« たれみんと | トップページ | 週1でお邪魔さま »

2008年7月 6日 (日)

ラムネのボトルは手強いぞ

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、パピーさんの頃からコング愛用者なので、空きペットボトルの容器もその応用編として中におやつを入れれば、長い時間楽しく遊べます。

先日、旅行のおみやげとして、みんとのお友達わんこのママに”わさびラムネ”をいただきました。
これは、わさびのイメージのきれいな薄いグリーンのラムネで、実際にはわさびの成分は入っていないので、辛くはありません。味はラムネの香りが豊かな、昔ながらのラムネでした。

しかし、色付きのガラス瓶にビー玉で栓がしてあるのが、りどみぃが以前から知っている昔のラムネなら、今回のラムネは容器がペットボトルと同じ素材で、口元はねじ式のキャップ。
飲み終わったら、キャップをあければ簡単にビー玉を取り出す事が出来るんですね。

りどみぃ、ふと思いついて、ビー玉を取り除かないまま中におやつを入れ、みんとさんに渡してみました。

おおっ、長時間かかりっきりですなっ(・◇・;)

ペットボトルに比べて、ビー玉がある分、ちょっとくわえて放り投げるようなことをしても中身が容易に出て来ない上、匂いは開きっぱなしの口から匂うので諦めきれず、長い間なんとか中身を出そうとがんばるようです。
また、口元が細くなっている分、そこを支点にして転がる動きが他のペットボトルと違うようで、みんとが「逃げられちゃう」とばかりに慌てるのが面白いです。

最初の内は、ボトルの口元から入れられる程度に小さくしたジャーキーなど数個を入れて渡していましたが、みんとも段々ビー玉の存在を苦にしなくなり、上手に中身を出すようになりました。そこで、難易度を上げる為に、口元のパーツをはずしてから、ボトルを逆さにしたのでは出て来ないような大きめごほうびを入れ、パーツを元通りにはめた上で細かい方のごほうびも入れることにしました。

出て来ない物ばかりだと諦めてしまうのが早いのですが、時々ビー玉と大きめごほうびという障害物をすり抜けて転がり出て来る小さいごほうびがあるので、興味を失う事無く頑張れるようです。

がんばるみんとは可愛いな♪(*^^*)

最終的に、りどみぃが見て「もう出て来る細かいのは無いな」という段階になったら声をかけます。

みんと、困ってるの??(°_。)?(。_°)?

すると、「困ってるの〜(゚O゚;)」とばかりにボトルをくわえて持って来るので、「よし、そんじゃりどみぃがんばって出すね(・_・ )」と、さも困難な事を引き受けたかのように演じつつ、口元パーツをそっとねじり開けて大きいごほうびを取り出すのでした。

りどみぃ、みんとが「困ってるの〜(・△・;)」とボトルを持って来るのが可愛いので大好きなのです。その上、自分が出せなかった物を取り出してくれたということで、尊敬のまなざしで見てくれるのがうれしい・・・

それだけに、他のペットボトルの時と違って、これはみんとがどんなに頑張っても出せないというからくりに、ちょっと気がとがめる小心者飼い主でございます。(^^;)

|

« たれみんと | トップページ | 週1でお邪魔さま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/21887709

この記事へのトラックバック一覧です: ラムネのボトルは手強いぞ:

« たれみんと | トップページ | 週1でお邪魔さま »