« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

2着目のわんこ服作り

 みんとさんがお散歩する公園(複数)は、自然がいっぱいなので雨上がりはどろどろ☆だったりしますし、草が伸びれば草の汁がつき、晴れれば舞い上がる土ぼこりで木々がかすむ程の事も。

過酷よね・・・(− −;)

そんな公園に行くのに、ペットショップで買って来た、りどみぃやじじくんのTシャツより高いみんとさんのお洋服を着せる事なんて、惜しくてできません・・・

ショップで買った服は、よそ行きにしましょうね(^^;)

ということで、惜しげの無いお手製の服を1つ作ってみましたが、お散歩は毎日の事・・・洗い替えが必要で、2着目のわんこ服に挑戦です。

今回は、暑い夏に水で濡らして着せるという目的の為、パイル地(広幅)を買ってみました。柄はボーダーしかなかったので、今回も柄合わせが必要になります。となると、用尺がどれくらいか判断できない素人りどみぃ、取り敢えず1m買ってみました。しかし、広幅(180cm)は、あまりにも大きかった!

1着分端っこから使って、余ったのがこれくらい・・・とな(・_・ )

・・・あと何着作れるんだ?(・◇・;)

ちなみに、たたんだ大きさがみんとのお洋服の大きさと同じで位です。重ねてある枚数(たたんだ数)くらい作れそうですな・・・

ま、それはさて置き、今回はまた新しく型紙を作りました。

去年のみんとさんのお気に入りのワンピースがわんこ道具のつづらの中から発見されたので、しみじみと構造を見てみると、前身頃と後身頃の2枚はぎであることが判明。りどみぃが初めて作ったわんこ服は、前身頃が胸の中心ではぎ合わせてあるので3枚はぎでした。

3回縫うより、2回の方が楽だわよね(・_・)

もちろん、3枚はぎであるということは、よりシルエットが犬本体の体に沿うということでいい点があるのですが、今回は風通しが良くてもいいから、体にきれいに沿ってなくてもいいんですの。

いや、かえってダボッ☆っとしている方が、みんとさん好みかもしれませぬ。なにせ、レインコートを着せると、玄関の軒下から出ないようなわんこですからね。

 お気に入りの服と今年買った服とを重ねてみて、寸法がどれ位違うか比較しました。どうもりどみぃが見たところ、お気に入りは胸幅やお腹の下が大きめ、今年の服は袖ぐりが大きめなので、両方の良いところを見習ってみんとさんに合った型紙を作ってみたわけです。

完成した服は、こんな感じになりました。

両脇を縫うだけの2枚はぎは予想通りに楽でした。脇は直線で、カーブを縫い合せるよりも気が楽なので、りどみぃに向いているように思います。

それに、みんとさんの好みも解って来ました。
やっぱり、みんとさんは、お腹の下がぴったりしているのはお嫌いなようです。お腹に布が触れるのが嫌なのかも・・・謎ですわ。

それから、嫌と言えば、巻き尻尾に服の裾が触れるのも嫌らしいです。
特に、おすわりした時に、巻き尻尾につっかえてひだになるほど長いと座ろうとしないほど嫌らしいです。

みんとさんも固まったり脱ぎたがったりするほど嫌がらずに着てくれるし、おおむね成功と見て良いのではないかと思います。しかし、袖ぐりと襟ぐりの始末が難しい・・・人間用のお洋服でさえ作れないりどみぃが挑むには、とっても小さいんですもの。

この服の出来上がりを見て、少し襟ぐりを深く、袖ぐりのカーブを胸側に深くし、脇を少なめにして身頃を細くすべく、型紙を補正しました。

同じ柄で、もう1着作ってみるぞ〜!おーっ\(^^@)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

どら弁当 ポチ

 横浜横須賀道路という自動車専用道路の横須賀パーキングエリア(PA)に寄ったら、わんこへのおみやげということで”どら弁当ぽち”というのが売っていました。(りどみぃが買ったのは下りのPAですが、上りでも売っています)

3.5kg以下の小型犬用とのことで、封を切るまでは常温保存も可能なパックです。未開封のままでの賞味期限は08年11月12日とある位、ロングライフなのです。


630円(税込み)

『どら弁当』というのは、「道楽べんとう」とも書く様で、NEXCO東日本によれば、旅行ジャーナリスト 小林しのぶさんの監修のもと、地産地消をテーマに、お手頃・お手軽に郷土の味を楽しめるよう企画されたお弁当だそうです。

どら・・・はドライブの掛詞も兼ねてるんじゃなかろうか・・・どこにも書いてないけど・・・(・_・)

横須賀という地域の地産地消ということで、”国産赤鶏と野菜のスープ煮”というのが中身のメニューで、神奈川県産タマゴ卵殻入りだそうです。

ちょこっとパッケージの隙間から見たら、レトルトパックの小袋が複数入っているようでした。

日持ちがするということもあり、買ってから2日経ちますが、まだみんとさんにごちそうしていません。

喜ぶかな?(*^^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

灰かぶりのその後

灰かぶりで走って来たシュナプーのみんとを抱いたりどみぃ、着ていたいたTシャツが消し炭の匂いになりました。デニムのジーンズも同様です。(^▽^;)

その後、着替えないままで斜めがけショルダーのお散歩バッグをかけて歩いたので、今度はショルダー紐が消し炭の匂いに。

みんとさん自身の首輪も灰まみれだったので、洗うことに・・・

 しかし、帰宅した時、みんと丸洗いの覚悟で一応みんとさんの背中の被毛の匂いを嗅ぐと、もう特別臭くなかったのです。
これなら濡らしたタオルで拭くだけで大丈夫そうでした。

そこで、ちょっとお疲れ気味のりどみぃ、濡らしたタオルでみんとさんの全身をぬぐって、家に上げてしまいました。

 本当なら一緒にお昼寝をしたいところですが、りどみぃは家に持ち帰っていたバイトのお仕事があったので、早速テーブルの上に広げて作業開始です。みんとは、そのりどみぃの足元で寝ていました。

りどみぃのお仕事中、みんとがいい子にしていてくれるので、立ち上がらなければならない時や、みんとが目が覚めている時など、りどみぃは手を伸ばしてみんとの頭や背中をなでなで☆します。

みんとはいいこだねぇ、お利口さんだねぇ(*^^*)
(試験中に逃げたけど・・・)

そういう時、みんとはまどろみつつ、「うん・・・みんといいこよ」と言いたげに満足そうにしています。

しかし、変なのです。
30分や1時間毎にみんとをなでなで☆すると、いつもは柔らかなみんとさんの被毛が、ごわごわ★きしきし★ときしむようになって行くのです。

やっぱり、洗わねばならんでしょうか?(ーー;)

しかし、やっぱりみんとさんの背中から燃えさしの匂いはしませんし、「臭くないなら洗わなくてもいいかな?」とも思えます。そこで、りどみぃがじじくんに洗った方が良いかどうかのつもりで聞くと、じじくんは一言。

灰はアルカリだからね(・_・)

あ~そういうの、小学生の時に習いました・・・(・△・;)

「朝顔のお花で作った色水に灰を入れると、色が一瞬で変わるのよね~」って、そんなお話じゃなくて、それじゃそのままにしておいたら、被毛が傷んじゃうってことじゃないですか!

りどみぃ、お仕事の切りも良かったので、まだ眠そうなみんとさんをお風呂場にご案内。

みんとさんは、炎天下の試験中のりどみぃの厳然たる態度が記憶に新しいのか、シャワーを浴びせられても、シャンプーで泡だらけにされても、すすぎ終わるまで1度もぶるぶるぶるっ☆っと身体を振ることはありませんでした。

・・・やろうと思えば、我慢できるんじゃん(・_・;)

ドライヤーで乾かした後のみんとさんは、ふんわり♪

はいはい、よござんすよ(⌒~⌒)

風呂上りで気持ち良く、熟睡してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

泣くほどつらかった?

 みんとさん、昨夜、夜泣き(鳴き)していました。いつも寝かせる時間より少し早かったのですが、「今日は疲れただろうから寝かせてやろう」というつもりで、サークルにお引取り願ったのが10時過ぎ。

でも、雷も鳴ってないし、風も吹いていないのに、みんとさんが寂しい時、心細い時に鳴く鳴き声・・・「あお~ん(T◇T)」という遠慮がちな悲しい声の遠吠えをしとりました。本当に、泣いてるみたいな・・・

今日は、みんと(試験が)つらかったんだな・・・(・_・、)

みんとさんがこういう時、有効なのはスキンシップです。
心細い心を抱きしめてやることで安心するようなので、鳴きやんだタイミングを見計らって、お迎えに行き、りどみぃがパソに向かう間は膝の上で丸くなって眠れるようにしてやったところ、30分ばかりすやすや☆眠っていました。

あまりにもつらかったので、まだ一人ぼっちになりたくなかったようです。灰を巻き上げて走り回った後、何事も無かったようにケロリ☆としていたし、帰宅後にお昼寝しつつ、夢を見ているらしくて尻尾をぱたぱたぱた☆っと振っていたくらいなので、意外な感じです。

30分、りどみぃの膝の上で寝た後は、素直にサークル内のクレートに入って寝ました。2度と遠吠えすることはありませんでした。

みんと、安心おし。もう試験無いからね。(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

灰かぶりシュナプー

 そんな展開かいっっっ!?( ̄□ ̄;)

りどみぃ、その時、心の中でそう叫んでおりました。
あろうことか、みんとさんってば、灰かぶり状態でりどみぃの元に駆け戻って来たのです。

 今日は、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんがJKCの家庭犬訓練試験の受験の日でした。

前日の土曜日のお教室では、開始時刻が午後4時だったにもかかわらずとても暑くて、みんとさんは行進の練習でもだらだら歩いていてりどみぃと一緒になんて歩きませんでした。

全体的に集中力を欠いていて、りどみぃの顔なんぞこれっぽっちも見やしません。これが試験前日だってんですから・・・

会場付近に到着した時から日陰でも汗が流れる気温になり、「こりゃイカン」という不吉な予感。(-"-;)
しかし、みんとさんはお友達わんこや飼い主さんに昨日に引き続き今日も会えたのが嬉しくて、ひとりで興奮してひとりで体温を上げていました。(ほかのわんこはちゃんと落ち着いていた)

みんとさん暑そうね・・・保冷剤いる?(・_・)

と、車での移動の際に使っている保冷剤を布のカバーに入れた物を地面に置いてみたら、素直に使うじゃありませんか!

