決して踊っているわけではありません。

上手いことボールにお鼻がヒットして、りどみぃの手元にボールが戻るところです。みんとさん、なんだか満足そうな顔をしています。

これはずっと前からいつかは教えてみようと思っていた芸なのですが、最初は2008年の夏頃小さなビーチボールを買って、それで試してみようとしました。

しかし、りどみぃが手にしても、直径18cm程度のビーチボールというのは結構重くて(中が空気であっても)、みんとさんがそれをお鼻で受けたら、首にまで衝撃がありそうなので、ビーチボールを使うのはやめました。

スポンジ製のボールとかが良さそうだな・・・(・_・)

2009年になってから、買い物のついでに大型トイ・ショップで、テニス用のスポンジボールを買い、1週間ばかり家で練習していましたが、どうもボールが小さいことでみんとさんの些細なコントロールが方向を大きく変えてしまうので、ボールをお鼻でトスするまではすぐに出来るようになりましたが、そのボールはりどみぃの手元に戻って来ませんでした。

そんなある日、小さいスポンジボールを買った店とはまったく別の店・・・ホームセンターの子供の野球グローブやサッカーボールの売り場で、大きなスポンジボールを発見。

ジャンボスポンジボールという商品名で、みんとさんの顔より大きい・・・

以前のスポンジボールと並べて、その大きさを比較する写真を撮ろうとして用意していたら、みんとさんは眠くなってしまったようで横になってしまいました。ボールを傍に置いても起きやしない!

みんとさんの態度はともかく、これくらい大きなボールになったら、りどみぃの手元に戻って来る確率はかなり上がりました。

しかし、じじくんの観察によると、りどみぃの投げ方もちゃんと真っ直ぐ出来ていない時があるそうで、みんとさんはそういう時には頭を振ってりどみぃの手元に戻そうと務めてくれているらしい・・・

投げ方が下手でご、ごめんねっ(・_・;)

それでもりどみぃの手元に戻らない時が何度も続いて、結果的に”鼻トスをしたのにごほうびがもらえない”という状態が続くと、みんとさんは「えーっ?これ(鼻トス)でごほうびもらえるんじゃないの?」とやってることに疑問を持つらしく、勝手に工夫を始めます。

りどみぃが投げたボールを”トス”しないで、いきなり空中キャッチするのも、そのいらん工夫のひとつです。

こんな風にばく☆っとボールをくわえると、いつもの”持って来い”の時のようにボールをくわえたままりどみぃの元に持って来ます。

そうじゃなくってぇぇぇ~( ̄▽ ̄;)

こちらの意図を勘違いしているようなので、ゆっくりとしてもらいたいことを教えます。

りどみぃのてにボールを持って、みんとさんを前に座らせて、「みんとさん、い~い?」と、声をかけてから「”トス”!」と聞かせ、それからゆっくりと片手に持ったボールをみんとさんのお鼻に放物線を描いて下ろして行き、そっとちょん☆っと当て、そのボールをりどみぃの胸元に持って来て、両手でぱふっ☆っと受け止めるしぐさをします。そして、みんとさんにごほうびをあげます。

「こうボールが来たら、みんとさんがお鼻でトス。そしたらりどみぃがキャッチで成功ってことよ。」と一連の動作の流れと何をもって成功とみなすか・・・を理解させようとしました。

お鼻にボールを当てられて、みんとさんはうれしそう・・・解ったのかな?

どうやら理解したようです。ボールはちゃんとりどみぃの手元に来ました。

みんとさんのコントロールがしやすいように、りどみぃももっと投げ方をいつも同じに出来るようにならなくては!

楽しくやろうね、みんとさん!(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

イベントの音がする

晴れたら暑くなりそうなので、午前の涼しい内に・・・ということで早めに家を出て、午前10時には川崎市の東扇島東公園に到着していました。

公園の駐車場からわんわん広場(ドッグラン)に向かっていたら、にぎやかな音楽が聞えてきました。

人工海浜の方で、何かイベントをやっているようです。

日除けの為にか、数々の色とりどりのテントが設置されていたり、売店の車が来ていたり・・・でなかなかにぎやかそうに見えました。

人工海浜の砂浜の上には、人の背丈ほどもある大型スピーカーが置かれていて、音楽はそこから出ているようでした。

しかし、人工海浜は犬(ペット)立ち入り禁止なので、近くまで行って何のイベントかわかりませんでした。

横浜市の海の公園では、海水浴シーズンになる海開きの日以前なら砂浜に入れるのに、川崎市初の人工海浜である為か、ここは1年中立ち入り禁止のようです。


あまりにもみんとさんに似ているイラスト

砂浜の横を大きく周って、堤防の上を進み、展望台であるウッドデッキの方に向かいます。

堤防の砂浜に近い方だと、かなり上に乾いた砂が溜まっていて、ミニ砂浜気分を味わえたりして・・・

堤防やウッドデッキの上は海からの風が吹き渡り、とても涼しくてさわやかでした。

距離的には遠くなりましたが、こちら側からなら、巨大スピーカーがあったイベント会場の砂浜側が見えました。踊っている人達もいるようです。

この後、もう1度ドッグランで遊んでいたら、海とは反対側の公園の端の方・・・多目的広場の方で、和太鼓がたくさん合奏している音がして、かなりの数の人と太鼓が見えました。海の方のイベントとは別の集まりのようです。

こっちは和太鼓か~(*^^*)

イベント会場内へは遠慮しますが、近くに行けば、もっと演奏が聴けるかな?と思ってそちらへ向かおうとしたら、ぽつぽつ☆と雨が降り始めて、空には黒い雲が・・・たくさん降りそうだったので、和太鼓を聴くのはは諦めて、帰ることにしました。

みんとさん、やっぱり今日も”てるてる坊主のチャーム”をつけていた方が良かったかもしれないね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

カフェが楽しみ

神奈川県立保土ヶ谷公園というのはスポーツ公園なので、夜間照明設備の整った野球場やサッカー場、ラグビー場などがあり、他にも多数の野球グラウンドやテニスコート、夏はプールもあるという大きな公園です。

公園管理事務所の横を通りかかったら、プールは今年来年と2年間に渡り閉鎖されて工事が行われると掲示板にありました。

あらま・・・( ̄△ ̄;)

季節柄、見上げるほど大きな七夕飾りが飾られていましたので、みんとさんの記念写真をぱちり☆

今年のりどみぃの星へのお願いは、”みんとさんの健康と幸福”だけです。
もう”よいわんこ”を願う気力は風前の灯です。

灰かぶりからもうすぐ1年・・・

よくがんばったよ、アタシ。( ̄△ ̄;)

七夕飾りが風にそよぐのに見とれていたら、隣の資料館の一部が改装工事中で、壁をぶち抜いてウッドデッキが出来ていました。

7月中旬オープン予定で、カフェが出来るそうです。
プールの工事のお知らせが貼ってあった掲示板には、カフェの求人票も貼ってありました。

ZAIM CAFEというお店で、本店は横浜市中区の日本大通りにあり、アメリカン・ダイナーズカフェだそうです。

テラス席があるので、わんこと一緒でもOKなんでしょうね♪
結構広々したテラスに見えます。

オープンした暁には、みんとさんと訪れてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

桜桃も桃の仲間?

思いがけずじじくんが産直のさくらんぼをいただいて帰宅し、贅沢にも、我が家で注文して買ったのと連日(!)で食べることになりました。

いただき物のさくらんぼはちょうど食べ頃で、りどみぃは、みんとさんに見せてみたのですが、特に興味無さそうでした。

ん~みんとさんって、さくらんぼ食べたこと無かったっけ?( ̄-  ̄ )

思い返してみると、生のさくらんぼは無かったかもしれません。
冷凍のアメリカンチェリーを解凍して使ったシフォンケーキなら、喜んで食べていましたが、あれは加熱済みなので、みんとさんとしてはイコールに思えないのかも・・・

りどみぃ、赤くて甘そうなさくらんぼを選び、1粒の半分で種の無い方をみんとさんのお口の前に差し出してみましたが、ちょっと匂いを嗅いだだけで、ちっとも食べたそうにしませんでした。

おまけに、そのさくらんぼを無視して、円くなって寝る始末。

ば、ばちあたりなっっっ( ̄△ ̄;)

結局、翌朝まで放っておかれて、この半かけのさくらんぼは干からびてしまいました。

みんとさんはさくらんぼは食べないんだな・・・とりどみぃは結論。
翌日、今度はりどみぃが注文して買ったさくらんぼが届き、晩になってから食後のデザートとして食べることになりました。

一応洗って、ステンレスのザルに盛り付けて、じじくんが居る部屋まで持って行ってから、ちょっと忘れ物を取りに席を外そうとし、手にしていたさくらんぼを「さて、どこに置いておこう・・・」と思った時、つい出来心で床の上に数冊重ねて置かれた雑誌の上にちょい☆置きしました。

と・・・みんとさんが登場、さくらんぼの山の上をぺろり~ん☆と舐めたのです!

えっ?!あんた、さくらんぼ食べないんじゃなかったのっ??!( ̄□ ̄;)!!

