« 銀杏並木のライトアップ | トップページ | 部屋から出られない・・・ »

2008年12月 7日 (日)

正視に堪えない?

わんこと人間が一緒に食べられるシフォンケーキのシリーズで、”りんごのシフォンケーキ”を焼きました。

今回、まだ試作中でレシピが完成していません(完成したら公開したいと思います)、しかし味は良くて、わんこ達やその飼い主さんたちにも好評でした。

上の写真を撮ろうとしてケーキをリビングの中央へ持って来たら、既に試食済みで喜んで食べたみんとさんが、「またくれるの?」といそいそ寄って来ました。

そこで、撮影を済ませ、おすわりを命じると、おりこうさんに座ります。

ちぎってお口に入れてやる前に、「ケーキとみんとさんの顔を並べて撮ろう」と思いついたりどみぃ、左手にケーキを持ち、右手にカメラを構え、「待て」と言ってから、ケーキをみんとさんの目の前に出してみました。

すると、わくわく☆期待に満ちていた目がちょっとがっかり★に。
この時、目はケーキに釘付けです。

片手でカメラを持っていると、シャッターボタンを押す瞬間にカメラもぐらぐらさせてしまうりどみぃ、1枚撮ってもどうもちゃんと撮れた確信が持てなくて、つい続けて撮影・・・

撮影直後に液晶画面で確認するのも出来なかったので、ケーキとみんとが両方写ったかどうかも不安で、もっとみんとの顔にケーキを近づけてみることにしました。

カメラのファインダーを覗いていたので手にしていたケーキの距離感が狂い、結果的にみんとさんの鼻にケーキを押し付けるほど近くに差し出していたようです。目はやっぱりケーキに釘付けです。

りどみぃ、みんとさんが「ばくっ★っと行くかな?」とちょっと思ったのですが、1回だけ言った「待て」をちゃんと守って、勝手にかじりついたりしませんでした。

そして、みんとさん、どうしたと思います?

ふい・・・っと顔を背けると、視線をケーキから外して、全く関係ない前方を見つめ始めました。お鼻は少しひくひく☆っと動いたりするのですが、もう2度とケーキを見ることはありませんでした。

みんとさんの真意は解りませんが、りどみぃにはみんとが自分でともすれば誘惑に負けてばくっ★っとしそうになる心と折り合いをつける為、ケーキを見るのをやめたように見えました。

言い換えれば、「このままケーキを見ていては、気の迷いで食いついてしまいそうでヤバイ(-"-;)」と思って、あえて視線を外して明後日の方を見ているように感じました。

誘惑が大き過ぎて、正視に堪えないのか・・・!(・◇・;)

ケーキに集中していた視線を外し、りどみぃに対しても「私は勝手に食べたりする野心は持っていません」とアピールしているようにも見えました。

うむ・・・二心無いという君の気持ちは受け取ったぞ(・_・)

撮影は終了。
りどみぃは、みんとさんの耐えた心と被写体としてのモデル料として、りんごのいっぱい入っている部分を中心に、シフォンケーキをちぎってお口に入れてやりました。

みんとさんは、とても喜んで、尻尾をふりふり☆しながら、美味しそうに食べていました。

|

« 銀杏並木のライトアップ | トップページ | 部屋から出られない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/25997060

この記事へのトラックバック一覧です: 正視に堪えない?:

« 銀杏並木のライトアップ | トップページ | 部屋から出られない・・・ »