« 梅まつり やきいも編 | トップページ | 仲良しシャベル »

2009年2月16日 (月)

梅まつり 祭りの雰囲気編

 熱々のやきいもをきれいに開いた梅の花の下で食べている間に、たくさんの人が集まっていました。

この日に合わせて駐車場も広く確保されているようで、祭りの開始時間に合わせて到着したらしいたくさんの人が会場に到着したようです。

さっきは簡単に渡してもらえたやきいもが、焼き上がり15分待ちと言うことで行列になっていました。

かなり人の流れが出来て通路が混みあってきたので、みんとさんが踏まれてはイカンと思って奥の方へは行きませんでしたが、そちらでは植木市が開かれていたようです。

来年は、そっちも見たいものですな・・・(・_・)

特設舞台の演技は11時からということで、「それまでは模擬店の食べ物を楽しみながらお待ち下さい」という内容のアナウンスが流れていたので、わしらもたたみかける様に、フランクフルトややきそばを食べることに。

やきいもをおすそわけにあずかれたので、みんとさん、やきそばにも興味津々です。

すまん、みんと。これは人間だけなのだ(・△・;)

市販品よりも少量のパックとは言え、これで100円はありがたい!
小エビやあげ玉も入っているし、キャベツがちょうど良い火の通り具合でとても美味しかったし、満腹感がありました。

他にもおしるこや甘酒、公園の売店の業者さんも出店していて、おでんなんかもありましたが、お腹がいっぱいになってしまったので断念。

美味しく過ごしている内に、11時になって和太鼓の演技が始まりました。大きな太鼓や小さな太鼓、それぞれの奏者がそれぞれの太鼓を叩いているのに、音や動きに乱れが無くて素晴らしいものでした。

みんとさんは、太鼓の音は平気なようです。
まぁ、雷の音もうれしそうに口を開けるような犬ですからね・・・(チーズがもらえるから)

かように楽しい梅まつりでしたが、りどみぃには気になったことがありました。それは、やはり飼い主さんとまつりを楽しみに来ていたたくさんのわんこがいたのですが、みんとさんはかなりの確率でスルーしちゃうのです。

「ごあいさつっごあいさつしなくちゃっ!」とリードを引っ張って行こうとする犬でも困りますが(小さい頃のみんと)、先方が友好的でも「あー忙しいっ梅の木の根元の匂いを嗅ぐのに忙しくて、他の事は目に入らないわぁ」とばかりによそよそしく、犬同士の挨拶さえしようとしないのです。

割合で言うと、8割の犬はスルーしておりました。(2割しか挨拶しなかった)

社会性が衰えている兆候かなぁ・・・(‐_‐)

お囃子や中学生のブラスバンドの演奏も見たかったけれど、みんとさんの社会性を養う為に、ドッグランのある川崎市の東扇島東公園へと移動することにしました。

楽しかったよ、梅まつり。また来年も楽しみたいものだと思いました。

|

« 梅まつり やきいも編 | トップページ | 仲良しシャベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/28165145

この記事へのトラックバック一覧です: 梅まつり 祭りの雰囲気編:

« 梅まつり やきいも編 | トップページ | 仲良しシャベル »