« クレートカバーを作らねば!4 | トップページ | クレートカバーを作らねば!6 完成 »

2009年1月31日 (土)

クレートカバーを作らねば!5

 天井部分(a)、前部分(b)、側面部分(c)というパーツが出来上がったので、縫い合わせて立体にします。

縫い合わせた後の縫い代はバイヤステープでくるんで始末するつもりなので、外表に縫い合わせて縫い代が表に出ている状態にします。

aの中心とcの中心(後側面になる部分)を合わせて待ち針を打って、ミシンで3辺続けて縫い合わせます。

立体になったので、これでいいのかどうかクレートにかぶせてみました。

ちょっと丈が長いような気もしますが、クレートの両肩部分(?)が落ちちゃってることもあるし、下から冷たい隙間風が入らないように・・・という意味では、部屋のカーテンが長いのと同じ理由で許されるような気がします。

一応、クレートのサイズを測って、プラス5cm程度にしたんだから、これで良いはず・・・ということで、特に丈をつめる事もしないで続けてしまうことにしました。

家の外に持って行く予定も無いし、ちょっと位長かったとしても、気にしないってことで!(^▽^;)

 この後、開いていた前面に前部分のパーツを上から重ねて縫い合わせ、すべての縫い代をくるむ為に、バイアステープを縫い付けました。

これは、待ち針を打ってバイアスをミシンで縫いつけた後、待ち針を外した状態です。

この後、バイアスの縫い代に合わせてキルティング地本体の縫い代を切り揃え、側面側に返したバイアスでくるみます。が・・・

縫い代が厚過ぎて、ミシンで縫うにはバイアス幅が足りない・・・( ̄△ ̄;)

キルティング地同士を縫い合わせてあるので、パーツを作っていた時に比べて縫い代のかさがあるのです。ここは、4cm幅とか4.5cm幅でバイアスを用意するべきだったようです。(パーツ部分の端は3.5cm幅のバイアスでくるんであります)

結局、側面側に返したバイアスは、ミシンではなくて手縫い(まつり縫い)で縫い付けました。

作業はこれで終わりのはずでしたが、どうも無地で味気ないので、市販品のラベル(?)を縫い付けることにしました。

白いうさぎさんが花束を抱えている柄で、5枚入りで180円とな。

前面に縫い付けるつもりで位置を合わせて待ち針で固定したら、天井部分も寂しかったので、おまけに天井にもつけることにしました。

|

« クレートカバーを作らねば!4 | トップページ | クレートカバーを作らねば!6 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/27623437

この記事へのトラックバック一覧です: クレートカバーを作らねば!5:

« クレートカバーを作らねば!4 | トップページ | クレートカバーを作らねば!6 完成 »