« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

ドギーパーク2 ふじのすけが怖い?

  このスヌーピーの親戚みたいなキャラクターは”ふじのすけ”というドギーパークのキャラクターらしいです。

みんとさんにもおすわりしてもらって記念撮影しようと試みましたが、怖いらしい・・・これ以上近寄らない上に、これだけ離れていても背後を取られるのは油断ならんらしく、警戒しとります。

オープン直後なので、まだパークの犬を散歩させているスタッフの方がいらしたのですが、怖がる程度ならともかく、わんわん吠えまくるツワモノわんこもいると仰っていました。

巨大な大型犬に見えるのだろうか・・・?(・△・;)

撮影はともかく、怖い物を作りたくなかったので、いつも通りに少しずつみんとさんをおやつで誘導し、最後はふじのすけの足元でチーズを食べるように慣らしました。

 この後、入場できる限りのドッグランをはしごして遊び、ドッグショーを見て、お昼をレストランで食べて・・・とみんとさんとしてはパークでフルコース遊びましたが、入園直後こんなに近寄りがたかったふじのすけと、退場前には並んでお別れの記念撮影が出来ました。

ふじのすけと仲良くなれて、よかった、よかった。(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

ドギーパーク1・河口湖

 富士五湖の内の1つである河口湖付近で秋を楽しんで来ました。

昨年、山中湖へ行った時に東富士五湖道路を使えば河口湖まで足を伸ばすのも容易だと知ったので、今年は河口湖へ行こうということになっていました。

前日になって犬も楽しめるお店や場所を調べてみたら、ずばり!”ドギーパーク”という犬のテーマパークがあることがわかり、目的地は即決です。

行くしかあるまい・・・!(・_・)

朝早く家を出て、海老名SAで休憩をしましたが、みんとさんはじじくんが群れを離れるのが心配らしくて、戻るまでずーっと歩き去った方角を見ていました。


みんとさん、カメラ目線お願いします(´ヘ`;)

 道はすいていて、あまりにも順調で、なんと開園20分前に到着。まだスタッフらしき方々が出勤して来る時間帯でした。

ドギーパーク

営業時間:年中無休
4月~11月 9:30-17:30
12月~3月 10:00-17:00
8月13~16日 9:00-17:30

入園料:
大人(中学生以上)1,200円
子供(4歳~小学生)600円
同伴犬 500円

駐車場:350台(無料)

レンタル犬:30分500円 (パークのホームページでは37犬種)

パーク正門の前にある駐車場に車を止め、みんとさんと付近を散歩して10分ほど時間をつぶしましたが、さすが富士山の麓だけあって肌寒く、根性の無いりどみぃは、みんとさんを抱いて(みんとさんが温かいので(^^;))車の中で待つことに・・・

開園を待つ犬連れご家族も続々と到着し、駐車場もにぎわって来るに連れて、みんとさんは早く出たくてたまらないようでした。

 ドギーパークは9つのドッグランがあり、アジリティーやフリスビーディスクのドッグ・ショーも楽しめるとのこと、もちろん施設内のレストランは室内もテラスも犬同伴OK。

いいですな~ヽ(´ー`)ノ

ドギーパークのホームページには4月~11月は大人1,500円とありますが、実際には12月~3月と同様の1,200円でした。

値下げ?ありがたや、ありがたや。(・_・)

当日の入場券を入場券売り場の窓口に提示すれば、1度パーク外に出ても再入場が可能というのは、帰り際に知りました。(^^;)

ハロウィンとのことで、入場の際にはわんこにはわんこのおやつのプレゼントをいただきました。

さぁ、みんとさん、どのドッグランから行く?(*^^*)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

オクタゴンのベビーキルト8

 ボーダー布をパターン部分と縫い合わせてトップが完成し、裏布をどれにするか決めたら、次はトップにキルトラインを書く作業になります。

キルトラインはじっくり大作をキルトする場合は消えにくい鉛筆などでラインを書く方が良いのですが、出来上がった時に消える程度に書いておかないと、黒々残るとか、鉛筆の粉がキルトにこすれて汚すとかいうデメリットがあります。

そこでりどみぃは、短期間に書いてキルトをし終えるのなら、洗うと消えちゃうタイプのチャコペンで書くのが好きです。

これは、出来上がって水をかけたり、丸ごと洗っちゃえばきれいに消えるので、仕上がりが美しいところが気に入っていますが、キルティングに時間がかかる場合には向きません。以前、途中までキルティングをして、しばらくしまっておいたやりかけの続きをやろうと思ったら、空気中の湿度による水分でキルトラインがきれいに消えてしまっていたことがありました。また、同様の理由で梅雨時にはせっかく書いたキルトラインが薄くなってしまうということもありました。

 白いラインが書けるアイロンチャコペンは、アイロンの熱で線が消えるものです。これは、ピースワークなど、アイロンをかけながら縫っていくタイプの作業には向きません。うっかりアイロンをかけると、せっかく書いてあったラインがきれいに消えちゃうんですもの。

でも、キルティングのように途中でアイロンを使うことが無い場合は、白いラインがはっきり☆としていて見やすいので好んで使っています。

 キルトラインは、オクタゴンの部分は端から7mm内側に同じくオクタゴン(八角形)の形にキルトを入れます。このようにピースの形通りにキルトを入れることを”アウトラインキルト”というそうな。

ベース布の部分には、パターンとの境目でベース布側にキルトを入れます。これは”落としキルト”。
水色のチェックのボーダー布の部分は、ダブルとシングル(?)の繰り返しの格子を入れるつもりで、そのようにラインを書きました。
今回のダブルとシングルの繰り返しとは、線7mm線2cm線2cm線7mm線というように、2本線(間は7mm)と1本線を2cm間隔で繰り返すというのを縦横キルトすることです。

 キルトラインが書けたら、次はしつけをかけます。

みんとさんは、りどみぃの作業中、先日作ってやったフリースのクッションカバーの上で丸くなって寝ていたり、りどみぃの足元に頭をくっつけるようにして寝ていたりして、遊んで貰えるのをおとなしく待っています。

えらいじゃな~い・・・(・◇・;)


秋の公園は落ち葉がいっぱい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

今年の葉っぱのせ

 秋になるときれいな色の葉っぱが惜しげもなく地面を覆っていて、ただ踏んで歩くのがもったいないような気がしてしまいます。

でも、特別きれいな色の1枚を拾い上げたからといって、何に使えるわけでもない・・・押し葉にしてしおりとか・・・?

いやいや、これはひとつ、やっぱり今年もみんとさんの頭にのっけてもらいましょう♪ヽ(´ー`)ノ


いや、重くはないはず(^▽^;)

みんとさんも頭に物をのせられるのにはだいぶ慣れたようで、去年の被害者っぽい様子よりはちょっと姿勢も良くなってます?

被毛の色に落ち葉の鮮やかな色が映えて、お似合いですわぁ(☆☆)

微笑む余裕もあるのね、これは良い傾向です。

日曜日(10月19日のこと)の公園でのお散歩を堪能したわしらは、”犬OKカフェ”である夏至茶屋へ行き、遅いランチを楽しみました。(2008年の営業は11月30日までとのことです)

横浜市西区浅間町4-342-3

OPEN:11:30~17:00(LO:16:40)

定休日:水曜日

駐車場:なし 付近に100円パーキングあり

夏至茶屋の入口には、大きなかぼちゃが・・・

この写真ではもう余裕が見えますが、みんとさんってば、最初はこのかぼちゃが怖かったんですよ~近寄ろうとしないで、遠巻きに見ていました。

いつものように、かぼちゃの近くにおやつで誘導して、かぼちゃのすぐ近くにチーズを置いたりして、「怖くないよ」と解らせました。

これは本物ではなくて、ディスプレイ用らしく、軽い素材で出来ている模様。みんとさんがお鼻でちゅん☆と押したら動いちゃうくらい軽いのでした。

それにしても大きい・・・みんとさんの顔よりも大きいね。(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

横浜市こども自然公園

  ストローサンダルカフェ(ストサン)でのランチを楽しんだ後、大地くんのママのご好意で、程近い旭区最大の公園でもある横浜市こども自然公園(通称:大池公園)にお散歩にご案内いただきました。

ランチをご一緒したアーサーくんとママさんは、用事でお出かけになったので、公園へはみんとさんとりどみぃのみ連れて行っていただいた次第。


第2駐車場付近は少し色付いてました

 りどみぃがこの公園を訪れるのは初めてではありません。でも、何年来ていないのか即答できないほど長い間来ていませんでした。

ここには公園の敷地内、ほぼ中央に当たる位置に万騎が原ちびっこ動物園(まきがはらちびっこどうぶつえん)という施設があって、コンタクトコーナーというふれあい広場では、モルモットやハツカネズミと触れ合うことが出来ます。

アパート住まいで犬を飼いたくても飼えなかった頃、ペットショップでその姿を眺めるだけでは満たされなくて、生きている動物をなでなで☆したくて、何度かこの公園を訪れたことがありました。

なっつかしー!ねずみさんたち、その節はお世話になりました~!\(^^@)/

ふれあい目的でその動物園周辺しか行ったことのないりどみぃと付き添い(?)のじじくんでしたが、この公園は桜も梅も見事だそうで、その花見の季節はかなりにぎやかとのこと。バーベキューが出来る広場もあり、利用者も多いと聞いていました。

 その後、犬が飼える状況になってみんとさんをお迎えしたのに、春は「花見混んでいるだろう」夏は「夏休みで混んでいるだろう」などなどと2歳半の今日まで自力で連れて来る機会が無かったので、みんとさんにとっては初めての公園です。なんだかとっても嬉しそう。

公園の通称である大池公園を象徴する大きな池では、カモに目が釘付けになったり・・・

10月なのにとってもきれいに咲いている桜みたいな木があり、近寄ってみたらまさに桜でした!

