« 苦しまぎれのロースカツバーガー | トップページ | ニット素材じゃなくっても »

2009年2月26日 (木)

ワンワン草を育てよう

 花屋さんの店先に、10cm位の草丈で青々とした、すぐに食べられる状態で売っている”ネコの草”というのを見かけることがありますが、猫を飼育したことの無いりどみぃには謎でした。

猫が食べるように・・・と言うのは解るけど、犬が胸焼けなどの時に草を食べるように、猫もそうなのかな?(・_・)

なんて思ったりして・・・

しかし、みんとさんにはほぼ毎食野菜を食べさせていることもあり、みんとさんが路傍の草を食むことなど無いので、買ってやる必要も感じていませんでした。

それに、商品名で”ネコの草”と言い切られちゃうと、犬にやるのをためらったりして・・・(^▽^;)

ちなみに、猫は身体をぺろぺろと舐めてきれいにするので、体内に毛を飲み込んでしまいがちになる為、それを草を食べることで吐き出すという大切な意味があることをこのたび知りました。

 さて、通販カタログを見ていたら、ドッグフードやペットシーツと一緒に”ワンワン草”なる物を発見。

培養土と種が入った容器のセットで、自分で容器に袋詰めの培養土を開けて入れ、その上から種を蒔いて水をやることで発芽をうながし、よさげな長さになったらわんこに食べさせるという自家栽培セットでした。

殺虫剤などを使っていない、煙による殺菌を行っているペット用のスプラウトエンバクということで、生えるのは麦の1種のようです。(燕麦)

興味深かったので購入してみて届きましたが、みんとさんにとっては別に良い匂いもしないらしく、少し匂いを嗅いで興味を失った模様。

発芽までは暗い場所に置いて、芽が出たら日当たりの良い所で育てろとのことです。

紙の包装を取り除いたら、容器は円くて格子状のふたがついていました。この格子の間から草が伸びて来るのですな。

説明書によると、種まきして食べられるまでは2~3週間とのこと。

みんとさん、待っててね~!育てるから!!(^▽^;)

育ったワンワン草を、みんとさんが食べてくれるかどうかは、その時になってみなくてはわかりません。

不安だ・・・(・_・;)

|

« 苦しまぎれのロースカツバーガー | トップページ | ニット素材じゃなくっても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/28382410

この記事へのトラックバック一覧です: ワンワン草を育てよう:

« 苦しまぎれのロースカツバーガー | トップページ | ニット素材じゃなくっても »