« 会社は大きな群らしい | トップページ | エネループカイロ »

2008年12月16日 (火)

失礼してます

 「犬の能力より指示が遅いということは、犬に対して失礼してるってことになります」という意味のことを、月曜日のアジリティーの時に先生からうかがって、りどみぃは思わずみんとさんを見てしまいました。

みんと・・・すまん(− −;)


しょうがないよ、犬は飼い主選べないからね・・・

この日のお勉強は、複数のハードルやトンネル、タイヤ、ウィンービングポールなどの用具を次々とこなして行く複合技(?)で、それも数回毎に配置や順番が変更されるという応用が必要なことでした。

犬は競技でどんな順番でこなして行けばいいかなんて知る由もありませんので、ハンドラー(飼い主)が最初に順番を把握して、「ハードルの次はトンネルだ」とか考えながら、その都度犬に指示を出すわけです。

しかし、これがまた難しい!

まず、りどみぃなんぞは、順番が覚えられなかったりします。

えーと最初にタイヤで、次がウィーブ(ウィービングポール)で、その次は・・・(ーー;)

2つ位ならともかく、4つも5つもとなると本当に混乱しそうになります。

時には、「タイヤ」と言わなくてはいけないところで「トンネル」と叫んでみたり・・・という情けない言い間違いもしました。みんとさんは流れでちゃんとタイヤを跳んでくれましたが・・・

 指示を出すタイミングもとても大事で、ウィービングポールを12本終えた直後に次の指示である「ハードル!」などをすかさずしないと、みんとはポールの最後の後に右左どちらの方向へ進んでいいか迷い、そこで進むべき方と反対に行ってしまったりします。

かと言って、ウィービングポールを終えない内・・・11本目位で先走って指示を出すと、最後の1本をパスして進もうとしてしまい、これまた減点対象になります。

ハードル、トンネルという順番の場合は、ハードルを跳んでいる中に「トンネル」と指示するくらいのタイミングで、着地してからだとみんとがトンネルへの最短コースを走れないことになったりして、これまた指示する方が悪いということなのです。

同じコースを2周という練習になったら、りどみぃの指示も1周目より的確に出来るようになり、みんとさんもコースの把握が出来たらしく、全力疾走で走破しました。

タイヤをくぐり、ウィービングポール12本を縫い、ハードルを2連続で越えてトンネルを駆け抜ける・・・それを一気にやり抜いたのです。

そのカッコイイことと言ったら!

すごいな、みんとさん!(☆☆)

みんとさんの潜在能力を最大限に引き出す為には、まだまだりどみぃのスキルアップが必要なようです。


りどみぃの責任は重いなっ

|

« 会社は大きな群らしい | トップページ | エネループカイロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/26240771

この記事へのトラックバック一覧です: 失礼してます:

« 会社は大きな群らしい | トップページ | エネループカイロ »