フユザクラと名札がついていました。
みんとさんを抱き上げて花の香りを嗅がせてやりましたが、春のように花をぱく☆っと食べたりしなかったのでほっ。

お天気も良く、ランチも美味しくいただき、花もきれいで、素晴らしい秋の1日でございました。


フユザクラの前にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

スタンドプレーはやめて

 縫い物をする時、日が暮れた後などは窓からの光も期待できず、目が悪くならないように・・・と電気スタンドを点けて作業することにしています。

オクタゴンのベビーキルトのキルトラインをマーカーで書いている時もスタンドを使っていましたが、ラインを書き終わってしまえば、次は裏布とキルト綿などと重ねてのしつけがけになるので、作業テーブル代わりにしているベニヤ板の上には何ものせておけません。

気軽にスタンドを床の上におろしたところ、物見高いみんとさんがやって来ました。

このスタンド、スイッチのオン&オフが指1本でタッチセンサーになっている為、偶然なのでしょうが、みんとさんがお鼻をちゅん☆と当てたら、ぱっ☆っと灯りが点いてしまいました。

点灯したことにみんとさんが驚いて逃げるようならよかった(?)のですが、どうもお鼻をちゅん☆としたことで電気が点いたのが嬉しかったようです。

愛鳥倶楽部でぴよぴよ☆鳴かせている経験があるので、自分のお鼻の影響力が嬉しいらしい・・・

スタンドのスイッチをお鼻で何度も押しては点灯&消灯を際限なく繰り返し始めました。どうやら不思議でたまらないというよりは、面白いので遊んでいるようです。

スタンドで遊ぶのはやめなさいっっっ( ̄□ ̄;)!!

湿ったお鼻のせいで感電してもいけないので(?)、早々にやめさせました。

いやはや、みんとさんにかかると、電気スタンドもおもちゃ扱いです。

油断なりません。(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

楽しい草鞋茶屋

 お店の名前がストローサンダル・カフェと聞いた時、りどみぃの脳裏によぎったのは麦藁帽子(ストローハット)をかぶった夏のワンピースの少女の後姿・・・背景は青い空と白い雲ざんす。

いいわぁ・・・うっとり(´ー`)

でもって、その少女の足元がサンダル・・・素材はナチュラルなジュートかなんかの編み上げサンダルのイメージでございました。

こちらがそのStraw Sandal Cafe(ストローサンダルカフェ)。ちょっとお向かいの携帯電話屋さんが写り込んでしまっていて興醒めでございましょうが、かように大きなガラス窓から光を取り込んだ明るい居心地の良いカフェでございます。

〒245-0002

横浜市泉区緑園6-27-11 グリーンガーデン谷津1F

OPEN:10:00~20:00(LO:19:00)

定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜日が定休とのこと
駐車場:近くに2台分あり

 みんとさんのわんこ友達であるダックスフンドの大地くんのママに誘っていただいて、アーサーくんのママとランチを楽しんでまいりましたの♪

 で、最初の話題に戻りますけど、こちらのお店の看板犬のお名前が”わらぢ”嬢(ダックスフンド)であると知って、店名の由来がお察しできたような気がしまして、イメージが赤い鼻緒の草鞋(わらじ)という、和の方向に変わりました。

ストローサンダルって・・・わらじのことだったのねん・・・(・◇・;)

ともあれ、カフェなのでメニューはおしゃれで美味しそうな物ばかり、特に和の食材というわけではありません。

こちらのカフェでは、訪れた犬にマットを貸してくださるので、そのマットを敷くことでわんこが椅子やソファーの上に上がらせて貰うことが出来ます。

いつもは、床の上でふせをして、りどみぃを見上げるみんとさんも、この日はソファーの上にのせてもらえて嬉しそうでした。

魔女のコスプレさせられても気にならないくらい嬉しかったと思われます。(^▽^;)

りどみぃとしては、こたつの上やローテーブルなどの低い場所で食事をしようとすると、みんとさんがしつこく興味を示す傾向があるので、「果たしてこのソファー&テーブルで落ち着いて食事が出来るかな?」と一抹の不安を抱いておりました。みんとさんにしつこくされたら、片手で首根っこ押さえるとか、イチイチ「いけない!」とどやしつけなくてはならないかもしれず、それでは美味しいお料理も食べた気がしないというものです。

しかし!それは杞憂でした。

今回りどみぃは、”トマトソースのシーフードパスタ”をお願いしたのですが、みんとさんはお皿にちょっかい出すことなく、ちゃんとりどみぃの右横にふせをしていて、落ち着いておしゃべりしながらランチを楽しむことが出来ました。


トマトソースノシーフードパスタ+ドリンク(アイスティー)


おりこうにふせているみんとさん

みんとさんもおりこうになってるんだねぇ(・△・;)

わんこメニューもあると聞いていたので、みんとさんの朝御飯をいつもの1/3にしておきました。なんとなれば、普通の量を食べさせてしまうと、お店では食べきれなかったことがあったからです。

少しばかりはらぺこ☆なみんとさんだったので、大地くんやアーサーくんの真似っこをして同じように頼んでやった”栄養たっぷりレバーペースト”をはぐはぐ☆と美味しそうに完食しておりました。


栄養たっぷりレバーペースト

 デザートも美味しそうだったし、じじくんを案内したら喜びそうなので、また行きたいなと思いました。そして、「わらぢ嬢にもご挨拶したいねぇ」とみんとと語り合ったのでした。

お誘いいただいた大地くん&アーサーくんの両ママさんには、この場を借りてもう一度お礼を!

ありがとうごぜーましたっ!!! \(*^▽^*)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

抱かれて眠れ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、50×50cmの座布団に丸くなって寝るのは出来ますが、横に脚を投げ出して寝ようとすると頭か脚がはみ出してしまいます。

夏の間は、はみ出した部分をひんやりまくらで補っていたようですが、冬はそうもいきますまい・・・

ホームセンターで長座布団を買ってやろうかとも思いましたが、家にクッションの中身が2個余っているので、これを2個1度に入れる袋・・・クッションカバーを作ってみることにしました。

冬に向かって、綿ではなくて温かい素材で作ろうと思い、これまたリサイクル。りどみぃが昨年着ていたフリースを使ってみました。

どうよ?みんとさん、りどみぃが着ていたフリースだったら、抱っこして眠っているみたいな気分が味わえるんじゃなくって?(*^^*)

単に床の上で寝ていたみんとさんに、早速使い心地を試して貰おうとのせると・・・

ちょっと迷惑そう・・・?(^▽^;)

4着のフリース(青、水色、ピンク、オレンジ)の前身頃と後身頃とで、ちょうどクッションカバーの表裏が出来ました。単にフリースの生地としての大きさが足りないからはぎ合せただけなのですが、ちょっとパッチワークがラブリーじゃありませんか♪

これならみんとさんが横向きに寝ても十分な大きさなので、きっと寝心地は良い筈です。このクッションの上が、今年の冬のみんとさんのお気に入りの場所になればいいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

わんこの黒蜜おからシフォン

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんが食べる為に、りどみぃが人間用のシフォンケーキと違って、ベーキンブパウダーや植物油を入れずに焼いている、わんこ仕様のシフォンケーキ・シリーズですが、今回は”黒蜜とおから”を使ってみました。

市販の”黒糖カステラ”をもっとやわらかく、甘さ控えめにしたような味でした。黒糖カステラのガツン☆という甘さも「甘い物食べた~!\(^^@)/」と実感できて良いですが、いかんせん犬には甘過ぎるので、人間と犬が分け合って食べるには、この程度かなと思いました。

わんこの黒蜜おからシフォンケーキ

材料:17cmシフォン型用

卵黄 4個分
卵白 4個分
小麦粉 (薄力粉)90g
おから 100g
砂糖 50g
黒蜜 20cc
水 30cc(大さじ2)

下準備:
おからは混ぜやすいようにほぐしておく。
黒蜜と水は合わせて混ぜておく。
オーブンは180℃に予熱しておく。
型の用意も忘れずにd(*^^*)

1.卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖2/3量でメレンゲを作る。

メレンゲの作り方は別に詳しく書いてあります。d(*^^*)
シフォンケーキの作り方はいつも同じ手順です。一応書いておきますけど・・・(^^;)

2.卵黄と砂糖1/3量を泡立て器で混ぜてマヨネーズ状にする。

3.2に黒蜜と水を合わせておいた物を加え、そこにおからを混ぜる。

4.3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えてなめらかになるまで混ぜる。

5.4に残りの小麦粉を1/3ずつ2度に分けて加える。練らないように短時間で済ませ、多少粉が見える程度でも良い。

6.メレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に混ぜる。

7.6にメレンゲの残りを2度に分けて加える。

8.7を型に流し込み、表面を軽く平らにする。型の底を2,3cm持ち上げてトン☆と落とすことを2,3回繰り返して、もし型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜く。

