« 泣くほどつらかった? | トップページ | どら弁当 ポチ »

2008年7月29日 (火)

灰かぶりのその後

灰かぶりで走って来たシュナプーのみんとを抱いたりどみぃ、着ていたいたTシャツが消し炭の匂いになりました。デニムのジーンズも同様です。(^▽^;)

その後、着替えないままで斜めがけショルダーのお散歩バッグをかけて歩いたので、今度はショルダー紐が消し炭の匂いに。

みんとさん自身の首輪も灰まみれだったので、洗うことに・・・

 しかし、帰宅した時、みんと丸洗いの覚悟で一応みんとさんの背中の被毛の匂いを嗅ぐと、もう特別臭くなかったのです。
これなら濡らしたタオルで拭くだけで大丈夫そうでした。

そこで、ちょっとお疲れ気味のりどみぃ、濡らしたタオルでみんとさんの全身をぬぐって、家に上げてしまいました。

 本当なら一緒にお昼寝をしたいところですが、りどみぃは家に持ち帰っていたバイトのお仕事があったので、早速テーブルの上に広げて作業開始です。みんとは、そのりどみぃの足元で寝ていました。

りどみぃのお仕事中、みんとがいい子にしていてくれるので、立ち上がらなければならない時や、みんとが目が覚めている時など、りどみぃは手を伸ばしてみんとの頭や背中をなでなで☆します。

みんとはいいこだねぇ、お利口さんだねぇ(*^^*)
(試験中に逃げたけど・・・)

そういう時、みんとはまどろみつつ、「うん・・・みんといいこよ」と言いたげに満足そうにしています。

しかし、変なのです。
30分や1時間毎にみんとをなでなで☆すると、いつもは柔らかなみんとさんの被毛が、ごわごわ★きしきし★ときしむようになって行くのです。

やっぱり、洗わねばならんでしょうか?(ーー;)

しかし、やっぱりみんとさんの背中から燃えさしの匂いはしませんし、「臭くないなら洗わなくてもいいかな?」とも思えます。そこで、りどみぃがじじくんに洗った方が良いかどうかのつもりで聞くと、じじくんは一言。

灰はアルカリだからね(・_・)

あ~そういうの、小学生の時に習いました・・・(・△・;)

「朝顔のお花で作った色水に灰を入れると、色が一瞬で変わるのよね~」って、そんなお話じゃなくて、それじゃそのままにしておいたら、被毛が傷んじゃうってことじゃないですか!

りどみぃ、お仕事の切りも良かったので、まだ眠そうなみんとさんをお風呂場にご案内。

みんとさんは、炎天下の試験中のりどみぃの厳然たる態度が記憶に新しいのか、シャワーを浴びせられても、シャンプーで泡だらけにされても、すすぎ終わるまで1度もぶるぶるぶるっ☆っと身体を振ることはありませんでした。

・・・やろうと思えば、我慢できるんじゃん(・_・;)

ドライヤーで乾かした後のみんとさんは、ふんわり♪

はいはい、よござんすよ(⌒~⌒)

風呂上りで気持ち良く、熟睡してしまいました。

|

« 泣くほどつらかった? | トップページ | どら弁当 ポチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/22594434

この記事へのトラックバック一覧です: 灰かぶりのその後:

« 泣くほどつらかった? | トップページ | どら弁当 ポチ »