« 冬のオフィスのみんとさん | トップページ | Organic CAMOO »

2008年11月28日 (金)

チーズ、プリーズ

 みんとさんには、牛の皮を結んだ形の骨ガムの結び目や豚の皮を巻いた形の巻き終わりの部分にチーズを塗ってやることがあります。

かけら1個のチーズだとぱく☆っと食べてしまえばお終いですが、わざと隙間に入り込むようにぐいぐい☆塗りつけたチーズは、ぺろぺろ☆なめるので、長い時間かかって食べ終わる為、りどみぃは時間稼ぎ(?)が出来るというわけです。

これは、死んだふりをしているみんとさん・・・ではなくて、一種のアピールです。

肩のところにあるのが豚皮を巻いた形の骨ガムなのですが、みんとさんはこの写真を撮る前、散々その骨ガムを投げたりくわえたり、飛び掛って狩りごっこをしたりしておりました。

どうやらみんとさんが「骨ガムにチーズ塗ってもらいたいな」と思うと、骨ガムをくわえてりどみぃの視界の中に現れ、これ見よがしに骨ガムをかじって遊んだり、投げて飛び掛るなどの遊びをどたばた☆として、注意を引こうとするようなんですの。

りどみぃが度々みんとさんに「みんと、ホネホネにチーズ塗ってあげようか?」と持ちかけ、その申し出に目を輝かせたみんとさんが骨ガムをくわえて持って来たら、お手やターンなどの何かの芸をさせて、その報酬として骨ガムにチーズを塗って渡してやったので、チーズが食べたいと自主的に働きかけてくるようになったわけです。

 しかし、この日はごはんからまだ時間が経っていなかったので、みんとが骨ガムを投げて飛び掛ったりしても、「ああ、やってるな・・・」くらいに目の端で捕らえる程度で、気がつかないふりをしていました。

すると、足元で仰向けになって、前足で骨ガムを持ち、がじがじ☆とかじる様なアピールを始めました。葉巻をくわえたギャングの様でもあり、バトンを操るバトンガールの様でもありましたが、やっぱりりどみぃは声もかけず、気がつかないふりをしていました。

いろいろやってもりどみぃが気がついてくれないようなので、みんとさんは、仰向けのまま、前足から骨ガムをぽろり☆と落とし、それは右肩の辺りに落ちました。

が・・・そのポーズのまま、固まっておりました。

りどみぃが気がつくまで、そのままでいる作戦か?(・◇・;)

あんまり長い間そのまま動かないので、物は試し・・・とリビングを出て、玄関に置いてあるお散歩バッグの中に入れてあったカメラを持って戻りましたが、みんとさんはまだそのままでした。

・・・何を考えているのだろうか・・・でも、ま失礼して撮影させて貰いますわね。(ーー;)

声をかけずに撮影していたら、「こんなに解りの悪い飼い主じゃ・・・」とむなしさを感じたのか、みんとさんってば、うつろなまなざしに・・・
開ききったお腹がいっそうの寂しさを訴えております。

その後、意を決したように骨ガムを持ち替え、ひとり遊びに興じることにしたらようです。

みんとさん、顔が怖いわっ(・△・;)

りどみぃ、撮影させて貰ったモデル料も兼ねて、ちゃんとチーズをあげました♪

|

« 冬のオフィスのみんとさん | トップページ | Organic CAMOO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/25763439

この記事へのトラックバック一覧です: チーズ、プリーズ:

« 冬のオフィスのみんとさん | トップページ | Organic CAMOO »