9.180℃で30分焼く。

10.焼きあがったらオーブンから出して型ごと逆さまにして冷ます。

11.型の上から素手で触っても熱くない程度まで冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べる。

みんとさんは、いつものようにシフォンケーキの焼き上がりをおまちかねで、撮影の間もちゃんと待ってはいましたが、お鼻がひくひくしていました。


みんとさんに実際に食べさせたのは、お皿にある量
1/4です

公園に持って行って、みんとさんのわんこ友達&ママやパパと食べましたが、大変好評で嬉しかったです。

今回はオリゴ糖ではなくて砂糖を使っているのと(オリゴ糖の在庫がきれてしまった為)、果物や野菜を使う時に比べておから自体に甘さが感じられないのを補う為に黒蜜を入れてみたので、ちょっと甘いケーキになりました。

人間が中心となって食べるのを、わんこにおすそわけ程度に食べさせるにとどめるか、砂糖を15g(大さじ1)減らして犬用に徹して焼いて人間は黒蜜をかけて食べるなど工夫するかはお好みです。

黒蜜の風味には、なんとなく緑茶が合いそうで、散歩から帰宅後、濃いめに淹れた煎茶と一緒にまた食べたのですが、美味しかったです。

ちなみに、黒蜜はくずもちを買った時についてきたのを使用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

眼鏡を食べるプードル

スーパーの店内のエスカレーター利用の為に通りかかった専門店街の眼鏡屋さんで、可愛い犬の形の眼鏡のスタンドを見つけました。

こんな風に、犬がおすわりをして口を開けている状態になっていて、その口の中(赤い部分)は、眼鏡拭きの素材で出来ています。

犬のぬいぐるみが眼鏡を食べてるような雰囲気で、これはプードルとのことです。アプリコット?

おしりもラブリー♪(*^。^*)

使い道としては、眼鏡以外に携帯電話を置く場所にしたり、リモコンの定位置として使ったり、アクセサリーの一時置きなどにも。

アニマルスタンドという商品名で、犬シリーズとしては、プードル以外にもフレンチブルドッグ、ダックス、コーギー、ビーグル、ラブラドール、フォックステリアがあるようです。

レビューで送料無料!★ Animal stand アニマルスタンド アニマルスタンド-イヌ-ラブラドール ★ レビューで送料無料!★ Animal stand アニマルスタンド アニマルスタンド-イヌ-ラブラドール ★

販売元:ビバ サングラス
楽天市場で詳細を確認する

テーブルの上で存在感があるので、裸眼で眼鏡を探しやすいとも言えますが、みんとさんが自分のおもちゃを見るようなきらきら☆した瞳で見つめているのが気になります・・・

違いますっ(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

アジの上り物

 20日の月曜日は、みんとさんのアジリティーのお教室でした。前回(8月)のシーソーでは足元が動くということの恐怖を克服できずに固まってしまったみんとさんでしたが、今回はドッグ・ウォークでした。


例:さがみ湖ピクニックランドの施設

板の幅が30cm程度だというのはシーソーと同じ印象ですが、こちらは動かないので安心なのでしょう。

最初は、坂道の1/3の距離に抱き上げてのせてやり、歩いて下まで下る・・・というように、傾斜に対しての抵抗を少なく教えるようです。

1/3の高さから勝手に飛び降りて怪我したりしないように、先生も板の向こう側に補助について下さり、りどみぃが手にごほうびを持って、その手を板下の方へと動かして誘導。みんとが下り終えて着地したらごほうびをあげます。

その次は、板の真ん中辺りに抱いてのせてやり、同じように怖がらずに下れるようにと距離を伸ばして行きます。

みんとは、このお教室でドッグ・ウォークを教えていただくのは初めてですが、すでに初めてアジリティー施設のあるドッグ・ランに行った時も喜んで上り、一番上でお友達わんこのココア君とすれ違うなんて技まで見せてくれたほど怖くない上に好きなようで、まったくためらいを見せずに順調に距離を伸ばして行きました。


さがみ湖ピクニックランドにて2008年5月撮影

先生が、「もう1度こちらから」と指示されたのでりどみぃがスタート地点に戻る時など、みんとは勝手にドッグウォーク上を歩いてスタート地点に戻ろうとしたくらいです。

あっ、勝手に上がっちゃダメだよ、みんと!(・◇・;)

競技の場合、スタートの指示が出されてからタイムレースが始まるそうなので、犬が勝手に始めたりする癖をつけないようにしなくてはいけないそうなのです。

それから、シーソーの場合と同様に、犬の健康を考えた上でのルールで、両端に赤く色分けしてある”コンタクトゾーン”というのがあります。

そこは必ず犬が踏んで行かなくてはいけないルールになっていて、器具の横から飛び乗ったり途中から飛び降りたりすることを抑止する為には、ルールを守るのも大切なことなのです。

 ドッグ・ウォークから飛び降りることも無く、ちゃんとコンタクトゾーンを踏んで上り、コンタクトゾーンを踏んで着地するルールなのを理解して貰う為、コンタクトゾーンにみんとがのっている状態でごほうびをあげるようにとのことでした。そうすると、みんとが「ここでごほうびもらえる」とコンタクトゾーンを認識するようです。

みんとが嬉々としてドッグ・ウォークをやるので、先生が「みんとちゃんは”上り物(のぼりもの)”が好きなのね」とおっしゃいました。
”上り物”って言い方があるんですね!

ちゃんとドッグ・ウォークを走り抜けられるようになったら、次はハードルを跳んでから・・・とか、ドッグ・ウォークの後にハードルとタイヤ・・・とか複合技に発展させて行き、最後は、5種類の器具を連続して走破することまでやりました。

5つの連続とは、ハードルの手前でみんとを待たせておき、りどみぃはドッグウォークの真ん中辺りに待機、そこから遠隔で「”OK”、”ジャンプ”」とスタートすることの許可とハードルを跳ぶようにとの指示をし、ハードルを跳んで来たみんとに「”アップ”」とドッグ・ウォークを上るように指示しながら併走。

「GO、GO、GO」とドッグ・ウォークを駆け抜けるように励まし、下ったら前にあるハードルを跳ぶように「”ジャンプ”」と指示、次はちょっとヘアピンにターンして「”タイヤ”」とタイヤをくぐって跳ぶ様に指示します。

りどみぃは、内側、みんとが外側を走るような感じで、みんとがタイヤを跳んだら、「”ウィーブ”」とウィービング・ポールをジグザグと縫って走り抜けるように誘導、12本走り抜けるまでは併走しながら「ウィーウィーウィーウィー」と声をかけて励ます・・・という流れです。

正直言って、5種類もの種目を次々と指示通りに走り抜けるなんて、以前のみんとからは考えられないことです。りどみぃの指示よりも、自分がどこか興味のある場所の匂いを嗅ぎに行ったり、ボーっとよそ見をしていて、指示を聞き逃してしまったりするのが関の山だったでしょう。

しかし、アジリティーはみんとにとってはとても楽しいのか、すごく嬉しそうな顔をしながらやりますし、りどみぃの指示でないことをしてもごほうびをもらえなかったり、ほめてもらえなかったりすると理解しているのか、指示を待つようになりました。それだけ、りどみぃに対して集中してくれることになります。

問題行動が見られる犬にも有効だと言われているアジリティーですが、みんとさんにも確かに良い結果をもたらしているように思います。

なによりも、みんとさんがとても楽しそうですしね♪(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

ハンカチだけでも楽しめる

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、パピーさんの頃から投げた物を持って来る遊びが大好き。

いつもなら、人が居ない広い場所ではロングリードに付け替えて、おもちゃやおやつが入っているコングを投げてやるのですが、その日のりどみぃはバッグにおもちゃの入った巾着を入れ忘れたらしく、何も持っていなかったのでした。

・・・が、それに気がついたのが、みんとがすっかり”やる気”になった後。「いつりどみぃが投げてくれるのか?」ときらきらと期待に満ちた瞳で見上げているようになってからなので、もう後戻りはできません!

「何か・・・何か他に投げていい物で代用できる物は・・・(T.T )( T.T)おろおろ」とバッグの中を漁ったりどみぃ、1度は水入れであるペットボトルの中身を空けて投げようかとも思いましたが、ハンカチをきゅ☆っと結んでボール状に仕立てた物を投げることにしました。

家では、古くなったじじくんのハンカチにおやつを包んで渡したりするので、その応用です。

中になんのおやつも包んでいないハンカチですが、みんとさんは嬉々として拾って来ました。

何がそんなに楽しいのやら、理解できん・・・(^▽^;)

みんとさんが走ると、垂れ耳がぱたぱた☆となびいて、他の生き物のよう・・・

ぴーぴー笛が鳴るわけでもなく、可愛い色をしているわけでもない・・・おやつが入っているわけでもないハンカチでこれだけ楽しめるみんとさんは幸福ですなぁ。(´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

巨大砂山の行方

 みんとさんと大きな公園へ行ったある日のこと、駐車場への通路に当たる公園内の道路脇に、巨大な砂山が出来ておりました。
どのくらい大きいかと言うと、このくらい・・・

砂山は何に使われるのか、りどみぃにはわかりませんでした。この公園には、野球場やテニスコートもあるので、そういう所に補充するのかとも思いましたが、野球グラウンドは土であって砂ではないですし・・・サッカー場やラグビー場はきれいなグリーンなので、これまた砂を撒くとは思えない。

他に考えられるのは、子供が砂遊びするお砂場の砂の総入れ替えくらいでしょうか?

