« 150周年の犬 | トップページ | みんとさんと鉄階段 »

2009年2月 3日 (火)

下糸巻きが怪しい!

 みんとさんのクレートカバーを作っていた時、途中でミシンの下糸が無くなってしまった事がありました。

あらま・・・(・△・;)

ボビンケースからボビンを出して、ミシンの上部にある下糸を巻く機能のところにボビンをセット。巻きたい糸を糸ガイドにセットしてからミシンのフットコントローラーを踏み込めば、自動的にボビンに糸が巻かれるという仕組みです。

フットコントローラーを踏み込んだら、糸巻きの方は糸が解かれることでくるくる☆回る為にかたかた☆鳴り、ボビンの方はモーターの回転で急速に回転するのでうぃんうぃん☆唸る・・・という状況になりました。これはりどみぃには見慣れた光景、聞きなれた音でしたが、みんとさんには耳慣れない音だったようです。

ミシンの前の椅子に座るりどみぃの膝の所に来て、お鼻でちゅん☆っと教えてくれました。

「怪しい音がします!」

・・・あ、ありがとう。でも、この音を出しているのは、りどみぃ本人だからね。

と言って通じるわけもないし、ワンワン吠えないでちゅん☆で教えたことを高く評価して、ごほうびをあげなくてはなりません。

教えてくれてありがとう。そ~っと教えてくれて、ありがとう。(^▽^;)

とごほうびをやったら、その後、りどみぃがフットコントローラーを踏み込む度に(またボビンの回転音等がするので)お鼻がちゅん☆

巻き巻きウィーン☆ お鼻ちゅん☆ごほうび・・・が繰り返されて、たった1個の下糸を巻くのに何分もかかってしまいました。

 その後、無事に下糸を巻いたので作業を続けたところ、みんとさんが退屈そうにりどみぃの腰掛けている椅子の下に伏せて寝始めました。

りどみぃが踏むフットコントローラーと椅子の足の間に無理やり割り込んでくるような感じで、自らの存在をアピールしているようです。

・・・すごく邪魔・・・( ̄△ ̄;)

|

« 150周年の犬 | トップページ | みんとさんと鉄階段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/27655858

この記事へのトラックバック一覧です: 下糸巻きが怪しい!:

« 150周年の犬 | トップページ | みんとさんと鉄階段 »