« 狛犬修行 | トップページ | 5月はこいのぼりチャーム »

2009年4月30日 (木)

ケーブルカーに乗って

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、3歳にして初めてケーブルカーという物に乗りました。

他の公共交通機関と同様に、ここ大山の大山ケーブルカーはキャリーに入っていればわんこも手回り品扱いで(片道200円、往復400円)で一緒に乗車OKなのです。

おまけに、乗車券売り場横には、「キャリーが無ければ貸してくれる」という意味のことが書いてありました。どの程度のキャリーかは確認していませんが、手回り品の大きさの限界というのがあるでしょうから、対応出来るのは小型~中型犬ではないかと想像しています。

みんとさんも、往復の手回り品切符を買って、持参したバッグに入って改札時間を待ちました。

前回バスの折り返し所である”大山ケーブル”という場所を見ていたので、その脇に市営第2駐車場があったこともあり、わしらは勝手に「ケーブルカーの乗り場はこのすぐ上なんだろうな」と思っていました。

が、いざ実際に乗ってみることにして「切符を買うのはどこじゃらほい(・・ )( ・・)キョロキョロ」と見回してみたら、そんなものありゃーしません。
他の観光客の方々が心得たように進む道があったので、流れに沿ってそちらに行ってみたら参道がありました。

大山は”大山こま”というこまの産地としても有名だそうで、それにちなんでこの参道は”こま参道”というそうです。

が・・・

なんですとっ?!Σ(・ω・ノ)ノ!

「550mそれも階段とな!」じじくんとりどみぃは、激しく動揺。
しかし、どんなものか行ってみなくてはわからないので、がんばって上ってみることにしました。

みんとさんも、階段は上がるのも下りるのも得意なので、楽しげにひょいひょい☆上がって行きます。

階段を550mと言っても、全部が見上げるような大階段でつながっているわけではなくて、10段上がったら平らな場所を歩き、また20段上がったら少し歩いてまた数段・・・のようになっている上、参道の脇には旅館や豆腐料理のお店、土産物屋などがあって、退屈しないで歩けるので、いつの間にか高い所まで進んでいました。

みんとさんは、階段の1段の高さがそう高くないこともあってか、特に疲れも見せず、抱っこもせがまずに550mを上がりきりました。

すごいじゃないの~(・◇・;)

しかし、ケーブルカーの為にバッグを開いたら、自ら進んで入り、ほっとしたように一休みしておりました。

参道入口より手前に、市営第1、第2駐車場があるのですが、ケーブル駅により近い第2は既に満車だった為、わしらは引き返して第1駐車場に駐車したのです。

市営第1駐車場(普通車84台、大型車6台)
市営第2駐車場(普通車44台 )

普通車1日600円 大型車1,500円

他に付近に民間駐車場あり (1日普通車1,000円)

みんとさんは、市営駐車場から参道入口までも坂道を歩いていたので、疲れるのもごもっとも。

 丹沢大山国定公園(たんざわおおやまこくていこうえん)というのは、神奈川県の伊勢原市にあって、その中心となる存在の大山は標高1252mという結構高い山です。

ケーブルカーはかなりの勾配をぐんぐん進んで、標高700m付近にある”阿夫利神社”駅までは6分とのこと。

みんとさんはりどみぃの座席の下にバッグごと入っていたのですが、初めてのがたがた☆という揺れ方に、ちょっと動揺していたようです。しかし、鳴いたりすること無く、無事に到着。

 ”阿夫利神社”駅からすぐの所に同下社があり、その境内の端に山頂への登山口があるので、身支度をした方々が先を急いで元気に駅を後にして行かれます。

山頂へは、行きは90分、帰りは60分と書かれていましたが、わしらは登る気なんて、これっぽっちもありませんでした。
下社から眺めの良い所でも見られれば良くて、またケーブルカーで戻るつもりでした。

そんなお気楽観光客のわしらをいきなり迎えた看板には”熊出没注意”の文字が・・・!

ケーブルカーに乗って、熊が出る場所に行ってしまったみんとさん、さぁどうする?!

|

« 狛犬修行 | トップページ | 5月はこいのぼりチャーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/29374207

この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルカーに乗って:

« 狛犬修行 | トップページ | 5月はこいのぼりチャーム »