既に開始前からよわよわね・・・(ーー;)

 前回のお教室のお友達わんこ達が受験した時の会場は、地域の神社の祭礼で御神輿が出ていて使えず、急遽、斜面の小道を登って行った上にあるアジリティーなどの練習施設がある場所で行うことになりました。

その敷地の隅には、ドラム缶があり、燃え殻である白い灰と消し炭がその隣辺りに高さ50cm程の小山になっていました。

この順番を待っている時のみんとの足元は、灰を掃き集めた後でもあり、まぁこんな色の灰が山盛りだったとご記憶下さいまし。(ーー;)

 受験の順番は、先生の師匠がお連れになった方とその愛犬がトップバッターで、その後の4頭の順番は、ジャンケンして勝った順ということになりました・・・と、りどみぃ最弱でラスト決定。

カンカン照りの中、たくさんの犬の匂いがする場所での受験となり、条件は非常に厳しかったですが、お友達わんこたちはがんばっていました。

 りどみぃとみんとの番になって、待機していた屋根のある日陰の場所から日向に出、試験は始まりました。

最初の行進は、前日のお教室の時よりも遅れずに付いて来る感じで、保冷剤で涼を取っていたことを考えれば、「付いて来るだけマシ」だとりどみぃは思っていました。
しかし、CD-ⅠとCD-Ⅱを同時受験ということで、試験時間が長い為、日向にいたみんとさんはヒートアップ。

最後の自由課題が始まりましたが、なんと”お手”をしません!

片手を挙げるのもタルイってか?!(・◇・;)

言ってもダメなら実力行使・・・で、りどみぃが手でみんとの前足を持ち上げたりしている内に、なんとかちゃんとお手とおかわりをやりました。
残るは、2つです。

この日、保冷剤で休憩した後のみんとさんに”シット・ハイ”をさせてみようとしたところ、やるどころかおすわりからふせの状態に倒れ込むような頑固な拒否が見られ、自由課題の受験課目を変更して申し込みました。
以前からの我が家での作戦会議では、1.お手(おかわりを含む)、2.シット・ハイ(ちんちん)、3.ひらり(だっこ)のつもりで長い間練習して来ましたが、暑い時には”シット・ハイ”はやらない傾向にあることがわかり、やったとしても勝手に前足を下ろしておすわりに戻してしまうので、規定時間の10秒なんてとても無理だと思われました。作戦変更です。

一瞬で終わるジャンプ技がいいということで、2番目はりどみぃが両腕で輪を作って、それを膝上辺りの高さに高さに構え、みんとがその輪をジャンプしてくぐるという、”腕輪飛び(片道)”という種目をやることにしました。

しかし、これもいつもなら簡単に飛んでくれるのですが、りどみぃが用意した腕の輪の下をくぐろうとする始末・・・これも”お手”の時と同様に、りどみぃが粘って、なんとか飛んでもらいました。

が・・・!

あっ、逃げた!( ̄□ ̄;)!!

”腕輪飛び”を終え、脚側定座で終了しなくてはいけないところ、みんとがいきなり勝手に走り去り、さっきまで待機していた屋根の下方向へ大きく回りこむと、じじくんの姿を見つけたのか、灰の山を直線的に駆け抜けて行ったのです。辺りに舞い上がる白灰!

試験会場の皆が凍りついたことと思われます。
白灰は風に舞って辺りがかすむほどでした。

なんてことを・・・! やってくれたわね・・・(ーー;)

多分暑さに耐えかねたんでしょう。日陰に戻りたかったのか、その場から逃げたかったのか、じじくんに助けを求めに行ったのか・・・そのすべてが理由かもしれませんが、とにかくみんとさんは逃げたのです。
後で聞くと、じじくんは「ここでみんとと目を合わせてはいけない」と思ったそうで、そっぽを向いていたとか・・・


(イメージ)

 試験の途中なので、りどみぃは、みんとを呼び戻さなくてはなりません。

「みんと!」とちょっときつめの声で呼んだ後、いつものように優しい声で「おいで」と呼ぶと、みんとは素直に・・・しかし、あろうことか再び灰の山を駆け抜けて戻って来たのです!
そして冒頭のくだりに・・・

そんな展開かいっっっ!?( ̄□ ̄;)

西部劇の映画で、カウボーイたちが牛の群れを馬で追って行くと、土煙が舞い立つじゃないですか、どどどどどどど★って地響きと共に。

みんとさんは、あの牛状態でした。

りどみぃはあのシーンが脳裏に焼きついています。白い灰が土煙のごとく舞い上がった中、その灰を背景にしてこちらに走って来るみんとさん!

呼びかけに応えて愛犬が自分の下に駆け寄って来るのは嬉しいです。でも、それが灰かぶりのシュナプーなのが悲しい・・・

なんでそこを通って来るかなっっっ!?(T▽T)

 みんとが背負って来た風は、きな臭い消し炭の臭いがしました。
しかし、気を取り直して脚側定座に付け、ここでやっと自由課目2つ目の”腕輪飛び(片道)”が終了です。

長い片道だったね・・・(-"-;)

試験官の先生にも、「あと1つだから」と励ましていただき、最後の”ひらり”に挑みましたが、拍子抜けするくらい簡単でした。
どうもみんとは、ただのジャンプはタルくても、抱っこしてもらうのはやぶさかでないらしい・・・

りどみぃの合図で、ひらり☆と飛び上がって来たみんとを抱きとめると、これまた目の前でばふっ★っと白灰の煙が舞い上がりました。

みんとさん、被毛にたっぷり白灰を含んでいて、抱いていてもきな臭かったです。(・_・、)

そっと地面に下ろして、脚側定座につけて終了。これでやっとすべての試験課目が終わりました。

 試験会場にアジリティーの用具があるのを見た時、少しはりどみぃも思ったんです。「あっちに遊びに行っちゃうかな?」と。

しかし、白灰の山を駆け抜けるとはね・・・それも往復でね・・・(×_×;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

夏のオフィスのみんとさん

 りどみぃは、木曜日、金曜日と2日間、バイト先のオフィスでお仕事していました。もちろん、みんとさんも一緒です。

前回は、冬だったので、床の冷え予防の為に、湯たんぽ持参でした。りどみぃがお仕事している机の下の足元で、湯たんぽに寄り添ってぬくぬく☆と寝ていたっけ・・・ヽ(´ー`)ノ

今回はマットだけでいいので荷物が小さくて助かります。

 ノーリードなのにお気づきでしょうか?
実は、今回は、りどみぃは1室を1人で使わせていただいている関係で、みんとが他の方にご迷惑をかける心配がほとんど無く、リードをベルト通しにカラビナでつないでおく必要が無いのです。

みんとがどんな姿勢で寝ちゃっても、椅子でリードを踏む心配も無いし、寝返りでリードが首に巻きつくようなことも無く、快適のようでした。

お昼のお散歩から戻った時などは暑くて、マットの上に寝ないで、応接セットの足元のフローリングに直接寝てみたり、エアコンの冷房の風が来る場所に寝てみたり・・・と、居心地のいい場所を探してお気楽に過ごしていたようです。

 生活態度(?)もかなり改まっていて、りどみぃが資料を取りに隣の部屋に行く時など、部屋のドアの内側で”ふせ”を命じてから部屋を出ると、りどみぃの姿が見えなくなっても鳴かず、5、6分かかって戻るまで、一度も立つことなく待っていることが何回も出来ました。

例外は、りどみぃがオフィスの外に出てしまった時で、ガラスのドア越しにそれを見ていたみんとは、心配になって立ち上がってしまったようですが、鳴きはしませんでした。

また、家でりどみぃがパソコンに向かっている時に見られるような、後肢で立ち上がってりどみぃの膝に前足をのせたり、お鼻で膝頭をちょん☆っと突っつくような「何してるの?抱っこしてくれる?」というような態度は見られませんでした。

 会社の方が給湯室へ行くのに通り道に当たる為、部屋に入ってきた時だけは、みんとさんの大歓迎パワーが炸裂し、跳びつきわんこに・・・りどみぃの言うことなんぞ耳に入らないようで、首輪を押さえることもありました。

こ、こいつ・・・やっぱり机の脚にリードでつなぐべきか?(-"-;)

しかし、行きに跳びついてしまった時も、その方が給湯室にいらっしゃる間にみんとに「マット、待て」と命じれば、ちゃんとりどみぃの足元のマットの上でふせをして、お戻りになった方が部屋を出て行くまでちゃんとマットの上から動きませんでした。

えらいじゃな~い!(・◇・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

みんとからの卵料理

あんた何やってんの!?(・◇・;)

りどみぃ、実家の台所で叫びましたわ。

だって、みんとさんってば、重ねてあった2パックの卵においたをして、上にあった1パックがフローリングの床に転がり落ち、1つが大破・・・

その上、床の上の黄身や白身をなめようとして、そっと犯行現場に戻って来るではありませんか!

そんなことで味をしめられてはいけないので、慌てて近寄ることを禁じ、少し離れた場所で片付けるのを待ってもらうことにしました。
黄身を踏んだ足で家中を歩かれでもしたら悲惨ですもんね。

りどみぃが、卵の殻を片付けたり、濡らした雑巾で床を拭いている間、ふと”ふせ”を命じておいたみんとさんに目をやると・・・

笑ってるっ!( ̄□ ̄;)!!

