« お鼻の角度 | トップページ | カルガモの子鴨たち »

2008年8月27日 (水)

トライアル本番では

 ノーズワークのトライアルは、最初に”10タイムレース”が行われました。

これは、10個の植木鉢が直線状に並べられている中に1個だけ当たりがあるのですが、それを探し当てるまでの時間を競うものです。

もしはずれの鉢を開けてしまったら、ミスとして最後に1個15秒が加算されます。

10個の内、どの位置に当たりが置かれるかは、直前に飼い主が10枚のカードの中から1枚のカードを引いて、その番号によってスタッフの方にセットされます。

自分が何番を引いたのか不明なので、並んだ鉢を前にして途方に暮れるばかりです。

みんとさんのお鼻だけが頼りよ、お願いね(^▽^;)

とお願いしたのですが、みんとさんは10個の鉢をちょっとずつ匂いを嗅ぎながら進み、10個全部嗅ぎ終わって端まで行きましたが、どの鉢の前でもおすわりすることはありませんでした。つまり、素通りしてしまったのです。

えっ?! 1個も無いってことはないでしょっ (・_・;)

もう1度植木鉢の並んでいる方へうながしましたが、みんとさんは自信なさそうでおすわりしてくれません。それでも、ちょっと念入りに匂いを嗅いでいる鉢があるので、それを開け、当たりを当てることが出来ました。

それまで、お勉強の時に使っていた鉢は家にある鉢よりひとまわり大きく、トライアルの鉢は更にもうひとまわり大きい鉢なので、みんとさんは中身のおやつの匂いが遠く(薄く?)感じるようなのです。

 次の”10サーチ”でも、同じように10個を一通り嗅いで端まで行ってしまうということをしました。

”10サーチ”は、最初に1-3の番号が書かれている3枚のカードの中から1枚を引いて、出た数だけ10個の鉢のどこかに当たりが置かれるというルールです。犬が教えてくれた当たり鉢を開けて、ハンドラー(飼い主)が「もうないな」と思った時点で「(当たりは10個中)○個です」と申告します。その数が合っていれば終了になり、3個あるはずなのに「2個です」と言った場合などは「まだあります」と捜索が再開できるようにヒントがいただけます。

犬が勝手に鉢を開けたり、当たりではない鉢を開けるとやっぱりミスで15秒加算になります。

1個のカードを引いて発見するのが早ければタイムも短くて済みますが、これはカードを引く時の運も関係あるとか・・・りどみぃは運が良い方ではありません。

おまけに、みんとさんは10個の植木鉢を全部嗅いだのに、どれが当たりなのか教えてくれないんですもんね・・・

厳しいわぁ(ーー;)

結局、もう1回Uターンして植木鉢の列に向かい、「探して、おやつはど~れ?(・△・;)」とうながすと、1番最初に嗅いだ①の鉢を2度嗅ぎました。他はもっとあっさり☆と嗅いでいたので、りどみぃはその時点で鉢を開け、他に当たりはもう無いと判断、「1個です」と申告して、正解だったので終了しました。

 みんとさんは、いつもと違って自信が無いようで、「これかな・・・ぁ?これだと思うんですけど、もしかしたら間違ってるかもしれないんですけど・・・」なんて感じで、どうも「これです」とりどみぃに教える決心がつかないようでした。

 トライアルの最後は30個の植木鉢の中から、直前に引いたカードの数(1~6個)が当たりなのを見つけ出す”30サーチ”です。これもはずれを開けるとミスで15秒加算されます。

30個の植木鉢が並んでいるのって、りどみぃ初めて見ましたわ。(・△・;)
それはそれは壮観なものでした。植木鉢ヶ原って感じ・・・

もちろん、みんとさんも初めてです。ちょっと呆然としている?

後でわかったことですが、ナントりどみぃってば6個(最多当たり鉢)のカードなんか引いちゃって、30個中6個もおやつが隠されているという捜索でした。

すまん、みんと・・・( ̄△ ̄;)

とか思いましたが、犬はおやつがたくさん食べられるのでラッキー☆らしいです。みんとさんも、次々発見してはぱくぱく☆食べていました。

みんとさんも、当たりが続くと自信を深めるようで、段々教えてくれるリズムが良くなっていったように思います。

また来年、がんばりましょーねっ、みんと!

|

« お鼻の角度 | トップページ | カルガモの子鴨たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/23296013

この記事へのトラックバック一覧です: トライアル本番では:

« お鼻の角度 | トップページ | カルガモの子鴨たち »