なんてこと・・・生のままじじくんとりどみぃが食べるさくらんぼを、みんとさんに先に舐められてしまいました。それも、どの粒をなめたのかも不明・・・

食べたいならあげるのに・・・実力行使で先に唾つけるのやめて・・・( ̄  ̄;)

仕方ないので、また台所まで持って行って全部洗い直しです。

どうも前日に比べてさくらんぼに興味を持っているようなので、今度は5mm角位に小さくちぎって、みんとさんのお口に入れてやりました。

最初は、噛んだら舌の上に果汁の甘さがひろがったのに驚いたようで、お口から出してしまいましたが、未練たっぷりに見下ろしているので、りどみぃが拾って、もう一度口の中に入れてやったら、おっかなびっくりもぐもぐ☆したり舌の先に戻したりしていました。

そういえば、最初に生の手羽先を食べた時も、こんな風にどうして良いかわからないみたいな、それでも後口が美味しいので諦めきれないような様子をしていましたっけ!

もう1つ5mmくらいのかけらにして食べさせたら、今度はもっと決然と噛んで美味しかった合図にお口の周りをぺろぺろなめていました。

結局、みんとさんはさくらんぼを1個丸ごと(種はりどみぃが取り除いて)食べきりました。気に入ったようです。

その後、りどみぃやじじくんが食べるのを、ちょっとうらやましそうに見ていました。

しかし、お腹を壊してもいけないので、最初はちょっとだけ・・・と思い、それ以上はやりませんでした。

前日はとうとう食べなかったくせに、次の日は食べようとするとは・・・なんだか桃の時のようです。

はっ!そうなのねっ!?(・◇・;)

りどみぃには、前日のさくらんぼも充分に美味しいと思いましたが、みんとさんにはみんとさんの好みの香りがあるのかもしれません。

さくらんぼは桜桃と書くので、桃の仲間と考えれば、みんとさんには好みの味のものが選べるのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

手作り食のお勉強

24日(水)に、わんこの”ペット食育入門講座”を受講してまいりました。

会場は、先日、メディカルアロマの相談会に行ったばかりの同じお店です。

ドッグフードではなくて、人間と同じ食材を使ってわんこのごはんを作る、”手作り食”の為に必要な知識やノウハウのお勉強です。

みんとさんも、りどみぃの隣でおとなしく傾聴していました。


なんだか情けない顔のみんとさん。眠いらしい・・・

みんとさんの体重コントロールの為や、ちょうどドッグフードがきれたのをきっかけに、ここ2,3週間ずーっとりどみぃなりに今まで獣医師の先生やしつけ教室の先生に教えていただいた”手作り食”を作って食べさせていたのですが、まだまだその先のメニューのバリエーションの可能性を感じることが出来た講座でした。

例えば、今回は、飼い主とわんことが同じ食材を使ってごはんを作り、味付けを人間用には濃くすることでおそろいとなるメニューの実演&試食がありましたが、素材のひとつとして鰯が使用され、みんとさんは生まれて初めて食べました。


人間用


わんこ用

まぐろや鮭は食べたことあったんだけどね・・・(・_・)

すごく良い匂いがするらしくて、みんとさん以外のわんこたちもわくわく☆していました。

今回ご一緒したわんこさん達の中には、ちょっと持病があったり、ドッグフードに食が進まないなど、ママ達の協力&努力が必要なこ達もいて、それぞれのママさんたちが真摯にそれをどうにかしようと臨まれている姿が勉強になりました。

りどみぃも、もっとみんとさんにしてあげられることがあるかもしれず・・・ちゃんと出来るかどうかは別にして♪(´ー`)

わんこ用、人間用それぞれ試食が配られました。
みんとさんは、ばくばく☆喜んで食べていましたが、家に帰って昼寝をし、その後お散歩に行って帰宅後・・・何時間もしてから、原型のままげろりん★と出しました。消化出来なかったようです。

いきなり生まれて初めての鰯はきつかったのか?(・_・;)

それともやっぱり初めて食べた16穀米(ごはんの状態)か・・・?と、手作り食の場合はその個体に食材が合うか合わないか、量はどれ位が適切かなどを特定出来るところが良いのですね。

16穀米だって、おかゆから始めればだいじょうぶかもしません。

いっぱいお勉強して、試食した上におやつを食べ、頭もお腹も満タンになったりどみぃでございました。

講座終了後、帰宅しようとお店を出たら、ちょうど目の前の発着場からシーバスが出航したところでした。みんとさん、熱心に見送っています。

4月にみんとさんも山下公園からレンガ倉庫まで乗ったので、思い出していたのかもしれません。

まだその時のことを書いていないアタシっていったい・・・( ̄△ ̄;)

みんとさんも乗りたいのかな?(^▽^;)


なんか寂しそう?

シーバスの気分だけでも・・・と乗船券売場の前でスナップをパチリ☆

笑顔が戻ったみんとさん・・・船が好きなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

じんわりと待てるように

「そんな条件、つけないの!」としつけの先生が仰ったのは、りどみぃがみんとさんに”おふだ”を置いて待つ訓練をしているという話題の時でした。


おふだとみんとさん

先生としては、おふだによって知らない人がみんとさんに声をかける機会が失われるということは、安易であるという意味のようで、”どんな場合でもちゃんと命令をきいて待っていなくてはならない”状態に育てないとだめなのだと仰りたいらしい・・・

でも、おふだが無いと、りどみぃが「ふせ」と命じても人が通る度にみんとさんが尻尾をぷりぷり☆振るので、通りがかった方が「こんなに愛想を見せてくれてるのに無視しては可哀想だ」と思うらしく、「よしよし」とか近付いてかまうのです。


こんな顔で通行人を誘うみんとさん

みんとさんも、立ち上がるは、跳びつくは・・・で、”待つ訓練”どころではない状態になってしまいます。人が出入りする度にいちいちそんな状態なので、りどみぃとしては声を大にして言いたかった。

おふだは必要なんですっ!みんとさんにはっ!( ̄◇ ̄;)

とはいえ、りどみぃは小心者なので、そんなことは言わず・・・専門家のアドバイスは素直に受け入れて、翌日21日からはおふだを置かずにやってみました。

しかし、それ以前にかなり”おふだ”付きで訓練を重ねておりました。
毎日のように待つことがじんわりと上手になって行った経過を書いておくことにします。

6月8日(訓練初日)
スーパーの出入口横、閉めきりのドアノブにリードを固定。”ふせ”を命じて遠ざかる(りどみぃは柱の影に隠れる)
→りどみぃが側を離れた30秒後に鳴き、人が出入する度に立ち上がって鳴いたり、「よしよし」と可愛がられたりしては跳びつく。

公園の中の階段の下、手すりにリードを固定。
→りどみぃが階段を上がってしまうと立ち上がる。遊歩道に散歩の人や犬が通りかかると立ち上がる。知り合いの場合は跳びつく。

9日~10日も同様の内容で訓練し、立ち上がる回数が減っていった。
おふだを置いておいたので、みんとに声をかける人が減った。(おふだがあっても遊んでいくツワモノもいた( ̄  ̄;) )


無言でみんとから離れたら・・・

6月11日
スーパーへの歩道からのスロープ入口で、無言でリードを車止め(?)に固定して離れてみる。(1分間)
→結構平気な顔をしてぼーっとしている。離れて行ったりどみぃの方さえ見ないで、歩道の歩行者を見ている模様。

この後、店舗出入口横で”ふせ”を命じての7分間の訓練。
→結構人の出入りはあったのに、1度も勝手に立ち上がらなかった。

その後、公園の遊歩道脇の柵にリードを固定して、”ふせ”を命じての7分間の訓練。
→りどみぃは姿が見えるけれどもかなり距離的には離れる・・・などにした。(隠れない)

この時、みんとのお友達の力丸くん(ジャックラッセルテリア)のパパが遠くから「みんと!」と名前を2度呼んだが、みんとが立ち上がることはありませんでした。

みんとさん、すご~い!(・◇・;)

力丸くんとパパさんは、みんとの横を通って帰宅の途に・・・みんとさんは、それでも立ち上がらなかったのです!

りどみぃとしては、みんとさんがその日に力丸くんにご挨拶していないということ、力丸パパさんのことが大好きなことを考えると、絶対に立つと思っていました。

でも、がまんしたんだねぇ・・・( ̄□ ̄;)

翌週は4日も雨が降ったりしてほとんど訓練できませんでした。

6月18日
スーパーの出入口横に先客わんこがいたので、みんとさんは正面で待つことに。
→見える範囲に待っているわんこがいるのに、ちゃんと自分の場所から動かないで待つことが出来た。表情にも余裕が見える。

慣れたんだな・・・ここに。(・_・;)

もう7分間、1度も立つことは無く、ちゃんと言いつけを守っている感じ。

公園で遊歩道脇の柵にリードを固定しての訓練。
→近くの中学の陸上部らしき部活の集団がすぐ横を通るが、立ち上がることなく見送る。

赤いジャージの集団がみんとさんに近付き、横を通り、やがて遠ざかって行くのを遠くからずーっと見ていましたが、みんとさんはりどみぃの指示を守ってちゃんと”ふせ”をしていました。

以前のみんとさんなら、子供が大好きなので、次々と跳びついて「あそぼう~(☆☆)」とやっていたはずです。

訓練すれば、ちゃんと成果が上がるんだなぁ・・・( ̄△ ̄;)

と、りどみぃ、しみじみ感動。

6月23日
この頃から、りどみぃはスーパーの出入口横のみんとさんからは見えないように、柱の陰に隠れる時間を長くしています。(1分間姿を見せないとか)