でも、砂場なんてあったっけ?この公園・・・?(・・;)

コンクリートを練る時に使うような工事もしていないし・・・と、結局不明のまま、翌週にはこの砂山はきれいに消え去り、何も無かったような単なる通路に戻っていました。

 さて、みんとさんですが、この砂山に通りかかった時、明らかに瞳がきらーん☆っと光りました。

この砂山に上って遊べるわけでもないのに、そこに山があるだけでまるで宝物を見つけたようです。みんとさんの心の声が「わあっ(☆☆)」っと聞こえたような気がしました。

少し通路にこぼれている砂の感触が、海に遊びに行った時のことを思い出させるのかな?それとも、見たことの無い物を見ただけで嬉しいのかな?

たった1週間で消えてしまった巨大砂山ですが、みんとさんには貴重なスナップとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

箱入り娘

 うちの箱入り娘でございます~(^▽^;)をほほほほ

これは、みんとさんが使うペットシーツを通信販売で買った時の箱です。

ワイドサイズ50枚入りを4袋で1ケースというのがお買い得なので買ってみました。今まではレギュラー4袋(1ケース)なら買ったことがあったのですが、レギュラー2枚をワイド用のトイレに敷いてやるのとどっちが扱いやすいか決めかねたので、今回はワイド版にしてみたわけです。

すぐに使い始める1袋を除き、残りの3袋は2階の机の下にでも置いておこうとさっさと運び上げてしまいましたが、中身が減ってみるとあまりの箱の大きさにしばし見とれたりどみぃ・・・

ちょびっと子供の頃のようにこの箱の中に入ってみたい衝動に駆られましたが、自分が大きくなってしまっているので、入っても楽しくなさそうです。(狭いと感じるだろうから)

そうだ!みんとさんに入ってもらおう♪(*^^*)

いや、別に意味はありません。ハウストレーニングでもないし、バッグに入るお勉強とも違って、単なる・・・遊び?

みんとさんは呼びもしないのにりどみぃの後をついて回っているので、そっと抱き上げて箱の中におろすと、おとなしく入っていました。

・・・が、視線がりどみぃを非難している?

まだ箱の中に入ったままのトイレシーツ50枚と一緒じゃ、ちょっと狭そう。それに、みんとさんはちっとも楽しそうじゃありません。
この遊びは失敗のようです。

みんとには箱の四方が壁となって、かなり圧迫感あるかもね・・・(´ヘ`;)

にわかにみんとさんに申し訳ないことをした気になり、おわびにおやつをあげようと思ってひらめきました。

そうだわ、箱の中でおやつを食べたら、箱の中がつらい場所じゃなくなるかも♪(☆☆)

そこで、箱の中でみんとさんを待たせておき、急いでチーズを持って戻りました。

みんとさんには箱の中でおすわりしてもらい、チーズをお口に入れてやりましたが・・・

1個くらいチーズを食べても、まだまだ表情が硬いので、「美味しいねぇ、みんと!箱の中は良いねぇ♪(^▽^;)」とかなんとか言いながら、連続してお口に入れてやりますと、ご機嫌がなおったようで、サービスでふせまでしてくれました。

そして、喜んでぱくぱく☆食べている内に、笑顔になりました。(冒頭のスナップ)

よかった、よかった。いつの日も食べ物の力は偉大だ・・・!(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

駐輪場でお勉強

 どうもみんとさんは、自転車やバイクが怖いらしい・・・( ̄  ̄;)

今日、用事でお散歩を兼ねて駅の方へ行った時、そう思いました。

おりしも時刻は明るいとはいえもうすぐ夕方で、学校から帰る自転車通学の高校生や塾へ向かう中学生、公園から帰る小学生などなど、すれ違う自転車の数は多めでした。

幅の広い歩道を歩いていて、すれ違う自転車が来た時、相手がそうスピードが出ているわけでもないのに、みんとさんはぎょっ☆っとしたように停まったり、りどみぃの後ろに隠れるようにしてすれ違うっていました。

 そう言えば夏の終わり頃にも、小さな公園の前に毎日駐輪し始めた大型バイクがいて、それを怖がっていたっけ・・・

初めてその大型バイクが置いてあった時、前日まではその場所に無かった為か、通りかかった時にみんとさんってばぎょっ☆っとして、そのバイクから2mも遠巻きにして通過しようとしました。

どうもみんとには、いきなり現れた大型動物に見えたようです。

この時は、公園の隣のアパートの新住人が持ち主らしく、そのアパートの駐輪スペースには既に他の部屋の住人が1台置いているのでいっぱいの為、後からやって来たバイクとしては、路駐となったようです。

毎日みんとさんにそのバイクを大きく迂回されていたのでは、みんとの方が車道に大きく出ることになって危ないので、バイクのすぐ近くを通っても平気になるよう、勝手に練習させて貰いました。(^^;)

公園入口脇に駐輪してあるバイクだったので、まずはみんとさんと公園の中から「あれはバイクだよ」と教えながらお口に鶏のささみなどのごほうびを入れてやり、段々距離を縮めて行きました。

最終的には、バイクのステップの横にみんとさんが居る状態でごほうびを食べられるようになり、それからはその道を通る時にバイクの近くを通れるようになりました。

 恐れを知らずして自転車の前に飛び出すようではいけませんが、すれ違う度にぎょっ☆っとするのはやめていただきたいので、通りがかったスーパーの駐輪場をかねた歩行者用通路で、少しお勉強していくことにしました。

ささ、みんとさん、自転車とバイクのお勉強ですよ。d(*^^*)

公園のバイクの時と同じように、最初は遠い場所から始め、みんとが近くでおやつを食べられるようになったので、ずらーっとバイクが並んでいる所へ進みました。

1度にこれだけたくさんのバイクの近くに行った事が無かったせいか、みんとはちょっと唖然としたようです。

しかし、どのバイクもただ駐輪してあるだけで動きませんので、りどみぃがバイクとバイクの間を通り抜ければついて来ましたし、同様に両側がバイクと言う環境にみんとを置いて、そこでごほうびを連続して食べさせたりしたので、ぎょっ☆っとすることはなくなったようです。

うちには自転車さえ無いもんね・・・(・_・)

みんとさんをお迎えするずーっと前には持っていたりどみぃの自転車は、庭先で錆びたりタイヤがひび割れて空気が抜けたりという悲惨な終わりを迎えた為、処分してしまったので、みんとさんは自転車すら見慣れていないってことになってしまいました。

 停まっている大量の自転車やバイクに動じなくなったら、次は駐輪場の出入口で張り込みでもして、たくさんの出入りする自転車などに動いている状態にも慣れさせようと思っています。

・・・でも駐輪場まで行くのが面倒くさいのぅ~(´ヘ`;) 

みんとさんには、早めに慣れていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

ヒルのこと

 それは、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんが、夏の名残の川遊びに行き、遊びとは思えない水泳特訓(?)を受けた日のこと・・・

川から引き上げ、駐車場へと小道を登って戻った後、クロックス・サンダルからスニーカーに履き替えようと車の座席に「よっこらせ☆」と収まったりどみぃ、サンダルを脱いでぎょっとしました。

なんとなれば、脱いだサンダルの内側に血溜まりが出来ていたからです。

えーっ?!(・◇・;)

川で遊んでいた時に、足をぶつけた覚えもなければ、足を切った気もしません。第1、足の指のどこも痛くないし、足の裏にも傷があるようには見えません。

血溜まりが出来ていたのは左足のサンダルの内部だけで、右足の方は単なる水のみでした。

じじくんに「こんなに血が出てるんですけど、あたし、どこも痛くないですけど~(^^;)」と訴えると、「ヒルかもね」とのこと。

左足のどこか・・・くわれたってこと?(T▽T)

吸血ヒルにやられたのかもしれないということなのです。ヒルは血を吸っている間は強力に食いついているので、塩や火(ライターや線香を使うらしい)の力でヒル自体の力を弱まらせて自分から落ちるように仕向けないと、無理に引き剥がそうとして傷口を広げたり菌を移されたりする可能性があるそうです。しかし、お腹いっぱいに血を吸うと「ごちそうさまでした」とばかりに、勝手にぽろり★と取れるそうなのです。

どうやらりどみぃは、川に居る間にヒルにお腹いっぱい血を吸わせてやったらしい・・・蚊に吸われるよりいっぱい吸われちゃった様な気がして、なんだか悔しい気がしました。


この時、みんとさんの足には・・・?

 悔しいながらもティッシュでサンダルの血溜まりの始末をして、足をタオルで拭いて・・・と身仕舞いをした後、お昼を食べに宮ヶ瀬湖畔サイトへ向かいました。

そして、駐車場に到着して、みんとさんを車から降ろそうとした時です。

あ!みんとさんも血が出てる?!(・◇・;)

みんと車での居場所であるメッシュ・ボックスの中敷にタオルを敷いてあるのですが、そのタオルに血が付いているのが見えました。ボックスの中でふせをしているみんとの前足辺りです。

みんと、おいで。見せてごらん、どこやられちゃったの?(・_・、)

呼ばれたみんとが出て来た後を見ると、タオルの上の血の染みの上に、小さな5,6mmのナメクジのような物がうねんうねん★とのた打ち回っているのが見えました。みんとさんから剥がれ落ちていることから察するに、みんとさんの血をお腹いっぱい吸っての満腹の踊り?