やっぱりこいつは悪魔だ・・・

 転がったパックの残りの卵を調べると、3個も殻が割れて穴が開きそうになっていました。もう、直ちに食べるしかありません。

これは・・・なんだね?みんとさんが、夏ばてしそうなりどみぃに、卵を食べさせようとしての狼藉なの?

りどみぃ、予定外の夕飯の一品に、チーズオムレツを作ることになりました。しかし、実家のIHクッキングヒーターが使いこなせず、火力が強過ぎたのか、タイミングが遅過ぎたのか、かためのチーズスクランブルエッグ状態に。

みんとさん、ごちそうさま・・・(‐_‐)

さすがにボリュームがあって、お腹いっぱいで苦しくなったっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

うなぎ待ち

 みんとさんが寝ています・・・うなぎ(のぬいぐるみ)を手に・・・

りどみぃが忙しかったので、みんとが勝手に触れないように机の上の箱で管理しているぬいぐるみの中から、「これ貸してあげる」と言って渡したうなぎです。

一瞬、「遊ぶの?(☆☆)」とみんとが瞳を輝かせたので、重ねて「ごめんね、今は遊べないの。後でね。後で、うなぎで遊ぼうね(・_・)」と言い聞かせたのでした。

みんとは、りどみぃの足元近くでころりん☆と転がって、うなぎを噛み噛みしたり、前足で押さえたりしながら、時折りどみぃを見上げて「まだかな~まだ遊べないのかな~」と様子をうかがっていたようです。(視線を感じたけれど、あえて忙しいので気が付かないふりをしました(^^;))

「さぁ、終わった。遊ぼうか!」と思ってりどみぃがみんとを見た時、みんとはうなぎを手にしたまま眠りに落ちていました。

なんだか可愛くて、ずっと待ってた気持ちがけなげで、涙が出そうになりましたことよ・・・

ずっと遊ぶの楽しみに待ってたんだねぇ(・_・、)

うなぎを押さえている両前足が、なんだか祈りの手の形に見えてしまいます。

うなぎさん、うなぎさん、早くりどみぃのお仕事が終わりますように。それからいっぱい遊べますように・・・。゚。(=_=)

 りどみぃは、みんとが自然に目が覚めるのを待って、一緒にうなぎでいっぱい遊びました。引っ張りっこをしたり、「ねーちゃん、いいうなぎ持ってるねぇ。ちょっと、ちょっとだけ見・せ・て~」と”欲しがりごっこ”をしたり、投げて”持って来い”をしたり・・・みんとさんは楽しそうに笑っていました。待った甲斐あったと思ってくれたかな?

20080622

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ラベンダーきれいね

 公園に行ったらラベンダーが花盛りでした。とっても良い匂いです。

しかし、4時過ぎているにも関わらず、まだ暑かったせいか、お散歩しているわんこの姿を見かける事はありませんでした。かなり公園の人口密度が低い・・・
歩いたり走ったりしている方をさえぎる恐れが無く、写真もゆっくりと撮り放題でした。

でも暑いね、みんとさん。モデルありがとう。さぁ日陰に移動してお水を飲もうね。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

シット・ハイ拒否

 お教室のお友達わんこが受験したJKCの家庭権訓練試験・・・純血犬種ではないシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんも受験できることが判明して以来、「6月中には試験」の予定でしたが、先生の師匠がお忙しくて7月になりました。

前回の試験についてはこちら

7月になってからは暑い日も多く、暑いとみんとさんのただでさえ無い集中力がまったく無くなるので正直言って「試験どころではない(ーー;)」状態になりそうです。

しかし、試験日は決まってしまったのでした。

19日(土曜日)のお教室で、試験の為の通しでの練習がありましたが、試験科目の最後には自由課目があります。CD-Ⅰ、CD-Ⅱを同時受験するのですが、3つの自由課目を自分で何をやるかリストの中から決めて、試験の時の申請登録書に記入しなくてはなりません。これが書いた順に実施となるので、どの順番でやるか(書くか)など、作戦が必要だったりします。

記入は当日書類を持参するので、試験直前に提出する時にすれば良く、先生は「6つくらい練習して用意しておき、当日必ずやる確率の高い順に3つを選ぶといいよ。普段はやるこでも、試験会場という独特の雰囲気や試験官の前等では、飼い主が緊張してそれが犬に伝わり、いつもの7割程度しかできないものだから」と仰います。

 土曜日まで、じじくんとりどみぃとの作戦会議で、当日の自由課目は
1.お手(おかわりを含む)
2.ちんちん(家ではシット・ハイと呼んでいるもの)
3.だっこ(家ではひらりと呼んでいるもの)
の3つで受験することにしていました。

予備に3つ用意するとすれば、
寝ろ(家ではねんねと呼んでいるもの)
物をくわえて歩く-くわえる物は何でもいいが、飼い主と一緒に10m歩く
腕の輪くぐり
くらいでしょうか・・・でも、”ねんね”は寝っ転がるまでに「え~面倒くさいなぁ(‐_‐)」と少しばかりためらいを見せますし、”物をくわえて歩く”のはバスケットでやるとして、時々勝手にバスケットを捨てたりしますので、これも確実ではない・・・(ーー;)

だからやっぱり、前述の3つが確実だと思い、朝練でもその順番で通してやってみたりしていました。

が・・・! 土曜日のお教室での練習で、”お手”でさえ、だるそうに前足を差し出したみんとさん・・・なんと、次の”シット・ハイ”は命令を出してもちっともやらないじゃありませんか!?

シット・ハイ!みんと、シット・ハイ!(T▽T)

言葉で言ってもやらないので、次はりどみぃが両手をグー☆に握り締めて胸の前で揃えて見せるハンド・サインもやりましたが、みんとは一向にやりません。

どうも暑い時は、みんとは動きの大きなもの・・・”ふせ”とか ”シット・ハイ”とかはやりたくないようなのです。だから、みんとは暑いからやってくれないのかと思いました。

ハンド・サインでもやらないので、次は実力行使で、りどみぃがみんとの前にしゃがみ、両手でみんとの左右それぞれの前足を持ち上げてやり、「シット・ハイ」と声をかけてから離す・・・という方法でやってみましたが、みんとさんってば、りどみぃが手を離すと同時に前足を下ろしてしまう始末で、なかなかやってくれませんでした。

みんとさんがシット・ハイを出来るようになってから、こんなこと初めてです!
この時まで「シット・ハイは100%できるから、当日も70%は出来るんであろう」と思っていたりどみぃ、後頭を殴られたような衝撃を感じ、暑い日だというのに血の気が引きそうになりました。

ひいひいいいいいっ! どどど、ど、どーしようっ!? (T▽T)

 この時、実際の試験ではないので、”腕の輪くぐり”に変更してみたのですが、みんとは簡単にりどみぃが作った腕の輪を跳んでくれました。

・・・”暑いからシット・ハイをやりたくない”のなら、跳んだりするこの大技をやってくれるのは変です。りどみぃが小首を傾げつつも、わしらの番は終わりましたが、先生も「こっちの方(腕の輪くぐり)が良いかもしれないね」とのこと。

その後、お勉強の時間は終了しました。

りどみぃ、みんとがシット・ハイをやってくれないのことには不思議でたまらず、自習してみようとしましたが、みんとさんはうんちがしたいそうで、すぐにその構えを・・・

「もしや?」と思ってうんちの後のすっきりみんとさんに「シット・ハイ」と言えば、は何度でもあっさりやってくれるじゃありませんか!

どうやらうんちがしたくなっていたので、お尻を地面につきたくなかった様なのです。(刺激があるともれちゃいそうになるから?)

となれば、やっぱり”腕の輪くぐり”よりは長い間練習してきた”シット・ハイ”で受験したいなと、りどみぃは思いますの。
当日は、試験会場に早めに到着して、みんとさんにうんちを済ませてもらう作戦で・・・さて、この対策やいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

頭に貝殻をのせて

 もう既に海開きされ、夏休みが始まって海水浴シーズンも本格的に到来。となれば、もう横浜海の公園の砂浜には犬は立ち入り禁止になっているはずですな・・・

また秋になったら行こうね、みんとヽ(´ー`)ノ

しかし、今日は海の日だったので、みんとさんが5月の中旬に行った時の話題を書いちゃいます。

帰りに横浜ベイサイドに行ったことは書きましたが、これはまだ海にいる間のことです。

もう日も傾こうとする夕方で、どなたが作ったやら・・・砂山が波打ち際に残されておりました。山のてっぺんには小枝が刺してあって、みんとは山のふもとに当たる部分の指のあとに興味があるようでした。

最初、りどみぃは近くに作った子供さんでもいて、みんとが破壊してしまったら泣いちゃうんじゃなかろうか?とぎょっとしたのですが、持ち主(?)は居ないようでした。

頼まれたわけでもないのに、前足で砂を掘るようにして手前に集め、砂山作りのお手伝いをしているみんとさん・・・

いや、みんと、手伝わなくていいからゞ(^^;)

そのまま、すたすた☆と砂浜散策を楽しんでいたところ、りどみぃは白い貝殻を見つけました。そこで、ふと思いついて、みんとさんにおすわりをしてもらい、頭の上にのせてみることに・・・いや、別に意味はありません。おまじないでもありません。

単に可愛かろうと思って(^▽^;)

小さな帽子みたいで可愛いわぁ(*^^*)

「みんとさん、写真撮るから”待て”だよ。ま~て~(・_・)」と遠ざかっても、最初の内は素直にポーズをとっていました。

が、数枚撮影している内に、うんざりしたのかも・・・みんとは少し頭を下げて、貝殻が頭から滑り落ちるようにたくらみました!

