« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

夏のよろこび

 夏の間だけしか営業しないかき氷屋さんがあると聞いてはいたのですが、どこにあるのかは知りませんでした。

ところが、まったく別の日にある家の前を通りかかって、りどみぃ目が点になったのです。

なんで、こんなところに氷の看板が・・・?( ̄△ ̄;)

町並みに溶け込んでいる普通の民家なのに、いきなり2階の壁面に看板があったので、不思議に思ったのでした。

ところが、ここがまさにそのかき氷屋さんだったのです!

後日、じじくんと前を通って、営業しているのを見かけることが出来ました。

おおっ、これはこれは・・・!(・◇・;)

のれんも涼しげに、とっても寄りたかったのですが、この時は集まりがあったので行かなければならず、「夏の間にまた来てみようね!」と誓って通り過ぎたのでした。

 週末もあれこれ忙しいやら大雨が続くやらで行きそびれていたのですが、8月最後の日はとても暑い日になり、念願のかき氷を楽しむことが出来ました。


あずきクリーム(手前)とみるくイチゴ(奥)

あずきクリームは、器の底にあずき(あづき?)の煮たのとソフトクリームが入っていて、甘過ぎないところがとても気に入りました。

みるくイチゴは、イチゴシロップと練乳かけのようです。

とても人気のあるお店のようで、家族連れ、カップル、おひとり様という様々な年齢層の方々が、徒歩やらオートバイやら自転車やらでやって来ては、それぞれ好みのかき氷やソフトクリームを注文し、さっと食べてさっと去って行くというのがリズムがよくて気持ちが良いです。

今年の夏の営業が終わる前に、もう1回行けるといいな・・・ヽ(´ー`)ノ

あ、ちなみにわしらがかき氷を食べている間、みんとさんはトリミングに行っていて、すっきり☆きれいになってる中でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

お前は何者だっ?!

 お家でお仕事しているりどみぃの足元で寝ていたみんとさん・・・りどみぃがちょっと階下へお茶を淹れに行こうと席を立った時にはついて来ませんでした。

まぁ、眠いならそこにいるがいいわさ・・・(・_・)

その後、まさに急須からカップにお茶を淹れているりどみぃの耳に、2階から、ただならぬみんとの吠え声が聞こえて来ました。

不審と警戒が入り混じった鳴き声で、「あんた誰っ?!(`△´)」と詰問するような響きがあります。

なんじゃ?こんな時間に誰かが来るわけもあるまいし・・・(・_・)

2階に戻ったりどみぃがじじくんから聞いたところによると、いつもはじじくんが机の上に置いてあるマック(コンピューター)が、作業の都合上床の上におろしてあって、そこへみんとが現れてぎょっ☆っとしたように立ち止まり、鳴いたそうです。

まぁ、みんととしては、いつも入り慣れている部屋で、目が覚めてりどみぃが居なかったのを「こっちのお部屋に居るかな?」なんて探しに来てみたところ、見慣れぬやつが部屋の真ん中に鎮座していて行く手を阻んだ・・・って感じだったんでしょう。

机の上にあるのなら数えきれない程目にしているはずなのですが、それとその時床の上にあるのが同じとは思えなかったようで、りどみぃが2階に戻ってからも部屋に入ろうとしないくらい警戒していました。

みんと、こんなの怖いの~?(・△・;)

これくらいでびくびく☆暮らして欲しくなかったので、慣れてもらうことにしました。それには、チーズなど美味しい物をマックの近くに置いて食べに行ってもらい、「近寄っても怖くない。なんだぁ、こんなの平気だわ」と思って貰うのが一番です。

 最初はみんととマックの間は1m程もありました。

りどみぃが、部屋の入り口にたたずむみんとのお口にチーズを入れて、マックをなでなで☆して見せ、触っても平気なことをアピールです。

マックから20cm位みんと寄りの床の上にチーズを置いて、「OK」と食べて良いよと示すと、みんとは居場所に後肢を残して、前半身だけをこれ以上伸びないくらい伸ばしてそっとチーズをぱく☆っとすると、元の位置に伸ばしていた身体を戻しました。

そらーもう、その最大限に伸びた身体と言ったら、「お前は尺取虫かっ?!」と言いたくなるくらい細く長く伸びていたのでした。りどみぃは、こんなに伸びているみんとを見たことがありません。

朝一番の伸びよりも、暑くて寝ている時の両後肢を後へ伸ばしてお腹を床にぺったり☆つけ、前脚をふせの時のように前に伸ばしきっている姿勢・・・それよりもびょーん☆と伸びていました。

結構長く伸びることが出来るのね・・・(・△・;)

 それでもチーズを置き、みんとが食べ・・・を繰り返している内に、マックの傍に平気で来られるようになりました。そこで、次はマックの上にチーズを置いて、みんとに直接食べさせ、接触にも慣れてもらいました。

この作戦の甲斐があってか、みんとさんはマックを「チーズをくれる奴」と認識したようで、翌日も「チーズないかな?」とくんくん☆探していたそうです。(^▽^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

日立の樹

 駅前ロータリーの一角の歩道は、フラッシュを焚かなくても写真が撮れるくらい明るいんですの!

ヨドバシカメラがあるので、1階正面入り口付近には、Yodobashi Visionというらしい大画面のスクリーン広告や家電メーカーの看板広告が多数設置されていて、にぎやかなのです。

おまけに雨の後だというのに、屋根があるので濡れません。そして雨降りの日だったからこそ、人通りも少なくて撮影し放題なのです。(^^;)

広告の中に、日立のがあって、みんとさんを日立の樹と一緒に並べてみたくなりました。

看板であってさえ、日立の樹は大きいなっ!(☆☆)

しかし、この日立の樹・・・今回調べてみて、歴代別の種類であることや、樹の種類の名前などを知りました。みんとさんが一緒に写っている現在の日立の樹は、モンキーポッドという名前の樹で、ハワイのオアフ島にあるそうです。

「この木なんの木」で始まる歌は”日立の樹”という歌で、伊藤アキラ/作詞、小林亜星 作・編曲とのこと。

なるほど・・・(・◇・;)

なんと日立製作所のサイトから行ける”日立の樹オンライン”というのがあって、歴代の樹についてや、歴代のCMが見られます。CMは9本もあって、続けて見てみると季節感があったり、自然と樹との関わりを描いていたりして面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

カルガモの子鴨たち

 8月の中旬まで毎日川を眺めていたのに、成鳥のカルガモしか見かけたことはありませんでした。ところが、ある日、お母さん鴨がが子鴨を連れているのを何組も見かけ始めました

このお母さんは、6羽の子鴨を連れています。結構大きくなってます。
遊歩道を歩く人たちも川を見下ろして、子鴨の可愛い姿を眺めていました。

その中のお一方に聞いた話では、鴨はもっと上流の方で卵を孵していたそうです。子鴨が小さい時はその近くで暮らし、段々と下流の方まで来るようになったとか・・・

 りどみぃは、この鴨家族を見かけた後にもっと下流で、2羽の小さな子鴨を連れているお母さんを見かけました。

りどみぃが熱心に川を覗き込むので、みんとも見たかったようですが、たまたま柵の近くにご臨終間近のセミがいて、それ以上近寄れません。

あのさ、みんとさん、セミが居ない場所からでも川は見られるよ(・△・;)

みんとさんはセミに気迫負けして、それ以上川に近寄れませんでした。


ここから一歩も行かんという態度のみんとさん

可愛いんだよ~小さい鴨たち・・・みんとも近い内に見られるといいね。(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

トライアル本番では

 ノーズワークのトライアルは、最初に”10タイムレース”が行われました。

これは、10個の植木鉢が直線状に並べられている中に1個だけ当たりがあるのですが、それを探し当てるまでの時間を競うものです。

もしはずれの鉢を開けてしまったら、ミスとして最後に1個15秒が加算されます。

10個の内、どの位置に当たりが置かれるかは、直前に飼い主が10枚のカードの中から1枚のカードを引いて、その番号によってスタッフの方にセットされます。

自分が何番を引いたのか不明なので、並んだ鉢を前にして途方に暮れるばかりです。

みんとさんのお鼻だけが頼りよ、お願いね(^▽^;)

