« ワンワン草は育ってる | トップページ | リュックの中から »

2009年3月10日 (火)

犬笛で呼ばれても

 みんとさんは、家の中でりどみぃが犬笛を手にすると、「いつ吹くのかな?いつ鳴るのかな?」という意味で注目するので、ちっとも練習になりません。

みんとさんはとても耳が良いので、りどみぃがそっと犬笛を手にした時に笛本体とキャップをつないでいるチェーンがしゃら☆っと小さく鳴っただけで、「あ、犬笛だ」と悟るようなのです。

吹く前なのにね・・・( ̄  ̄;)

犬笛を手にしただけで注目するくらいですから、キャップを外したり、りどみぃが笛を口にくわえたりしたらもう一瞬たりとも目を離しません。

あの~自由にしているところに犬笛が聞えたらりどみぃに注目する練習なんで・・・(・△・;)

家の中でという限定された条件下ではありますが、最初から注目されていては、いつになっても吹けないということで、”家の中では練習できない”という結果になっていました。

土曜日のお教室の時にもちっとも出来ていなかったので、「どうして練習して来ないのよ」と先生にチェックされたのですが、「雨続きでお散歩に行けなかった上、りどみぃは花粉症で具合が悪くてそれどころではなかったのです」と心の中で言い訳するのが関の山。

練習していなかったのは真実なので、せっかく教えて下さったのに、先生には申し訳ないことでした。

 さて、今週になってりどみぃの花粉症対策の薬も飲み始めて1週間になり、だいぶ効き目が出てきたようなので、お散歩の時にマスクをしないで出かけて犬笛を練習できるようになりました。

ピッ☆っと吹いてもこっちを見ないので、見るように強制するところから始めなくてはならないのですが、本当は短いリードのまま練習して、こちらを見るように無言のままリードをちょいちょい☆っと引いて合図を送るべきところが、つい笛を口にくわえたまま「みんと!」と名前を呼んで注意を喚起しようとしてしまい、くぐもった呼びかけになってしまいます。

びんど!( ̄・ ̄;)

連日練習して、笛を吹いたらすぐに振り向く・・・なんてレベルはまだまだですが、笛を吹いて注意をうながしてこちらを見、その場で停まる・・・という確率は高くなって来ました。

しかし、一瞬こちらを見ても、すぐにきょろきょろ☆と自分が見たい方を見ようと視線を動かしてしまいます。

一応、きょろきょろ☆しようものなら名前を呼ぶとかリードをくいくい☆するとか、みんとさんがよそ見にあきてこっちを見るのを待つとか(これはNGですが)した挙句、りどみぃに「もう動いてもいいの?」とアイコンタクトを取ってきた時だけ「OK」と解除してやることにしていますが、なんかぜんぜんその法則が解ってない感じです。

みんとさん・・・犬笛はともかく、もっとアタシを見て・・・( ̄  ̄;)

|

« ワンワン草は育ってる | トップページ | リュックの中から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/28576180

この記事へのトラックバック一覧です: 犬笛で呼ばれても:

« ワンワン草は育ってる | トップページ | リュックの中から »