« 日立の樹 | トップページ | 夏のよろこび »

2008年8月30日 (土)

お前は何者だっ?!

 お家でお仕事しているりどみぃの足元で寝ていたみんとさん・・・りどみぃがちょっと階下へお茶を淹れに行こうと席を立った時にはついて来ませんでした。

まぁ、眠いならそこにいるがいいわさ・・・(・_・)

その後、まさに急須からカップにお茶を淹れているりどみぃの耳に、2階から、ただならぬみんとの吠え声が聞こえて来ました。

不審と警戒が入り混じった鳴き声で、「あんた誰っ?!(`△´)」と詰問するような響きがあります。

なんじゃ?こんな時間に誰かが来るわけもあるまいし・・・(・_・)

2階に戻ったりどみぃがじじくんから聞いたところによると、いつもはじじくんが机の上に置いてあるマック(コンピューター)が、作業の都合上床の上におろしてあって、そこへみんとが現れてぎょっ☆っとしたように立ち止まり、鳴いたそうです。

まぁ、みんととしては、いつも入り慣れている部屋で、目が覚めてりどみぃが居なかったのを「こっちのお部屋に居るかな?」なんて探しに来てみたところ、見慣れぬやつが部屋の真ん中に鎮座していて行く手を阻んだ・・・って感じだったんでしょう。

机の上にあるのなら数えきれない程目にしているはずなのですが、それとその時床の上にあるのが同じとは思えなかったようで、りどみぃが2階に戻ってからも部屋に入ろうとしないくらい警戒していました。

みんと、こんなの怖いの~?(・△・;)

これくらいでびくびく☆暮らして欲しくなかったので、慣れてもらうことにしました。それには、チーズなど美味しい物をマックの近くに置いて食べに行ってもらい、「近寄っても怖くない。なんだぁ、こんなの平気だわ」と思って貰うのが一番です。

 最初はみんととマックの間は1m程もありました。

りどみぃが、部屋の入り口にたたずむみんとのお口にチーズを入れて、マックをなでなで☆して見せ、触っても平気なことをアピールです。

マックから20cm位みんと寄りの床の上にチーズを置いて、「OK」と食べて良いよと示すと、みんとは居場所に後肢を残して、前半身だけをこれ以上伸びないくらい伸ばしてそっとチーズをぱく☆っとすると、元の位置に伸ばしていた身体を戻しました。

そらーもう、その最大限に伸びた身体と言ったら、「お前は尺取虫かっ?!」と言いたくなるくらい細く長く伸びていたのでした。りどみぃは、こんなに伸びているみんとを見たことがありません。

朝一番の伸びよりも、暑くて寝ている時の両後肢を後へ伸ばしてお腹を床にぺったり☆つけ、前脚をふせの時のように前に伸ばしきっている姿勢・・・それよりもびょーん☆と伸びていました。

結構長く伸びることが出来るのね・・・(・△・;)

 それでもチーズを置き、みんとが食べ・・・を繰り返している内に、マックの傍に平気で来られるようになりました。そこで、次はマックの上にチーズを置いて、みんとに直接食べさせ、接触にも慣れてもらいました。

この作戦の甲斐があってか、みんとさんはマックを「チーズをくれる奴」と認識したようで、翌日も「チーズないかな?」とくんくん☆探していたそうです。(^▽^;)

|

« 日立の樹 | トップページ | 夏のよろこび »

コメント

みんとちゃん かわいいですねぇ。
でも、そりゃそうですよね。「コンピュータ」なんて、自然界にないもの。
Panは、私が電話で話していると「ワンワンワン」と、電話を切るまで静かにしてくれません。
携帯にチーズ乗っけたら、携帯電話ごとお口にくわえておもちゃにしちゃうでしょうね(^^;)

投稿: pan | 2008年8月31日 (日) 20時43分

panさん、こんにちは。いつも読んで下さってありがとうございます。happy01
みんとも以前は電話が終わるまで鳴いていました。
電話の呼び出し音が鳴ることでびっくり☆すると、興奮状態になり、なかなか納まらないんですよね。coldsweats01
これをどうやって鳴かないようにしていくかと言うと、やっぱりダンバー君言うところのオンとオフの切り替えが即座に出来るように練習しておくのが有効なようです。

電話が鳴って興奮(オン)しても、すぐにオフできるようになると、すぐ鳴きやむわけです。

しつけ教室の先生からお聞きしたのですが、犬とぬいぐるみやロープをひっぱりっこする遊びも、興奮し過ぎたらすぐにやめて、落ち着いたらまた再開(遊ぶ)ということで、オンとオフの練習の為にするそうです。

また、それとは別に、「おすわり」とか「ふせ」を言葉で言わないでハンドサインだけでさせる練習もしておくと、電話を取った時にサインで「ふせ」させることが出来るようになります。ふせていると、あまりわんわん鳴けないものなので、自然と鳴きやむことになります。

鳴きやんだら、自分は電話でお話しつつ、手ではPanくんのお口に小さいごほうびを入れてあげる・・・なんてことを繰り返すと、「鳴かないでいるといいことがる」と解釈してくれるようになるのでは?

携帯電話や家の電話は、自分でかけて鳴らして練習できるので、本番(?)に備えて練習することも出来ていいですね。note

携帯電話にチーズのせたら、panさんのおっしゃるように、よろこんでお口にくわえそうですねーcoldsweats02

投稿: りどみぃ | 2008年9月 1日 (月) 22時49分

なるほど、なるほど。メモメモ…。
勉強になります。
タイミングよく、意図が伝わるようにごほうびをあげるって大事なのですね。「待って待って、いまご褒美を取ってくるから」なんて言ってないで、常にごほうびを携帯していなくちゃいけませんね。
引っ張りっこ、最近止めているんですけど、オンとオフを切り替える練習と意識してたまにはやってみることも必要ですね。
とってもためになるアドバイス、ありがとうございました!

投稿: pan | 2008年9月 2日 (火) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/23366622

この記事へのトラックバック一覧です: お前は何者だっ?!:

« 日立の樹 | トップページ | 夏のよろこび »