とお願いしたのですが、みんとさんは10個の鉢をちょっとずつ匂いを嗅ぎながら進み、10個全部嗅ぎ終わって端まで行きましたが、どの鉢の前でもおすわりすることはありませんでした。つまり、素通りしてしまったのです。

えっ?! 1個も無いってことはないでしょっ (・_・;)

もう1度植木鉢の並んでいる方へうながしましたが、みんとさんは自信なさそうでおすわりしてくれません。それでも、ちょっと念入りに匂いを嗅いでいる鉢があるので、それを開け、当たりを当てることが出来ました。

それまで、お勉強の時に使っていた鉢は家にある鉢よりひとまわり大きく、トライアルの鉢は更にもうひとまわり大きい鉢なので、みんとさんは中身のおやつの匂いが遠く(薄く?)感じるようなのです。

 次の”10サーチ”でも、同じように10個を一通り嗅いで端まで行ってしまうということをしました。

”10サーチ”は、最初に1-3の番号が書かれている3枚のカードの中から1枚を引いて、出た数だけ10個の鉢のどこかに当たりが置かれるというルールです。犬が教えてくれた当たり鉢を開けて、ハンドラー(飼い主)が「もうないな」と思った時点で「(当たりは10個中)○個です」と申告します。その数が合っていれば終了になり、3個あるはずなのに「2個です」と言った場合などは「まだあります」と捜索が再開できるようにヒントがいただけます。

犬が勝手に鉢を開けたり、当たりではない鉢を開けるとやっぱりミスで15秒加算になります。

1個のカードを引いて発見するのが早ければタイムも短くて済みますが、これはカードを引く時の運も関係あるとか・・・りどみぃは運が良い方ではありません。

おまけに、みんとさんは10個の植木鉢を全部嗅いだのに、どれが当たりなのか教えてくれないんですもんね・・・

厳しいわぁ(ーー;)

結局、もう1回Uターンして植木鉢の列に向かい、「探して、おやつはど~れ?(・△・;)」とうながすと、1番最初に嗅いだ①の鉢を2度嗅ぎました。他はもっとあっさり☆と嗅いでいたので、りどみぃはその時点で鉢を開け、他に当たりはもう無いと判断、「1個です」と申告して、正解だったので終了しました。

 みんとさんは、いつもと違って自信が無いようで、「これかな・・・ぁ?これだと思うんですけど、もしかしたら間違ってるかもしれないんですけど・・・」なんて感じで、どうも「これです」とりどみぃに教える決心がつかないようでした。

 トライアルの最後は30個の植木鉢の中から、直前に引いたカードの数(1~6個)が当たりなのを見つけ出す”30サーチ”です。これもはずれを開けるとミスで15秒加算されます。

30個の植木鉢が並んでいるのって、りどみぃ初めて見ましたわ。(・△・;)
それはそれは壮観なものでした。植木鉢ヶ原って感じ・・・

もちろん、みんとさんも初めてです。ちょっと呆然としている?

後でわかったことですが、ナントりどみぃってば6個(最多当たり鉢)のカードなんか引いちゃって、30個中6個もおやつが隠されているという捜索でした。

すまん、みんと・・・( ̄△ ̄;)

とか思いましたが、犬はおやつがたくさん食べられるのでラッキー☆らしいです。みんとさんも、次々発見してはぱくぱく☆食べていました。

みんとさんも、当たりが続くと自信を深めるようで、段々教えてくれるリズムが良くなっていったように思います。

また来年、がんばりましょーねっ、みんと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

お鼻の角度

 ノーズワークで当たり(中におやつが入っている)んだというのをみんとさんが教えてくれる時、”おすわり”するように教えましたが、その角度の厳密なことには驚かされます。

練習で、鉢の並べ方をいろいろと変えても、同様です。

この時は、”6個の内2個の当たりがある”というのを見つける練習でしたが、最初は6個を直線状に並べてみました。

⑥の方からスタートし、1①までさーっと通った後、みんとさんは②の鉢の前でおすわりし、既に②が当たりと言う正解をクリアしています。

②の鉢の中にあったごほうびを食べたみんとに「もうないかな?探して、おやつはどれ?」と重ねて探すことをうながすと、③の鉢をチェック。

りどみぃもどこに当たりを置いたのかもう忘れちゃっていますが、みんとは③をスルーすると、④の前でおすわりしました。

黄色の矢印で示してみましたが、お解かりになるでしょうか?
みんとは正解と思われる鉢を見つけると、その真正面に座るので、体の中心線が鉢の穴の中心をずばり☆と向きます。真上から見ていると、お鼻と尻尾の延長線上に鉢の中心があるという具合です。
こんなキチン☆としたおすわりで正解を伝えるようになんて、教えていないのですが、みんとさん特有の几帳面さなのか、自分でこんな風にきちんと角度を合わせて座ります。

なんだか、「これ!これが正解だと思います。左右にある鉢とみんとが言ってる鉢を間違えないでね」と、りどみぃにアピールしているようにも見えます。みんとさんにとっては、当たりならおやつが食べられて、はずれだと食べられないので、”りどみぃには開ける鉢をけっして間違えて貰いたくない”ってことでしょうか・・・(ーー;)

もちろん、この時、④の鉢はおやつが入っている当たりで、みんとさんのお鼻働きは正解でした。

すごいじゃなーい\(^^@)/

 次は6個の鉢を並べる時、2列に3個ずつ並べてみました。
するとみんとさんはこんな風に教えてくれました。

直線に並べた時よりもちょっと体の位置がずれていますが、体の中心線を平行移動すると、みんとさんが言いたい鉢が①であるということがりどみぃには解ります。

これも正解でした。そして、もう1つは②だとのこと。

②も見事に正解で、みんとさんは、まんまとおやつをゲットしていました。

と、このように練習は順調だったのですが、トライアル本番ではこれがまったく様子が違っていました。みんとさんは、当たりに確信が持てないのか、全然座ろうとしないのです。

座っているか座っていないかというとってもわかり易い合図で教えて貰えないと、りどみぃはみんとの些細な様子の違いなどからどれが当たりなのかを察するしかありません。

みんとさん、ちゃんと教えて~ぇ! (T▽T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

ノーズワークのおさらい

おさらいのクラスで、去年のワークショップと同じ手順で犬にお鼻を使うことを教えるお勉強をしました。

最初に説明を聞いている間、みんとさんはりどみぃの座っている椅子の下に居てもらったのですが、どうやら部屋の隅に用意されている大量の植木鉢を見て何をやるかを察したようで、じじくんが撮影してくれた写真を後で見たら、この時点で既に笑っていました。(^▽^;)

今回も、最初に、当たりの鉢を作る作業から始まりました。

配られた紙皿と植木鉢1個。紙皿の真ん中には文字でもマークでも良いのですが、何か印を書いて、当たりであることがわかるようにしておきます。
みんとさんの当たりのお皿には、みんとの「み!」と書いておきました。

このお皿に植木鉢をかぶせて、犬に見せながら穴からおやつを入れます。

すると、「あの中におやつが入ってる!」と思うわけです。この紙皿や植木鉢にはおやつの匂いがついてしまうので、他のおやつを入れない(匂いがしない)植木鉢&紙皿とは決してそれぞれの組み合わせが狂わないようにします。また、おやつを持った手にも匂いがつくので、むやみにその手ではずれの鉢&紙皿には触らないように気をつけます。

犬が植木鉢の穴にお鼻を持って行ったら鉢を開けておやつを食べさせ、匂いをかぐと食べられることを知らせます。

みんとのお鼻は植木鉢の穴とジャストサイズ位なので、最初の内は自信が無いのか、穴に鼻をはめるようにして慎重に匂いを嗅ぎますが、段々とコツをつかむと、穴の上を鼻が素通りするだけで中におやつが入っているかどうか把握できるようです。

匂いを嗅ぐように指示する時の言葉や犬が中身がおやつなのを発見した時に教えるしぐさは飼い主が好きなように決めれば良く、りどみぃの場合は探すように指示する時は、「探して」とか「おやつはどれ?」とかを使っています。みんとには、当たりがわかったら、その前でおすわりするように教えました。

どうもみんとを見ていると、植木鉢の大きさと匂いの強さ(?)とが関係あるようです。
つまり、小さい鉢だと、お皿から穴までの距離も近いし空間も狭いので、穴から嗅げるおやつの匂いは直に嗅ぐように強く濃くあるようです。しかし、鉢が大きいサイズになると、お皿からの距離も遠くなり、鉢の内部いっぱいににおいが広がることでおやつの匂いが薄まるように思われます。

みんとは、家でマイ植木鉢で”ノーズワークごっこ”をして遊ぶ時はとても小さい鉢を使っているので自信たっぷりでさっ☆と座りますが、この日は小型犬用の小さい鉢であっても、ちょっと小首を傾げるかのような慎重さで、「これ・・・だと思います」なんてタイミングでゆっくりすわっていました。

当たって食べられるのは、中に入っているたった1個のおやつですが、狩をして獲物をしとめるのと同じように、「当たり」と言ってもらって鉢の中身を食べるのは、自分で獲得したという大きな達成感があるようです。

「なんでここまで・・・?(・△・;)」と思うほど、みんとさんは真剣に取り組んでいました。そして、当たると本当に嬉しそうな顔をしてもぐもぐ食べます。

さて、段々と練習内容にも変化がつけられて難度が上がっていきます。

今年は3つの鉢の内1個の当たりを当てるのを教えた後、他のわんこ&飼い主さんとペアになって、お互いの植木鉢を貸し合って5個の内1個の当たり鉢を見つけるように教えたり、6個の内2個の当たり鉢を見つけるように・・・とバリエーションが加わりました。

鉢の数が多くなると、並べ方も直線だけではなくて、ジグザグに並べたり、円に並べたりと変化がつけられます。

円形に並べた時は、みんとはどういう順番に嗅いで回るのかな?と思って見ていたら、円の内側を順番に鉢の穴にお鼻を次々に当てながら一周していました。

おさらいクラスの最後は、去年と同じように、5個の鉢の中から1個の当たりを見つけるゲームです。

犬も飼い主も壁の方を向いたり目を手で覆ったりしてどの位置に当たりがセットされたのかを知らされないでスタート。
りどみぃが見てもどの鉢も同じように見えるので、全然わかりません。「あの鉢かな?」という予想すらつけられない状態です。

しかし、みんとさんは当たりを見つけてくれました。お見事です!

この後のトライアルでは、鉢に数が一気に倍の10個になりますが、どうでしょうねぇ? (・_・)

りどみぃの問いに、みんとは小首を傾げるばかりなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

ノーズワークのトライアル

 10個の植木鉢を伏せた中から、1個だけある当たり(ごほうびの入り)の鉢を見つける時間を競うのが10タイムレース。

同じく10個という植木鉢の数は同じでも、当たりの数は1~3個のいくつかハンドラー(飼い主)にも不明で、当たりの数を探し終わるまでの時間を競うのが10サーチという競技です。

もっと難しいのが、30個もある植木鉢の中から、いくつあるかわからない当たりを探して、その正確さと所要時間を競うという30サーチです。

昨年の夏に行われたノーズワークのサマー・ワークショップに参加して面白かったので、今年は「おさらいクラス」を受講し、その後のトライアルにも挑戦してみました。

クラスやトライアルの詳しい内容については次回から続けて書きたいと思いますが、今日は結果のご報告まで。

みんとさん、10タイムレースでは参加8頭中4位。10サーチでは参加7頭中2位。30サーチでは、参加7頭中3位と言う素晴らしい成績でした。

すごいぞ、みんと!でかした、みんと!!\(^^@)/

みんとさんには悪いけど、正直、こんなに出来るとは思いませんでした。

競技会終了後、2位の賞状と賞品のお花をいただきました。

みんとさんもうれしそうです。

お鼻を使ったお仕事は、みんとさんもとても楽しいらしいので、来年も是非参加したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

グレートなわんこに会って

 グレート・デン(Great Dane)という犬種の名前は聞いた事があっても、りどみぃにはどんな姿のわんこなのかをすぐに思い浮かべることが出来ませんでした。

しかし、金曜日に公園で1歳ちょっとのグレート・デンの男の子を連れた方に会うことが出来て、いろいろお話を聞くことが出来ました。

そして、家でネットの犬種図鑑などを調べて、その名前のデン(デーンとも)の部分がデンマークのデンであるとか、しかし原産はドイツであるとか、400年もイノシシ狩りの犬として育成された犬種であること、被毛の色はブリンドル、フォーン、ブルー、ブラック、ハールクインの5色で、みんとが会ったのはフォーンらしいことなどがわかりました。

性格は温和で静かに飼い主さんの横に堂々と立っているという風情でしたが、何しろ体格がいいので、ラブラドールやゴールデン・レトリバーにもちょっと及び腰になりがちなみんとさんには、近寄りがたいようでした。

最初、みんとはそこに犬がいることに気がつかないふりをしていましたが、いい機会なのでりどみぃはちょっとリードを引っ張ってみました。しかし、みんとは近寄ろうとしません。

そこで、みんとを抱っこして、グレートくん(仮名)の近くに行くと、みんとは鼻と鼻とでちゅ☆っとご挨拶していました。

おお、接近できたじゃないの! (・_・)

りどみぃとしては目的を果たし、じゃみんとを地面におろそうかな・・・と思った時、抱いたみんとのお腹がグレートくんの鼻の高さでもあったので、簡単にくんくん☆とお股の匂いを嗅がれてしまいました。これにはみんとさんもわんわんわん★と怒りの鳴き声。「やめてよねっ」って感じです。

その後、グレートくんが他のわんこの方に注目している時、りどみぃはみんとを抱いて、グレートくんの背後に回り、そっとお尻の匂いを嗅げるようにしてやりました。(グレートくんの飼い主さんにはみんとが近付くことを知らせ、ちゃんとグレートくんが嫌がらないことを確認した上でのことです)

みんとさんは、くんくん☆と嗅ぎ、自分だけが嗅がれたことに一矢報いた様子で、満足げでした。

でもね・・・やっぱり一緒に遊ぼうとか、近くにいるとかいう気にはなれないらしくて、地面におろしてやったら、5mのリード目いっぱい遠巻きにしておりました。

そこまで離れなくても・・・(・△・;)

きっと何度も会うことが出来れば慣れることでしょう、また会えるといいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

雷雨の後って

 ある夏の日、午後に雷雨があった後、空はすっかり晴れ上がり、地面も乾いている模様。そこで、夕方のお散歩に出てみると川が・・・

すごい水量だ・・・(・◇・;)

いつもは川底が見えるような川なのに・・・それにお水の色が透き通っていなくって、茶色なのです。土の色です。
ずっと川上が山なのを実感させるような色です。

みんとさんもびっくり。

こんな時、いつものカモたちや鯉はどうしているのやら・・・

みんとさんは、こんな川を見たことが無かったので怖かったようです。川沿いの遊歩道の川から遠い植え込み側に沿ってお散歩することにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

鳴ってますけど・・・

 

この真正面できちん☆とおすわりしているみんとさんが何をしているのかと言うと、「あのー鳴ってますけど・・・」とりどみぃに教えてくれているのです。

何が鳴っているかと言うと雷なのです。

この夏、今日も含めて何度も雷雨がありましたが、この写真を撮った日もそんな1日でした。

 夕方のお散歩に出かけて、公園に着くかどうか・・・というタイミングで、突然頭の上で大きな音がしました。人間のりどみぃだって、びっくりして跳びあがりそうになるほど大きな音です。

すかさず、お散歩バッグの中からデビフの”ビーフカット”を出し、小さくちぎると足元のみんとさんの口に入れました。

この時はチーズを持っていなかったので、「雷ごろごろチーズでしょ」の応用で、「雷ごろごろビーフでしょ」です。(^^;)

急いでオフィスへ戻ることにして、帰り道では雷が鳴る度にお口にビーフを入れてやったので、みんとさんは怖がることなく・・・いえ、どちらかと言うと音がする度にビーフが食べられるので、楽しそうに歩いておりました。

 オフィスに戻った直後、予想通りに土砂降りの雨になり、空は暗いは、稲妻はばりばり☆びかびか☆走るは・・・で、大荒れの空模様になりました。

オフィスでも、雷の音が聞こえる度に、ビーフやらターキーのアキレスを5mm程度に切った物やらをお口に入れてやりました。

しかし、お仕事を始めて集中してしまったら、りどみぃの耳には雷鳴は気にならなくなってしまい、ついうっかりしておったわけです。

 その時です、みんとさんがりどみぃの膝の横にお鼻をちょん☆と当てるので「ん?なんじゃ?( ‥) 」と見てみたら、最初の写真のようにきちん☆とおすわりして物問いたげにしているじゃありませんか!

ねぇねぇ、りどみぃ、ごろごろ☆鳴ってるよ。チーズは?ビーフでもターキーでも良いんですけど、とにかくごほうびは?(・_・)

どうもみんとさんはそう言いたいらしいです。
りどみぃの耳にも雷鳴が続けざまに聞こえました。

これは失礼。確かに鳴ってるね。(^▽^;)

1回鳴ったらごほうび1個。2回鳴ったから2個だね・・・と、すぐにみんとさんに美味しい物をあげたことは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

みんな仲良し

 お昼のお散歩で川沿いの遊歩道を歩いていたら、みんとさんが柵の内側の下の方を気にしていました。

みんちゃん、何を見てるの?(・_・)

何がいるのやら・・・とりどみぃも覗いてみたら、山鳩さんのカップルでした。

みんとさん、まさか狩る気・・・?(・△・;)

やめときなさい。(ーー;)

あまりにも暑い時は、鳥たちはこんな風に日陰で暑さをやり過ごすのですね、カルガモも仲良くお昼寝中です。

みんとさんもやっぱり、お散歩から戻ったらお昼寝モードに入っていました。りどみぃも一緒に寝たいところですが、そうもいきませぬ。

コーヒーを飲んでがんばらねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

渋い香り

 渋柿という食べると渋い柿ってありますが、桃もたまに、食べると口の中がきしきしするような、しぶるようなのもあります。

しかし、りどみぃのような人間には、食べてみるまで渋い桃かどうかは判りません。見ても判らず、皮をむいている時だって判らず、食べてみるしかないのです。

ところが、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんにはそれが匂いを嗅いだだけで判るようなのです。

 去年も細かく切ってやった桃を食べていたので、今年もやってみたところ、とっても喜んで、「あーん(^◇^)」というりどみぃの求めに応じてお口を開けるほど、ぱくぱく☆食べていました。

翌日、じじくんに1個剥いてあげて、すこしばかりみんと用に失敬しました。最初は甘い香りに誘われて寄って来たみんとさん、ちっとも食べようとしません。口を開けさせて欠片を入れてやると、お口に1度入れてから、ぺ☆っと出すじゃありませんか!?

はぁ?!(・◇・;)

ちょっと時期が早かったかな?とも思えたので、果肉の色のピンクのところ、1番美味しそうな部分を食べさせようとしましたが、みんとさんはさっさと身を引くと、クッションに寄りかかるように座りました。

じじくんに「みんと食べない、なんでかな?」と聞くと、少し渋いとのこと。

・・・ああ、そうですかっ、そうですかっ!!(・△・;)

みんとさんのこの態度は・・・

って態度なのっ?!(・◇・;)

「な、生意気な・・・」と思う以前に、「そらー悪かったね(・△・;)」と思ってしまったりどみぃ、自分の分の桃を剥くと、味見をする前にみんとの前に持って行ってみました。

するとどうでしょう、かったるそうに寝そべってしまっていたみんとさん、起き上がろうともしやしません。

・・・( ̄△ ̄;)

食べないならそれで良いですの。
りどみぃ、みんとさんに無理強いすることは止め、さっさと自分の桃を食べることにしました・・・渋かったです。甘いんだけど、舌に残るような頬の内側が渋るような渋みが感じられました。

事ここに至っては、みんとさんに感じるのは動物としての嗅覚や本能に対しての畏敬の念だったりして・・・

匂いを嗅いだだけで渋い桃かどうか把握できるなんて、すごいじゃないのー(・◇・;)

現在、我が家にある桃はあと2つ。どちらか美味しいのがありますように・・・みんとさん、自分で選んでみる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

ひよこちゃん、おめでとう

 日清のチキンラーメンが誕生して50周年だそうです。

知りませんでしたが、ちゃんとお誕生日もあるのですね。

そのお誕生日は、来る8月25日だそうで、8月の第1週位の時期に、バス停のポスターがひよこちゃんでした。

ひよこちゃん、お誕生日おめでとう!\(^^@)/

思えば、日清のインスタントラーメン開発が無ければ、今日手軽に美味しく食べられるカップ麺も無かったわけですな・・・とか50年の歴史に思いをはせ、ラーメンが食べたくなったりどみぃなのでした。

 このひよこちゃんのポスターは、日が暮れてくる頃に見かけても、心がほっこり☆温かくなり、りどみぃは大好きでした。

てっきりお誕生日まで貼られていると思っていましたが、現在ではもう別のポスターになってしまっています。撮影しておいて良かった~

可愛かったなぁ・・・見るたびに気持ちが和む、良いポスターだったわよねぇ、みんと!(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

涼しさを求めて(内緒の川編)

 大山での川遊びを諦めて移動して、とある川で目的通り川遊びをしました。とっても水深が浅い川だったので、みんとが泳ぐ・・・ということは出来ませんでしたが、1番暑い時間帯だっただけに、足を水に浸しただけでも楽しかったようです。

みんとがこんなに楽しそうな顔をしているんですから!(^▽^;)

ただ、遊んだ川や公園の名前は伏せさせて下さいまし。なぜかと言うと、知らずに遊んでしまったのですが、どうやら犬は川に入れてはいけない場所だったようなのです。

公園の方に注意を受けた等ではありませんが、帰り際に貼り紙を発見して、知らない内に自分たちがルール違反をしてしまったことを知り、

ひえええええええええええええっ!Σ(○ω○ノ)ノ!

と、罪悪感に襲われたので、遊んだことはひっそりと語るのでした。

 今となっては言い訳ですが、川に到着した時、お子様連れのご家族にご迷惑をかけてはいけないと、人が居るそちらに近寄ることも無く、公園の端っこを端っこをと選んで歩き、最川下の人のいない場所で遊ぼうとしたのです。

どれ位人がいなかったかと言うと、これくらい・・・

つまり、人が行かない・・・人がいないということで、ここいら一帯には「犬は川に入れないで下さい」という主旨の貼り紙がそこここに設けられている事が無く、見当たらなかったのです。(ーー;)

もう2度とルール違反をして川に犬を入れませんから、お許しを・・・m(__)m>公園管理事務所様

 さて、先にも書きましたがとてもお水の少ない川でした。広い川原は石がごろごろでしたが、そこをてくてく☆あるいて水に近付きます。

この時点では、みんとは何をしに来たのか全然解っていない様子でした。

陣ヶ下渓谷の経験から、りどみぃが先に立つと水の中でも付いて来ることがわかっていたので、ビーチサンダルに履き替えて、川に入って見せました。

水たまりなんか平気で入るくせに、流れる水はちょっと不思議なのかもしれません。それでも暑いので、足を冷たい水に浸すのは気持ち良かった様で、嫌そうな様子は見えませんでした。

足首まで浸しただけでしたが、冷たい水を不思議そうに気持ち良さそうにするみんとさんが面白くて、りどみぃはとっても楽しかったので、この夏が終わる前にもう1度、川に行きたいと思いました。

もちろん、次回はちゃんと犬がOKの所を調べて遊びに行こうと思います。(^▽^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

涼しさを求めて(大山編)

 県立あいかわ公園は、真夏ではない時に行って、ゆっくり楽しみたい素敵な所でしたが、今日のテーマは”みんとさんの水遊び”なので今回は引き上げます。

事前に調べて「ここに行こう」としていたわけではないので、最初は宮ヶ瀬に近い小鮎川で遊べないものかとか考えていましたが、川原に下りられる場所が見当たらないので断念。遊んでいる間に車を止めておく場所も必要ですが、これも見当たりませんでした。

 地図を広げて、川がある所を検討して、次にわしらが向かったのは大山詣でで有名な大山です。

大山は昔から水がいいことで有名な場所で、おとうふがとても美味しいことでも有名です。今回は、宮ヶ瀬でドッグ・ソバを楽しんでしまった後なので、とうふ料理でお昼ごはんとはいきませんでした。御坊料理というのもあるようなので、次回は是非楽しみたいものです。

でも犬が一緒だと難しいであろうか・・・? ( ̄  ̄;)

有名なのは知っていたけれど初めて訪れたじじくんとりどみぃ、町全体の雰囲気の良さがとても気に入りました。大山講でにぎわった往時が偲ばれる立派なお宿が複数あり、建物を見ているだけでもほっとするような落ち着きがありました。

”大山絵とうろうまつり”というのが開催中で、夕刻になればとうろうに灯がともされるらしく、各お店の前や町の中のあちこちにきれいな絵が描かれた灯篭が飾ってありました。

水がいいせいか、地酒もあるようで、これも気になる・・・

坂の途中におまんじゅう屋さん(大山まんじゅう 良弁)があって、食べたかったので12ケ入りのを1箱買いましたが、駐車場でじじくんと「食べようか」ということになり、写真撮影もしない内に開けてしまいました。(^^;)

とはいえ、この時点のりどみぃは、「包装紙をきれいにあけて、残りのお饅頭と一緒に帰宅後撮影しようっと」なんて思ってはいたのです。

いたのですが・・・!

食べてしまいました。全部・・・家にたどり着く前に全部・・・( ̄△ ̄;)

いや、もちろん1人で食べたんじゃありません。じじくんと半分この6個ずつです。でも、2人とも美味しくて、食べたくて食べてしまいました。なので写真はありません。

1つ目のおまんじゅうを食べた時、まだ温かかくてつい2個3個と手が出ました。その後、別の場所に移動して車を降りることになった時、保冷剤とクーラーに入れて置くこともできたのですが、辛抱たまらずお腹に収めてしまいました。

帰宅後に調べてみたら、とても有名なお店だそうで、130年余の歴史があるとのことでした。良質の材料を使って丁寧に作っているということで、売り切れもあるとのこと、あの美味しさなら納得です。

わしらは食べられてラッキーだったのねん(・△・;)

 美味しい物がいっぱいあって雰囲気のいい大山・・・しかし、目的の川は水遊びする雰囲気の物ではなく、ここもまた機会を改めてゆっくり来ることにして、移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

涼しさを求めて(宮ヶ瀬編)

 「みんとさんが水遊びできる所でも無いだろうか(´`)」と思って、宮ヶ瀬湖畔方面に出かけてみました。

宮ヶ瀬湖畔サイトのじゃぶじゃぶ池が人間のお子様向けで犬は立ち入り禁止なことは承知していたので、けやき広場への大階段を下りもしないでパス。ドッグ・ソバと霧噴水などを楽しんで来ました。(^^;)

水の傍で日陰にいると過ごしやすくて、なかなか他へ移動する気になれないりどみぃの足元で、みんとさんは噴水のしぶきが当たる場所へ何度も行っては「へへへっっ」っと嬉しそうな顔をし、「濡れ過ぎちゃった」とへこたれては戻って来るのでした。

やっぱりみんとさん、水に興味があるんんだな・・・(・_・)

これは是非とも水遊びを試みなくては!
一息ついたところで、近くの県立あいかわ公園に移動。

ここはウッドチップ敷きや芝生が広々としている疎林広場など、気持ちの良い公園になっていましたが、お子様用の水遊び施設があるだけで、犬が水に触れ合うことができる場所ではありませんでした。

みんとさんにクールダウン用のパイル地の洋服を濡らして着せようとしたら、当のみんとさんがじじくんが腰掛けているベンチの下の日陰に自主避難・・・やっぱり相当暑いのでしょう。

みんと、これ着た方が涼しいよ(・△・;)

と声をかけてリードをつんつん☆引っ張ってみましたが、全然出て来ようとしません。仕方ないので、強引に前足を引っ張るようにしてベンチ下から連れ出しましたが、最初は迷惑そうな顔をしていました。

しかし、濡れている服を頭にかぶせて着せようとすると、「ああ、これね」と涼しくなることを納得したようで、素直に前足を袖口から出してもらいました。

 パークセンターという建物がありますが、犬は建物の中に入れないので日陰にあるベンチで休憩です。みんとのお水より、買ったばかりの麦茶の方が冷たかったので、麦茶をやってみたら、ぺろぺろと美味しそうに飲んでいました。

また別の場所に移動してみようということになり、建物の角を曲がったら風が吹き抜けて、直前にいたベンチの所より涼しいじゃありませんか!

日陰に入っただけでほっとしていたみんとさんに、「ここに来てごらん、ここが風が抜けて涼しいよ!」と誘導すると・・・

と移動。
風を感じたようで、すっかり休憩する気になっていました。放っておいたら横になって寝てしまったかもしれません。(^^;)

日向を歩くと熱々になっていたみんとの被毛も、服をめくるとひんやり☆してきました。やはり濡らした服が乾く時に熱を奪って行ってくれるようです。

では、元気が出たところで、水遊びできる場所を求めて、また移動だ~!(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

なぜかカルビ

 公園にお散歩に行っていて、りどみぃが帰宅したい時にみんとが嫌がらずに従うように(「まだ遊びたい」などのアピールをしないように)、帰宅したら骨付きカルビ(犬用のおやつ)を1本やることにしていました。

(4,5本並んでつながっているのを、キッチン鋏で間の肉部分を切り離し、1本ずつにしています。)

「家に帰るといいことがある」と思わせることで、嫌がるどころか帰宅を楽しみにするようにしたかったのです。

 帰宅して、玄関で足を拭いてやった後や、お風呂場で足を洗った後、りどみぃが「マット」と命じると、みんとがリビングの自分のマットの上にとことこ☆行って、待ちます。マットの上でちゃんと待っていたら、骨付きカルビ1本をあげる・・・そんな流れでした。

これは、しつけ教室など、車での移動の後に帰宅した時も同じでした。
”帰宅してマットの上に行ったら、らみんとは骨付きカルビが貰える”そんな風にも言えるのかもしれません。

 さて、オフィスに出勤するというのは、みんとさんにとっては紛れも無い”車での移動”としての認識をしているようです。オフィスには”みんとのマット”もあるので、到着すると早速・・・

とアピール。きちんとマットの上に居るのがおかしいです。(^▽^;)

う~ん、家を出てからそう長い旅もしていないし、時間的にも長時間経ってないので、「このタイミングでなんでカルビ・・・?」と首を傾げたくなるのですが、オフィスに来ることを喜びとしてもらいたかったのでやってしまいました。

 その後、お昼の後の短いお散歩の後も、夕方のお散歩の後も、オフィスに戻ると命じてもいないのにマットの上に行って、「カルビくれるんでしょ?」と無言のアピールをします。

あげるけど・・・なんか家に居る時より、本数多く食べていません?( ̄△ ̄;)

そ、そうかなぁ・・・(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

おさがり保冷剤の有効利用

 お弁当ネタの次は、お茶ネタを・・・(^▽^;)

 オフィスに行く車の中で暑くないように、朝冷凍庫から出した保冷剤をカバーに入れてみんとさんに渡すと、通勤慣れした昨今では、さっさと腹ばいになってお腹からの冷え冷えを楽しんでいます。

オフィスに到着してすぐにお仕事になると、みんとが肉球を冷やすのに使うことも無いので、保冷剤はお役御免になってしまいます。帰宅の際にはもう涼しくなっているので、みんとが使うこともありません。

まだカチカチなのにもったいない・・・(・_・)

と思うりどみぃ、机の端っこに置いて、お茶のペットボトルや夕方食べる為のおにぎりをのせ、保冷庫代わりにしています。

みんとさんのおさがりですが、意外なほど長い時間お茶が冷たく飲めます。いちいち仕事を中断して冷蔵庫まで取りに行かなくていいのでナイスです。

ま・・・ね (*^.^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

狙われた日替り弁当

 犬の晩御飯の分のお弁当を用意するのが精一杯なので、自分のお弁当なんぞ作って行く根性が無いりどみぃでございます。

オフィスに向かう途中で買うコンビニ弁当でランチがいつものパターンでして、セブンイレブンの日替り弁当が目下のお気に入り。

この日は和風でしたが、中華風のことも洋風のこともあります。先日食べたのなんて、メインがミソカツとペペロンチーノの盛り合わせという、意外性のあるメニューでしたが、特に味がけんかする事も無く、美味しく食べてしまいました。(^▽^;)

ある日のこと、りどみぃがお茶やお箸をお弁当の前に並べて食べる用意をしていたら、みんとさんがお弁当に急接近!

みんとには、りどみぃが食べている物をやったりしないので、いつもならこんなにりどみぃの食べ物に興味を持つことはありません。しかし、この時はみんとの鼻息の音が聞こえるほど執拗に匂いを嗅ごうとしていました。

これはりどみぃのだから、やめてね・・・(・△・;)

りどみぃの言葉で、身を引いたみんとさん、りどみぃもパッケージを開けようとして、みんとがこんなに積極的だった理由が解りました。

この日のお弁当のメニューは「かしわめし、チキン南蛮」がメインなので、鶏肉の匂いがするのですね。
鶏肉なら、みんとが自分が食べる物ではないかと思っても不思議はありません。

鶏だけど、これはりどみぃのだからね!(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

ロングロングリード

 やっとオフィスの近くで、”犬が入っても良くて、水道があって、ボールを投げて遊べるような広い場所のある公園”が見つかったので、夕方のお散歩で遊んでみました。

みんとさんの足元にあるのは、ピンクのひやむぎ・・・ではありません。

オレンジ色のもピンクのもロングリードなのですが、それぞれが5mと10mの長さの物です。

最初、公園内を5mのロングリードでお散歩し、他の方にご迷惑にならない状況だったので、ピンクのロングリードに替えて遊びました。

このボール遊びが出来るようになって、本当に良かった・・・みんとさんは、ただ歩くだけのお散歩では飽き足らない様子が見られましたので、りどみぃは一緒に走ったりして、お仕事以外で体力を消耗しておりました。健康には良さそうですが。(^▽^;)

りどみぃは動かないで、みんとさんがボールを取りに行くのに走る・・・これってなんて楽なんでしょう!

ただ、ボールを投げると10mなんてすぐに飛んでしまうので、ロングリード同士をつなげることで、15mにして遊ぶことに。

みんとさん、往復30mのダッシュを楽しんでね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

みんとちゃんとセミ

 街路樹のある歩道をお散歩していたら、耳元で鳴かれるような大きなセミの声がして、りどみぃは思わず音源を探してしまいました。

いました、すぐ脇の街路樹の幹にとまって、声を限りに鳴いています。しかし、このセミ、珍しいくらい低い所にとまっていました。りどみぃの目線と同じ位の高さです。

小学生でも通りかかったら捕まるぞえ(・△・;)

そんなことを思いながら、足元のみんとを抱き上げて、セミのライブを近くで聞かせてやろうと思いついた途端、セミは飛んで行ってしまいました。だから、みんとさんは、この時、セミを身近に見ることは無かったのです。

セミの亡骸がそこここで見かけられる季節になりましたが、みんとはそういうのは素通りします。特に乾燥したみみずの様な強烈な匂いはしないようです。

 ある夜、オフィスから帰ろうとドアを開けた時、ドア脇にとまっていたセミが開けられた振動で驚いてか飛んでしまい、その開いているドアからオフィスの中に迷い込んでしまうということがありました。

じ、じじじじじじじっ☆

ちょうどりどみぃとオフィスの玄関を出ようとしていたみんとさんの頭の上を、セミは鳴きながら飛んで行き、 天井付近にとまりました。

みんとさんの目は、天井のセミに釘付けでした。

その後、コンビニ袋を虫取り網代わりにして会社の方がセミを捕獲。
玄関から逃がす為に、再びみんとさんの前を通るセミは、袋の中で「じじじじじっ☆」。

みんとは最高に伸び上がって袋の匂いを嗅ごうとしていました。(^^;)

この事件(?)で、りどみぃは「みんとは生きてるセミに興味があるんだな」と思い、次にまたみんとでも見られる程に低い場所にとまっているセミがいたら見せてやろうと決めました。

 そして、今日の夕方のことです。

お散歩に行こうとしていたみんとさんとりどみぃの前に、お腹を上にしたセミさんが・・・足が動いているので、まだ元に戻せば力を振り絞って飛んで行くかもしれません。そっと、じじくんがセミを表に返してやると、セミはそこで飛んで行くか歩いて帰るか(?)迷っているようでした。

じじくんが返した時、「じっ☆」っと短く鳴いたので、みんとさんの目が輝き、興味津々といった様子でセミに近付きました。匂いも嗅ぎたいようです。

ところが、まさにみんとが匂いを嗅ごうとした時、セミが歩いて帰ることにしたようで動き始めたものですから、驚いたのなんの!

ご臨終間近のセミをそこまで恐れなくても・・・( ̄△ ̄;)

とりどみぃが声をかけたくなるほど警戒しているので、「あれはセミだよ、セミ。そーっとね」と近付いても良いのだと解らせようとしました。
勇気を出して、匂いを嗅いでみるみんとさん・・・

みんとはりどみぃの後に戻って来ると、セミを遠巻きに見ることにしたようでした。

・・・ずーっと・・・遠巻きに・・・って、いつまで見てても仕方あるまい?(・△・;)

どうやらみんとさん、これから通るところにまだセミがいるので、散歩に出発できないらしいのです。傍を通るのがためらわれるらしい・・・

てっきりもっと狩猟本能が刺激されて興奮状態になると思っていましたが、意外な展開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

アメリカンチェリーシフォンケーキ

このところ”わんこと一緒に食べられるシフォンケーキ”ばかり作ってきたりどみぃですが、今日は人間用に”アメリカンチェリーシフォンケーキ”を焼きました。


チェリー柄の布を敷いてみるあたりがラブリ~でしょ♪

”人間用”と”わんこと一緒”の違いは、「砂糖の量が多いか少ないか」
「油を入れるか入れないか」等です。

アメリカンチェリーシフォンケーキ

材料:17cmシフォン型用

卵黄 3個分

卵白 3個分

小麦粉 (薄力粉)90g

冷凍アメリカンチェリー 125g(1/2袋分でした)

砂糖 50g

オリーブオイル50cc

シロップ(冷凍チェリーを解凍したことで出た水分)25cc

キルシュワッサー15cc(大さじ1)

卵の量について:

卵の数をいつも4個使っていたのに、勘違いして3個で作ってしまいました。ケーキの高さが低いのはそのせいかと思われます。膨らみが悪いからではありません。(^^;)。

次回作る時は、4個で作りたいと思います。

冷凍アメリカンチェリーについて:

生のアメリカンチェリーを冷凍にした製品を使いました。実はケーキは同時に2個焼いたので、最初は1個のケーキにつき100gのチェリーを入れるつもりで用意している内、「えーい、全部入れてしまえ!」と、250g入りの袋の製品だった物を残さず使ってしまいました。(^^;)適当です・・・

また、そのままの粒の大きさだとケーキに焼いた時に沈んでしまうことが予想されたので、細かくみじん切りにしてしまうことにしました。その為、冷凍のままだと切れないので、耐熱ガラスの容器に移し、電子レンジで40℃程度に加熱してしまいました。(解凍じゃないところがりどみぃの短気さを表しています。解凍時間かかるんだもん・・・(ーー;))

水分が出たので(とてもきれいな色のシロップ状の水分。果汁?)、ザルでこしてシロップと実に分けました。実は包丁でチェリーの1粒が4~6,8等分になる程度の大きさにざくざく☆切っておきました。

オリーブオイルについて:

シフォンケーキに使うサラダオイルは、物性の油であれば、なたね油でもコーン油でも何でもいいそうです。

キルシュワッサーについて:

さくらんぼから作ったお酒だそうで、たまたま家にあったので使いました。無くても美味しく作れると思います。

作った手順:

下準備として、使用する物は計量しておくこと。

1.

