« 衰える社会性 | トップページ | へなちょこみんと »

2008年7月17日 (木)

オクタゴンのベビーキルト4

オクタゴンに二等辺三角形を縫い付けました。

最初に向かい合う角同士(①、②)次に残りの対角同士(③、④)を縫い付けます。

りどみぃは、縫い付けたら、オクタゴン側に縫い代が倒れるように縫い目のところを折るようにして軽く癖を付け、開いて、アイロンで押さえておきます。

四隅の三角を全部縫うだけ縫って、最後にまとめてアイロンをかける方法もあるようですが、私は1工程ずつきちんときれいに仕上げていくのが好きです。

49ブロック全部に二等辺三角形が縫い付けられ、アイロンをきれいにかけると、こんな風にブロックが出来上がります。

八角形というよりは、単なるダイヤモンドのように見えますが、これはブロックの周囲四辺には縫い代が含まれているからです。ブロック同士を縫い合わせれば、上下左右が縫いこまれて、八角形が残るはず・・・

49ブロック揃ったので、これを隣同士が同じ色にならないように・・・とか、チェックばかりがかたまらないように・・・とか全体のバランスを見ながら並べて、縫い合わせる順番を決めます。

話は変わりますが、オクタゴンの四隅の二等辺三角形用に裁った布・・・こんなに余ってんですけど・・・(ーー;)

枚数がちゃんと合っていたなら、オクタゴンのブロックが完成した時点で、この3角形は1個も余らないはずです。

しかし、この三角の山はなんだ?!( ̄□ ̄;)!!

どうやら、4枚布を重ねていたことを忘れ、2枚重ねていると勘違いして必要枚数のつもりで裁ってしまったようです。つまり、2倍裁ってしまった・・・と。

ああっ、自分が嫌になるっっっ(T▽T)

ちょっとぐらい余分に裁ってしまっても、別に捨てちゃうわけではなくて、また何かを作ればいいので、それは構わないのです。それよりも、数が数えられないとか、さも効率が良いと思って布を重ねていたのに、それを忘れてしまったことがね・・・むなしい・・・

そうよね、みんとのクレートカバーのブロックもこんなに余ってるもんね・・・(-"-;)

|

« 衰える社会性 | トップページ | へなちょこみんと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/22349043

この記事へのトラックバック一覧です: オクタゴンのベビーキルト4:

« 衰える社会性 | トップページ | へなちょこみんと »