« 小松川千本桜を見よう♪ | トップページ | Cafe Restaurant NAKAICHI »

2009年4月 8日 (水)

小松川千本桜は千本

 ”小松川千本桜”という名称を聞いた時、”千本”というのは”たくさん”という意味の比喩であろうと思っていました。本当にたくさんの桜の木が、惜しげもなく(?)植えてあるのです。


小松川閘門を背に川上方向を眺めると・・・

小松川閘門付近の現在公開されている場所の近くは、工事が終わって桜が植えられたのが東大島駅に近い堤防の方よりも遅いらしくて、桜の木がまだまだ若いようでしたが、その数には圧倒されました。

もうちょっと大きくなったら、ゴージャスな桜の森になりそうだのぅ(・◇・;)

この桜の植えてあるスペースを真ん中にして、左側の堤防の1番低い場所にもカラー舗装された歩道があるし、右側の川の方の堤防の1番高い場所にも桜を見ながら歩ける歩道がありました。

どちらも自転車が通ることもあるし、数多くの人が桜を見ながら(足元なんか見ないで)歩いているので、りどみぃとみんとさんは桜の木の間の緑地の部分を進んで行くことにしました。

下草があるので多少人間のりどみぃには歩きにくいのですが、みんとさんがロングリードで匂いを嗅いだりしながら歩くには、人とすれ違わないこちらの方が安心だし、舗装してある遊歩道よりはみんとさんの肉球にも優しそうです。

 新大橋通りの荒川を渡る橋、新船堀橋(しんふなぼりばし)の近くまで行ったら、この堤防の構造や目的について説明してあるオブジェ(?)がありました。巻物みたいになっていて、金属製の筆(作り付け)まで置いてあります。

この説明によると、ここの堤防は”スーパー堤防”というもので、「幅が広く傾斜をゆるやかに作ってあるので、水がしみこんでも、水があふれても決壊しない上、地震にも強い」そうな。

それで”スーパー”なんですな。(・_・)

もう少し川上に向かって歩いたら、都営新宿線 東大島駅から堤防への道と交差しました。ここが”小松川千本桜”の正面入口(?)的な場所らしく、石造りのりっぱな碑がありました。
みんとさんは、現地のお散歩わんこ達の残したメッセージの匂いをチェックしたくてたまらないので、写真撮影には協力的ではありません。


カメラなんて見やしないのね

お弁当持参ではないりどみぃは、駅前のスーパーマーケットのお惣菜コーナーでちらしずしやから揚げを調達。堤防へ戻って、桜を眺めながらランチタイムを満喫なのです。

付近の住民もお花見に繰り出しているようで、お弁当やお惣菜類、飲み物もたくさん売れているようでした。このちらし寿司も作りたてで、から揚げは揚げたてで、どちらも美味しかったです。

みんとさんにはお水を汲んでやりましたが、飲みませんでした。そんなに暑さは感じていないようです。
最初はロングリードの長さが許す限りりどみぃの周辺をうろうろ☆しようとしていましたが、後側に行かれると目が行き届かないので、「他の花見客にご迷惑をかけてもイカン」と思い、目の前に”おすわり”をさせておきました。

みんとさんとしては、こんなところで休憩しないで、堤防の先の先まで行ってみたいようで、目が「早くぅ」と訴えかけておりました。

りどみぃがランチを楽しんだのは、新船堀橋をくぐって川上側へ出た所でしたが、この辺から枝垂桜の並木が都立大島小松川公園の自由広場と堤防を結ぶ辺りまで続いていて、ひときわピンクが濃く見えるのです。

どうやらりどみぃが中央環状線を走行中に窓から見たのはこの並木らしい・・・これは確かに川の向こう側からでも良く見える鮮やかさです。

枝が枝垂れて花が近くに感じられるせいか、大島小松川公園から近いせいか・・・この木の下にピクニックシートを広げてお花見を楽しんでいる家族がたくさんいました。

みんとさんには、ボールを見せて、「これで遊ぼうか!」と声をかけてみたら遊びたい気持ちでわくわく☆したようで、笑顔に。

大島小松川公園は災害時の避難場所になるそうで、広々とした空間が確保されていました。

みんとさんもロングリードでボール遊びをしました。これだけ広いと誰にもご迷惑でないので、のびのび遊べます。

この大島小松川公園には駐車場があるので、車で”小松川千本桜”見物に行く時は、こちらに駐車するようにという内容のことが書かれた案内板も見かけました。

確かに・・・それがいいでしょうな。(・_・)

この公園を過ぎても堤防の桜並木は続いていましたが、今のところ、川上側の端っこは小松川橋、新小松川橋が並んで架かっている手前までのようでした。この辺りの桜には、桜の木の幹には番号が書いてあるガムテープが巻かれていて、りどみぃ、悟りました。

千本桜って本当に千本植えるのねっ!!( ̄□ ̄;)!!

桜並木の端に近い部分はまだ工事中で整備の途中で幹の番号は確認できませんでしたが、工事の敷地内にはすでに桜の木は数十本植えられていて、それぞれ花を咲かせていました。りどみぃがざっと数えたところ、40本は数えることが出来ました。

最低でも948本はクリアしてるってことだわね・・・(・△・;)

気がついてみると、帰りに東大島駅近くに戻った時にも、もっと小さなガムテープではありましたが、”047”とか”0183”とか1本1本の木の幹にちゃんと固有の番号が貼ってありました。

”小松川千本桜”は本当に千本なのだと端から端まで歩いて理解したりどみぃとみんとさんなのでした。

|

« 小松川千本桜を見よう♪ | トップページ | Cafe Restaurant NAKAICHI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/29063242

この記事へのトラックバック一覧です: 小松川千本桜は千本:

« 小松川千本桜を見よう♪ | トップページ | Cafe Restaurant NAKAICHI »