« 金属は床よりひんやり | トップページ | 殿、どちらへ? »

2008年9月10日 (水)

みんとのごほうび入れ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんとお散歩やお勉強に行く時は、たいていの場合、ごほうび入れにごほうびを入れて出かけます。

チョークバッグと呼ばれる物で、本来はロッククライミング等の時の滑り止めの粉(チョーク)を入れて腰につけておき、必要に応じて手を突っ込んで、指先に取る・・・という使い方らしいです。

フリークライミングで壁を登る施設などに行くと、実際に使っている方を見かけます。

しかし、今はもうちょっと出かける際の小物入れとして広く使われるようになっていて、携帯電話や小銭入れを持ち歩くのに便利なアイテムになっているようです。

りどみぃは、ホームセンターのキャンプ用品売り場で買いました。価格は1,000円でおつりがきた程度だったように思います。

ウェストに帯状に巻いて使える平紐とセットになっていました。平紐には犬の首輪に使われているようなジョイントと長さ調節のバックルがついていて、自分のウェストサイズに合わせることが出来ます。

赤いのは、みんとさんに何か教える時に使っているクリッカーです。黄色いボタン部分を押すとカチ☆っと音がします。
クリッカーにはリール式になっているホルダーにつけて、それをカラビナでチョークバッグにつけています。

リール式のホルダーは、元はおまけでもらった短いボールペンがついているキーホルダーでした。ペンチでちょこちょこっとやって、クリッカーと付け替えちゃいました。
クリッカーを引っ張るとコードが伸びる仕組みです。

 ごほうびは、家に居る時には、ぱか☆っと簡単に片手でふたが取れるタイプの容器に入れています。3個100円で購入。他の2個も刻んだ野菜を冷蔵庫に入れる時に使ったりして、みんとさん用に活躍しています。

お散歩に行く時は、この中のおやつの内容を見て、ジャーキーやチーズや骨付きカルビ、ささみ等を適宜足した物を持って行きます。

チョークバッグに容器の中身をざーっと入れて、お散歩中に使い、帰宅したらまたチョークバッグの中身を全部容器に戻しますが、戻す必要が無い程度の量を用意するようにしています。(衛生面から言っても、りどみぃが素手で触るので、ごほうびが傷まないように)

日中も家の中でなにかとごほうびが必要なので、容器に少しだけ入れた物を部屋から部屋へと持ち歩くこともあります。

 お教室に行く場合やまずは車で遠くまで行ってから散歩になる場合などは、この容器ごとチョークバッグに入れて行き、現地に到着したら中身をチョークバッグにあけたりもします。

チーズや生タイプのビーフカット等を入れることもあるので、どうしてもバッグの中が汚れる為、時々洗濯するので、使い込むと段々とぼろぼろになってしまい、このチョークバッグはみんとさんがパピーの頃から数えると3代目です。

リードや首輪と一緒で、消耗品です。

持ってますわよ! (^▽^;)

今日もみんとさんの期待を受け、チョークバッグにせっせと美味しい物を詰め込む、りどみぃなのでした。

|

« 金属は床よりひんやり | トップページ | 殿、どちらへ? »

コメント

りどみぃさん リクエストに応えてくださってありがとうございます。チョークバッグ、早速近所のホームセンターに行ってみたのですが、残念ながら見あたりませんでした。
通販で注文してみましたhappy01
チョークバッグをぶらさげて、ご褒美をジャンジャンあげながらお散歩したいと思います。
今日で我が家にやってきて2ヶ月です。未だ頭や顔を触ることには抵抗があるのですが、少しずつ慣らしてブラッシングや耳掃除をしていたのですが、先日獣医さんに耳の毛を抜いてもらったのがよっぽど嫌だったみたいで、耳掃除しようとすると激しく抵抗するようになってしまいましたcrying
毛玉だらけなのに、ブラッシングも大嫌いだし…。ほんとに手のかかるヤツですcoldsweats01

投稿: Pan | 2008年9月11日 (木) 13時26分

Panさん、いつも読んで下さってありがとうございます。
通販便利ですよね、みんとのおやつも通販でまとめて買うことがよくあります。(近所のお店では売っていない物)

耳の中に毛が生えちゃうのはシュナプーとしては宿命ですから、これは慣れてもらうしかないですねぇcoldsweats01
毛が生えてると雑菌の繁殖がしやすくなり、外耳炎の原因になるので、がんばらなくてはならないところなのです。

耳掃除はどんな風にしていらっしゃるのかな?
膝の上に横に寝かせて・・・なんて形の場合は、抵抗したら上から掌で耳の上から押さえつけるようにして(太ももと掌でpanくんの横顔がサンドイッチされるようなイメージ)、抵抗しなくなるまでじっと待ちます。
これは、犬に”あきらめる”ということを学んで貰う為にもとっても大切なことで、逆に言うと「激しく抵抗したらやられないで済んだ」と思わせない為にも必要です。
「どんなに抵抗しても、どうせやられちゃうし・・・お母さんにはかなわないや」とあきらめる気持ちを学ばせると、将来長く吠えないとか、待つことが出来るようになるとか、良い効果が得られるようになります。

毛玉だらけなのにブラッシングも大嫌い・・・って・・・coldsweats01
毛玉は作っちゃいけませんです~
犬は、頭をぶつけたりするより、毛を引っ張られる方が痛さを感じるという、人間とはちょっと違う感覚のようです。
毎日全身コームで梳かさないと、すぐに脚の付け根とか首の周辺とかに毛玉が出来てしまいます。

コームで梳かして、毛玉がひっかかりそうになったら、決して引っ張らないで、両手の指で毛玉をそっと分けるようにして解くか、鋏で毛玉を切るなどして、毛玉が1個も無い状態にしておくと、翌日は全身毛玉が出来る前に梳かすことが出来て、痛みも無いはずです。

みんとの場合は、小さな毛玉が出来そうな時や、トリミング直前で被毛がとても長い時は、普通のコームで梳く前に、”毛玉取りhttp://minmin-mint.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_ad46.html”で梳かすことにしています。
これは、コームが刃になっていて、そっと梳かすだけで毛玉をさくっと切ってくれるので、毛を引っ張らないで済みます。happy01

投稿: りどみぃ | 2008年9月12日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/23651484

この記事へのトラックバック一覧です: みんとのごほうび入れ:

« 金属は床よりひんやり | トップページ | 殿、どちらへ? »