こいつかっ?!みんとの血を吸ったのはっっっ!ヽ(`△´)/

じじくんに、頼んで、ティッシュでつまんで抹殺して貰いました。

なんか自分の血を吸われたよりも何倍も悔しい気がします。それはきっと、みんとさんがりどみぃよりずっと小さいから、すごく可哀想な気がするからなのです。

車から出して、みんとの前足、肉球などを見てみましたが、血が出ている場所は、右前足の外側1番目と2番目の間である指の付け根の部分でした。

本犬は痛そうにもしていないし、血が点々と足跡に残る・・・なんてことは無かったのですが、当日撮影した写真を大きくして見たら、前足に血が乾いた跡が写っていました。

かわいそうねぇ・・・(・_・、)

次回、来夏にでも川遊びに行く時は、消毒薬などもすぐに出せるようにしておこうと思った出来事でした。

ヒルヒルって気色悪いですけれど、一応記録しておかねば・・・ね( ̄  ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

小麦味が好き♪

 春先に栄養失調が判明したオカメインコのぴこちゃんは、それまでは卵を産まないようにと餌の内容を単なる”殻付き小鳥の餌”にされていたところ、以前のようにひまわりやらサフラワーやらがゴージャスに入っている”中型インコ用”とか、”オカメインコの餌”に食餌内容が見直され、すっかり元気にしています。

 オカメインコのぴこちゃんの餌と言うのは、朝、その日に食べる分を入れてやり、翌日の朝にはその前日の残りは全部捨ててしまって、新たにまたその日食べる分を入れてやる・・・という、”食べきり”式になっております。

こうすることで、食べなかった穀類の粒がいつまでも器に残るのを防ぐことも出来ますし、中型インコ向けの殻付きの餌としてのブレンドであっても、良く食べる穀類(ヒエ)や、あまり食べない穀類(アワ)があるので、残っているように見えても実は餌が不足してしまう・・・などということが避けられます。

ひまわりの種や、サフラワーの白い実などが残っていることもありますが、それらは多めに食べると肥満の元だし、栄養状態が良くなり過ぎると「調子良いから卵でも産んじゃおうっかな~(゚◇゚)」なんて思いがちなぴこちゃんなので、ためらいなくゴミ箱に入れちゃってました。

 その後・・・です、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんが、その食べかすの捨てられているゴミ箱やその周辺に興味を持ち始めたのは・・・

最初は、鳥かごの掃除をして替えた敷き紙の新聞紙を捨てた為、そのぴこのフンや抜けた羽の匂いなどに興味を持っているのだと思いました。

ゴミ箱がのぞけない様にみんとの届かない場所に置いても、しつこくそっちの方の匂いを嗅ごうとくんくん☆
しかし、これはおかしな話です。においの元のぴこちゃん自身がもっと近くにいるのに、ゴミ箱の方に熱心だなんて・・・?

おまけにゴミ箱のゴミを捨てて空っぽの時も、そちらの方への興味はあるらしく、りどみぃとしては「なんで?(??)」と謎は深まるばかりでした。

 ある日のこと、みんとが床の上から何かを拾い、お口をもぐもぐ☆と動かしているではありませんか!

家庭内拾い食い禁止!( ̄□ ̄;)!!

みんとの首根っこを押さえて、口を開いて中身を出すと・・・

なんと、1粒の麦でした。とろろごはんの時に食べるような、麦飯のような・・・粒の真ん中に1本線が入っている、あの麦です。

ようやく、みんとがゴミ箱やその周辺を気にしていた理由が解りました。

ゴミ箱は、ぴこちゃんの前日の残りの餌を捨てる為、その周辺・・・というのは、りどみぃが、ぴこちゃんの餌を新しく入れる時などに、ついつい少しばかりこぼしてしまうことがあり、床には数粒の穀類がこぼれていることがあるのです。(ぴこちゃんに与える前の)

それらの1粒を拾い食いしそうになり、りどみぃに口を開けられてしまったみんとさん・・・ほんのりとお口からは小麦の香ばしい香りがしていました。

あれっ?いい匂い?なんで?(・・;)

焼き立てパンのような・・・とまでは言いませんが、たった1粒の麦を噛んだだけでもこんなに香ばしい香りがするというのは驚きです。

そこで思い出したのは、みんとさんがとても好きなので1Kg だけ買ってあげたことのあるニュートロナチュラルチョイス 中高齢犬用 メンテナンスシニアのことでした。

これは、ドライのドッグフードなのに、袋を開けると小麦の香ばしい香りがして、人間の朝食用のシリアル(コーンフレークス)を連想させたものです。

そうか~みんとは、小麦の香りの食べ物が好きなんだねぇ(・△・;)

そういえば、シフォンケーキを焼いてやった時も、食べたがって大興奮だっけ・・・あれも確かに小麦粉を使ってます。

今度は塩や砂糖を入れずに、犬用のパンを焼いてみようかな・・・とかちょっと思ったりどみぃでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

お顔は拭いても

 今日は天気予報通りに午後から雨が降り始めたのでした。

雨が降る前、お昼前後に散歩に出れば良かったのでしょうが、それもちょっと・・・とパスしてしまった手前、みんとさんが雨でも散歩に出るというのなら・・・

行くしかあるまい(・△・;)

 1度はりどみぃが抱いて玄関先で雨に濡らしてやり、「雨だよ」と教えたのですが、みんとさんは動じませんでした。この場合、「濡れてもいいからお散歩行きたい」気分と思われます。(「こんなに濡れるくらいなら、今日はいいです」の日もある)

水はけの良い住宅街1周コースでお散歩となりました。

 それなりにしっとり濡れて帰宅したみんとさん、玄関に入るとぶるぶるぶるっ☆

あの~タオル持って来たので、お顔拭きますね。(^▽^;)

顔さえ乾けば他は濡れていても無頓着なみんとさん、りどみぃが両手にタオルを広げると喜んで顔をのせてきます。

「ここ拭いて~あ、こっちも」と言いたげに、顔をぐりぐり☆と動かして、顔が乾いていくのがとっても嬉しそうに尻尾も揺れています。

しかし、これで終わると思ったら大間違い!脚やお腹はどうしても拭くだけではなくてお風呂で洗い流したいので、この後お風呂場に直行です。

じゃ、顔も乾いたようなので、お腹洗いましょうか。(^▽^)

「雨の日にお散歩行ったら、そういうもんなんですよ!みんとさん。」とタオルでくるんでお風呂場へと運びましたが、基本的に洗われるのは嫌じゃないみんとさんは、無抵抗でした。

無事にお腹や脚をきれいに洗い終わった後、タオルで拭いて貰うのもそこそこに、元気にリビングに走って行ったみんとさん・・・マットの上におりました。どうやら、散歩の後にもらえるカルビを待っているようです。

濡れようと洗われようと、みんとさんにとっては散歩の後であることに違いはないらしい・・・

しっかりしてますな。(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

オクタゴンのベビーキルト7

オクタゴンのベビーキルトのボーダーは、額縁仕立て(?)にすることにしました。

このように、みんとのキルトのようなボーダーだと、最初に長方形の形の①の布を用意し、出来上がった中心のブロックに縫いつけ、次に②を縫い付ける時には①の短辺もブロックと続けて縫うという方法になります。

この方法だと、直線縫いの縫いきり(印より余分に縫いきってしまう)だけで付けられる上、①の短辺も②の長辺も布目が通っているので布を伸ばしてしまう心配があまりありません。

一方、額縁仕立てだと、あらかじめボーダー布の両端を45度に裁っておき、最初にブロックとそれぞれのボーダーを縫い合わせる時は、印から印まで縫いとめておかなくてはいけない”縫いどまり”で縫っておかなくてはなりません。

①と②がそれぞれ縫い付けられたら、③の部分を縫い合わせて、額縁仕立てになります。

みんとのマットタイプのボーダーの付け方が多いりどみぃですが、今回はボーダー部分にバイアスの格子のキルティングを入れるつもりなので、額縁仕立てを選択してみました。キルトラインと45度に裁って縫い合わされている部分が同じ角度になることで、よく馴染むように思えたからです。

みんとさんは、りどみぃの作業中、ずっと自分の居場所のクッションの上や床の上で寝ていることが多いのですが、警備係のお仕事に勤勉なので、しょっちゅう物音が聞こえると知らせてくれます。

もっと怠けててもいいのに・・・(ーー;)

ベビーキルトの裏布は、くまちゃんやソーインググッズのカントリー調のプリント布にしました。

キルトが終わって仕上げる時に、バインディングはボーダーと共布でするつもりなので、裏布を選ぶ時は、ボーダー布と合う色を心がけました。

出来上がったら、さぞかわいかろう・・・(´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

みんとさんゾンビ風

 公園でハロウィン・グッズのかぼちゃの撮影をしていた時、ちょっとみんとさんが興味を持ったみたいなので、りどみぃとしては「みんとがかぼちゃの匂いを嗅いでいるとか、ちゅ☆しているとかのショットが撮れたたら可愛いだろうな(*^^*)」と思ったのでした。

そう、こんな感じの・・・

ところが、このようにちょっとみんとさんにとっては高い場所であった為、なかなか縁石の上にかぼちゃが置かれているということに気がついてくれませんでした。

りどみぃ、みんとさんが上の方に興味を持つように、かぼちゃの陰になる場所に、チーズをひとかけら置いてみることに・・・

みんと、みんと、チーズあるよ。OK!食べていいよ(*^^*)

そうしたら、次の瞬間、こうですもん・・・

いや~ん、みんとさん、顔がこわい!(T▽T)

目の周囲の黒い被毛が、口元の白っぽいグレー混じりの被毛とあいまって、まるで目の周りが落ち窪んだゾンビみたいじゃありませんか!

