« 萩の花 | トップページ | 冴えてるわんこ »

2008年9月18日 (木)

みんとさんとかかし

 みんとさんが笑っています・・・公園の小さな田んぼの前で、実った稲穂を背ににっこりと。

しかし、これはこの時、自分が背にした稲穂のそのまた後に、かかしが立っているということを知らなかったから・・・どうも視線より上のことでもあり、目に入らなかったようで、気がついていなかったらしいのです。

撮影している間、これっぽっちも後を気にする素振りが無かったので、「どうも気がついていないようだ」と思えたりどみぃ、撮影終了後に「じゃ、かかしでも見ようか」とみんとを抱っこしてやったら・・・

相当驚いたようです。(^▽^;)

みんとさんってば、地の底から響いてくるような凄みのある声で、がるるる・・・なんて唸っちゃったりして!

 実はりどみぃは、少しばかり「怖がってわんわん☆吠えるかな?」とは思っていました。(先日、きのこの上の切り株に吠えたように

しかし、切り株より人間のようで、でも決して人間でないようなので、みんとにはとっても怪しかったらしい・・・

やーねーみんとさんってば、お約束通りに怖がっちゃってぇゞ(^^;)

とはいえ、かかしなんぞをいつまでも怖がってもらいたくないので、慣れてもらうことにしました。

1度みんとを地面におろし、1m程離れた場所から、「あれはかかしだよ。怖くないよ」と言いながら、りどみぃだけかかしに近付いて見せたり、「大丈夫、大丈夫」と声をかけてはチーズの欠片をお口に入れてやったところ、2度と唸ったりはしませんでした。

それでも腰が引けているので、最後はまた抱き上げ、抱いたままかかしに近付いて、かかしの匂いを嗅がせてやりました。

これで、自分にとっての脅威ではないと納得したようで、その後はかかしに別れを告げて散歩を続けました。

 翌日、「平気になるまではこれから毎日かかしを見せよう」と決めたりどみぃ、みんとをかかしの前に連れて行ってみました。
すると、ちゃんと前日に脅威ではないと認識したのを覚えていて、自分で数歩前に出て、かかしに近寄ろうとしました。

あら、かかし見たいの?じゃ抱っこしてあげる(・_・)

 この日も前日同様に、かかしの匂いを気が済むまで嗅いでいました。

そして3日目です。

かかしの前に行くと、リード分目いっぱいりどみぃより前に出て、かかしを見上げるではありませんか!脅威で無くなったので、興味があるようです。りどみぃ、声をかけてみました。

みんと、かかし見る?(^▽^;)

するとどうでしょう!
みんとさんがりどみぃの足元に尻尾を振りながら笑顔で戻って来ると、後肢だけで立ち上がり、抱っこしてもらう時の様に、自ら両前脚を上の方へ差し伸べたのです!!

どうやらみんとさんは、かかしが好きになったようです。

まるで知り合いに挨拶するように、いそいそとかかしの胸辺りの匂いを嗅ぎ、へのへのもへじのお顔を見上げておりました。

なんだと思ってるのかなー?”新しく公園で会えるようになった物静かな友達”?(^▽^;)

|

« 萩の花 | トップページ | 冴えてるわんこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/23868257

この記事へのトラックバック一覧です: みんとさんとかかし:

« 萩の花 | トップページ | 冴えてるわんこ »