« さぶちゃんが好き! | トップページ | サンクスキャンドル in パシフィコ横浜 »

2008年12月23日 (火)

みんとの一発芸

 クリスマス会の時、みんとさんはずーっとさぶちゃんに乗っていたわけではありません。ちゃんと、真面目にゲームに参加したり、一発芸を披露したりもしていました。


おすわりするスピードを競うゲーム

ゲームは、何種類も用意されていました。

全員でサークル状に行進して、合図で”おすわり”や”ふせ”をさせ、その速さを競うもの、5~10m離れての”呼び戻し”で飼い主の元にわんこが駆け戻る徒競走。


呼び戻しレースのスタート前

みんとさんは、この時、”飼い主がしゃがんでから呼ぶ”というルールであったのを、りどみぃがしゃがんだ途端に独自の判断で走り出し、その時点で失格に・・・呼ばれる前に走り出したのが敗因です。

先読みしたわね、みんとさん。(・◇・;)

じつはみんとさん、その数週前のお教室で、「呼んだら飼い主の正面に来てすわること」「その距離は膝に鼻がつくくらい近くであること」を強化するように指示されていたのです。

というのは、その辺りをパピーさんの頃からずっと曖昧にしていたので、みんとさんはりどみぃが呼ぶと正面では座らずに、直接左脚の横・・・脚側定座の位置についてしまう癖がついていました。

呼び戻して足元に来たら(ちゃんと正面で停めないで)、「つけ」と命じ、定座の位置におすわりしたらごほうびをあげるようにしていたので、みんとさんが勝手に「こうすりゃいいんでしょ?」と思い込んだようなのです。

呼んだら脚側定座につく・・・これは、一見スマートそうですが、正面でりどみぃを見上げるという形が身についていないとも言えまして、”犬が正面に来てアイコンタクトしてくれない”とも言えます。

そこで、りどみぃ、以後はしゃがんだりどみぃのおへそにみんとの鼻がぶつかる位近くまで来て正面で座るように特訓していたので、「りどみぃがしゃがんだら正面に行けばいいのね」と解釈していたみんとさん、勝手に動いてしまったようです。

 余談ですが、現在はみんとさんは結構正面に来るようになっています。しかし、それも正面に来させた後に”つけ”をさせると、そういう順番だと「結局最後は脚の横について終わるんだな」と早飲み込みするようで、正面に座ってごほうびをもらったら、さっさと勝手に立ち上がって脚側につくような行動が見られました。

犬に先を読まれてはいけないそうです。それは、飼い主の指示でしたのではなくて、犬が自主的(勝手)にしたことなので、飼い主に従ったことにはならないということだからだそうです。

そこで、りどみぃ、ごほうびをあげたら、そのまま「行こう」と歩き出すようにして、正面でおすわり→脚側定座の流れを断ち切るようにしています。

 みんとさん、スタートから行進して5m先で犬だけを「待て」と立って待たせ、スタート地点に戻った飼い主が「ふせ」を命じ、その指示に従うスピードを競う遠隔のゲームで、ベストわんこになれました。

すごいじゃなーい(・◇・;)

 犬が走る種目の内は良かったのですが、後半は2チームに分かれての団体戦になりました。一緒にジグザグ行進(それもハンディとしてバトン代わりの荷物を持たされて)、おもちゃを犬にくわえさせての併走によるリレーなど、今年も体力を試される厳しいものでした。

りどみぃは、へなちょこだからね・・・(・△・;)

 そして一発芸大会では、バスケットボール(ぬいぐるみ)を「みんと、パス!」と投げ、ボールをくわえて持って来たみんとさんが、おもちゃのバスケットゴールに「シュート」。その後、りどみぃと「イエェ~イ」でりどみぃの右手とみんとの左前足がぱし☆っとハイタッチ。次に両手で「ハイタッチ!」とりどみぃの両手とみんとの両前足がハイタッチ☆する芸(?)を披露しました。

ちなみに、”シュート”は最初、じじくんが教えました。d(*^^*)
バスケットのゴールとボールのセットは、トイザラスで買いました。ゴールを釣っているのは、家で余っていた靴紐です。

 ベストわんこ(遠隔)とリレーで1個ずつ、計2個の賞品をいただいたみんとさんは、とても楽しそうでした。

|

« さぶちゃんが好き! | トップページ | サンクスキャンドル in パシフィコ横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/26461908

この記事へのトラックバック一覧です: みんとの一発芸:

« さぶちゃんが好き! | トップページ | サンクスキャンドル in パシフィコ横浜 »