りどみぃからは、みんとさんの尻尾やスーパーのガラス戸に写っている物からみんとさんの状況を把握できます。

もう誰が横を通っても立ち上がったりしません。
みんとさん自身に、「遊ぼう」と誘う気持ちが少なくなったようで、通る人に尻尾を振ることが少なくなりました。

真面目に、ちゃんと待ってる・・・って感じ?(・_・;)

これからも地道に続ければ、いつか7分間りどみぃが柱の陰に姿を隠しっぱなしになっても、建物の角を曲がってしまっても、みんとさんが鳴かないで待てるようになるのかもしれません。

じんわり☆じんわり☆と”待てるわんこ”への道を進む、みんとさんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

リボンキルト風キルト1

リボンをつなげて1枚の布状にし、それをトップとして裏布やキルト綿と重ねてキルトにするのを”リボンキルト”と呼ぶらしい・・・

何年も前のことですが、デパートのキルト展で、シガーリボンで作られたアンティークキルトを見たことがあります。

シガーリボンというのは、葉巻(シガー)を売る時に25本程度の葉巻をリボンで束ねてあった社名や銘柄がプリントされたシルクのリボンだそうで、幅はせいぜい1.5~2cm程度だったように思います。

同じリボンキルトでも、もっと幅の広いリボンをつなげたり、幅が広いのや狭いのをランダムにつなげたりしても作れるということになりますが、そんなに多数のリボンを持っていないので、生地を同じ幅に裁って縫い合わせることでその雰囲気を楽しむことにしました。

はぎれパックなどには、布幅いっぱいで長さが10~20cmなんて包帯みたいな布が入ってることもあるので、そういうのを使うと裁つのも楽々かと・・・

それから、大きなキルトを作る時、周囲をぐるっとバイアスでくるむバインディングの際、出来上がりの大きさに切り揃えると、キルティングが済むまで多めにしておいた裏布などを細長く裁ち落とすことになります。
これも作品を作る度に大事に取っておいたので、合わせて使えば思い出いっぱいのキルトが出来るでしょう!


並べてみたところ(部分)

リボン(風)の布幅があまり細いと何段も重ねなくてはならないので、6cmと決め、縫い代を加えて7.5cm幅で裁つことにしました。

長さは、
12cm(+縫い代1.5cmで13.5cmで裁断)
15cm(+縫い代1.5cmで16.5cmで裁断)
18cm(+縫い代1.5cmで19.5cmで裁断)
24cm(+縫い代1.5cmで25.5cmで裁断)
30cm(+縫い代1.5cmで31.5cmで裁断)
の5種類の型紙を作って、「濃い色の生地は短めに、薄めの色(裏布だった物など)の生地は長めに」の考え方を基本に、はぎれを最大限生かせる長さの型紙を選ぶように工夫。

出来上がり寸法は1×1m程度のキルトを予定していて、1段6cmなので、16段つないでいます。

キルティングは縫い代を倒していない方にする、落としキルトにするつもりです。

きれいなキルトが出来たらプレゼントにしたいのですが、どうなることやら・・・(・_・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

匂いと羽ばたき

特に換羽が始まってるわけではありませんが、こう毎日雨が続いて湿度が高いと、たまに晴れて気温が上がった日は、オカメインコのぴこちゃんも一風呂(ひとっぷろ)浴びたくなるらしい・・・

ちっちゃな水入れにくちばしを突っ込んでは水をかき出すようにして、顔の周りなど濡らし、水浴びの真似事をしておりました。

りどみぃに時間がある時なら、ぴこちゃんをお風呂場まで連れて行って、植木鉢の下に置く水受け皿のぴこちゃん用水浴びの器に水を汲んでやるところですが、生憎と忙しくてそれがかなわなかったので、”霧吹きシャワー”で勘弁してもらうことにしました。

”霧吹きシャワー”は、かごの中にいるぴこちゃんに向かって霧吹きでぴしゅ☆ぴしゅ☆っと霧を吹いてやる方法なのですが、ぴこちゃんが羽を広げて体を傾けたり、後を向いて背中の羽の根元まで水が入るように姿勢を変えたりして、結構水浴びとして満足出来るらしいのです。

ぴこちゃんの気が済めば、霧を吹いている正面から撤退してかごの隅とか止まり木の遠い方へと移動するので、こちらもやめ時が把握しやすいというもの・・・多少敷いてある新聞が濡れたって、少しすれば乾くからいいのです。

が・・・羽の奥の地肌まで霧で濡れたぴこちゃんは、その羽が乾く時にちょっと独特のにおいを出すらしい・・・穀類のような、埃くさいようなにおいとでも言いましょうか・・・

ぴこちゃんは、羽が乾くと水浴び前よりふんわり☆するので、このにおいは羽に着いていた1種の汚れのようなものであって、それが水で流れるので辺りににおいがするのではなかろうかと思われます。

この鳥臭・・・みんとさんの本能をいたく刺激するらしく、かごに鼻を押し付けるようにしてふんふん☆熱心に嗅いでおりました。

ぴこちゃんは、風呂上り(?)で眠くなってしまったようで動きが少なくなり、りどみぃもみんとさんがかごに張り付いていては通れないので、自分の居場所へと移動してもらいました。

みんとさんの視線は、りどみぃに「狩りたい」と訴えておりましたが、許可するわけにはいきません。

しばらく後で、みんとさんも眠ってしまいました。
みんとさん、寝ている時にぴこちゃんが鳴いても起きません。しかし、羽をぱたぱた☆っと羽ばたかせて出る音がすると、それがかなり小さな音でも飛び起きておりました。

むんむん☆とした鳥のにおいや羽ばたきの音が、狩りの本能を刺激するようです。

おそろしい・・・( ̄▽ ̄;)

しかし、このおそろしさが、ぴこちゃんを「うかうか卵も産んでいられないわっ」という気分にさせるのですから、みんとさんの役割は大きいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

「行こう」がわからない

土曜日のしつけ教室で、みっちり☆と一緒に歩く”行進”の練習をしました。

そして、先生から「みんとは行こうってのが解ってないんだな」とのご指摘が・・・

えええええええええ~っ?!( ̄◇ ̄;)

一緒に並んで歩く”行進”では、スタート地点にりどみぃが立ち、その左脚側にみんとさんが”つけ”で並び、りどみぃの「行こう」というかけ声でりどみぃは左脚から1歩前へ・・・みんとさんはりどみぃの左脚が動くのと同時に立ち上がって歩き始める・・・という流れにならなくてはならないのですが、みんとさんが必ずと言っていいほど遅れるのです。

先生にこの3年弱の間、何度も注意を受けて「スタート地点まで戻ってやり直し」してきましたが、りどみぃとしては、それはみんとさんの注意力散漫の結果によるものと思っていました。

つまり、みんとさんは、りどみぃの横に居てもきょろきょろ☆と周囲の物音によそ見をしたり、風の匂いを嗅ごうと横を向いていたり、地面の蟻を見ていたりするので、りどみぃが「行こう」と行ってもお耳が聞いちゃいないのだと。

りどみぃが歩き出して、「あ、行くのね」と気がついて立ち上がり、ついて来るタイミングなのだと。だからワンテンポ遅れるのだと、思っていました。

でも、今回ご指摘を受けた意味として、みんとさんは”「行こう」と言われたら前進する”のだということを解っていないということらしいのです。

・・・「行こう」が解っていなけりゃ、歩き出すはずないわな・・・そら・・・( ̄  ̄;)

が・・・もっと大変な問題があることも同時に発覚!

それは、りどみぃの声をかける&左脚を動かすタイミングや速度が適切ではないという、責任が全面的にこちらにある問題だったのです。

何度も何度もやり直しをさせられて(?)自分なりに、言われてみれば気がついたのは、「行こう」と言ってから左脚を出すまでの時間が一定じゃないこと・・・また、左脚を出す速度も一定じゃなくて、毎回違ってしまうこと・・・おまけに1歩目の大きさも大きかったり小さかったり・・・

これでみんとさんに「一緒に歩け」って言う方が無理・・・よね。(´ヘ`;)

いつも同じテンポで同じ歩幅で歩き出せるように、りどみぃ1人で踏み台昇降のように練習しなくてはならないかも・・・

はーい・・・(・_・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

すごく困ってるのね

みんとさんにお留守番してもらう時は、ペットボトルにターキーのアキレスを曲げてから入れた物や、コングにちょっと無茶なサイズの仔牛の骨付きカルビ1本をぐいぐい☆入れた物などを渡してから出かけるのですが、りどみぃが帰宅するまでに中身が出せない場合もあります。

そういう場合は、りどみぃがみんとさんのサークルを開けてやると、1度出て来てご挨拶をしてから、サークルへ戻って、中身が入ったままのペットボトルやコングを自主的にりどみぃの前に持って来て、「出せないで食べられなかったの」とアピールします。

りどみぃは、さもその時に気がついたかのように、「みんと、困ってるの?」と声をかけてやることにしています。そう声をかけると、みんとさんの瞳がきらりん☆と光り、「そうなの!解ったくれたのね!みんと困ってるの!!」と自力で出せないおやつを出してもらおうと期待して、顔を輝かせながらくわえて持って来るのが可愛いもんで・・・

受け取った後、「おお、これは難しいね」などと言いながら、みんとさんの目の前でペンチを使ったりして出してやるのですが、「みんとがあんなに頑張っても出せなかった物を出してくれる・・・りどみぃってすごいなぁ」という風に思うらしく、尊敬のまなざしで見てくれる上、食べ終わってからりどみぃの手の甲や手首辺りをぺろ☆っと舐めて「ありがとう」ってしてくれます。