ハロウィンは百鬼夜行というけれど、ここにもモンスターがいたとは・・・( ̄△ ̄;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

かぼちゃ撮影会

 しつけ教室終了後は、あっという間に日暮れになってしまう今日この頃・・・公園でコスモスを見つけて、「暗くならない内に撮影を!」と思うりどみぃと、「えーっ?せっかくお勉強が終わってほっとしてるのに、またじっと座ってないとダメなわけ?」と不満そうなみんとさんの思惑が錯綜する1枚です。

まぁまぁ・・・ご不満もございましょうが・・・ゞ(^^;)

 かねてよりのハロウィン月間である今月は、スーパーマーケットに行っても、お菓子売り場や雑貨売り場でいろいろなかぼちゃアイテムを見かけます。

これは、素焼きで出来ている物に彩色をほどこしてあるガーデニング用品で、どうやら植木鉢の植物の横に飾ったりする物のようです。

特にどのプランターに飾ろうというプランも無かったのですが、あまりにユニークなので買いました。この表情を見ているだけで、そこはかとなく楽しくなります。

公園の植え込みの縁石の上に置いて撮影していたところ、みんとさんが興味深げに寄って来ました。

えーと・・・かぼちゃの撮影・・・(^▽^;)

かぼちゃのシフォンケーキを焼いて以来、「みんと、かぼちゃの食べる?」と聞いてひとくちずつ食べさせていたところ、”かぼちゃ”という単語を理解したようで、一瞬、瞳が「えっ、かぼちゃ?」ときらめいたのですが、すぐに食べ物ではないと気がついた模様。

食べられないかぼちゃには冷たいのね。(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

ハロウィンのかぼちゃシフォンケーキ

10月はハロウィン月間なので、チャーム作りについで、かぼちゃのシフォンケーキを焼きました。

しかし、今回は記憶を頼りに適当に作ったので、結果的に前回とは違うレシピになってしまいました。(^^;)

まず、今回は卵の数が全卵4個のところが3個に、加えたかぼちゃペーストの量が50gだったところが100gとなっております。

シフォンケーキの割には高さが出ていないのはその為です。味は美味しかったです。

また、今回は砂糖ではなくて、オリゴ糖(液体)を60cc使い、水は入れませんでした。(単に忘れた為)粉の量は同じです。

公園に持って行って、みんとのお友達わんこさんたちと分け合って食べましたが、みんな喜んでくれて嬉しかったです。

みんとさんも、上の写真を撮る間に待ってて貰ったら、切なそうな顔をしとりました。

撮影終了後、ひとくちサイズにちぎってやると、お口に入れてもらってはぱくぱく☆とイケルクチなので、あまりにもペースが早い・・・と思ったりどみぃ、ちょっとお鼻の上にのせてみました。

目が釘付けでも、ちゃんと待てるみんとさんって偉いわ・・・ヽ(´▽`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

勝手に警備係

 ずっと以前は、みんとは群れ(じじくん、りどみぃ、みんとの群れ)のリーダーと勘違いしていて、リーダーとしての責任で周囲を警戒しているようでした。

そして、”他のメンバーに警戒すべき時は知らせないと!”とも思っていて、その気持ちからドア・チャイムや近所の車のエンジン音に吠えるようでした。

なぜ、りどみぃがそう思ったかと言うと、りどみぃが家の中に居ると吠える状況で、みんとが吠えないのを経験したからです。
それは、みんとを留守番させて自分だけ外出し、ちょうど帰宅しようとした時、玄関ドアにたどり着く前に一足違いで配達の方が家の敷地に入って行った・・・そんな状況の時にありました。

ある日のこと、みんとは留守番している時は鳴いていないので、その時も鳴き声はしていませんでした。りどみぃの少し前に玄関に向かった配達の方に「うちに届け物ですか?」と声をかけるには距離があり過ぎて、早足で追いかけるのが精一杯、やっと追いついた時にはチャイムが押された後で、ピンポーン☆と家の中で響く音が聞こえました。

と・・・てっきり鳴くと思っていたみんとさんの鳴き声が聞こえませんでした。

みんとさんは、自分ひとりの時にはチャイムが鳴っても自分だけ警戒すればいいので、鳴いて他のメンバー(じじくんやりどみぃ)に「警戒せよ!」と知らせる必要が無いから鳴かないらしいのです。

 みんとを家の中に残して、りどみぃだけ外に出て植木の手入れをしている時なども、みんとはりどみぃが外出したと思っているので(家の敷地内に居るとは思っていない)、やっぱりトラックが通ろうが、ヘリコプターが上空を通過しようが、鳴かないのでした。

 これは、リーダーが交代し、みんとが群れのメンバーとしての地位に甘んじるようになってからも、同様の行動をしておりました。

・・・どうやら、群れのメンバーとしての自分のお仕事を、”警備係”と決めたようですな・・・頼んでないのに・・・(・△・;)

しかし、この警備係はちょっとお節介焼きでした。

家の電話が鳴れば、「電話です!電話です!」夜ともなれば、「じじくん帰って来たよー!帰って来たよー!」と鳴くのは納得できますが、近所のお父さんたちが帰宅するそれぞれの車の音やドアの開閉の音、同様によそのお家への配達のチャイムの音・・・

そんなの知らせてくれなくてもいいです・・・( ̄△ ̄;)

と言いたくなる様な物音まで、みんとにはばっちり☆聞こえるらしく、いちいち鳴いてお知らせしてくれるのです。

帰宅ラッシュの6時~9時にかけては、何回も鳴くのでうるさい程でした。

 これをなんとか収めようと、みんとが鳴いたら「マット!」と命じて、マットの上に行ってふせをするように教えていました。伏せた状態では、鳴き続けることが難しく、興奮を鎮めるのにも良い姿勢だからです。

少なくとも、壁掛け式のドア・フォンに向かってびょんびょん☆ジャンプしながら鳴くよりは始末がいいかと。(^^;)

勝手に警備係を務めるみんとさんに、その係を辞めてもらいたいと思いつつ、みんとが吠えたら「マット!」を、何ヶ月も教え続けたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

臭くて遊べない・・・

 昨日作ったハロウィンのチャームをつけて、お散歩に行きました。

おお、らぶり~(*^^*)

首輪にストラップ部分を通すように付けてみたら、あまりにも迷子札などと重なってせっかくのかぼちゃが見えなかったので、少し位置がずれるようにしてみました。

が・・・これは改良の余地ありでした。

りどみぃは、首に近い位置が迷子札で、胸元がかぼちゃになるようにしたのですが、これは逆の方が良いようです。かぼちゃがこの位置だと、みんとさんが地面の匂いを嗅ぐ時に、かぼちゃが地面につきそうになってしまいます。ドロドロ地面なら泥がつき、水浸しの芝生の所ならかぼちゃがずぶ濡れになるわけです。

結果、汚れたかぼちゃがみんとさんの胸元を汚すことになり・・・イカンでしょう、これは!

直します~(^^;)

 しかし、この雨上がりの芝生の広場・・・今までにもみんとさんによる”においつけ”自力でアジ・オイル事件があった場所なので用心はしていたのですが・・・今日も一瞬「ん?妙な表情した?」とりどみぃが思った次の瞬間には、みんとさんがころり☆と転がっておりました。

だめっ!(T▽T)

っとりどみぃが叫んで、いつのものように(?)ロングリードをたぐりよせ、みんとさんが仰向けのまま芝生の上をすーっと滑って来ました。

なぜか、この上なく満足したような微笑を浮かべつつ・・・

こ、こいつ・・・全然わかっとらんっ(-"-;)

みんとさんに吹き出しでセリフをつけるとしたら、「うへへへへ( ̄ー ̄)」って感じです。

そばに来たみんとの頭の上から肩にかけてくんくん☆と匂いをかぐと、臭くはありません。どうやら危機一髪で阻止できたようです。

あ、あぶなかった~(T▽T)

とこの時は思いました。

しかし、この後お散歩を終えて家に戻り、濡れた脚とお腹をお風呂場で流し、「みんとさん、シャンプーしたの昨日じゃなかったっけ?(・_・)」なんて言いながらドライヤーをかけていたら、温められたせいか、いつものような魚系の臭い匂いがぷーん★と立ち上って来ました。

うわ、やっぱり少しはつけられちゃったのか!( ̄△ ̄;)

付着してしまった場所が特定できなかったので、いつもだったらぐりぐり★やられる頭の耳の後や肩の後側を、アルコール除菌のティッシュで拭いちゃいました。

 その後、雨上がりの公園では物を投げて「持って来い」遊びをしていなかったので、家の中で少し遊んでやろうとぬいぐるみを投げたら、喜んで走ること走ること!

息を弾ませ、笑顔満開のみんとさんは、なんて可愛いんでしょう、たとえ臭い風が吹いてこようとも・・・

え・・・?( ̄△ ̄;)

そうです、ふと気がついたら、みんとがおもちゃのぬいぐるみをくわえて駆け寄ってくる度に、リビングに魚のはらわたが痛んだような生臭い風がふわっ☆っと吹くのです。除菌ティッシュで拭き取った位では取れていないのか・・・?とりどみぃ、みんとの怪訝そうな顔を正面から両手で囲んで動けないようにし、少しずつみんとの匂いを嗅いで臭いの元を探しました。

人間の鼻の能力も捨てたもんじゃありません。今度こそ、臭いの元が特定出来ました。今日はみんとさんは右顎の下辺り、首の被毛で隠れてしまうような場所ににおいつけを行ったようです。

散歩の後のシャワーで脚やお腹は流しましたが、こんな上の方は洗っていませんでした。

みんと・・・臭くて遊べないから、ちょっと洗いましょう。(・△・;)

 いきなりですが、遊びを中断して、お風呂場へ移動です。
たっぷり濡らして、シャンプーでもじゃもじゃ☆ごしごし☆と洗い、やっと臭いがしなくなりました。

軽くドライヤーで乾かして後、遊びを再開しましたが、みんとさんはその間頭の中で「なんで?今遊んでたんじゃないの?なんでいきなりシャワー?さっき洗ったんじゃなかった?」と、”?”マークが踊っていたようですが、終始おとなしく運ばれ、洗われ、乾かされておりました。

お願い・・・においつけしないで・・・シャンプーした翌日は特にお願い・・・(T T)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年10月 7日 (火)

ハロウィン月間

 みんとさんは、ふわふわ☆です。風呂上りなもんで。(^^;)

ブログを書こうとパソに向かうりどみぃの膝の上で、既に眠そうです。

今日はちょうど散歩にと玄関を出た時に雨が降り出したのですが、八百屋さんにも行きたかったので、家の周りを1周というわけではなく、雨にしては遠くまで行ったのでした。

八百屋さんに到着する頃にはりどみぃのさしかける傘からついついはみ出たみんとさんはしっとり濡れていて、買い物が済んだ後に店を出ようとしたら「えーまた雨の中出るの?」とためらいを見せたほどでした。

どうやら、「濡れてもいいから散歩に行きたい」という気持ちは、半径500mくらいで冷めるらしい・・・(^^;)

帰宅した時は、「拭くより洗っちゃいますか!」という濡れ具合だったので、お風呂場に直行して貰い、きれいに洗われて、風呂上りわんこになりました。

 さて、手芸ネタが続きますが、10月になったので、みんとさんの首輪に付けようと、ハロウィンのチャームを作りました。

ネタモト(?)は、本来は庭の植物に飾ったり、家の外や室内にオーナメントとして飾る物のようです。100円ショップで買いましたが、かぼちゃのパーツが4個とコウモリが3個麻紐でつなげてある飾りです。

麻紐は、パーツの上(かぼちゃならヘタの部分)に穴をあけてあり、そこに楊枝のような細い木の棒を差し込む時、グルーガンかボンドらしき物で穴の底になるようにとめる方法で各パーツがつなげられていました。

これを、ラジオペンチやカッターを使って、パーツぎりぎりの部分でカットしてしまい、夏に伊藤園のペットボトルのお茶におまけで付いていたリラックマのストラップからパーツをもらうことにしました。

リラックマの頭の上の金属部分をラジオペンチではさんでくりくり☆と回すと、ねじで埋め込まれていたパーツが簡単に外れました。

これを2つ用意して、かぼちゃとコウモリそれぞれにねじ込みます。ネジの誘導の為に、目打ちでちょっとだけ穴をあけました。

みんとさんの首輪にどう装着するかプランは無かったのですが、ストラップ部分の紐が丈夫そうなので、長さを短くして同じ仕様にしてみることにしました。

これは、リング状のパーツを外して、銀色の円柱形のパーツの下から紐を引き出し、結び玉の位置を半分程度の場所にすることで長さを短くしました。

大して時間もかからず、こんなにラブリーなチャームが完成です!

明日、雨降りでなければつけてお散歩に行きたいものです。

みんとさんがつけたら可愛いかな?(*^^*)

この作り方でもしパーツが無くなってしまうようなら、また工夫せねばならんでしょうが、かぼちゃもまだたくさんあるし、気分は試用期間でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

オクタゴンのベビーキルト6

中央の完成したパターン部分を持って、周囲に付けるボーダー布を選びに行き、とてもいい布を見つけました。

実際の色よりも少し暗めに写ってしまいましたが、完成すればじじくんが撮影してくれることでしょう。
拡大するとこんな柄・・・青とこげ茶の先染めチェックです。

布を選びに行ったお店で、お店の人や居合わせた他のお客様にほめていただくという、とても嬉しいことがありました。

お店の方には、「よくこれだけ布を集められましたねぇ、とっても可愛いですね」とほめていただきました。

ブロックが7列×7段なので49種類の布を使っているわけですが(同じ布は1つとして使っていないので)、49に絞る前の布の数はその何倍もあり、このキルトの為に集めたわけではないということは言えませんでした。(^^;)

ボーダーに選んだ布を裁断して貰ってる間に、別のお客様がご自身の選んだ布を裁断して貰う為に近くにいらして、りどみぃに「何を作られるんですか?」とお尋ねになりました。

この方は、りどみぃがボーダー布を選び終えた頃に来店されたので、パターン部分をちらり☆とご覧になっていたようです。

裁断を待つ間に話が弾み、その方は10月誕生予定のお孫さんの為に既にベビーキルトを作り終えられ、また別の物を作る為の布を買いに来たとのことでした。

「ベビーキルトには鮮やかな色がいいらしいですね」とか、お店の方が29年前にお嬢さんの為に作られたキルトは、今でもピアノの上のカバーに使われている」とか、しばしキルト談義に花が咲きました。

*赤ちゃんに視覚的刺激を与えることが出来るので

お孫さんにキルトを作られた方は、りどみぃがお見せしたパターンをほめて下さり、とても気に入ったようで、「あげちゃうんですか?!」と残念そうになさったのが微笑ましかったです。

いや~あげる為に作ってるんで・・・(^^;ゞ

「完成したら見たいわぁ」とも言っていただきましたが、犬ネタがメインのこのブログをお教えするのもはばかられ、ほめていただいたお礼を言うにとどめました。

照れますなぁ・・・でも、うれし~(^▽^;)

「(完成まで)がんばって!」との励ましのお言葉もいただき、足取りも軽く帰宅したのでした。

このお買い物の間、みんとさんは何をしていたかと言うと、りどみぃの足元のキャリーバッグの中で、静かにじっと私たちの様子を見ていました。

お買い物前にポートサイド公園で遊んだので満足したようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

ポートサイド公園

 オクタゴンのベビーキルトのボーダー布が欲しくて、横浜そごう9階のホビーラホビーレに行きました。


シーバス乗り場への通路にて

今日はみんとさんも一緒です。
あんまり長くバッグに入っていて貰うと可哀想なので、JR横浜駅の東口に着いた時点でバッグから開放しました。

国道1号線(箱根駅伝で選手が走る道路)とその上の高速道路の間に幅の広い横断歩道橋がかかっていて、そこを渡った正面が横浜そごう、隣がスカイビルでした。

そごうの建物の左側を迂回する形で海側に出ました。ここはシーバス乗り場への通路にもなっていて、海モチーフのベンチ(?)が可愛いかったです。

 お買い物を先にしていると夕暮れになってしまいそうなので、先にお散歩することにしました。

シーバス乗り場はベイ・クウォーターの横でもありますが、今日はドッグ・カフェには寄らずにひたすら公園へ・・・

*FRESHNESS DOG CAFEは、2008年8月5日よりシーバス乗り場横のevoldog Cafe&B.B.Qとなり、昼はドッグ・カフェ、夜はわんこも同伴OKのバーベキューのお店にリニューアルオープンしたそうです。

以前はドッグ・カフェに併設されていたグッズのショップはevoldog Hotel&Restというお店としてシーバス乗り場より少し手前に。

通り道なので、吸い込まれるように寄ってしまい、みんとさん用にラバー製のコングタイプのボールを買いました。
似たタイプの製品で、みんとさんは既に黄色のを持っていて、公園で遊ぶのに使っています。ボールの中におやつを入れられるタイプで食いつきがいい為、家の中で使う分も買いたかったのでした。

今回買ったのはピンクで、なかなかラブリーです。

ここは、ホテル扱いとして、1時間400円でわんこを預かってくれるそうです。同施設内の犬同伴不可のレストランでお食事する間だけ・・・とか利用すると便利そうですね。
(りどみぃとじじくんなら、わんこ同伴可のレストランを探すだろうけれど)

さて、みんとさんのお買い物を済ませた後は、りどみぃがその辺を見回して地図上での緑地や樹がいっぱいありそうな場所を見つけてそこに行ってみる・・・という冒険による公園探しです。

ありました。ナイスな公園が!(*^^*)

シーバス乗り場の向こう側、航路に当たる運河に面している細長い公園でした。

波を模っているのか、実際に防波堤の役目をするのかは不明ですが、こんな風に細長い土手状の芝が並んでいて、みんとさんがロングリードで走れるような環境ではありません。

でも、空が広くて、運河のすぐ傍までウッドデッキがあって、気持ちの良い場所でした。

この公園の前には、横浜ディスプレイミュージアムという面白そうなお店があるので、次回は定休日(日曜・祭日)以外の日に訪れてみたいものです。

*1Fディスプレイ商材(グリーン、シーズン、レジ&書籍、テーブルギャラリーの各テーマで展示されているそうです)

街に見立てたフェアリータウン(フェイクフード、マリン、アメリカン、フレーム(お店の入り口に置かれたりするタイプの掲示板)、キッチンの展示があるそうです)

2Fはフラワー資材として、シルクフラワーからドライフラワーまで、資材とツールの展示だそうです。

プロ向けのショップだそうで、展示してある物はリボンが1巻だったり、販売の単位が大きいようですが、一般も購入できるとのこと。

定休日だったので外から見ることしか出来ませんでしたが、見るだけでも楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

横浜ランドマークタワー

 りどみぃ母が「あたし横浜観光したいわ。ランドマークタワーって1度も行ったことないわ(・◇・)」と言うので、母、姉、りどみぃとで行って参りました。

午前中にお墓参りをして、横浜駅のルミネの中にあるお店でお昼を食べ、市営地下鉄に乗って移動。みなとみらい駅で下車すると、クイーンズスクエアというショッピングモールの中にアクセスしています。

ランドマークタワーはショッピングモール内を通り抜ける形で徒歩3分とか・・・ウィンドウショッピングしながらだと、そんな短時間ではたどり着けません~(^^;)

 ランドマークタワーの69階にある展望室はスカイガーデンという名前で、360℃のパノラマを見ることが出来ます。


エレベーターを降りた正面の景色

大人1名1,000円の入場料で、69階までの直通エレベーターに乗ることが出来るのですが、なんと1階から69階までは40秒で到着してしまいます。

気圧の差で耳が変になって、3回ほど唾を飲み込みました。(ーー;)んぐんぐ

季節やその日の天候によって見える範囲が違うようですが、この日は快晴でかなり遠くまで見ることが出来ました。

横浜ベイブリッジ、鶴見つばさ橋、水平線の向こうには千葉県が・・・東京タワーや富士山は「あの辺?」となんとなくシルエットの頭の部分を確認した程度でしたが、新横浜にある横浜アリーナなどは良く見えました。

山下公園、氷川丸、マリンタワー、レンガ倉庫や野毛山動物園なども確認できました。

スカイガーデンでは、ハロウィンのイベントとして、10月の期間中に仮装をして来ると入場料が無料になるそうです。

*10月11日(土)~13日(月・祝)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)

どの程度の仮装ならオッケーなんだろう・・・
魔女の帽子くらいじゃダメかな?(・_・)

などとあれこれ考えるのも楽しかったです。

 空中散歩を楽しんだりどみぃが帰宅した時、お留守番していたみんとさんは、1度も鳴きませんでした。

玄関の鍵穴に鍵を入れても、玄関のドアを開閉して入っても、りどみぃが靴を脱ぎ、リビングに入って行くまでも・・・です。

サークルの内側に立ち上がって背伸びしてこちらを見てはいましたが、鳴き声を出すことはありませんでした。

結局、みんとさんはりどみぃの帰宅に興奮して鳴くことは無かったのです!

すごいじゃなーい(・◇・;)

鍵穴に鍵を入れた音で鳴いていた犬とは別の犬のようです。りどみぃがびっくりだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

えびをのせる理由

 

ふせをしたみんとさんがじっと見つめているのは、お鼻の上にのせられた桜海老でございます。

カルシウムを摂取させる為、しつけ教室の先生がご自宅のわんこのごはんに加えているのを教わって以来、オキアミ(エビ)なぞをみんとさんのごはんに足してやったりもしますが、桜海老をごほうびに使うことも始めました。

人間のお好み焼き用などにスーパーの乾物売り場で売っている製品の内、着色などしていない、試食して塩辛くない物を買っています。

人間が食べても美味しい海老ですから、みんとさんにも美味しいらしく、とても喜びます。肉とは違う喜びがあるらしいです。

 最近、りどみぃはみんとさんのお鼻の上にチーズやえび、小さく切ったターキーアキレスなどをちょい☆とのせて待たせる練習をしています。

なぜそんな練習を始めたかと言うと、みんとさんに以前教えた「あーん(⌒◇⌒*)」という技と関わりがあります。

この技は、りどみぃが「あーん」と声をかけると、みんとさんがお口をちょこっと開けるというもので、開けたお口にごほうびを入れることで簡単に教えることが出来ました。

そうしたら・・・!

頭をなでようとしても、コームで梳かそうとしても、目ヤニを取ってやろうとしても・・・頭の上の方に手が来たら口を開ける犬になってしまったのですっ!

・・・鳥のヒナじゃあるまいし・・・(・△・;)

教えたりどみぃがいけないのですが、ちょっと反省して、「頭の上に手が来ても”あーん”だとは限らん」と悟って貰う為、違う方法で美味しい物をあげることにしたわけです。

 お鼻の上に物をのせる時は、りどみぃが人差し指でちょい☆っとみんとのお鼻に触れてから、「のせるよ」と声をかけてのせてやります。

「1、2、3」と3つ数える程度の時間で「OK」をすると、みんとがちょっと鼻先を下にするので、ころり☆と落ちたえびやチーズをりどみぃが許可と共にみんとの顎の下辺りに差し伸べた掌で受け、それをみんとが食べるというリズムになっています。

こうして、お鼻の上にえびなどのせられることで、やたらと口を開けることは無くなったのでした。めでたし、めでたし。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

オクタゴンのベビーキルト5

オクタゴンのベビーキルトは、パターンの部分を49ブロック分つなげた状態まで出来ております。

7列×7段にバターンを並べて、大柄同士が並ばないように・・・とか、特定の色が固まらないようになどに気をつけての配色です。

こうして縫い代込みの状態で並べるとオクタゴンというよりはダイヤモンドに見えますが、それぞれ隣同士を縫い合わせて、縫い代分が縫いこまれて見えなくなると、ちゃんと八角形に見えてきました。

ほっ(^.^;)

ブロックをつなぐのには、洗濯する時のことも考えてミシンを使いましたが(その方が丈夫だから)、待ち針を打つ時は作業テーブルの上で行い、打ち終わったらミシンに移動して縫う・・・という動きを繰り返しておりました。

狭い部屋なのに、みんとさんは、作業テーブルの時はその足元の椅子の下にいて、ほんの短い間りどみぃがミシンの前に行っている間もそのままでいられないのか、ミシンの傍の壁際で寝て縫い終わるのを待っている・・・という具合で、いちいち付いてまわっていました。

ミシンで縫ったら、またそこに戻りますので・・・付いて来なくてもいいですよー( ̄△ ̄;)

とりどみぃが言っても付いて来るって・・・みんとさんってマメですわ。

次は、パターンの周囲に付ける布(ボーダー)選びとなります。

パターン部分が柄も色も多数使ってある上に主役でもあるので、ボーダーはあまり柄が目立たないタイプの布が良いかと思われます。

しかし、あまり無地感覚だと味気無いものですし、つまらない感じになりそうなので、そこは「少し動きを感じさせるような先染めのチェックがいいかな?」と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

真面目なみんとさん

 先日のしつけ教室は、まさかジャンプの練習があるとは思ってなくて、「今日は何をやるのかな?(・_・)」程度の心構えで家を出たのでした。

カメラを持って同行したじじくんも、ハードルを跳ぶ姿を撮れるとは思っていなかったらしい・・・その日のテーマは「真面目な顔のみんと」だったそうです。

 しつけ教室というお勉強の場においても、みんとさんは開始から30分位はへらへら笑っています。

それは、大好きな友達わんこやその飼い主さんたちに1週間ぶりに再会出来て嬉しいからだと思われます。

しかし、他のわんこたちがお教室が始まると早々に”お勉強モード”になって真面目にやるのに比べて、みんとさんはなかなかそうなれないのです。楽しい気分がなかなか抜けない・・・多分にお調子者のようです。

 案の定、ジャンプの練習は楽しいので、跳んでは笑っていました。

それに、じじくんの姿を見るとそれだけでも嬉しい様で、”立て”の練習になってからも正面のりどみぃには集中しないで、じじくんに微笑みかけておりました。

みんとさん・・・あたしを見て・・・(・△・;)

こういう時は、咳払いをしたり、みんとの名前を呼んだりして注意を戻しますが、みんとはじじくんが大好きなので、じじくんが移動する度にその位置を確認しておりました。カメラ目線なのはそのせいです。

 いつものように、訓練が始まって30分もすると、みんとさんはやっと「今は遊べないのね」とお勉強であることを悟るようです。

うーん、2006年12月頃には1時間に1回程度しかしてくれなかったアイコンタクト!感慨深いものがあります。

笑顔のみんとさんも可愛いけど、たまには真面目な顔しているのも素敵よ~頭が良さそうに見えますわ。(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »