« 泥棒大集合 | トップページ | オクタゴンのベビーキルト4 »

2008年7月16日 (水)

衰える社会性

 最初に気がついたのは、6月の上旬でした。

公園で、初めて会うプードルさんやダックスさんにご挨拶しようとせず、りどみぃの脚の後側に隠れるようにして、飼い主同士の挨拶が終わるのを待つ・・・こんな消極的な態度は、みんとさんらしくありません。

りどみぃにはすぐにピン☆ときました。

みんとさんの社会性が衰えている・・・(・_・)

本来、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、とーちゃんから陽気なトイ・プードルの性格を譲り受けているようで、人にも犬にも社交的で愛想の良い犬です。

しかし、”同じような散歩コースで、会えるわんこもみんな知り合い”なんて新しい刺激が無い日々が続くと、初めて会ったわんこに対して挨拶をしたりするのが面倒に思えるらしく、気がつかない振りをして通り過ぎようとしたり、敢えてうながして挨拶させようとしても、前述のように隠れちゃって挨拶しようとしなかったりするようになります。

数ヶ月ほど前にも社会性の衰えつつある兆しが見え、”ごあいさつの旅”に出て解消しましたが、今回も早めにお手当てしなくてはなりません。
みんとの場合、ドッグランに連れて行ったり、普段行かない公園へ行って初めて会うわんこばかり・・・という状況を経験させると、元の社交的で積極的な性格を取り戻します。

しかし、何の対策もせずに自然に元に戻る事は無くて、どんどんおおらかさが失われて警戒心の強い犬になって行きます。

社会性

みんとの態度

久しぶりに会う犬、飼い主両方に挨拶しようとしなくなる(声をかけていただいても「どなたでしたっけ?」というよそよそしさで、近寄ろうとしない)

知らない犬(大型犬)が近くを通るだけで吠えたり緊張したりするようになる

知らない犬(小型犬)が近くを通るだけで吠えることがあるようになる

低い時

少しの物音でも警戒心を持つようになり、すぐ吠えるようになる

高い時

初めて会う犬すべてに挨拶しようとする

初めて会う犬でも挨拶する犬としない犬がいる
しない犬に対しては「気がつきませんでした」的なさりげなさ

初めて会う犬には挨拶しようとしなくなる
(飼い主には挨拶しようとするが、相手の犬に対しては無視というあからさまな態度)

初めて会う犬、飼い主両方に挨拶しようとしなくなる
(りどみぃが挨拶していても、「私は関係ないもんね」というしらけた態度)

久しぶりに会う犬に警戒心を見せるようになる
(飼い主にはあっさりとだが挨拶しようとする)

 今回、じじくんと「またドッグランにでも連れて行かねばならんね」と言っている間に、毎週末何かしら用事があって、7月になってしまいました。その1ヶ月で、みんとさんの態度は、④まで進んでいました。

 その間毎週しつけ教室に通っていましたが、その時に会うわんこには毎週会っているので、そういう時には特に問題ありませんでした。しかし、静かに社会性の衰えは進行していて、初めて会うわんこと飼い主さんを前にりどみぃの後に隠れるみんとは、まるで別の犬のようです。

2007年の暮れには、この社会性が衰えかけている状況で、公園で楽しくてハイになり過ぎた大型犬にみんとが上から踏まれるという体験が重なって、大型犬を見ると警戒するようになりました。
この時は「大きな犬に慣らさないと」と正月早々ドッグランに連れて行き、大型犬と同じスペースに身を置くことで以前の感覚を取り戻させました。

ごあいさつの旅が3月だったことを考えると、みんとの社会性は3ヶ月程度で衰える兆しが見えるようです。

今回は、2週連続でドッグランに行く事で、みんとの態度は改善されました。初めて会うわんこに、自分で進んで挨拶しに行くようになったのです。

これからは意識的に時々ドッグランに行ったり、③の段階になったら、すぐに対策しようと思います。

|

« 泥棒大集合 | トップページ | オクタゴンのベビーキルト4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/22308420

この記事へのトラックバック一覧です: 衰える社会性:

« 泥棒大集合 | トップページ | オクタゴンのベビーキルト4 »