« みんとさん、でかあくび | トップページ | 苦しまぎれのロースカツバーガー »

2009年2月24日 (火)

じじカメラのケース 2

 トップまで出来上がったじじくんのコンパクトデジタルカメラのケース・・・前面と背面をちょっとだけしっかりさせる為、クリアファイルのような素材のシートを入れて欲しいとの要望なので、裏布と本体の間に入れることを考えています。

いつもなら、トップ、キルト綿、裏布とを重ねてキルティングするのですが、今回はトップ+キルト綿、シート、裏布という風にすることにしました。

そこで、トップとキルト綿だけ重ねてキルティングすることに。

小さい物だし、使ってみたかったので、布用のスプレーボンドを使って、トップとキルト綿とを貼り合せる事にしました。

キルト綿は、トップの大きさより1~2cm大きめに粗裁ちして用意しておきました。

この製品は、パッチワーク・キルトやソーイングの仮止めという目的に使われるようです。

以前、他の会社のキルトボンドという製品を使ったことがありましたが、それに比べて霧状で出て来るボンドが細かくて、さらっとしている感じがしました。

周囲に散ってしまうので、新聞紙を全紙に広げて少しだけ重ねて置き、その中央にトップを裏返しにして置いてから、缶側面の説明通りに噴霧してみました。

用意してあったキルト綿のふわふわ☆の綿の上とボンドを吹き付けたトップの裏側が接するように置いて、数時間放置しておきました。

その後、トップだけつまんでみようとしましたが、キルト綿としっかりと貼り付いていて、しつけをするよりも楽で同じ効果が得られたように思いました。

ここで、アイロンチャクペンでキルトラインを書きました。トップが出来上がった時にキルトラインを書くべきでしたが、うっかり貼り付けることに夢中になってしまったもので。

このように使った布の色が濃い目の布ばかりの時は、線が黄色い定規を使うと見やすくて重宝しています。

キルトラインは、特にプランは無くて、対角線を結ぶだけだったり、単なる斜め格子の時は1cmピッチになるように、縦横の格子の場合は1.5cm格子になるようにとか、ピースの形に添って内側5mmに四角く(アウトラインキルト)など、隣のピースと同じにならないように様子を見ながら書いていきました。

それでも、最初に書いた線を変えたくなったら、温めたアイロンの先でちょいちょい☆っと線をなぞるとアイロンチャコペンの特性として線がきれいに消えるので、いきあたりばったり派のりどみぃはいくつかのキルトラインを途中で変更しました。

 キルト糸はグレーと茶が混じったような色を使い、どのピースもその糸でキルティングすることにしました。

・・・つづく( ̄△ ̄;)

|

« みんとさん、でかあくび | トップページ | 苦しまぎれのロースカツバーガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/28346831

この記事へのトラックバック一覧です: じじカメラのケース 2:

» 手作りソーイングを楽しもう [手作りソーイング情報ノート]
自分で作った手作りソーイングは、味わいや愛着が持てて別物ですよね。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 22時24分

« みんとさん、でかあくび | トップページ | 苦しまぎれのロースカツバーガー »