« どろんここいのぼり | トップページ | 犬笛吹いたら指示しろと?! »

2009年5月 9日 (土)

ペーパーホルダーを作ろう2 (完成)

 今回、じじ父母宅用に作るのに参考(?)にした、りどみぃ宅で使っているペーパーホルダーは、こんな構造になっています。

まず、うさぎの絵があるのがトイレットペーパーのロールの上になる部分で、ホルダーと壁との隙間に右側のループが付いているチェックの四角い方を通して、予備ロールをホールドしておく帯状のパーツを下から合体させるのです。

下から合体させる帯状のパーツの方には共布で作ったくるみボタンがつけてあって、上のパーツのループはボタンホールとして使います。

このくるみボタンは、廃物利用で作った物です。

今回も、以前着ていたジャケットについていた足つきのボタンをベース布と同じ布でくるむことで作ってみました。

くるみボタンを作るキットは、今では大手スーパーの手芸用品売り場で買うこともできますが、物を大切にするというか・・・「もうひと働きしていただきましょう~!」の精神です。

ボタンの直径が1.5cm程度だったので、直径5cmの円に布を裁ち、端から5mm程内側をぐるっと一周縫ってから中心にボタンを置いて、糸をきゅー☆っとしぼって作りました。

縫い付けてしまえば、中が金色のボタンだとはわかるまい。にやり(~~)

 次は、ボタンを留める方のループを作りました。

幅2.5cmのバイアスの布を中表にして端から3mmほどのところをミシンで縫い、①のクイックターンや②の手芸用カンシ、③のラクトきり等の道具を使って表に返すと、細いループが出来ます。

一番下のまち針が刺してあるのは、出来たループでボタンの周囲をまわしてみて、ホルダーに縫い付けるのにはどの程度の長さが必要か試しているところです。

りどみぃがせっせと細かい作業をしている間、この日もみんとさんは足元でだらりん☆と過ごしていました。

偉いわぁ(☆☆)

ホルダーになるパーツの四角つなぎをした両サイドの部分とベース布を縫い合わせ、水で消えるチャコペンでキルティングラインを書きました。

キルティングして出来上がったらすぐに贈り物にするので、きれいな仕上がりにしたくて、キルトラインが消えるようにしたかったのです。

四角つなぎは対角を結ぶ×に入れ、ベースの部分は5mm、2cm、5mmの繰り返しでダブルの格子にしました。

ここで夕方のお散歩タイムになり、みんとさんと運動に出ましたが、長い時間(午前中からずっとお昼をはさんで縫い物をしていた)おりこうさんに待っていた果てだったので、解放されたような顔でいきいき☆していました。

まだ八重桜の花が咲いていたので、その下に行ってみることに・・・

花びらが散ったばかりで、ふわふわ♪

自分がリーダーだとみんとさんが思っていた頃は、手芸用品がある部屋にも入れられなかったし(発見した物を勝手に遊び道具にしようとする)、四六時中「遊ぼう」と強引に誘いに来るので、座って縫い物をするなんて考えられませんでした。

みんとさんも、聞き分けの良いこになったものです。

感動ですわっっっ(;;)

”おりこうみんとさん”の協力を得て、トイレットペーパーホルダーは無事に出来上がりました。

母の日には別の贈り物を用意しましたが、これも一緒に持って行きたかったので、最後の方は撮影もしないでがんがん☆作業を進めてしまいました。

ピンクの配色は得意ではないりどみぃですが、なかなからぶりー☆に出来たのではないかと満足しています。

じじ母もとても喜んでくれたので、ほっとしました。

その内、違う配色で自宅の分も新調したいものです。

|

« どろんここいのぼり | トップページ | 犬笛吹いたら指示しろと?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/29557590

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパーホルダーを作ろう2 (完成):

« どろんここいのぼり | トップページ | 犬笛吹いたら指示しろと?! »