卵白を泡立てる。全砂糖の1/4量を加えて、ハンドミキサーで泡立てる。

*1 冷凍庫でシャーベット状にしてから泡立てるときめが細かく力強いメレンゲが出来ます。凍らせた卵白で作るメレンゲについてはこちらに書きました。

2.

軽く角が立つ程度に泡立ったら、更に砂糖の1/4量を加えて、同様に角が立つまで泡立てる。最後の1/4量を加えて、しばしハンドミキサーの中~強で泡立て、やわらかい角が立つ程度になったら、弱にして慎重に混ぜる。

3.

ハンドミキサーの羽が立って、倒れない位しっかりしたメレンゲが出来たら、ボウルごと冷蔵庫で保存する。(冷凍庫から出した卵白で作ったメレンゲなら冷蔵庫に入れなくてもよい)

4.

卵黄をハンドミキサーで軽くかき混ぜる。そこへ砂糖の1/4を入れて更に泡立て、マヨネーズ状になったら、シロップ+キルシュワッサーを加えて良く混ぜる。キルシュワッサーを使わない場合は、シロップのみでよいし、シロップが足りなければ水でよい。
オリーブオイルを少しずつ加える。(糸のように片方の手で持った器から垂らしながら、もう片方の手で混ぜました)

(この辺でりどみぃならオーブンの余熱を始める。180℃で余熱)

5.

4に刻んでおいたチェリーを入れ、むらが無いように混ぜる。

6.

5に小麦粉を振るいながら入れる。

最初は1/3量ほど入れて白い部分が無くなるまでゴムベラで混ぜ、残りも振るいながら入れて、底から返しては切るように混ぜる。(2回切っては底から混ぜるような混ぜ方をボウルを90度ずつ回しながら4回ほど繰り返す程度)

7.

6に泡立てておいた卵白を数回に分けて加える。

冷蔵庫から取り出した卵白は、泡の大きさにむらが無いように全体的に数回力強く卵白用の泡立て器でかき混ぜ、泡を平均化してから、最初は泡立て器についている程度のメレンゲを入れて、むらの無いように良く混ぜる。きれいに混ざったら、残りを2回程度に分けて、加えては混ぜるを繰り返す。

この工程はゴムベラでやっちゃいました。混ぜ方は6と同様。

8.

7をシフォン型に流し入れ、オーブンに入れる。

9.

オーブンの温度設定180℃で30分程度焼く。

10.

濡らしたふきんの上に型ごと逆さまにして冷ます。

11.

冷めたらパレットナイフや竹串を使って型から外す。

できあがりーヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪

砂糖もオイルも入っているけど、たくさん食べなければ太ることもあるまい・・・ということで、みんとさんにもお相伴させました。

もっと美味しく作るには、解凍したチェリーを少し煮て、仕上げにキルシュワッサーを振りかけておくようなことをするといいかな・・・と思いました。その方がチェリーを噛んだ時にじゅわっ☆っと旨味があるような気がします。でも、そのひと手間がね・・・(ーー;)

冷凍のフルーツを使って作るシフォンケーキは、ちょうど完熟した時に作らなくてはならないプレッシャーを感じるバナナのシフォンケーキよりずっとお気楽でした。

これに勇気を得て、今度は冷凍のアップルマンゴーで作ってみようかなとか思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

オフィスはみんとの縄張りだ

みんとにとってはアウェイだったはずのオフィスですが、毎日行っている内にすっかり自分の縄張り化したようです。

だって・・・見てやってくださいまし、この寝相。

夕方のお散歩から戻り、心地良い疲労感に包まれて眠くなっているみんとさんです。

こんなに居心地良くて良いんでしょうか・・・(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

肉球を冷やす

 オフィスに到着したのが早かったので、お仕事の前に近所をお散歩することが出来ました。

ほんの10分ほどでしたが、みんとさんの満足度は高かったようです。

オフィスに入って冷房の風に吹かれる場所に寝てみたり、そこが温まってしまったら誰も踏まないような場所でひんやり☆している所に移動して、クールダウンしています。

ふと、りどみぃ家からの車での移動中に使わせていた保冷剤を思い出し、みんとさんに渡してみました。

みんとさん、保冷剤まだ冷たいから使えば?(・_・)

りどみぃとしては、床の上に保冷剤を置いてやれば、車の中でしているように、保冷剤の上にふせをすると思ってのことでした。しかし、そこまで暑くはないのか、姿勢を変えるのが面倒だったのか・・・

みんとさんは、横向きに寝たまま、保冷剤を両前足で上下にはさんでおりました。

最初、必要ないのにりどみぃに置かれ、邪魔にして「いらないっ」と押しやろうとしているのかと思いましたが、ずーっとそのままのポーズでいるので、肉球を冷やすことを楽しんでいるようなのです。

お腹はまだはぁはぁと上下に動いていましたが、肉球を冷やすみんとさんの表情はぼーっとしていて、なんだかすぐに眠ってしまいそうでした。

まだお耳も赤いから、いっそ保冷剤に顔をのせてしまえばいいのに・・・というのはりどみぃの思惑。みんとさんには、みんとさんのその時々で最良の心地良さがあるのですな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

お肉のためなら鳴かない!

 オフィスのみんとさんは、夕方30分~1時間程度のお散歩タイムをいただいています。

川沿いの遊歩道を川上の方へ進んだ時は、お肉屋さんに寄って、みんとさんの晩御飯の為に鶏のささみを買います。

そんな時、お肉屋さんの前にリードを結んで待たせると、みんとさんは鳴きません。

お肉屋さんの中のガラス窓からそっと覗くと、みんとの様子が見えるのですが、ちゃんと待っています。

「いつ、りどみぃがお肉屋さんから出て来るかな?」と出入り口のドアの部分を見つめたまま・・・ではありません。意外なことに、肉屋さんの壁を背にして、その前を通る学生さんや他のお散歩わんこなどを眺めています。

余裕じゃないの~(・◇・;)

りどみぃが店内に入って、ショーケースの前に行ってしまうと、みんとからは見えないはずなのですが、それでも鳴かないって驚きです。

りどみぃとしては、知らない町の知らないお店の前で待たされたら、住んでいる所のコンビニ前で待たされるよりも不安が大きいような気がします。

でも鳴かない・・・お肉屋さんだけに、お肉の匂いとかぷんぷん☆香って、みんととしては「今日はお肉が食べられるぞ♪」とか思ってたりして・・・

お肉の為なら、鳴かないで待てるってことなのかしら?(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

カラスの濡れ羽色

 みんとさんと川沿いの遊歩道をお散歩していたところ、川底の浅い水で水浴びをしているカラスを見ました。
あまりに暑いので、カラスも行水したいってことでしょう。

おおっこれがカラスの行水かっ(・◇・;)

傍らでは、いつものようにのんびりとカモがいたりして、同じ川だけどお互いに干渉することはないようです。

カラスは楽しげにバシャバシャと水浴びをすると、ぴょんこ☆ぴょんこ☆と岸の護岸の方に移動して、水から上がると満足そうに「カァ♪(^◇^)」と鳴きました。

気持ちいいのね~(^▽^;)

しかし、このカラスの行水を目撃して、りどみぃ思いましたことよ。

これが”カラスの濡れ羽色”なのかっ?!(・◇・;)

って・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

どら弁当で人気者

 今日のみんとさんの晩御飯は、横浜横須賀道路のPAである、横須賀PAで買ったどら弁当ポチでした。

オフィスでの晩御飯だったので、ハンカチ(りどみぃの私物)で包んで持って行きました。本当にお弁当そのものですな!

お弁当箱として使用するパッケージの中には
”国産赤鶏と野菜のスープ煮”
”ナチュラル高栄養素ふりかけ”
”玄米100%食パン”
”おやつ”
”おしぼり”
”紙製スプーン”
”クッション性のある両面テープ”
”栄養価などに関する説明の紙”
が入っていました。

器として使用するパッケージを食器にする時に、動かないように、床面等に固定する為、両面テープが入っているようです。

 器に、メインディッシュの”スープ煮”を入れるべく封を切ったら、みんとさんが見に来ました。シーチキンの缶詰を開けた時のような、良い匂いです。りどみぃでさえそう思う香りですから、みんとにとってはたまらんことでしょう。

スープ煮の上に”ふりかけ”をかけて(多めに入っているそうなので、全量ではないです)、その上に”玄米パン”をトッピング。
ふりかけは、有機アルファルファ粉末、ビール酵母、青きなこ、フリーズドライチーズ、すりごま、煮干し粉、卵殻が入っているとのこと。

これで”どら弁当 ポチ”は完成ですが、みんとにはブロッコリーを追加しました。

OK!食べていいよ(*^^*)

とても美味しいようで、食べっぷりがダイナミックです。
最後は、それこそ重箱の隅をつつくようになめつくしておりました。

おまけに、りどみぃがみんとの食べた後、器を片付けようとかがみこむと、みんとがりどみぃの頬や耳の横をぺろんぺろん☆となめました。

「とっても美味しかったです。こんな美味しい物食べさせてくれてありがと(*^^*)」とお礼をしているようでした。りどみぃ、どら弁当のおかげでみんとの人気者です。

そうか、そんなに美味しかったのか。また横須賀PAに行くことがあれば、買ってあげるからね~(*^^*)

こんなに喜ぶと思わなかったので、ちょっと感動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

灰かぶり効果かと・・・

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんのお口の下が妙に白いので、りどみぃはクマのぬいぐるみかと思いました。

それとも牛乳飲んだ後かい?(・◇・;)

と思わせるくらい白いでしょ?(念の為に言い添えておきますと、牛乳は飲ませていません)

「こんなに白かったかなぁ?」思って、前日までの写真を見てみると・・・ちゃんと白かったです。

この写真を見るまでは、灰かぶりになってから洗い落とすまでの時間があったので、そのせいで白くなってしまったのかとあせりました。

でも灰かぶりになる前から白かったのね・・・いつもりどみぃは、上からみんとを見ているので、みんとのお口の下は見えにくかっただけのようです。

みんとって、いつも笑ってるしね・・・(^▽^;)

笑っていると、やっぱりお口の下側は見えにくいのです。ぱかっ☆っと開けたお口から、白い歯はばっちり☆見えますが・・・

 灰かぶりと言えば、昨日、試験合格を祝う祝勝会の集まりがありました。

その席でうかがった話では、みんとが灰かぶりになってりどみぃの元へ駆け戻る時、みんとから後に煙(灰)が出ていたそうです。
試験の時、ビデオ撮影されていたパパさんが教えて下さいました。ビデオで再生するとばっちり☆写っているそうです。

走るみんとから帯状にたなびく灰煙・・・?( ̄□ ̄;)

ダビングしたら下さるとのことなので、今から見るのが楽しみであり、怖くもあるのでした。

みんとが灰を駆け抜けて辺りが白くなってしまった時、先生の師匠は笑っていたそうです。

先生、申し訳ないこってす・・・師匠の前で・・・(ーー;)

と最初は思いましたが、先生が「みんとのママが自由課目の”腕輪飛び”をさせようとしてこうして(腕を輪にして)いるのに、みんとが下をくぐろうとするので、何回も(飛ばせようと)こうやっているのには笑ったよ」と仰るんで、申し訳なさとかそんな殊勝な種類の気持ちは、宇宙の彼方へぶっ飛んで行きました。

そんな部分でウケてたのかっ!? (・◇・;)

でも、まぁ楽しんでいただけた方が救われます。絶望して頭でも抱え込まれるより、ずっといいです。

というのも、まぁ灰はともかくとして、試験中に犬が嫌になって逃げちゃうことは、大型犬でもよくある事だそうです。(ちょっと安心したわ~♪)

CD-ⅠやCD-Ⅱの場合だと、今回のみんとのように戻って来て続きを全うすることも可能ですが、DC-Ⅲともなると、逃げちゃった時点で試験中止となり、「お帰り下さい」になるとのこと。

CD-Ⅲともなると、厳しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

カルガモ狩れるカモ?

 緑陰涼しい川沿いの遊歩道は、オフィスでおりこうさんだったみんとのお昼のお散歩道でございます。

本当は、りどみぃは「食後すぐに歩いたりしたら胃下垂になりそうだ・・・(・_・)」とか思い、食休みをしたいところです。
でも、朝からずっとお仕事中におりこうさんにし、りどみぃが食事中も待っていたみんとの気持ちを考えると・・・

休んでおれぬ・・・(ーー;)

「たとえ短い時間でも外に出られたらリフレッシュできるもんね」ということで、食後のお昼休みは外に出ることにしています。

 この川には、1年中カルガモがいるそうです。渡り鳥しないと決めてるらしいので、よほど居心地がいいのでしょう。1羽や2羽どころじゃなくて、何家族ものカルガモご一家がいるようなので、さまざまが生態が見られて面白いです。

みんな好きなことしとるな( ̄△ ̄;)

最初、みんとは遊歩道の道路側にいたので、川面が見えず、そこにいるカモの存在にも気が付いていませんでした。
しかし、ひとたび気が付いてしまったら、目が釘付けです。

どうやらカモと友達になりたいというよりは、狩猟本能がうずうず☆しているらしいです。

みんと・・・狩る気か?( ̄□ ̄;)!!

きっと、みんとの殺気を感じたんでしょうね・・・何の前触れも無かったのですが、3羽ほどのカモがいきなり水面を走り出したかと思うと、大きな翼を広げて舞い上がりました。

みんとさん、思わず柵の間から顔を出して、カモたちの行方を追います。

りどみぃは、みんとが川に落ちないように、リードをしっかり握っちゃいました。

獲物を逃した感のみんとさん、いつまでも飛び去ったカモを名残惜しそうに見送っておりました。

本気で狩る気だったのかも・・・(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

居場所はマットの上

 オフィスでのみんとさんは、りどみぃのお仕事している机の下、手前の右側にマットをしいてやるので、だいたいそこで寝ています。

お散歩から戻った時は暑くて、ひんやり☆したフローリングに直接寝る方が良いようですが、そうでない場合はちょっとでも柔らかい場所の方が居心地が良いらしい・・・

 最初の頃、この状態で何か物音がすると、みんとが目を覚ましてダッシュして行き、結果、後肢で蹴られたマットは、後方へと滑っていました。

ダッシュの原因が隣の部屋から聞こえてきた電話の音だったり(ガラス越しに音源を見に行く)、給湯室に行く方が通るだけだったり(大歓迎して跳びついたりする)いろいろあるわけですが、一段楽すると、みんとはマットに戻って続きを寝ようとするようです。

しかし、戻ってみるとマットの位置は変わっています。

そらーそうです、だって脱兎のごとく飛び出して行った時、後肢で後方へ思いっきり蹴っているんですから・・・

でも、みんとさんはマットの位置には頓着しないようです。
淡々と奥に行ってしまったマットの上にリラックス。

どこにあろうと、マットの上がみんとの居場所なのね~(・_・)

とはいえ、みんとがりどみぃの目の届かない場所にいると何をするか心配なので、りどみぃはやっぱり元の位置にマットを引きずって戻してやったものでした。何度も何度も・・・みんとさんがダッシュで出ては戻る度に・・・です。

ちょっと根気がいるので、3日目からは、100円ショップで買った網状の滑り止めを敷いてから、上にマットをのせてやるようにしたところ、マットがずれなくなりました。

滑り止めを敷いた事で、マットのふわふわ感も増したようです。みんとはマットの上で今日もすやすやと眠っとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »