« わんわん広場は貸切だ! | トップページ | 冬のチャーム »

2009年1月24日 (土)

川崎初の人工海浜だから

 東扇島東公園内のドッグラン”わんわん広場”に入場する前に、公園の1番突き当たりのウォーターフロントまで行ってみました。
換気塔は正面から建物のように見えましたが、横からだと換気塔っぽい!

ウッドデッキが長く続いていて、暖かい日だったので気持ちよく散歩できました。ウッドデッキの左側は海、右側は潮入りの池となっていますが、釣りは禁止とのことです。

このウッドデッキのずっと先、換気塔の向こう側には人工海浜があり、横浜の海の公園みたいに砂浜を波打ち際まで行ってみたかったのですが、犬は立ち入り禁止でした。

なんでも、この人工海浜は、50年ぶりに復活した川崎初の人工海浜とのこと。そういえば東京都の葛西臨海公園や横浜市の海の公園にあるような人工海浜が出来たのはかなり前だけれど、川崎にはここが出来るまで無かったのですね。

遊泳禁止なのに、犬も花火も禁止というのも理解出来る気がしました。

すごく大事にしたい感じ・・・?(・◇・;)

まぁ市民でもないのにドッグランを利用させていただけるだけでありがたい。贅沢は申せません。

よござんす、海はきっぱり諦めやす。( ̄  ̄;)

ドッグランで走ったり、公園内をたくさん歩いて満足したみんとさん、バス停に到着したらあっさりとバッグに入りました。

 バス停で来た時と同じJR川崎駅と東扇島の循環バスを待っていたところ、直接JR横浜駅(横浜エアシティターミナル)まで行く臨港バスが来て(運賃は500円)、みんとさんのバッグを抱えつつ乗車することになりました。

東扇島内を少し走ってバス停をいくつか経由して乗客を乗せた後、高速道路に入り、思いがけず鶴見つばさ橋や横浜ベイブリッジ越しに富士山のシルエットが見えたりして、気分は観光客です。


鶴見つばさ橋通過中のバスの車窓から

横浜エアシティターミナルは、そごう横のスカイビルの中にあり、横浜駅まで30分でした。乗り合わせた乗客の方の話では、東扇島からバスでJR川崎駅に出てからJRを利用して横浜駅に行くと、倍の時間かかかるそうです。

偶然とは言え、臨港バスに乗れてラッキーでした。

みんとさんと冒険(?)に行くのはいろんなことがあって楽しいな♪ヽ(´▽`)ノ

こうして、りどみぃとみんとさんの東扇島東公園わんわん広場利用登録証取得の旅(?)は無事に終わったのでした。めでたし、めでたし。

|

« わんわん広場は貸切だ! | トップページ | 冬のチャーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/27366279

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎初の人工海浜だから:

« わんわん広場は貸切だ! | トップページ | 冬のチャーム »