« 菱餅チャーム登場! | トップページ | 病院めぐりの旅 »

2009年3月 1日 (日)

犬笛が吹けない

まさか自分が犬笛を持つ身になるとは思ってもみませんでしたが、昨日からみんとさんに向かってピッ☆ピッ☆吹いています。

でも吹くのが難しい~(^▽^;)

りどみぃは吹奏楽器も中学生の時以来奏でていなかったので、音を区切って出すとか、呼吸とかが上手に出来ないようです。

ピッ☆っと鳴らさなくてはいけないところ、吹いて音が出た次の瞬間にはそのまま息を吸ってしまい、吸った事によってまた笛がピヒィ~ッなんて気の抜けた音で鳴ってしまったりします。

みんとさんにしてみれば、”ピッ☆ピヒィ~ッ☆”と笛が鳴らされた結果になってしまうのです。

ううっ、笛で指示をする以前に、ちゃんと吹けない・・・( ̄  ̄;)

さて、なぜ犬笛なんて使っているかというと、春になったらあるゴールドクラス認定試験の試験課目に犬笛による指示をする課目があるからなのです。

先生が以前からご自身で決めていた認定試験の試験課目が、私達のクラスの試験に向けて多少の変更があったそうで、最初に渡された課目のリストから消えて嬉しかったものもあれば、増えて眉間に縦じわが入ってしまう原因になったものも・・・前者は犬を右側につけての行進、後者が犬笛による指示等です。

この試験の目的は、”笛のような音が鳴る物で犬を注目させた後に呼び戻す”というのを、言葉を使わずにすることのようです。

「別に専用の犬笛ではなくて、子供のおもちゃの笛でもいいよ」と先生はおっしゃいましたが、本物の犬笛(?)は、犬には聞えても人間には聞えない高周波数の音波が出るそうで、使うことにするかどうかはともなくとして、いざという時はその機能がある方が楽しいかな?と思って、イギリス製の犬笛を買ってみました。

アクメ サイレント ドッグ ホイッスル 犬笛 MODEL NO.535 アクメ サイレント ドッグ ホイッスル 犬笛 MODEL NO.535

販売元:ペットプロ8楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

この製品は、笛の1部をスライドさせることで、低周波数音から高周波音まで好みの音で鳴らせるように設定できるとのことです。

最高に高周波数のところに合わせて吹くと、犬には聞えてもりどみぃには聞えませんので、ちゃんと吹けているかどうかの確認も出来ません。
サッカーの審判のように歯切れの良い吹き方とは言いませんが、ちゃんとみんとさんを混乱させないように吹けるまで、1番低周波のところに合わせて鳴らしておくことにしました。

さて、みんとさんには、クリッカーを教えた時のように、”ピッ☆っと鳴ったらいいことがある”というのを理解してもらうことから始めたので、届いてから数日しか経っていませんが、りどみぃが口で「みんと!」と名前を呼んだ時よりも注目度が高いような気がします。

りどみぃが口に笛をくわえただけで、「いつ鳴るかな?いつ鳴るかな?」とその瞬間を待っているようなのです。

クリッカーの時は、「どうやったらアレが鳴るかな?」と考えていたのに、犬笛だとちゃんとそれとは違って「鳴ったら何をすればいいのかな?(指示待ち)」と考えるのがすごい!

あとは、りどみぃがちゃんと吹ける様になれば・・・ね( ̄△ ̄;)

|

« 菱餅チャーム登場! | トップページ | 病院めぐりの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/28429173

この記事へのトラックバック一覧です: 犬笛が吹けない:

« 菱餅チャーム登場! | トップページ | 病院めぐりの旅 »