« 走らない犬 | トップページ | 真面目なみんとさん »

2008年9月30日 (火)

ジャンプの練習

 先土曜日のしつけ教室は、”ジャンプ”と”立て”の練習でした。

先生が持って来たハードルは、塗り替えたばかりなのか真っ白でまばゆいばかりにきれいです。

最初は20cmを飼い主が併走し、犬だけハードルをジャンプ!

これを数回練習して、怖がるとかつまづくなどの問題が無い様なので、ハードルの高さを上げる事に・・・

みんとさんは、アジリティーのお勉強で棒のタイプのハードルを跳んだことがありますが、競技のルールとして、その犬の肩の高さを跳ぶことになっているらしく、みんとの場合はいつも30cmを跳んでいます。

しかし、棒の場合は向こう側やハードルの下が見えるのに比べて、板のタイプは壁みたいで、ちょっと圧迫感がありそうで、「ためらいを見せるかな?」と思いましたが、みんとさんは全然気にしないでお気楽に跳んでいました。

意外にタフなやつ・・・(^▽^;)

一緒のクラスのわんこたちがみんな上手に跳ぶので、自分の順番が来るまで、それを見ていたせいかもしれません。

現に、ハードルは40cmに上げられ、りどみぃは内心「みんと跳べるかな?(跳ぶかな?)」と思ったのですが、パピヨンのココアくんがひらり☆と見事に跳ぶものですから、考え方を一新。

かっこいい~(☆☆)

「みんとも跳ぶであろう」という気持ちで併走すると、無事に跳ぶ事ができました。大型犬のみなさんは、なんと60cmをひらり☆

 ハードルの練習のバリエーションは進みます。飼い主はハードルまで併走しますがそこで停まり、犬だけ跳ばせたり、その次は呼び戻す要領で跳んでハードルの向こう側にいる犬に指示してこちらへ戻るように跳ばせる(=往復)、最後ともなると、飼い主はスタート地点から動かず、前方にあるハードルを手で示して「ジャンプ」と言うだけで”行ってハードルを跳べ”と犬だけ行って跳ぶように指示したりもしました。

最初は楽しそうに跳んでいたみんとさんですが、りどみぃは知っています。

ジャンプって体力要るんだよね・・・そらそーだ(・△・;)

案の定、しまいには「ジャンプ」と自分だけ行ってハードルを跳んで来るように指示しても行かなくなってしまい、一緒に近くに行ってやっても跳ばなくなってしまいました。


お鼻でちゅん☆

そうだよねーもう疲れちゃったよねぇ(ーー;)

こういう時には、決して無理をさせてはいけないそうです。
先生の指示で1段階やさしい課題にして、併走してジャンプさせ、それが成功した形でみんとさんの気分が良い状態でジャンプの練習は終了となりました。

みんとさん、お疲れ!君は良く頑張った。(^▽^;)

「ジャンプの練習は楽しいけれど疲れる」・・・みんとさんに聞いたら、そう答えるかもしれません。

|

« 走らない犬 | トップページ | 真面目なみんとさん »

コメント

みんとちゃん、すごいなぁ~~
ちゃんと、脚側歩行も出来るし、ジャンプも!!!

同じシュナプーの麦は・・・・
というより、飼い主のワタシの出来が悪いんですけどねぇ~~

投稿: おまめ麦パンにこっ | 2008年9月30日 (火) 23時48分

lovelyみんとをほめて頂いてありがとうございますhappy01
でも、脚側歩行・・・できると言い切れるほど上出来ではないおです。やってくれる日と、りどみぃなんて眼中にも無い日との日替り・・・?です。coldsweats01

麦くんだってきっと出来ますよ!
パンねーさんがいるから、お散歩はちゃんと楽しく正しくしているから、教えたらきっとすぐに出来るようになると思います。
ハードルのジャンプも、1番低いのから始めると、すぐできるようになりますとも!
シュナプーの運動能力はかなりものと見ました。

投稿: りどみぃ | 2008年10月 1日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/24156493

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプの練習:

« 走らない犬 | トップページ | 真面目なみんとさん »