今回、お留守番の時に、パピーコングにターキーのアキレスを小さく巻いて詰め込んだ物を渡して出かけましたが、1時間ほどして帰宅した時までに出せなかったようです。

みんとさん、ご挨拶をした後にサークルに取って返してコングをくわえ、出てくる時にちょっと口元がゆるんで、コングが落下。

ぽちゃん☆

あ・・・(・◇・;)

なんと、サークル内の水入れに入ってしまったのです。

りどみぃ、みんとさんがどうするかな?とそっと見ておりました。

りどみぃからすれば、水入れに入っているのは単なる水なんだし、コングは完全に水に没しているわけではなくて、1/3は水より上にでているので、そこら辺をくわえれば水の中からコングを救出するのは簡単に出来るように見えました。

みんとさんだって、いつもは自分が飲んでいる水の器なんですから、おそるるに足らず・・・だと。

しかし、みんとさんは、水入れを上から覗き込むだけで、コングをくわえようとはしませんでした。

りどみぃが「コング入っちゃったの?」と声をかけると、「そうなの」と言いたげにこちらを見ましたが、もう少し様子を見ようと「大丈夫だよ」と声をかけるにとどめたところ、サークルの出入口から顔だけ内に入れて水入れをこちらから覗いたり、サークル内に入って向こう側から覗いたり・・・と、なんとか水入れを覗き込む角度を変えてコングを取り出しやすい場所を見つけようとしているようでした。

みんと、困ってるの?(・△・;)

と声をかけてみたら、いつもだったらコングをくわえて持って来るところなのに持って行けないので、水入れとりどみぃの顔とを交互に見るようにして訴えておりました。

みんと、すごく困ってるの?(・_・;)

そう声をかけたら、みんとが尻尾をぷりぷりぷり☆っと振りました。
わが意を得たりって感じでしょうか?

りどみぃ、コングを水入れから拾い上げ、みんとさんが食べられるように内のターキーのアキレスを出してやりました。
喜んで食べるみんとさんの感謝の顔と言ったら・・・!


こんな感じの輝く笑顔でした

可愛いのぅ(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

メディカルアロマ 質問&相談会

6月17日(水)に、横浜駅東口、横浜ベイクウォーター2Fのevoldog cafe& BBQ YOKOHAMAにて、以前、メディカルアロマを使ったわんこの肉球クリーム虫除けスプレーを教えて下さった先生による、個別の質問&相談会があったので、りどみぃとみんとさんも参加してまいりました。

今回は、持ち時間20分という時間内に、先生に自由に質問や相談をすることが出来て、その内容によって、効果的だと思われるレシピを作って下さり、みんとさん用のメディカルアロマを調合していただきました。

りどみぃが相談したのは、みんとさんの”待つ訓練”の時などに心細くならないように、落ち着けるアロマと、被毛が伸びてきた時に毛玉が出来ないようにブラッシングする際に使う”ブラッシング用のメディカルアロマスプレー”です。

りどみぃのイメージでは、深呼吸すると落ち着くような穏やかな香りのアロマを想像していたのですが、お話している間に、先生が「みんとちゃんみたいな子は、ボーっとさせるようなタイプより、逆に頭をはっきりさせて状況を把握させる方が良いかもしれない」と言う意味のことを仰って、自律神経に働きかけて頭をはっきり☆させるタイプのメディカルアロマジェルを調合をして下さることになりました。

りどみぃの指につけて、それをみんとさんにもみもみ☆する程度に塗れば良いそうなのですが、1番効くのが塗ってから20分後ということなので、お散歩に出かける前に家で塗って行くとちょうど良いように思われます。

その後、雨が続いて、待つ訓練自体が出来なくなっているこの週末ですが、来週晴れたらちゃんと塗ってから、訓練しようと思います。

もう1つのリクエスト、被毛をブラッシングする時に使うスプレーは、みんとさんの場合は特にアレルギー症状も無いので、成分的には何も加えない方が、みんとさんの皮膚の自らの力のバランスを崩さないで良いとのことで、ラベンダーの香りの刺激の少ない物を調合して下さいました。

良い香りです~(☆☆)

参加者全員にそれぞれ、お土産に先生のオリジナル石鹸(犬用)をプレゼントして下さいましたが、ちゃんと相談したわんこの被毛のタイプに合わせた内容の石鹸を選んで下さってのことでした。

みんとさんの石鹸には、田子産のにんにくが入ってるんですよ!
もちろんその他にも多数の良質な材料が使われていますが、石鹸ににんにくって、りどみぃには新鮮で、ちょっと驚いちゃいました。

この石鹸でみんとさんを洗うのが楽しみです。

相談会の前、早めにお店に着いたので、月替わりメニューの”桜姫鶏のからあげ おろしぽん酢かけ”を頼んで、美味しくランチをしました。

ぽん酢のさっぱり感とからり☆と揚がっている鶏が美味しくて、6月限定というのが惜しいです。

夏中何度も食べたい味ですなぁ(・_・;)


桜姫鶏のからあげ、きんぴらごぼう、ごはん、味噌汁、たくあん

みんとさんはちゃんとりどみぃの隣でおりこうさんにしていました。

りどみぃは、ゆっくりと食べることが出来て、本当にみんとさんが良いわんこになりつつあるのを実感しました。

みんとさんと一緒で、ゆっくりごはんを食べられる日が来るなんて、カフェ・デビューの日を思うと、夢のようです。

りどみぃが鶏を食べたので、おりこうにしていたみんとさんには、ささみのおやつをあげました。

鶏つながりで仲良し~(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

イングリッシュ・フィールド?

東扇島東公園は湾岸線のすぐ近くにあるので、東扇島付近を通過する時にちょっと高速から出て、みんとさんがドッグランで楽しく走ったりするのに立ち寄っても、大してタイムロスがありません。

広々として日当たりがいいので、行く度にクローバーが伸びてふかふか☆になっていましたが、最近ではクローバー以外にも色とりどりのきれいな花がたくさん咲いています。

白、黄色、濃いピンク、薄いピンク、紫、青・・・花の種類もたくさんあって、植物に詳しくないりどみぃでもわかるのは、ヤグルマギクなどのごく一部です。

こんな風に色とりどりの花が咲く、”イングリッシュ・フィールド”という種の詰め合わせを買ったことがあります。

種が被覆剤(土みたいなもの)と混ぜ合わされていて、水で溶けるタイプの紙のような袋に入っていて、それを地面に置いて水を撒くと、その内そこから芽が出て育ち、色とりどりの花が適当に咲くというパックでした。

その時の花の感じに似てるなー(^▽^ )

みんとさんも、ロングリードがからんで進めなくなっちゃうくらい存在感のあるお花たちは無視できないらしい・・・

食べなくていいです・・・ゞ(^^;)

放っておくと味見を始めそうなみんとさん、こんなにロマンチックな雰囲気なのに、油断できない奴でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

お前だけお行き!

15日(月)は月に1度のアジリティーのレッスンの日でしたが、先月より更に複雑かつトリッキーでございました。

やっぱ、もうそろそろ、”りどみぃ”の能力の限界かも知れず・・・( ̄  ̄;)

今回最初のコースは、スタート→①ハードルその1→②ハードルその2→③タイヤ→④トンネル→⑤Aフレーム。

①と②はハードルが前後に連続して並んでいるのではなくて、横に一直線に並んでいるのを①を跳んで向こう側に行ったら、向こう側から隣の②を跳ぶという”180度”というタイプのハードルの配置で、みんとさんには、効率良くタイトに身を翻すことが要求されます。

この写真でみんとさんが座っている場所がちょうどスタート地点となり、①のハードルを跳んでから右旋回して②(写真の範囲外)を跳ぶという順番になります。

りどみぃの立ち位置は③のタイヤと①と②のハードルの間位が最初で、みんとさんが②を跳んでる中に③と⑥の間に移動するという流れです。

みんとさんの前を横切ってみんとさんと位置をチェンジするフロントクロスを行うのですが、りどみぃが動き始めるのが早過ぎるとみんとさんってば①を往復で跳んでついて来ようとしたり、⑥方向へ行きかけて「あ、③なのね」みたいにロスしたり・・・

また、Aフレームの下にトンネルを設置してあるのは初めてで、最初に2回ほどトンネルのみ通り抜けの練習をしました。
これはアメリカで最近流行っている設置方法とのことなのですが、Aフレームによってトンネル内部が単独で設置されているよりも暗くなっていて、慣れないわんこだと入るのをためらったりするそうです。

みんとさんも、1回目に「トンネル」と指示しても、ちょっとためらっていましたし、りどみぃが入るのを指示してからすぐに動いたら、途中まで行っていたのに、通り抜けないで、入った方に戻って来てしまいました。

りどみぃの足音で「違う方へ行っちゃった?」と不安になったらしいです。

そして、この並びだと、タイヤを跳んだら”のぼり物”が好きなみんとさんとしては、正面のAフレームにのぼりたいところを、適切なタイミングで指示することでトンネルに向かわせるという大仕事(?)もあります。

それもただ単に「タイヤ、トンネル」と続けて口で言えば良いわけじゃなくて、りどみぃの立ち位置や右手、左手どちらで指示するかによって、トンネルのどちら側から入ってどちら側から出るか、みんとさんが判断するので、うかつなしぐさは出来ないのです。

この日は、後半もっと難しいことに・・・

スタート②ハードルその2→⑥ウィービングポール→⑤Aフレーム→④トンネル→③タイヤ→①ハードル

このコースでは、タイヤと①ハードルを連続して跳ぶ時に、りどみぃはみんとさんの後で立ち位置をチェンジするリアクロスをするのですが、とてもじゃないけれど犬が全速力で走るのには着いて行けないので、みんとさんを”送り出す”気持ちで指示を後からすることになるのです。

お前だけ先に行って、あのハードル跳んでちょーだいっっっ!( ̄◇ ̄;)

って感じ・・・

これにはまだわしらペアとして慣れていないので、みんとさんがりどみぃを振り向いて「本当にひとりで先に行ってもいいの?」と確認しようとしたり、「跳ぶのはこの正面のハードルでいいの?」と、どうしても「それでいいよ」というりどみぃの答えを求める傾向があって、タイム的にはロスが多いとのこと。

みんとさんがもっと何回も練習すれば、”自信を持って跳びに行く”ようになると思われます。

ってことで、来月もがんばろう・・・あたし。(・_・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

スタバのテラスにて

スターバックスコーヒー(以下スタバ)の店舗で、駅の近くやビルの内ではなくて、ドライブスルーがある一軒屋形式(?)には、テラス席もあって、わんこにお水をサービスしてくれたりするので、じじくんもりどみぃも大好きなのですが、宮ヶ瀬の帰り道にそんな店舗の1つの前を通りかかって、思わずコーヒーブレイクしてしまいました。

りどみぃは、アイスコーヒーの他に、期間限定の”桃のシフォンケーキ”も食べました。
とてもきれいな桃色で、優しい甘さで美味しかったです。いつまでの期間なのかは知らないけれど、また期間終了までに食べたいものです。

店内の黒板に美味しそうなイラスト付きのメニューとして紹介されていたのに、ショーケースの中には1切れも無かったので、お店のスタッフの方に「売り切れちゃったんですか?」と聞いたら、「ございますよ♪」と冷蔵庫から箱入りのを出してくれました。
どうやらショーケース内のケーキが売り切れると冷蔵庫から出して補充するところ、売り切れになっているのに気がついていなかっただけのようです。

食べられてよかった。聞いてみるもんだわねぇ~(^▽^ )

テラス席は日陰になっていて過ごしやすく、みんとさんもゆったりできたようです。じじくんとりどみぃの足元でおりこうさんにしていました。

このようにスタバのテラス席でコーヒーブレイクしたことは何度もあるのですが、みんとさんの成長ぶりが感じられました。

りどみぃ達が着いたのはテラス席の中でも、店舗への出入口横という席だったので、みんとさんの後の通路部分を何度も人が往復したり、店からテイクアウトの商品を手に駐車場へ出て行くお客様がいたりしました。

しかし、みんとさんは、振り向いて尻尾を振ったり、通る人を見上げたりはしていましたが、1度も勝手に立とうとはしませんでした。

これはすごいことですっ!!!( ̄◇ ̄;)

だって、最初の頃の”身勝手わんこ”だったみんとさんなら、誰が通ってもいきなり跳びつこうとしたものなのです。
相手が犬好きか犬嫌いかなんておかまいなし!もちろん熱いコーヒーをトレーに載せているなんてのも気にしない!!・・・という、大変危険な奴でございました。

その頃、りどみぃはみんとさんが立ち上がれないように、首輪の近くでリードを踏んで、熱くても、コーヒーを急いですすっていたものです。(誰にもご迷惑をかけない内に飲み終わって立ち去る為)

次の段階では、跳び付きはしなくても、近くを人が通るだけで勝手に立ち上がっていました。

それが、何人通ろうとも、勝手に立ち上がらないなんて・・・!

8日の月曜日から毎日がんばって訓練していた”待つ訓練”が効いていると思われます。

やっぱりがんばれば効果あるのね・・・(・△・;)すげ~

がんばった甲斐があったと思えた良いコーヒーブレイクとなりました。

このテラス席の1番駐車場に近いところに、可愛いリードフックがありました。フックが犬の顔になっています。

みんとさんも記念に犬留めしてみたりして・・・

またテラス席があるスタバを見かけたら、寄ろうね!みんとさん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

苦肉の防暑対策

宮ヶ瀬湖畔サイトに行った時にりどみぃが苦肉の策としてみんとさんに着せた(?)、”金太郎の腹掛け”ならぬ”シュナプーの背掛け”について書いておこうと思います。

暑そうなみんとさん・・・りどみぃが”背掛け”を着せ掛けていなかったら、もっと暑かったことでしょう。こんなもんじゃ済まなかったはずです!

と力強く言い訳してしまうのは、じじくんが「そんなの着せるの?( ̄△ ̄;)」と否定的だったから~

確かに、りどみぃも「ステキなお洋服」とは言えないと解っていますが、暑い時は濡らしたパイル地の服を着せると水が蒸発する時に熱を奪ってくれるので、みんとさんが涼しくて楽なんですもん・・・

背に腹はかえられないのよっ!( ̄◇ ̄;)(魂の叫び)

さて、具体的に説明すると、これは単なるハンドタオルです。形はほぼ正方形。

木陰が少ないと知っていたのに、用意したパイル地の服を家に忘れて来てしまったと悟った時、りどみぃはこのハンドタオルをお水で濡らして、みんとさんの背中にかけ、1辺を首の後から前へまわして、両端をクリップでとめてみました。
子供が風呂敷をマントに見立てて遊ぶ時のような、マントタイプです。

クリップは、みんとさんのごほうびのおやつの予備を持って来ていたので、その袋の口をとめるのに使っていた物を利用しました。

すでに陽が差して暑くなり始めていたので、みんとさんも嫌がらずに羽織っていましたが、クリップで顎の下一箇所をとめてあるだけだと、みんとさんが歩く度に背中からずれて、地面にずるずる引き摺りそうになってしまいました。

これはダメだ・・・(・_・;)

次は、タオルの四角い形そのままに、海苔巻きの要領でみんとさんの胴に巻いてお腹の下でクリップをとめる腹巻タイプにしようとしました。

しかし、タオルの大きさがみんとさんの胴回りよりは小さいので届きませんでした。

対角同士ならイケル!とわかり、みんとさんのお腹の下で正方形の対角同士をクリップでとめる形で巻いてみましたが、少し歩くと胴を中心として外側が回るようなずれ方をして、クリップが脇腹に・・・

りどみぃ、ふと思いついて、もう1個あったクリップで、首に近い方の角を首輪の内側に巻き込み、首輪ごとクリップでとめてみました。


つり橋から宮ヶ瀬ダム湖を見るみんとさん

これがとても良くて、みんとさんは歩いてもタオルがずれなくなりました。

お昼にバーベキューを食べる時は日陰にいられたので、みんとさんのこのタオルを脱がせましたがが、からから☆に乾いておりましたので、いかに日向が暑かったかが知れようというものです。


暑さにバテもせずに元気なみんとさん

このように、タオルをクリップでとめただけの服(?)を着て、みんとさんが平気な顔で活動しているものですから、知らない犬連れの方に「その服、どうなっているんですか?」と質問されたりもしました。

バーベキューランチを終えて解散した後、再びタオルを水で濡らして同様に装着!

宮ヶ瀬湖畔サイトの大階段を上って、水の郷商店街まで戻ったら、霧状の水が一定時間毎に散水されるシステムが稼動していて、辺りが涼しくなっていました。

みんとさん、涼しいので嬉しそうです。

見た目は良くないかもしれないけれど、熱中症になることも無く、楽しく遊んだみんとさん・・・めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

水辺に興味アリ?

お散歩の練習がひと通り終わった後は、合同レッスンとなりました。

とは言え、昨年の「今日は運動会だったのかっ?!( ̄◇ ̄;)ぜーぜーぜー」という程走らされたのに比べれば、多少汗ばんだ程度で済んだのでほっとしました。

花見の時といい、おたのしみ会は楽しい範囲でないと・・・つらいもんね・・・(・_・;)

お勉強を終えたらみんなで腹ごしらえ。

現地のバーベキュー場で楽しいバーベキューランチとなりました。

その会場の脇にある桜の木に、”ニャッキ!”がいました。

*NHK教育テレビのプチプチ・アニメのキャラクター

む!!ニャッキと違って毛が生えてるね・・・( ̄◇ ̄;)

似ているけれど違う虫・・・こちらは怪しい毛虫でした。

係の方がガスボンベを持って来て、ダイナミックに着火!

いよいよバーベキューの始まりです。

このバーベキュー、現地の受付に申し込んで料金を払うとお肉や野菜(たまねぎ、とうもろこし、なす)とやきそば(麺+粉ソース、もやし、キャベツ)がセットになっている材料と塩コショウ、油、調理器具(ターナーやトング)、発泡スチロールの舟(焼きそばを盛り付けたりする四角いお皿タイプ)と割り箸、ごみ袋などがセットになっていて、指定されたサイトに係の方が炭を運んで点火してくださるのです。

後はみんなで焼きながらいただく・・・という仕組み。

つまり・・・すごく楽~(^▽^;)

飲み物も、ソフトドリンクや生ビールの他に、車で来場している人の為に、アルコール0.00%のキリンフリーがキンキン☆に冷やしたのを用意してあり、バーベキューの受付と同じカウンターで買うことが出来ます。

バーベキュー場にはわんこも一緒に居られるので、お鼻の良いわんこ達は、みんなお肉の匂いに反応していました。

食事を楽しんでから現地解散となりましたが、バーベキューにボリュームがあったのでじじくん満腹過ぎて、”ドッグ・ソバ”はまたの機会にとし、わしらは宮ヶ瀬を後にしたのでした。


じゃぶじゃぶ池の前にてスージーちゃんと

今回も楽しかった宮ヶ瀬湖畔サイトですが、りどみぃ、気になったことがひとつ・・・

みんとさんが、お水に興味を持っているようなのです。
宮ヶ瀬湖畔サイトには、じゃぶじゃぶ池という細長いせせらぎのような水辺があるのですが、舗装された道をお散歩していると、ふ~っっとロングリードが許す限り水の方へと近づいて行くのです。

その度に、「みんと、おいで」と近くへ呼び戻しても、少し歩くとまたふ~っと斜めに水の方へ・・・ロングリードがぴんぴん☆に伸びる程りどみぃから離れて、それ以上は行けないので、立ち上がって水を覗き込む・・・なんてこともありました。

去年は水辺に近寄ろうなんてしなかったので、夏の水泳特訓が効いてるのでしょうか?

*特訓の様子はこちら
シュナプーは水が好き?
シュナプーは困惑する
シュナプーは泳ぐ
シュナプーは溺れる?

みんとさんが今年の夏は自ら楽しんで泳げるようになるのか?
ちょっと楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

遠足そしてお勉強?

てるこちゃんのがんばりで、今週の土曜日は雨が降らず、しつけ教室の遠足決行です!

行先は昨年と同じ神奈川県の宮ヶ瀬湖畔サイトです。

最初は、つり橋もある湖畔サイトを大きく周ってお散歩の練習。

てるこちゃん(てるてる坊主のチャーム)は、「晴れてるから外そうかな?」とも思ったのですが、外した途端ににわか雨でも降って来たら嫌なので、そのままがんばっていてもらうことにして、着けたままにしておきました。

わしらは、昨年みっちりと教えていただいたので、最後尾をだらだら☆行くことにしました。

みんとさんは、たくさんのお友達わんこやパパ&ママさんたちに会えて嬉しくてたまらない状態になっており、先を急ごうと引っ張る引っ張る・・・まだ午前も早い時間帯で他のお客様が見当たらないのを良いことに、りどみぃは早速みんとさんをロングリードにかえちゃいました。

そうそう、みんとさんが着ている(?)のはハンドタオルの即席の服です。

前日、「去年の服、まだ着られるかな?」と、パイル地の服をみんとさんに試着させ、着られることを確認。濡らしてしまった後に持ち帰る為のビニール袋まで用意していたというのに、当日出かける時にはころ☆っと忘れ、家に置いて来てしまいました。

木陰の少ない宮ヶ瀬湖畔サイトでは、晴れたら結構暑いので、被毛の色が黒めで陽射しで熱を吸収しやすいみんとさんに濡らした服を着せておいた方が楽らしいと去年の経験で解っていたというのに・・・

このタオルの”金太郎の腹掛けの逆版(=じじくん命名)”については、別の日に改めて書くことにいたしましょう。

苦肉の策だったのよぉぉぉぉぉ~( ̄△ ̄;)

つり橋を渡るという初めての経験をしたわんこも複数居たようですが、みんながんばっていました。他のわんこが前を行くことで安心感も増すんでしょうね。

みんとさんも、特に問題無くすたすた☆歩いておりました。

つり橋はたくさんの人が同時に渡ると上下に微妙に揺れて、なんだか足元が沈み込むような、めまいのような感覚を覚えましたが、みんとさんは平気・・・

こんなに動く物にも動じないのなら、アジリティーのシーソーだって将来は出来るようになるような気がします。

あら・・・そんなのんきな事言ってるけど、お散歩の練習の後は、川岸のスペースでお勉強(合同レッスンに準じたもの)が待っているんだよ~

が、がんばってよね、みんとさん・・・(・_・;)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

リサイクルわんこ

朝、ごみを出しに行って戻るだけのほんの少しの距離であっても、みんとさんはお外に出られれば楽しいらしい・・・

そんじゃごみ捨てに一緒に行く?( ̄-  ̄ )

ということで、最初の内は、片手にごみを、片手にリードを持って、喜んで同行するみんとさんとごみ集積所まで行っていたのですが、みんとさんが能天気に歩いているのも芸が無いと思い、形ばかりでも手伝ってもらうことにしました。

そこで、みんとさんサイズのバスケットをくわえて歩くことを教えることに。

最初の内は、バスケットの中にはみんとさんの好きなおもちゃを入れて、集積所までくわえて歩き通せたら良くほめて受け取り、家の前に戻ったらそのおもちゃで遊んであげるようにしたり、集積所まで運べたらバスケットごと受け取ってごほうび(食べ物)をあげたり、家の中でおせんべいなど運ばせている内に、みんとさん自身が「りどみぃかじじくんにバスケットを渡すまでは勝手に捨てちゃいけないんだな」と悟ったらしく、勝手に捨てなくなりました。

現在、紙類やダンボールなどリサイクルごみ収集の日は、みんとさんもバスケットをくわえてお手伝い♪

バスケットの中には、トイレットペーパーの芯を入れてやることにしています。

”リサイクルに尽力する素晴らしいわんこ”みたいで、いいわぁ~(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

シープドッグの巾着

自分のブログの記事を検索してみたら、ほぼ1年前だったということがわかりましたが、横浜・松原商店街の手芸店で買ったナイロン地(羊とテリア犬の柄)で、やっと念願の巾着を作ることが出来ました。

この巾着は、みんとさんが公園などでお散歩する時に使うロングリードを入れます。

雨上がりの公園などは下がまだ濡れているので、1周してから帰る時に束ねると、どろどろぐちゃぐちゃ☆だったりするので、水が染み込みにくいナイロン製ってのがいいのです。(ビニール袋に入れるって方法もあるのでしょうが(^▽^;))

生地が広幅ということで、1m以上幅のある物だったので、長さ50cmをそのままに縦に4分割して、それぞれを真ん中で折って両端をミシンで縫うやり方で、巾着を4つ作りました。

4つの内の2つには赤いチェックの布(ナイロン製)を紐通しとして使い、ほんの少し深さのある巾着に。

この赤いチェックのナイロン布は、元はりどみぃの使っていた傘の生地です。とても可愛くて好きだった傘だけれど、骨と生地をとめていた部分が切れてしまったことがきっかけで、パーツも失くしちゃったりの受難が続き、現役引退となった物でした。

防水性が高い布なので、ごみに出す時には自治体のルール通りに骨と生地とに分けてみたものの・・・なんかもったいなくてこんな風に使ってみました。

傘の生地は薄くてすべりが良いので、巾着の紐通しとしてはとても適しているようです。使い勝手がとても良いです。

次回、傘を処分しなくてはいけない時も、生地を取り分けておこうかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

晴れたら待つ!

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、ひとりぼっちで待つのが苦手なので、以前から機会があるごとに訓練して来ましたが、雨が続くとその機会が全く無くなり、また鳴いちゃうわんこになってしまいます。

せっかく鳴かないで待てるようになっていたのに・・・とがっくり☆するとどっと疲れが襲って来るので、りどみぃ、気を取り直してがんばるのです。

こちらもみんとさんの”鳴き虫”とは長い付き合いなので、また地道に訓練すれば良い状態になることも承知しています。だからがんばればがんばるだけ良い結果が得られるのですから、希望はあるのです。

そこで、雨の後となった今週は、「晴れていたら毎日訓練する」くらいの気合で臨んでいます。

以前から待つ練習をしていた公園の隅っこのスペースでは、遊歩道を行く人も少なめで、言うなれば”刺激が少ない”場所です。

こんな人気も犬気も無い場所なら、みんとさんは”7分間伏せたまま”でいられるのです。7分間の内、りどみぃの姿が数分に1回程度しか見えない状態でも、1度も鳴くことはありません。鼻を鳴らすことさえしません。

しかし!他の場所・・・初めて行った公園やドッグカフェだと、りどみぃがトイレに行こうとしても鳴き続けるので、おちおち行けない状態のままなのです。

これをしつけ教室の先生は、「その場所に慣れたんだな」とおっしゃいました。
いつも待たせている場所なら、勝手がわかるので不安も無い状態(=鳴かない)になっているということです。

確かに、いつも訓練していたこの場所では、みんとさんは余裕の微笑み・・・

りどみぃ、もっと刺激の強い別の場所での訓練をすることにしました。

月曜日、公園の中でも1番人がいっぱい通る遊歩道に面した階段の下にみんとさんのリードをくくりつけ、”ふせ”を命じてその場を離れました。

りどみぃは階段を上ってしまい、上からそっと見ている状態で待たせたのです。

待つ訓練では、犬に何も言わないでさりげなく離れる方法と、”ふせ”や”おすわり”を命じてから離れる方法があるのですが、みんとさんの場合は何かを命じてやった方がそれを守ることをがんばることで気がまぎれるようなので、「りどみぃ戻って来るかしら?」と不安になってくるまでの時間が長いようです。そこで、最近は待つ間の姿勢を命令してから離れることにしています。


これは刺激の少ない場所だもんね

刺激の少ない場所では7分間1度も立ち上がることも鳴くことも無く待てるみんとさんですが、人がいっぱい通る刺激の多い場所では惨敗でした。

公園ということで犬の散歩に訪れる方も多くて、それは犬好きな方も多いということになり、待たされてぽつん☆としているみんとを見て、「待ってるの、偉いわね」とか「おかあさんは?」と近寄って話しかけてくれる方も複数いらして、そのたびにみんとさんが立ち上がったり、喜んで跳びつこうとしたり、「あんあん☆」と甘えた声で鳴くので、ちっともりどみぃの命令を守れず、訓練になりませんでした。

これはこれで刺激が多過ぎるのぅ・・・( ̄  ̄;)

公園からの帰り道にスーパーマーケットの近くを通ったので、ついでに出入口付近でも待つ訓練をしてみたら、自動ドアが空く度に鳴いてしまい、まったくお話になりません。

どうもコンビニ前で訓練を始めた時の様に、「りどみぃ見ませんでしたか?」とか「探しに行きたいのでリード解いて下さい」とか「遊んでいきませんか?」とか鳴いていると思われます。

りどみぃが顔を見せると、知らん顔して、「誰も鳴いてませんでしたよ。よその人と遊んだりもしていませんでした。( ̄▽ ̄)」という顔をします。

りどみぃ、家に帰ってから、懸案の”おふだ”を作ることにしました。

パソコンのワープロで大きな文字で文章を印刷し、クリアフォルダにはさんで、2穴のパンチで紐を通す穴をあけ、みんとさんを待たせる場所に、それを見えるようにさげておくことにしました。

このお札には、

待つ練習をしています

飼い主は遠くからそっと見ていますので

ご心配にはおよびません

どうぞ声をかけないでやって下さい

と書いてあります。

横を通過する方が「何だろう?」と思って足を止めて全文読んで行かれるので、ちょっぴり「逆効果か?!( ̄□ ̄;)!!」と思われる時もありますが、声をかけずに通過して下さる方も多いので、みんとさんも尻尾はぶんぶん☆に振ってはいますが、勝手に立ち上がらなくなりました。

通行人が近づくと尻尾と笑顔で愛想を振りまいて、通り過ぎると見送っている・・・という形です。

雨が降らなければ、これを毎日続けてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ラジコンカーが狩りたい!

公園をみんとさんと歩いていたら、下の方の広場でぐいんぐいん☆という音がして、大人の男性が青いラジコンカーを走らせて遊んでいるのが見えました。

みんとさんってば、りどみぃの止めるすきもあらばこそ、階段を駆け下りて、ロングリードめいっぱい先まで行って、ラジコンカーに目が釘付けです。

どうやらみんとさんには、手頃な大きさの獲物に見えるらしい・・・

こいつ・・・狩る気だ!( ̄□ ̄;)!!

どうやらラジコンカーの所有者はなかなか操作が上手な方のようで、ラジコンカーは右に行ってはターンし、左に行ってはドリフトして転回する・・・などと自由自在に走り回っているのです。

みんとさんも、その動きを追うので、右へ左へ・・・

そらまーりどみぃも、みんとさんがいかにしてラジコンカーを狩るのか見てみたい気はしましたが、実際に跳びかかって押さえつけたらアンテナが折れた(曲がった?)なんてことになってしまうといけないので、リードをしっかり押さえておきました。

みんとさん、あれは狩れないよ~( ̄△ ̄;)

怖がったりしないで、狩る気になるところが面白いと思った出来事でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

ひらめ泥棒ならず

みんとさんが何度もリビングから出て玄関の方へ行くので、りどみぃとしては、「外に行きたいんだな」と思っておりました。

しかし、朝降った雨で地面は濡れているし、お散歩に行くには早過ぎる時間だったので、リビングの中から「みんと、どこー?」と呼び戻しては、室内ボール遊びなど、他の遊びをして気をそらしておきました。

が・・・後刻、真相が明らかに!

みんとさんは、外に行きたくて玄関へ通っていたのではないのです!!

外の乾き具合を確かめようとりどみぃが玄関に行った時、足元にこんな物が・・・

こっこれはっ!?(・◇・;)

りどみぃ、すぐに解りました。
前の日にお散歩に行く時に持って行った、犬のおやつの小さな干し舌ひらめの入っていたビニール袋なのです。

買ってきた時の1袋の中が、数匹ずつ入っている2袋に分割包装されていた製品でした。


製品はこれが2袋入りなのです

その1袋を先週あけて、少しずつごほうびとして与えていて、まだ中に3匹分残っている状態で昨日のお散歩の時に持ち歩き、紫陽花と一緒の写真を撮ったりする度に、モデル料としてみんとさんにちぎって食べさせていたのです。

そして、残りをお散歩バッグの中に入れたままにしてあったのですが、そのバッグ自体は玄関からリビングへの廊下の隅に置いてありました。

みんとさんってば、お鼻で「中にひらめがある!」と察知したらしく、玄関に通ってはバッグの中に鼻を突っ込んであさっていたらしい・・・

みんとさん・・・舌ひらめ食べちゃったの?( ̄△ ̄;)

みんとは、りどみぃがビニール袋を拾ったりバッグの中を点検するのを見て、「でへへ(^^;)」という顔で笑っていました。

「だめじゃないのよー勝手に食べちゃ!盗み食いするなんて、泥棒わんこねぇ(・_・;)」と言いたいところですが、犯行(?)は既に何時間も前に行われた可能性もあり、そんなに時間が経ってから犬に言っても解らないということは知っていますので、実際には言いませんでした。

今後はバッグにおやつを入れっぱなしにしないように気をつけなくては・・・と心に誓ったりどみぃでしたが、その後、お散歩に行く用意をしていて、最後のひらめ(少しちぎった残り)がバッグのサイドポケットの中にあるのを発見しました。

みんとさんは、食べていなかったのです。

どうもこういうことのようです。
みんとさんはひらめの匂いがするので、大きくファスナーが開いたバッグの本体の方に顔を突っ込んで空き袋をくわえて出し、すこしばかり舐めたりした後、「なんだ、中身は無いのか」と判断したのか、りどみぃがリビングから呼んだのか・・・とにかく、そこに袋を放り出して立ち去ったようなのです。

しかし、いい匂いの原因であった干しひらめは、サイドポケットの方に入っていた・・・と。

みんとさん、ひらめ泥棒になりそこなったのねん♪(´ー`)

みんとさんには残念だったでしょうが、これが成功していたら今後もりどみぃのお散歩バッグがしつこく狙われる可能性があったのですから、成功しなくて良かったなぁと思ったことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

てるこちゃんの力はたいしたもののようで、今日は夏のように暑い日になりました。

じじくんは「晴れてるのにてるてる坊主って間抜けじゃない?」とのたまいましたが、りどみぃはてるこパワーのかげりを恐れ、「外しても良いけど、お天気悪くなっても責任持たんぞ(‐_‐;)」と応じて、みんとさんのチャームはそのままに・・・

まぁ、晴れてても晴れが続きますように・・・という意味でして、願掛けみたいなものです。(・_・)

合同レッスンは、出席者が少なかったので、先生の目が端々まで行き渡る厳しいものとなりました。
みんとさんが苦手な、”行進”はスタートから同時に1歩目が出ていないとのダメ出し。

「ちゃんと一緒に歩き出す練習をしていないからだよ」と図星をつかれて、暑い日なのに冷汗がだらだら出ました。

しかし、みんとさんって、表裏の激しいわんこなんですの!
日頃はリードを目いっぱい引っ張って前へ前へと行こうとするくせに、行進の練習の時はりどみぃの視界から逃れて、後の方で勝手なこと(そこいら辺の匂いを嗅いだり、きょろきょろ☆とよそ見をしたり)をしようとするせいか、リード目いっぱい遅れてついて来るわんこになってしまうのです。

名前呼んでもこっち見ないし・・・( ̄△ ̄;)

前途多難でございます。

そんな精神力も体力も消耗するレッスンが終わった後、みんとさんに新しいおもちゃを渡して遊んでみました。

アニメーションに出て来るようなステーキ用の1枚肉を模ったおもちゃでして、強く噛むと笛がピッ☆っと鳴る仕組みになっています。

ひと口食いちぎったような噛みあとまであったりして・・・!

ひと口の大きさが妙にみんとさんサイズで・・・笑えます。(^▽^;)

しかし、笑えると言えば、これを遠くに投げて”持って来い”遊びをする時、りどみぃはどうしても笑いを抑えることができず、大爆笑してしまいます。

肉を口にくわえて走って来るみんとさん・・・たまらんっ!(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

がんばったてるてる坊主

遠足は雨の為に翌週になりましたが、みんとさんの”ちびてるてる坊主”が頑張ってくれたのか、午後になって雨が上がり、ちゃんとお散歩に行けました。

最近つけていた”いちごのチャーム”は、雨上がりの日のお散歩では”どんぐり”に変身しておりました。みんとさんが地面の匂いを嗅ぐと、チャームが地面の泥汚れでどんどん汚れて茶色くなり、赤いいちごではなくて、茶色のどんぐりをつけているように見えるようになってしまうのです。

ということで、”ちびてるてる坊主”も、家を出る時からつけたらすぐに真っ黒になってしまうと思われ、撮影するまでは”りどみぃ預かり”になっておりました。

雨のしずくが残る、生き生きとした紫陽花の前でつけて、ぱちり☆

まぁ、みんとさん、てるてる坊主がお似合い!(☆☆)

この撮影後、「もう汚れてもいいや~」とそのまま公園をお散歩しましたが、舗装されている面はほとんど乾いていたせい&どろどろの場所には行かなかったので、特に汚れることはありませんでした。

小さいながらもがんばっている(?)みんとさんのてるてる坊主・・・明日の合同レッスンも晴れますように、お願いしておきます。

今日、ふと思いついて、てるてる坊主の両頬をピンクの色鉛筆でぐりぐり☆と円く色付けてチークを入れてみました。

首もとの赤いリボンと映えて、なんだか可愛い女の子って雰囲気になりました。

てるこ?(^▽^;)

じゃ、みんとさんのてるてる坊主のお名前は、”てるこ”ってことで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

6月はてるてる坊主

5月のはじめに”こいのぼりチャーム(緋鯉)”をつけていたみんとさんは、端午の節句以降はいちごのチャームをつけていました。

本当はクローバーやさくらんぼもあるのですが、加工が間に合わず、まだ首輪に付けられる状態になっていませんでした。

6月になり、雨の多い日も増えて来た矢先、明日の土曜日はしつけ教室の遠足だったにも関わらず、雨で延期に・・・

6月のチャームは、てるてる坊主で決まりだな!( ̄◇ ̄;)

来週こそは遠足に行けますように・・・の願いを込めて、てるてる坊主のチャームを作ってみました。

10×10cmの綿のシーチングの布の中心に、アクリル毛糸を小さく巻いて直径1.5cmの球にした物を置いて、直系4~5cmくらいの円状に粗いぐし縫いをして糸を絞り、首の部分には赤いリボンを結んで、後側で首輪につるす為の輪を作っておきました。

目と口をにじみにくい油性のペンでちょいちょい☆っと描いて・・・どんなもんでしょ?晴れにしてくれそうかしら?

以前作ったてるてる坊主と同じ配色でありますが、サイズが小さいだけにご利益が気になるところです。

みんとさーん、できたよぉ~\(^^@)/

と声をかけたら、くまちゃんのぬいぐるみをあご枕にして、ぐーぐー寝ていました。

今日は雨の中お散歩に行ったので、帰宅した後にみんとさんは丸洗い・・・全身シャンプーをされたのです。風呂上りのさっぱり感で気持ち良くなってしまったのか、過ごしやすい気温のせいなのか、よく寝ています。

本当は首輪に付けた状態でてるてる坊主の大きさを確認したかったのですが、起こしてまで撮影するのもかわいそうなので、傍に置いてみました。

雨上がりのお散歩にして出かけたら、すぐに汚れちゃいそうなので、いくつか作っておこうかしら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

紫陽花と写る試練

公園の紫陽花がきれいです。

花の大きさも大きくなってるし、色も日毎に鮮やかさを増して、今が1番きれいなのではなかろうか・・・?

もう少しすると、色褪せたり、枯れた花房が混じったりしますものね。

ということで、そのきれいな紫陽花の花とみんとさんを一緒に撮影したかったのですが、紫陽花の木の方がずっと背が高くて、みんとさんがその前に座っても花と一緒に写ることが出来ませんでした。

ちょっとがんばってでも撮りたかったりどみぃ、みんとさんを左手で抱き上げ、右手にカメラを持って、適当に撮ってみることにしました。

最初は、片手でみんとさんを抱くと自分の姿も写ってしまったりしてボツ。

次に、上半身をのけぞるようにして、カメラのフレーム内に入らないように工夫し、みんとさんだけを撮影することに成功したら、肝心の紫陽花が写っていませんでした。

何やってるやら・・・( ̄△ ̄;)

片手でみんとさん5.4kg(現在)を抱いているりどみぃも辛いが、みんとさんも段々とつらそうになって来ました。

こうなると何の為のスナップかわからん状態に・・・

笑顔のみんとさんと紫陽花が撮りたかったのになぁ(・_・;)

まぁ、こんなもんでしょうか?
”紫陽花を前に物思いにふけるみんとさんの図”って雰囲気です。

みんとさん、おつかれさま。(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

ひんやり☆にうっとり☆

5月31日の事だったと思いますが、東扇島東公園のドッグランに寄りました。

それまで雨続きだったのに、一転して快晴となり、みんとさんは元気に茂ったクローバーに埋もれそうになりながらも楽しそうに走っておりました。

お昼頃ということで、日陰も無くて、みんとさんもすぐに暑くなってしまったようです。

真っ赤なベロをいっぱい出しちゃってます。

じじくんとりどみぃも喉が渇いてしまって、自動販売機で飲み物を買いましたが、飲む時には少しでも日陰に・・・と思い、まだ細い木の小さな木陰に身を縮めるようにして入ってから飲みました。

みんとさんも、足元の木陰に入ってひとやすみ・・・

それでもまだ暑そうだったので、”ひんやり☆のおすそわけ”として、りどみぃが飲んでいたジュースの缶をみんとさんに押し当ててやりました。

気持ちよかろ?(^▽^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

りどみぃは2階?

りどみぃとりどみぃ母&姉とで連れ立って、とある女性ヴォーカルのコンサートに行きました。

6時開場、6時半開演ということでしたが、その前に晩御飯を食べてしまおうということになり、実際の待ち合わせは4時・・・りどみぃは、家を早めに出たので、午後2時には既にバスに乗っていました。

みんとさんをお留守番させるに当たって、りどみぃがお昼頃にお散歩に連れて行ったり、ペットボトルの中にターキーのアキレスを入れた物や牛の骨付きカルビ(犬用のおやつ)を渡して、サークル内でも楽しく過ごせるようにしておきました。

また、みんとさんの晩ごはんのセット(おから、馬肉、小エビ、ブロッコリー)をそれぞれ小さなタッパーに入れてからお弁当袋にひとまとめにして冷蔵庫に入れ、早めに帰宅したじじくんがヨーグルトを加えて食べさせてくれることになっていました。

じじくんが帰宅した時、みんとさんはお留守番6時間を越えていて、いつもだったらお散歩後の晩御飯も食べ終わっている時間ということで、お腹が空いていたのか、じじくん大歓迎状態だったそうです。

サークルから出してやったら、自力で出せなかったペットボトルのターキーを「出してくれろ」と持って来たらしくて、じじくんが出して食べさせてやったらしい・・・

その上で、晩御飯もちゃんと食べさせてもらったそうなのですが、みんとさんとしてはりどみぃの姿が見えないのを不審に思っていたようで、落ち着かなかったそうです。

じじくんがお散歩に連れて行ってくれたそうですが、りどみぃが1階にも外にも居ないのが解ったらしく、帰宅後にいつもなら決してしないのに、勝手に階段を3,4段駆け上がろうとしたそうです。

りどみぃが2階にいると思ったのかも・・・(・_・;)

その後、じじくんに抱っこしてもらって2階に上がり、各部屋を探して周っていたそうですが、それでも居ないのが解ってからはおりこうにしていたとか。

実際にりどみぃがじじくんに車で駅まで迎えに来てもらって帰宅した時、鳴かずにじっとサークルの中からこちらを見ていました。

そしてサークルから出してからもちゃんとおすわりをさせてから挨拶に来させたので(興奮させないように)”りどみぃが帰宅して大興奮!”なんてことは無く、無事に再会を済ませることが出来ました。

お留守番出来て偉かったね、みんとさん♪(*^^*)

それにしても2階へ探しに行こうとするとはびっくりだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

自家製の革のシンブル

ミシンではなくて手で縫う時、針の頭を当てるのに中指にはめるシンブル・・・指貫(ゆびぬき)というのがありますが、100円ショップの手芸用品売り場では、2個入りで売ってたりします。

しかし、これって買ってきたばかりの時は革が硬くて指のカーブにきれいに沿わないし、サイズが合わない為、1度糸を切って自分の指に合わせなくてはならなかったり・・・と、りどみぃにとってはそんなにナイスではないのです。

それに、針の頭が当たる部分も、上手な人は1点以外には当たらないのでしょうが、あっちに当てたりこっちに当てたり・・・と縫いやすい手の形を試行錯誤しているためか、市販のシンブルの幅より外側に当ててしまったりして、指に穴があきそうになることもありました。

そこで、以前、不要だった革の切れ端で作ってみたところ、なかなか使いやすかったのでした。

ほつれる心配が無いので革は切りっぱなしです。
両端に近い方に目打ちで穴をあけて、そこにゴム(ヘアゴム)を通して結んだだけのシンプルなシンブルです。

うわ・・・シンプルなシンブル!!!( ̄Д ̄;)

今回は、これと同様も形で、もっときれいな色の革の切れ端で作ることにしました。(革の切れ端は手芸店のワゴンセールから手に入れて来ました)

濃いピンクのちょっと厚めでスウェードのような革と、もう少し厚さは薄くて手触りはつるつる☆っぽい薄いピンクの革です。

ほんの20×20cmほどの切れ端ですが、シンブルだったら数え切れないほど出来そう・・・ということで、将来もいくつか作ることを見越して、今回は型紙を作ってみました。

ボール紙で型紙を作り、濃淡のピンクの革それぞれで1枚ずつ取り、手芸用ボンドで貼り付けて厚みの補強をしてみました。

茶色の革のシンブルよりもちょっと頼りない硬さですが、実際に縫うのに使ってみるとちゃんと針の頭を受けてくれて指を守ってくれるので、使い勝手は良いです。

色もきれいで、満足のいく物が出来ました。

このシンブルを使って、みんとさんの使う物をもっと縫おうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »