« 大山の美味しい物について | トップページ | オカメインコの脅威 »

2009年5月 4日 (月)

こいのぼりチャーム再び

 先日作ってみた緋鯉のチャームがみんとさんには大き過ぎるようだったので、フェルトで小さめに作り直してみました。

うーん、みんとさんの被毛の色に映えるわぁ(☆☆)

もっと小さくても良かったかも・・・でも、もう今年はこどもの日まで日もないし、作り直しません。

今回は、全部フェルトで作ってみました。

土台の魚の形、背びれ、胸びれの赤いフェルト、口元、白目部分の白いフェルトを各2枚ずつ切って、速乾性の木工用ボンド(手芸用ボンドが手元に見当たらなかったもので)で貼り付けました。

黒目やうろこ模様などは、ピグマペンというカントリードールを作る人たちに「にじまなくていい」と愛用されている0.1mm細い線が書けるペンで書きました。

本体の表と裏を貼り合せる時、背びれをはさむようにしましたが、ボンドで貼っただけではどうもしっかり感が無くて、すぐに落としてしまいそうだったので、結局は赤い部分は赤い糸で、白い部分は白い糸でと本体の口元から尻尾・・・とぐるっと巻きかがりで縫っておきました。

風に泳ぐこいのぼりのように、みんとさんにも元気でいて欲しいものです。

|

« 大山の美味しい物について | トップページ | オカメインコの脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/29429750

この記事へのトラックバック一覧です: こいのぼりチャーム再び:

« 大山の美味しい物について | トップページ | オカメインコの脅威 »