« ピンクのお花と | トップページ | ぱく☆ »

2009年5月21日 (木)

おニューのダンベル

みんとさんがその内受けることになる”ゴールド”の試験課目の中には、”物(ダンベル)をくわえてハードルを跳ぶ”なんて難しそうな物があります。

みんとさんも、その難しさには哀愁の半眼・・・

お家で練習しようにも、みんとさんのダンベルは、両端が転がらないようにという配慮の為か、正方形になっているタイプなので、落とすと床が疵つくし、ゴットン☆と派手な音もするので、練習するのもためらわれます。

みんとさんときたら、ダンベルをくわえている状態で「ジャンプ」とか指示したら、その場にダンベルを捨ててからハードルを跳びそうなんですもん。

落としても大きな音がしないという点で、ホームセンターで新しいダンベルを買ってみました。人間のりどみぃが持ってみても、前のダンベルに比べると重さが半分くらいに感じます。

これならみんとさんが捨てないかもしれません。

くわえやすいように、中央に古いハンカチを切った物を巻いてやりました。木に直接歯を当ててくわえるのを嫌がる犬も居るそうですが、みんとさんはその点は気にしないようです。しかし、ハードルを跳ぶとなると歯にダンベルの硬さで着地の際の衝撃が加わると良くない様な気がして、布を巻いてやりたくなったのです。

16日のお教室の後、公園をお散歩して帰る前に初めて新しいダンベルをぽい☆と放ってみたら、他のおもちゃの時と同じように、何のためらいも無く取りに行き、ちゃんと口にくわえてりどみぃの手元まで持って来ました。

どうやら、みんとさんはこのダンベルも気に入ったようで、なかなか楽しそうに何度でも持って来ます。

これからは、ダンベルを投げなくても口でくわえてくれる様に教えたり、それを勝手に捨てないように教えたり、くわえたまま歩いたり・・・と段々といろいろ教えていかなくてはなりません。

・・・めんどくさ・・・( ̄  ̄;)

|

« ピンクのお花と | トップページ | ぱく☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/29727799

この記事へのトラックバック一覧です: おニューのダンベル:

« ピンクのお花と | トップページ | ぱく☆ »