この、いかにも「落ちてしまった」風の表情をご覧下さいませ。
これには、自分が”首をぶるぶる☆振って落とした”とか、”顔の向きを変えたせいで落としてしまった”とかではない風を装っております。

つまり、「みんとはちゃんとりどみぃの命令をきいてじっとしていたのに、貝殻が勝手に滑り落ちてしまったのです。みんとは悪くないです(・_・)」という意味なのです。

しかし!カメラは見ていたのだ(りどみぃもね)!!
この直前のショット・・・みんとさんの悪巧みの表情を!

不敵な・・・(-"-;)

 このまま終わったのでは、「事故を装えば頭に物をのせられても落としちゃえる」と解釈されかねませんので、くだらないことではありますが、もう一度のせてやりました。

無理強いしてかわいそう?
いえ、大丈夫です。今度は腹が据わったのか、笑っとりますから・・・

みんとさんは、この後、チーズやらジャーキーやらをもらって、労をねぎらわれたのでした。

小さいことだけど、大事なことよね。(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ほたる

 池のある公園で夏になると蛍が見られるので(幼虫を育てて池に放して下さる有志の会があるそうです)、去年はじじくんとりどみぃとで観賞してきました。

今年は、みんとも一緒に連れて行ってみようということになり、揃って出かけましたが、公園内は蛍の光を楽しめるように外灯が消してあり、森の様に木が茂っている為に真っ暗です。

黒っぽい犬であるみんとは、暗くなってからのお出かけには光る首輪をするのですが、この日ばかりはそれはひんしゅく物なので自粛。かくして、黒い塊を従えた黒い人影2体がひたひたと公園内を進んで行ったのでした。

公園の半ばまで進むと、目が暗さに慣れて、ちゃんと池までの道も見えて来ました。

 昼間撮影した蒲の穂の奥がその蛍の見られる池で、もっと奥の方には池の水の浅い場所を横断できる木の柵付き遊歩道が架けられていて、そこに行くと蛍の光に包まれるようでため息が出ます。
何しろ、足元の両側の水面に近い場所に生えている草で休む蛍あり、飛んでいる蛍あり、見上げると池のほとりの大きな木の枝の先や茂った葉で羽を休めて光っている蛍ありなのです。

蛍の光はとても小さいので、みんとにわかるかな?と思いましたが、草から蛍が飛び立つと、みんとの黒いお鼻はその光の軌跡を追って行くので、ちゃんと見えているんだなとわかりました。

遊歩道の柵の一番下の横木は足元から30cm程度の場所にあるので、みんとがちょっと池の水面を見下ろすように首を伸ばすと、足を踏み外して池にどぼん☆と落ちるんじゃないかとひやひやしました。りどみぃは、リードをしっかりと握っておりました。

落ちないでね、みんとさん・・・
暗闇に黒い水面に黒い犬じゃ・・・( ̄△ ̄;)

幸い誰も池にはまることなく、暗い中転ぶこともなく、無事に帰宅できました。ほたるはとてもきれいで、けなげさを感じさせる優しい光でした。

来年もじじくんとみんとと蛍が見られるように、元気に過ごしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

個人情報に興味があるの?

 ダイレクトメールの封筒や宛先ラベル、通販の買い物の明細書など、シュレッダーで細かく裁断してから破棄したい物が溜まってしまったので、パソコンデスクの上に機械を置き、その下にゴミ袋を用意して次々と片付け始めました。

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、シュレッダーの音も掃除機の音も全然平気です。

これは仔犬さんの頃から、わざとサークルの周囲を掃除したり、みんとがいるリビングでシュレッダーを動かしたりして慣らした効果かもしれません。

うぃんうぃん☆と音がしているのが机の上で見えないという事もあり、シュレッダー本体に興味を示す事はありませんでしたが、チップ状になった切りくずには興味津々だったようです。

ゴミ袋の外側から前足でくいくいっ☆と中の切りくずを手前に持って来ようとするしぐさをしたので、「みんとさん、やめて(^^;)」と止めました。前足の爪で袋を破かれでもしたら、中身がこぼれてしまって大変な事になりそうです。

 しかし、気になってたまらなかったんでしょうね・・・りどみぃが「他に処分しなくてはならない書類は無いかな?」なんて見回すために背を向けたところ、かさかさ☆っと音が・・・

みんとさん?りどみぃの個人情報に興味がおありで?(・_・)

大胆にも袋の口から顔を突っ込んで、中身の匂いをくんくん☆しみじみ嗅いでいる様子。声をかけたら、「やばっ」っとばかりに首を引っ込め、お口の周りの毛に差し込まれたように入り込んでいた紙が、ぱらぱらと床にこぼれてしまいました。

あーあ・・・(− −;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

へなちょこみんと

 社会性を強化するために大井海浜公園しおさいドッグランに行った時のことです。

夕方とはいえ、まだ残暑が厳しかったので、犬は2頭しかいませんでした。

その内の1頭にしつこく匂いを嗅がれて、みんとはわんわん鳴いて怒っていました。りどみぃが見ても強引で迷惑なその迫り方は、飼い主の方が押さえてしかるべき度合いでしたが、飼い主の男性は押さえようとはしませんでした。

せっかく広々としたドッグランに行ったのに、みんとを地面に下ろすと何度でも寄って来るので、遊ぶことなど出来ません。しつこくされては、みんとが吠えるので、それも気になります。

みんとは、きっと「しつっこいのよっ!」と言っていたんだと思いますけど・・・(ーー;)

「吠えられてもめげないんですか?」と訊ねたら、「そうなんだよ」とすまし顔、「噛んでくれればいいんだけどね」なんておしゃるんですから、驚きです。

噛ませる様な経験させたくないんで・・・(ーー;)

わしらは同じスペースに居る事が難しいと判断し、お断りして隣のスペースに移動しました。

仕切りのフェンスによって安全が確保されて、やっとみんとは走ることが出来ましたが・・・

暑いせいか、気疲れしたせいか、すぐにベンチの下で休憩し始めました。

 どうもみんとには”3回ルール”があるようで、ご挨拶して匂い嗅ぎは受け入れますが、3回以上嗅ごうとすると「もういいでしょっ!?しつっこいのよ!」とばかりに怒ったように鳴くんです。(ーー;)

ベンチの下でご休憩のみんとさん、しつけ教室の後ということもあって疲れているのかとも思いますが、ちょっと隠れてるようにも見えます。

もう?!Σ(´□`;)

思いのほか犬がいなくて、交流させてもらうことが出来なかったので、まだまだ社会性を強化すべく、努力の必要性を感じました。
衰えた社会性が改善されたら、3回以上匂いを嗅がれても嫌がって怒らなくなるような気がします。

みんとさん、がんばろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

オクタゴンのベビーキルト4

オクタゴンに二等辺三角形を縫い付けました。

最初に向かい合う角同士(①、②)次に残りの対角同士(③、④)を縫い付けます。

りどみぃは、縫い付けたら、オクタゴン側に縫い代が倒れるように縫い目のところを折るようにして軽く癖を付け、開いて、アイロンで押さえておきます。

四隅の三角を全部縫うだけ縫って、最後にまとめてアイロンをかける方法もあるようですが、私は1工程ずつきちんときれいに仕上げていくのが好きです。

49ブロック全部に二等辺三角形が縫い付けられ、アイロンをきれいにかけると、こんな風にブロックが出来上がります。

八角形というよりは、単なるダイヤモンドのように見えますが、これはブロックの周囲四辺には縫い代が含まれているからです。ブロック同士を縫い合わせれば、上下左右が縫いこまれて、八角形が残るはず・・・

49ブロック揃ったので、これを隣同士が同じ色にならないように・・・とか、チェックばかりがかたまらないように・・・とか全体のバランスを見ながら並べて、縫い合わせる順番を決めます。

話は変わりますが、オクタゴンの四隅の二等辺三角形用に裁った布・・・こんなに余ってんですけど・・・(ーー;)

枚数がちゃんと合っていたなら、オクタゴンのブロックが完成した時点で、この3角形は1個も余らないはずです。

しかし、この三角の山はなんだ?!( ̄□ ̄;)!!

どうやら、4枚布を重ねていたことを忘れ、2枚重ねていると勘違いして必要枚数のつもりで裁ってしまったようです。つまり、2倍裁ってしまった・・・と。

ああっ、自分が嫌になるっっっ(T▽T)

ちょっとぐらい余分に裁ってしまっても、別に捨てちゃうわけではなくて、また何かを作ればいいので、それは構わないのです。それよりも、数が数えられないとか、さも効率が良いと思って布を重ねていたのに、それを忘れてしまったことがね・・・むなしい・・・

そうよね、みんとのクレートカバーのブロックもこんなに余ってるもんね・・・(-"-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

衰える社会性

 最初に気がついたのは、6月の上旬でした。

公園で、初めて会うプードルさんやダックスさんにご挨拶しようとせず、りどみぃの脚の後側に隠れるようにして、飼い主同士の挨拶が終わるのを待つ・・・こんな消極的な態度は、みんとさんらしくありません。

りどみぃにはすぐにピン☆ときました。

みんとさんの社会性が衰えている・・・(・_・)

本来、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、とーちゃんから陽気なトイ・プードルの性格を譲り受けているようで、人にも犬にも社交的で愛想の良い犬です。

しかし、”同じような散歩コースで、会えるわんこもみんな知り合い”なんて新しい刺激が無い日々が続くと、初めて会ったわんこに対して挨拶をしたりするのが面倒に思えるらしく、気がつかない振りをして通り過ぎようとしたり、敢えてうながして挨拶させようとしても、前述のように隠れちゃって挨拶しようとしなかったりするようになります。

数ヶ月ほど前にも社会性の衰えつつある兆しが見え、”ごあいさつの旅”に出て解消しましたが、今回も早めにお手当てしなくてはなりません。
みんとの場合、ドッグランに連れて行ったり、普段行かない公園へ行って初めて会うわんこばかり・・・という状況を経験させると、元の社交的で積極的な性格を取り戻します。

