« みんとの一発芸 | トップページ | みんとは自分で賞品選び »

2008年12月24日 (水)

サンクスキャンドル in パシフィコ横浜

 みんとさんがパピーさんの頃、「いろいろ見せなくては」と思ったりどみぃは、キャリーバッグを担いでは、西へ東へと行ったものでした。


2008年12月23日

イルミネーションの季節もしかり、東京・お台場も行ったし、横浜・桜木町も行きました。そうそう、みんとさんのドッグカフェ・デビューだって、そんな時に凍えたのがきっかけ。

しかし、今年はどこにも行ってない間に、クリスマスが終わってしまいそうだな~(・◇・;)

なんて言っていたら、23日(祝)の夜、出かけることになりました。

駅の車寄せでじじくんを拾ってからどこへ行くか決めるという泥縄式。(いつものことね(^▽^;))

既に6時を過ぎて外は真っ暗。知らない土地に行くと迷った時に悲惨なので、行ったことのあるみなとみらい地区に行くことになりました。

 当初、車をパーキングに停めたらランドマークタワーの方かレンガ倉庫の方にでも行ってみようと思ってたのですが、パシフィコ横浜の地下駐車場から地上へ出ると、なにか音楽が聞えて来ます。

なんかやってるね、行ってみよう!(・◇・)

知らずに行ったので「おおっ、ライブのステージが無料で楽しめるんだ!ラッキー♪」って感じでしたが、”サンクスキャンドルinパシフィコ横浜”という屋外広場プラザでの1日限りのイベントだったようです。

中央にサンクスキャンドル*1がたくさん置かれたタワーがあり、奥はステージになっていて*2ライブが行われていました。

*1 今年1年の感謝を込めて、キャンドルの筒状のカバーに色とりどりのペンで文字や絵を書き、みんなで作りあげる・・・というものだそうです

*2 パシフィコ横浜提供のプログラムによれば、この時ステージ上でライブを行われていたのは四宮功裕さんと田中敏嗣さん

イルミネーション情報を集めている暇も無かったので、この広場がこんなにきれいに彩られているなんて知りませんでした。


みんとさん、微笑んでますな

みんとさんは、ただでさえ人が好きなので、その場の盛り上がった雰囲気にうきうき☆していたようです。車を降りた時にサンタ帽をかぶせて歩いていたので、みんとさんを見かけたたくさんの方に「可愛い」と言っていただきました。

 広場には屋台村(ビーフシチュー、チキン、ステーキ、おにぎりのお店など)もできていて、温かい飲み物を片手にライブを楽しむ方たちも多々見かけました。

腹ペコだったわしらは、飲み物なんてオトナシイ物ではエネルギー不足で震えそうだったので、そこは大胆にビーフシチューを食べました。
寒い屋外で五臓六腑に染み渡る熱々のビーフシチューとほかほかごはん、耳には心地よい音楽と辺りはイルミネーションで美しく輝いていて、会場全体が優しい気持ちの雰囲気に包まれているようで、申し分なしでした。

みんとさんがビーフシチューに興味深げに寄って来なければ、もっと良かったけど・・・ね( ̄△ ̄;)

ビーフの香りはやはりみんとさんの魂を揺さぶったようです。風に乗って流れる白い湯気を嗅ごうと、ふんふん空を仰いでおりました。


この空にビーフシチューの香りが・・・

この会場では、アンケートに答えると先着1,000名にキャンドルがプレゼントされたようですが、そんなことも知らず、食い気に走ったので、わしらは何も”サンクス”してきませんでした。

この1年、みんとさんが大病もせず、事故にも遭わずに幸福だったことに感謝です・・・( ̄  ̄ )


広場プラザ隣の展示ホールのレストランの前

|

« みんとの一発芸 | トップページ | みんとは自分で賞品選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/26467461

この記事へのトラックバック一覧です: サンクスキャンドル in パシフィコ横浜:

« みんとの一発芸 | トップページ | みんとは自分で賞品選び »