しかし、何の対策もせずに自然に元に戻る事は無くて、どんどんおおらかさが失われて警戒心の強い犬になって行きます。

社会性

みんとの態度

久しぶりに会う犬、飼い主両方に挨拶しようとしなくなる(声をかけていただいても「どなたでしたっけ?」というよそよそしさで、近寄ろうとしない)

知らない犬(大型犬)が近くを通るだけで吠えたり緊張したりするようになる

知らない犬(小型犬)が近くを通るだけで吠えることがあるようになる

低い時

少しの物音でも警戒心を持つようになり、すぐ吠えるようになる

高い時

初めて会う犬すべてに挨拶しようとする

初めて会う犬でも挨拶する犬としない犬がいる
しない犬に対しては「気がつきませんでした」的なさりげなさ

初めて会う犬には挨拶しようとしなくなる
(飼い主には挨拶しようとするが、相手の犬に対しては無視というあからさまな態度)

初めて会う犬、飼い主両方に挨拶しようとしなくなる
(りどみぃが挨拶していても、「私は関係ないもんね」というしらけた態度)

久しぶりに会う犬に警戒心を見せるようになる
(飼い主にはあっさりとだが挨拶しようとする)

 今回、じじくんと「またドッグランにでも連れて行かねばならんね」と言っている間に、毎週末何かしら用事があって、7月になってしまいました。その1ヶ月で、みんとさんの態度は、④まで進んでいました。

 その間毎週しつけ教室に通っていましたが、その時に会うわんこには毎週会っているので、そういう時には特に問題ありませんでした。しかし、静かに社会性の衰えは進行していて、初めて会うわんこと飼い主さんを前にりどみぃの後に隠れるみんとは、まるで別の犬のようです。

2007年の暮れには、この社会性が衰えかけている状況で、公園で楽しくてハイになり過ぎた大型犬にみんとが上から踏まれるという体験が重なって、大型犬を見ると警戒するようになりました。
この時は「大きな犬に慣らさないと」と正月早々ドッグランに連れて行き、大型犬と同じスペースに身を置くことで以前の感覚を取り戻させました。

ごあいさつの旅が3月だったことを考えると、みんとの社会性は3ヶ月程度で衰える兆しが見えるようです。

今回は、2週連続でドッグランに行く事で、みんとの態度は改善されました。初めて会うわんこに、自分で進んで挨拶しに行くようになったのです。

これからは意識的に時々ドッグランに行ったり、③の段階になったら、すぐに対策しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

泥棒大集合

 いかがざんしょ?泥棒ルックのみんとさん・・・

みんとのお友達わんこダックスフンド大地くんのママが、唐草模様の大判ハンカチで変身させて下さいました。(^^;)
本来は、大地くんが車中で窓からの雨よけの為に愛用しているアイテムだそうです。

みんとさんは、特に嫌がる風でもなく、自分で外そうともしませんで、記念写真がばっちり☆撮れました。

とはいえ、お友達わんこから見たら不思議なのか、ミニチュア・ピンシャーのカカオくんが、「何やってんの?」と見に来たりして・・・

嫌がらないのはクリスマスシーズンに頭に物をのせる練習をした成果か?と思いましたが、みんとの次に変身したジャックラッセル・テリアのビアンちゃんもいい笑顔です。

もしかして、わんこって結構この扮装好き?(^^;)

と思っていたら、カカオくんはちょっと「いや〜ん☆」になってたりして・・・みんとの姿を見て、「オレは勘弁して」気分が強くなったか?

ラブラドールさんの場合は、サイズの関係上顎の下で結んで・・・

みんな笑顔です・・・

うれしいのかっ?!うれしいのかっ?!(・◇・;)

あまりにお似合いすぎて、納得。(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

犬を飼うってスポ根だ!

 土曜日に家を出た時は、車のフロントガラスからの熱で顔が焦げるかと思ったりどみぃ・・・みんとさんは、後部座席のメッシュボックスで、保冷剤に親しんでおりました。

車中でじじくんと話したのですが、「犬がいなかったら、こんな暑い日に出かけたりしないよね」としみじみ思いました。

いや、犬を飼っていても、それが悪魔のわんこに変身する可能性が高いわんこでなければ、暑い中しつけ教室なんて通わなくても良いのです。

でも、みんとさんだからね・・・行かなきゃね(‐_‐;)

お教室が始まる時間になったら、なんだか妙に雲行きが怪しくなって来て、遠くで稲光は見えるし、音は聞こえるし・・・にわか雨が来そうな予感。

最初に行進の練習を始めたら、みんとさんってば、暑くてタルイらしく、リードめいっぱい遅れてだらだら☆歩くもんですから、速歩で行かねばならない時に励ますりどみぃが発する声が「はい!みんと、行くよ!」「こっちこっち」「がんばって!」とむなしく響くだけ・・・

へいこらしながら小走りするみんとさんの目が、「はいはい、今行きます。これで精一杯ですぅ」と訴えておりました。

だよね~人間のりどみぃだって、こんな暑い時に走りたくないわさ・・・( ̄  ̄;)

お勉強するスペースは木陰なのですが、湿度たっぷりの空気は重いくらいまとわりついてきます。

ううっっ体力消耗する~(T▽T)

犬を遊びモードからお勉強モードに集中させる方法を教えていただき、モード切替に時間がかかるみんとさんに次回試してみようと決意。

ことさらに厳しいのぅ・・・と、りどみぃがしみじみ思う練習は、自分の犬ではない犬に指示して何かさせる(おすわりとかふせ)というものです。

これは、まず犬と飼い主ペアが円形に中心を向いて並び(今回は7ペア)、脚側定座をさせた状態でスタートします。先生の指示で人間だけが1つずつ位置を反時計回りにずれて、自分の犬ではない犬とペアとなり、一斉に各自”おすわり”だったり”ふせ”だったりと先生の指示通りの命令を出して即席ペアとしての仕事(?)をし、また右隣の犬にずれて新しいペアを組み・・・一周して自分の犬に戻るまで繰り返していくものです。

どの犬も多少なりとも飼い主について行こうとしますし、「飼い主以外の命令なんかきいてる場合じゃないんですけど」と目が飼い主に釘付けだったりするものですが、みんとさんはいつも参加わんこの中で最悪です。(ーー;)

まず、ペアを組むと、「大歓迎ですっ!」と跳び付きまくり。次に、出された指示なんか耳に入ってないので、ちゃんとやらない・・・終いには勝手にその方の隣を離れてりどみぃの所に来ようととことこ☆歩き出したりもします。

すみません、すみません。うちの犬がすみませんっ(T▽T)

りどみぃ、何度心の中で謝ったことか(実際は自分以外の方の時全部に謝っている)!
この練習は、りどみぃの精神を疲弊させる過酷なものなのです。

・・・心労で倒れそうじゃ・・・(´`)

 それでも、犬を待たせて飼い主が遠くまで行って来て戻る・・・という待つ練習では、お鼻をきゅんきゅん☆鳴らしたそうですが(じじくんの証言)、遠ざかったりどみぃの耳には届かない程度の声でしたので、新記録です。

だって以前は背中を向けた瞬間に鳴き叫んでたんですから。(^^;)

そういえば、先週のコンビニでの待つ練習は2回でしたが、1回目は鳴かず、2日置いてからの2回目では数声しか鳴かずに待つことが出来ました。鳴いた場合でも、ちょっと遠慮がちに鳴いてみる感じで、声を限りにりどみぃを呼んでいる・・・って感じではなかったです。

みんとさん、ちょびっとずつ成長してるのねぇ・・・
あたしゃ嬉しいよ♪ (・_・)

 途中から、みんとさんはりどみぃの言うことをあまりきかなくなりました。”ふせ”や”つけ”を拒み、気もそぞろって風情。
じじくんによれば、雷の音がごろごろ☆というよりは遠くでうなる様な音で鳴っているのが不穏な雰囲気だったらしいです。りどみぃに聞こえるよりもずっと良く聞こえるお耳で、みんとさんはそれを聞き取り、異常事態に集中していたのか?

「”つけ”?それどころじゃないっすよ(・・;))((;・・)」とか考えていたかもしれず・・・

やがて雨が降り出しましたが、葉が茂っている木の下ということもあり、どのわんこの飼い主さんも立ち去ることなく、顔を見合わせながらも訓練は続行。
途中、お散歩バッグなどの手荷物は、大粒の雨になってきた時に、大きな木の枝が重なっている特に濡れない場所に移しました。

こんな雨の中でもやるのかっ?!あたしたちってスポ根だわっ!!!(T▽T)

しかし雨はすぐにやみ、先生はさらっと「お、止んだね。これでもうちょっと出来る」とのたまいました。

はははははははは(^◇^;)

そして涼しくなって雷雲が行き過ぎたせいか、また言うことをきくようになったみんとさんとりどみぃは、じじくんが見守る中、クラスの終了時間まで頑張り抜いたのでした。

 わしらのスポ根物語は、これで終わりではありません。
しつけ教室終了後、先週に引き続き、じじくん、りどみぃ、みんとで大井海浜公園しおさいドッグランへ行きました。

利用許可証発行に必要な鑑札と本年度の狂犬病予防注射済票のコピーを持って行ったので、利用者の住所氏名、犬の種類や年齢などを申込書に記入するだけで、すぐにパスを発行していただくことが出来ました。

みんとの狂犬病注射済票は、迷子札のプレートなどとこすれて、すでに判読しにくくなっておりましたので、やはり係の方に現物を確認してもらう必要がありました。

 なぜこの様に車で移動してまでドッグランに2週連続で行ったか、実際のみんとの様子などは別にまとめて書くことにしますが、ひとしきり遊んでから家に着いたら8時になっていました。

さすがのお元気みんとさんも、帰りの車の中で買ったばかりの保冷用C.C.Lemonの缶を枕に熟睡していました。海浜公園でもたくさん歩いたので、じじくんもりどみぃもへろへろ☆です。体力の限界までがんばった感じ?

犬を飼うってスポ根よね・・・ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

オクタゴンのベビーキルト3

みんとのわんこ友達のママに贈るベビーキルト制作は順調に進んでいます。

パターンの各部分(ピース)同士を縫い合せる事をピースワークと言いますが、手縫いでピースワークする時は、オクタゴンとその四隅をつなぐ正方形を用意すれば、「へ」の字のように◇を縫う”はめ込み縫い”という手法で縫い合わせる事が出来ます。

しかし、りどみぃのようにミシンが得意でない場合は、はめ込み縫いをミシンでするなんて無理ですし、日常生活で使ってもらえるベビーキルトという目的上、洗濯に強いキルトにしたいので、ここは手縫いではなくてミシンでしっかり縫っておきたいところです。

となると、”オクタゴンを小さな正方形でつなぐ”という考え方を変えて、小さな正方形部分が対角線で4分割されている直角二等辺三角形の集合体だと見なす事で、1ブロックを”大きな正方形にはまっているオクタゴン(=オクタゴン+四隅の直角二等辺三角形)”として縫えるわけです。

ベースの布を決めてから、オクタゴンの四隅に当たる三角のピースを必要枚数用意しなくてはなりません。

1ブロック分4枚(①が4枚ということ)必要なので、まず2枚を同時に取れるように縫い代付き型紙を作り、それを2倍した帯状の型紙(②)を用意しました。

ベースの布はロータリーカッターで切る事が可能な4枚程度に重なるように、布幅を縦に2回たたんでアイロンをかけておきました。こうすると布と布の間の空気が押し出されて密着するので、後でロータリーカッターでカットする時に布同士がずれなくてきれいに切れ、寸法に狂いの無いピースが作れます。

水で消える手芸用のマーカーで、先に作った型紙を使って必要なだけ格子状に印をつけ、良く切れるロータリーカッターで正方形にカットしたら、その対角線をカットすれば、4枚の三角ピースがどんどん出来て行きます。

早いなっ♪(☆☆)

次は、待ち針を使って中心のオクタゴンにベース布の三角を仮留め・・・を49ブロック分まとめてやってしまい、ミシンで次々続けて縫います。(チェーンピーシングと言うらしい)バイアス同士を縫い合せるので、布を伸ばさないように気をつけました。

そうそう三角をオクタゴンに縫い合せる時、オクタゴンのどの1辺と縫い合せるのか、オクタゴンの布目の方向には注意しなくてはなりませぬ。

ブロックとして完成した時に、布目が縦横に通っている方がゆがみ難いからなのですが、りどみぃなぞ、オクタゴンを裁った時にちゃんと揃えて重ねておいたつもりでも、微妙に回転していたりして、時々バイアス部分が上下になっているピースがありました。

あぶなかった〜(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

座る姿は百合の花

 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花・・・のどれにも当てはまらない、おすわりみんとさんと百合の花でございます。

公園を歩いていたら、良い香りがして、その盛りを知りました。とても見事な百合の花で、その大きさはみんとのお顔と同じくらい・・・?

ふと、並べてみたくなって、みんとさんにモデルをお願いしたような次第。

やっぱりみんとの顔のように大きいなっ、お見事でございます。(・_・ )

みんとの笑顔も咲き誇ってますな〜

こっちは巣立ったばかりの仔つばめちゃんです。

みんとが自主トレする場所の近くの電線に並んでとまっていて、飛ぶ練習をしながらごはんの順番を待っていました。

写りきらなかった残りも合わせると、全部で10羽いました。ごはんを運んで来るのはお父さんとお母さんらしい2羽のつばめ・・・

10羽全部育てたのかしら?それともこれは、巣が二つ分の仔つばめで、ごはんを運んでいたのも2ペアいたのかしらん?(・△・;)

いずれにせよ、みんとさんとのお散歩では季節のうつろいに敏感になります。お花は次々に咲くし、暑くなってきたし、蚊にもくわれるしね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

愛しのキャリーバッグ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんが公共の交通機関を利用する時に使うのは、キャンバス地のバッグです。

2008年になってからは車での外出が続き、数ヶ月お役御免となっていたバッグですが、使うことになってしまってある場所からリビングの中央へと持って来たら、みんとが目を輝かせて、いそいそ☆と寄って来ました。


これは玄関前にて

どうやら、中に入りたいようです。(^▽^;)

みんとにとって、バッグは、遠くの公園に行く時や、仲良しわんこと共に学ぶお教室に行く時に入る物で、イメージが良いらしい・・・
頼みもしないのに、自分で中に入ろうとしました。

そこで、りどみぃが、バッグの縁を両手で押さえて倒れないようにしてやり、「バッグ」と言ってみたら、ぴょ~ん☆と跳んで中に入りました。

おおっ、これは楽だっ!(・・;)

 それまでは、みんとがバッグに入る時、りどみぃが1度みんとを抱き上げて、足からちゃんとバッグに入るように都合をつけながら入れていましたので、それなりに数分(?)かかっていました。
乗りたいバスが、バス停の1つ手前の信号の所まで来ているのが見えたとしても、その段階でみんとをバッグに入れ始めるのでは、入れ終わった頃にはバスは停留所を通過した後・・・そんな寂しいことがあったものなのです。

しかし、どうやらみんとさんのジャンプ力では、自主的にバッグに跳び入ることが出来るということがはっきりわかりました。
となれば、後は必ず入ってくれるように、芸として教えるしかないじゃありませんか!(☆☆)


みんとさん!バス停までは歩いてくださいよ~(^^;)

まずはりどみぃ、みんとがバッグに入ったら、骨付きカルビ1本などのスペシャルなごほうびをあげることにしました。
バッグに入ると美味しいということを認識させて、より一層イメージを上げ、自分でバッグに入りたい気持ちを盛り上げます。

その上で、バッグが倒れないように片手で押さえつつ、もう一方の手でみんとにバッグの中を指し示し、「バッグ!」と言葉とハンドサインとで入るように促しました。

ぴょーん☆と入ったらクリッカーをクリック☆
みんとにはチーズなどのごほうびです。

こうして、みんとはりどみぃが要求した時に、いつも素直にバッグに跳び込んでくれることになりました。
また、逆に目的地に到着した時は、バッグの口を開けて「OK」と言うと出て来ます。

以前に比べてとっても楽になりました。ヽ(´ー`)ノ

 夏は保冷剤を入れてやるので、みんとも暑い路面を歩いた後は中で休憩する方が快適だと思っているようです。バッグに入る事を嫌がらないので、とても助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

ネックレスがお似合い

 みんとさん、お友達わんこであるジャックラッセル・テリアのビアンちゃんのママに、お手製のネックレスをいただきました。

わーい、わーいヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

 りどみぃがみんとの跳び付きを直そうとしているのを尊重して、ちゃんと「みんちゃん、おすわり」とおすわりさせてからおやつを下さったり、”持って来い”遊びでおもちゃを投げてやって下さったり、試作品の”わんこと一緒に食べられるシフォンケーキ”の試食をして下さったり、も~数限りなくお世話になっとります。(^^;)

だからとっても恐縮なのですが、あまりにも可愛いネックレスなので、遠慮無くいただいてしまいました。

だって、こんなの自分では作れないから、すっごく嬉しかったんだも~ん(^▽^;)

何種類もの色の糸を使って、編むことで模様が出来ていて・・・すごく手が込んでいます。

みんとさんの被毛の色に、とってもお似合いです。

3割増、女の子らしい可愛い雰囲気になっとります。
みんとさん、ラブリ~!(☆☆)

ドッグカフェに行く時とか、みんとさんがおしゃれしてお出かけの時につけられるよう、汚さないように保管しようと、りどみぃはかたく心に誓ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

NEW犬留め登場

 東京都の大井海浜公園に行ったら、新しい犬留めがありました。

ちなみに前からある犬留めはこちら

みんとの後にあるのは、大井ふ頭海浜公園スポーツの森内にある大井スポーツセンター(公園管理事務所)なのですが、その建物に沿うように犬留めが新設されているので、最初は「なんでこんなにいっぱい・・・?」と目が点になりました。

しかし、その後、同公園内にあるしおさいドッグランが2008年7月から登録制になり、その手続きをここでするというのを知って合点がいきました。手続き中、犬留めで犬を待たせる為に、登録件数が多いであろう制度開始に合わせて新設したのではないかと思います。

 ドッグランの扉の所にも必要書類など書いてありましたが、犬の鑑札プレートと本年度の狂犬病予防注射済票のコピーを用意して、必要書類に記入するとパスが発行されるそうです。

パスは、みんとがまだ1度も行ったことはないのですが、近くにある別のドッグラン(城南島ふ頭公園つばさドッグラン)と共通パスになり、手続きはどちらの管理事務所で行っても良いとのことでした。

じじくんとりどみぃがそれに気がついたのは手続きの受付時間終了ぎりぎり時間(受付時間は9時30分~12時30分 13時30分~16時30分とのことです(土日・祝日含む))だったので、心の準備ができていなかった事もあり、当日発行してもらうのは断念しました。
すでにパスをお持ちの方にうかがったら、特に混んでいるわけでもなかったので短時間で手続き完了できたとのことなので、次回は発行してもらおうと思います。


まだ暑い時刻のせいか、人気ならぬ犬気がない・・・

しかし、みんとさんの狂犬病予防注射済票は、こすれてカラーの部分がはげはげ★になってただの銀色のプレートになっちゃってるから、コピーをとると見苦しそうです。大丈夫だろうか・・・まぁ数字が読み取れればいいのでしょうから、もしもの時は係の方に現物を見ていただこうっと。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

シャトルは鳥ではない!

 公園の運動広場を通りかかったら、白い小さな物が落ちていました。

この運動広場という場所は、野球の試合などで必要に迫られると臨時駐車場になる場所で、何も障害物が無いので、広場として使える時は体操する方がいたり、ラジコンで遊んでいる子供たちがいたり、多目的に利用されています。

みんとさんが、その白い物を発見すると、ぱっ☆っと飛び掛るようにしました。

あっ( ̄□ ̄;)!!

みんとさんが狩った物は、バドミントンのシャトルだったのです。

狩猟本能がうずくみんとさんは、すずめや鳩が地面にいるとそちらに行きたくてたまらないくらいですから、鳥の羽というところに反応したに違いない・・・

みんとさんっ、それは鳥じゃないし、狩らなくていいから!( ̄△ ̄;)

みんとの口からシャトルを取り上げると、少しばかりよだれが付いてたりして・・・「やばっ(ーー;)」と思いつつ、周囲を見回して、どなたの落し物やら見極めようとしましたが、運動広場のどこを見てもバドミントンをしている人はいないし、それらしきラケットを持っている方の姿も見えません。

「貰っちゃっていいのかな・・・?」
「いや、誰か取りに来るかもしれないよ」とじじくんとりどみぃは相談し、落ちていた場所にそっと置いて立ち去ることにしました。

と・・・立ち去ろうとしたじじくんとりどみぃの背後で、みんとがひとり戻って再びシャトルを襲うじゃありませんか!

ひええっや~め~て~!(T▽T)

どうあっても捨て置けないほど狩猟本能がうずくらしい・・・いや~ん。


すごくわくわくした顔をしている・・・

りどみぃ、再びみんとからシャトルを取り上げ、壊れていないことを確認してほっとしました。
それから、また地面に置いて、今度はみんとに「いけないよ」と言い聞かせ、みんとが狩らないように見張りながら遠ざかることに成功。

その直後、小学生ほどのお姉ちゃんと弟のコンビが現れ、わしらの背後で「あったよ」とシャトルを回収しているらしい会話が・・・

危機一髪(ーー;)

そっと振り返ってみると、案の定バドミントンのラケットをかかえているお2人でした。

りどみぃ、心の中でつぶやきましたわ。

お願い、シャトルの管理はしっかりとね。でないとシュナプーが狩ってしまいますよ(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

週1でお邪魔さま

 りどみぃ、最近、週に1度ずつは美味しい思いをしております。(*^^*)

先日、”ドッグカフェの練習”としてお教室のみんなと訪れた”わんこOKカフェ”の夏至茶屋(Midsummer cafe)、なにを頼んでも美味しい物が出て来るナイスな、気分が落ち着く居心地の良いカフェです。

少し前の時代の民家を改装したお店なので、入ってすぐに土間があったり、上のお席には床の間があったりして、それがまた落ち着く雰囲気を作っているのかもしれません。

* 上のお席に上がる時は、お客様は皆靴を脱いで上がりますが、犬も足を拭けばOKなのです。

 6月28日の土曜日は、しつけ教室の前に余裕を持って家を出て、夏至茶屋でランチを食べて行く計画で、じじくんとみんととで連れ立って行きました。

前回は、食い気にはまったりどみぃが写真も撮らずにぱくぱく☆と食べつくしてしまったのを反省し、今回はちゃんと食べる前に撮影。(^^;)
だから今日は食べ物の写真が多いですの!

りどみぃが頼んだ”ハンバーグランチ”ざんす。メインのハンバーグはふっくら。付け合せの焼き野菜がまた各素材(かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも、さといも、にんじん、たまねぎ)の甘みが生きていて美味しかった!
白い焼きたてのパン(バジルを練りこんである物と生地だけの各1個ずつ)とごはんを選べたのですが、りどみぃはこの白パンが大好きで、ついワンパターンに頼んでしまいます。(^^;)

じじくんはランチメニューにナシゴレンを頼んだのですが、美味しくてぺろっ☆っと食べてしまいました。

デザートはチョコレートケーキとチーズケーキを頼みましたが、こんな感じです。もちろん、どちらも材料を贅沢に使っているような、味わい深さがあり美味しかったです。


こくがあるチョコレートケーキには生クリームとミントの葉


風味豊かなチーズケーキはカラメルの上に

翌週の火曜日には、みんとが仲良くしてもらってるダックスフンドの大地くんとそのママとでランチを楽しみました。(*^^*)

りどみぃは、今回は”ベーコンとブラックオリーブのパスタ”+”アイスティー”+”豆乳プリン”にしました。

みんとさんは、お料理を運んで来てくれるオーナーさんが大好きなので、その都度立ち上がってしっぽぷりぷり☆大歓迎しておりましたが、りどみぃが制止して「ふせ」と命じると、ちゃんとふせの姿勢に戻っていました。

この辺りは、前回よりも早く元の姿勢に戻りましたので、やっぱり経験を重ねることが大切なように思います。

みんとの為にもまたランチに行こうっと(^^;)


床の間前の板の間が冷たくて気持ちが良いらしい


豆乳のプリンはなめらか♪黒蜜と合っています

現在、お店の隣の敷地ではマンションらしき建物を建設中であり、お店の前は国道1号線だというのに、店内はとても静かで、毎回ゆったりと過ごせます。

秋までの営業期間の間に、また何度も行きたいな・・・と思うりどみぃなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

ラムネのボトルは手強いぞ

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、パピーさんの頃からコング愛用者なので、空きペットボトルの容器もその応用編として中におやつを入れれば、長い時間楽しく遊べます。

先日、旅行のおみやげとして、みんとのお友達わんこのママに”わさびラムネ”をいただきました。
これは、わさびのイメージのきれいな薄いグリーンのラムネで、実際にはわさびの成分は入っていないので、辛くはありません。味はラムネの香りが豊かな、昔ながらのラムネでした。

しかし、色付きのガラス瓶にビー玉で栓がしてあるのが、りどみぃが以前から知っている昔のラムネなら、今回のラムネは容器がペットボトルと同じ素材で、口元はねじ式のキャップ。
飲み終わったら、キャップをあければ簡単にビー玉を取り出す事が出来るんですね。

りどみぃ、ふと思いついて、ビー玉を取り除かないまま中におやつを入れ、みんとさんに渡してみました。

おおっ、長時間かかりっきりですなっ(・◇・;)

ペットボトルに比べて、ビー玉がある分、ちょっとくわえて放り投げるようなことをしても中身が容易に出て来ない上、匂いは開きっぱなしの口から匂うので諦めきれず、長い間なんとか中身を出そうとがんばるようです。
また、口元が細くなっている分、そこを支点にして転がる動きが他のペットボトルと違うようで、みんとが「逃げられちゃう」とばかりに慌てるのが面白いです。

最初の内は、ボトルの口元から入れられる程度に小さくしたジャーキーなど数個を入れて渡していましたが、みんとも段々ビー玉の存在を苦にしなくなり、上手に中身を出すようになりました。そこで、難易度を上げる為に、口元のパーツをはずしてから、ボトルを逆さにしたのでは出て来ないような大きめごほうびを入れ、パーツを元通りにはめた上で細かい方のごほうびも入れることにしました。

出て来ない物ばかりだと諦めてしまうのが早いのですが、時々ビー玉と大きめごほうびという障害物をすり抜けて転がり出て来る小さいごほうびがあるので、興味を失う事無く頑張れるようです。

がんばるみんとは可愛いな♪(*^^*)

最終的に、りどみぃが見て「もう出て来る細かいのは無いな」という段階になったら声をかけます。

みんと、困ってるの??(°_。)?(。_°)?

すると、「困ってるの〜(゚O゚;)」とばかりにボトルをくわえて持って来るので、「よし、そんじゃりどみぃがんばって出すね(・_・ )」と、さも困難な事を引き受けたかのように演じつつ、口元パーツをそっとねじり開けて大きいごほうびを取り出すのでした。

りどみぃ、みんとが「困ってるの〜(・△・;)」とボトルを持って来るのが可愛いので大好きなのです。その上、自分が出せなかった物を取り出してくれたということで、尊敬のまなざしで見てくれるのがうれしい・・・

それだけに、他のペットボトルの時と違って、これはみんとがどんなに頑張っても出せないというからくりに、ちょっと気がとがめる小心者飼い主でございます。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

たれみんと

 パソコンに向かうりどみぃの膝の上で、みんとさんが眠そうです。
椅子の肘掛けに両前足と顎をのせるようにして・・・

キャラクターで”たれぱんだ”という可愛いのがありますが、あれに似ている・・・と、じじくん。

確かに似ている・・・(^^;)

眠くて眠くて、じじくんにカメラを向けられても、目を開けていられないくらい眠そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

横浜ベイサイド

 今年も夏になると砂浜に犬が立ち入り禁止になるでしょうから(7月10日頃からの海水浴シーズンの間)、行ける間に行っておこうという事で、横浜海の公園に行ったのは、ゴールデンウィークの後の週末でございました。

今頃書くのは気が引けるけど、みんとの活動記録として書いておかなくちゃね・・・(´`)


シーズンを前にして仲良し監視塔は静かにたたずむ


海草の種類を確認中?


自分の足元まで波が来るとは思っていなかったらしい(^^;)

 はるかに見えるは野島公園の展望台

そらそうよね、あっちから(海の公園の砂浜が)見えるんだから、こっちからも見えるわよね。(^▽^;)


野島公園展望台より(撮影:4月29日)

夕方腹ぺこになったじじくんとりどみぃですが、既に公園の売店は閉店後であり、自動販売機で飲み物を買う位しか出来ません。
広い公園から出て、徒歩でコンビニまで買い出しに行く根性も無かったので、「みんとも満足したようだし、もう帰ろうか」という事になり、駐車場から車を出しました。

公園を後にした直後、車中の相談で近くの横浜ベイサイド(マリーナ)というショッピングモールに行ってみる事になりました。海の公園からそう遠くない場所であり、犬が入れる店や場所があるというのは、情報としては以前から知ってはいたのですが、1度も行った事は無かったのです。

 首都高速道路湾岸線(杉田〜並木)の高架下の交差点を曲がるとすぐでした。

駐車場のすぐ近くにマクドナルドの看板が見え、行ってみたらテラス席があったので、腹ぺこをどうにかしないとショッピングモールを探検する元気も出ないということで、早速何か食べる事にしました。じじくんが店内に買いに行き、りどみぃとみんとはテラスで待機。

ウッドデッキでパラソルもあり、地面が熱くならないので、みんとさんにドッグカフェの練習をしてもらうには良い場所です。

買い出しに行っていたじじくんがトレーを持って戻って来た時だけ立ち上がりましたが、後はずっと命じられたままにふせていました。

上出来ですな。(・_・)

 三井アウトレットパークのひとつということで、いろんなショップがあって、見るだけでも楽しそうです。犬が歩いて入ってもいい店か、抱いていればOKか、まるっきり犬はお断りかは、各店舗の入口付近に色柄で区別がつくステッカーが貼ってあります。

お店の前にベンチが用意されているところもあり、犬が入れないお店の前で、お父さんらしい方がわんこと一緒に待っている様子も見られました。お母さんは、お店でお買い物中なのかな?(*^^*)

建物は別棟と渡り廊下でつながっているので、移動が楽な上に開放感があります。中庭にはくじらのしっぽをかたどった噴水があって、迫力満点。みんとさんがいつも以上に小さく見えます。(^^;)

りどみぃが初めてここを知った時は、”横浜ベイサイドマリーナ”と表記されていたように思うので、ショッピングモールの名称がそうなのだと思っていましたが、実際にヨットがたくさん停泊しているのを見てびっくり☆です。

おおっ”マリーナ”とは本当にマリーナだったのか!(・◇・;)

どうやらエリア全体を横浜ベイサイドマリーナといい、アウトレットパークはそのショッピングゾーン扱いらしい。そして、その正式名称は三井のサイトによると”横浜ベイサイド”とのこと。

マリーナは隣接してるけど、別組織なのねん(・_・)

ぐるっとマリーナに面してウッドデッキで散策出来るようになっていて、船主でなくとも海や空の広さを楽しめるのがいいですね。

日も暮れて来て、もう帰ろうかという時になって、シーポートレストランツというエリアには、レストランやカフェでテラス席が設けられているお店があるのを発見。次回はそこで食べてみようかと思っとります。

ペットも行ける場所という事で、もっと犬がいるかと思ったらそうでもなかったです。結局、じじくんもりどみぃもお買い物はしませんで、駐車場の割引は受けられませんでしたが、料金は100円パーキング並の印象でした。

マリーナとかお金持ち船主相手で、お店もブランド品ばかりだから、ホテル並に高いかと思ってたので、嬉しい驚きです。「これなら、気軽に立ち寄れる」と、ひとつ行ける所を開拓した気分になったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 3日 (木)

レインコートはつらい?

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんと散歩に出ようとしたら、雨は上がったとはいえ、まだまだ路面は濡れていました。

散歩の後に買い物に出る予定があったりどみぃ、戻った時のみんとの足元やお腹を洗ったり乾かしたりする手間を軽減しようと、久しぶりにレインコートを着せてみました。

あ〜ら、みんとさん、相変わらずお似合いねぇ(*^^*)

と・・・みんとさん、玄関前の軒下から出ようとしません。

折しもまた雨が降り出したところで、ちろりん☆とりどみぃを上目遣いに見上げるみんとが、「雨降ってるじゃないですか〜行くんですか?」と問いかけているのかと思いました。

一瞬、散歩に行くのを中止しようかと思いましたが、軒先から鼻だけ突き出して植木の匂いを嗅ごうとしているみんとは、やっぱり行きたそうです。
しかし、「さあ、行こう」と誘っても、みんとは玄関前から1歩も踏み出しませぬ。リードがぴん☆と張ってでも・・・

む・・・これは「行かんぞ」の意思表示?(-"-;)

最初は、「雨が降っているから行かない」と言いたいのかとも思いましたが、みんとが自分の肩口をちらり☆と見て、次に上目遣いでりどみぃを見るのです。

それって、「これ着るの嫌なんです」とか訴えちゃってる?(・◇・;)

試しに、その場でレインコートを脱がせてみたら、ぷるぷるぷる☆っと体を震わせて、「せいせいしたっ」っとばかりに雨の中に躍り出ました。

・・・なんなんでしょ。(-"-;)
みんと、レインコートを着るくらいならお散歩行かなくてもいいのね?
それほどまでに、着たくない・・・と!

暑い日に水で濡らしたパイルのお洋服は着るくせに、なんでレインコートはダメなの?ストレッチ素材じゃないから?
それとも、レインコートって、みんとさんにとっては恥ずかしいの?
レインコート着ている姿を誰かに見られたくない理由でもあるわけ?

わからん・・・(・_・)

りどみぃ、首を傾げつつ、雨の中お散歩へと出発したのでした。
みんとさんは水たまりを横断し、降る雨に濡れながらもごきげん。

・・・そんなにレインコートってつらい・・・?( ̄  ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

オクタゴンのベビーキルト2

オクタゴン(八角形)のベビーキルト制作は、49ブロック分の布選びが終わってから縫い代付き型紙を作り、それを使って必要な枚数の布を裁ち終わったところです。

なぜ縫い代付き型紙を作るかと言うと、今回はピースワークをミシンでする為、縫い線を書く必要が無いからです。

ミシンでピースワークする時は、7mm程度の縫い代を一定に確保しつつ縫い、手縫いでピースワークする時のように、”あらかじめ縫い代は多めに取っておき、縫い線を縫い合せてから縫い代を切り揃える”という工程が無いので、同じ大きさに布を裁っておかないといけませぬ。

*1.ミシンの押さえ金の幅を目安に布端を揃えて縫って行く。2.ミシンのテーブルに目印になるテープや厚紙を貼って、そこに布端を当てるようにすることで縫い代を揃える。など

今回、りどみぃは製図は工作用紙にしましたが、裁断用の縫い代付き型紙は、厚手のトレーシングペーパーを使いました。
工作用紙の上に重ねて、必要な線をトレースし、その周囲に縫い代を書き加える事で作りました。

*文具店等で1枚ずつ買う事も出来ます。


厚手のトレーシングペーパ

厚手のトレーシングペーパーを使うと、工作用紙より水分が染み込み難いので、手芸用のカラーマーカーで裁ち線を書く事が出来ます。
今回、ベビーキルトという事で元気いっぱいの濃い色の布を使う事が多く、鉛筆で引いた線は見え難いと思われたので使ってみました。
半透明で布の柄が見えやすく、どの部分を使いたいかにこだわって裁つ時にも便利ですが、工作用紙より単価は割高になります。

こんな風に作業を進めている時、みんとがどうしているかと言うと、概ねりどみぃの足元近くで丸くなって寝ています。

目が覚めて、退屈だったら、オカメインコのぴこちゃんを眺めたりして・・・

好きな布ばかり使って49ブロック分裁った後、ベース布を選びました。
生成りに赤青緑黄茶等を使った英文字のプリント布で、これならどのオクタゴンの布ともなじみそうです。

みんとさんも見守っていてくれているわけだし、がんばりますわ~(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

とりあえず、走る

え〜?(・_・;)

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんが、丸まって寝ていた場所からいきなり起き上がってダッシュで部屋から飛び出して行ったので、りどみぃは目が点になりました。

まぁ、階段上にゲートをつけた後なので、「落ちたら大変?!」という心配はしなかったのですが、りどみぃにはみんとがお間抜けに見えたもんで・・・(^^;)

なぜなら、みんとの目が覚めた理由は、オカメインコのぴこちゃんが一声鳴いた為、狩猟本能が刺激されたからだと思われるのですが、みんとが寝ていた場所は、ぴこちゃんの入っている鳥かごを置いてある台の下だったからです。ですから、りどみぃとしては、みんとが目覚めて声のした頭の上を見上げるのなら理解出来るのですが、瞬時に走って部屋から出て行ったので・・・

なにやってんの?みんと。寝ぼけてるのか?(・_・)

って感じです。

案の定、飛び出して行った先で鳥(ぴこちゃん)が見つからなかったので、みんとが首を傾げて(?)戻って来ました。

そして再び、元のお昼寝位置に戻って、続きを寝ようとした所にまたぴこちゃんが一声。

ぴよ♪(・◇・)

みんとは、凝りもせずにダッシュで飛び出して行きました。
2階には他にも部屋があるので、みんとは最初に「ここだっ!」と思って飛び込んだ廊下を挟んだ正面の部屋から廊下へ出て来ると、しばらく他の部屋から鳥の鳴き声が聞こえて来ないかどうか耳を澄ませて佇んでおりました。

おもしろい・・・(・_・ )

本能なのでしょうが、みんとさんの場合は、獲物(ぴこちゃん?)の音がしたら、とりあえず走り出すようになっているようです。音がした方向を確認するのは、その後の手順らしい・・・

やがてみんとは「いなかったので狩れなかったですよ」と報告するかのようにりどみぃを見上げつつ戻って来ました。
何度も走ってくたびれ儲けなのが気の毒で、りどみぃはみんとを抱き上げ、ぴこちゃんを見せてやりました。

みんと、ぴこちゃんはここにいるんだわよ。(・_・)

「ううぉおおっ(☆☆)」とみんとが思ったのかどうか・・・ちょっとばかり狩ろうとしてじたばた☆しましたが、りどみぃはしっかりとみんとを押さえていたので、諦めました。

しかし、なまじいる場所がはっきり確認出来たせいか、床におろした後はびょんびょん☆と垂直跳びを繰り返して自力で狩ろうとしていたので、これまた止めさせなくてはなりませんでした。

”とりあえず、走る”狩猟本能おそるべし。( ̄  ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »