« 君は何を狩るのか | トップページ | 1個より2個、1回より2回 »

2008年6月 1日 (日)

みんとの関所

みんとが階段から落ちたので寿命を縮めたじじくんとりどみぃ、相談して階段上に取り付けるべく、ウッドゲートを注文しました。
金曜日に届いたので、日曜日の午後を利用して、D.I.Y.です。

ポイント2倍階段上にも安心リッチェル 木のバリアフリーゲート ポイント2倍階段上にも安心リッチェル 木のバリアフリーゲート

販売元:ORANGE-BABY
楽天市場で詳細を確認する

本来、この製品は人間の赤ちゃん用のベビーゲートで、ロックを解除しない限りは開かないので、みんとの力でぐいぐいしたとしても開くことはありません。

しかし、みんとは別にゲートの向こうに自力で行こうとは思わないようで、りどみぃが階段を下りて行った後を、ゲートの前で戻って来るのを待っていましたが、それ以上のことはしませんでした。

取り付け作業中、みんとは、じじくんが電動ドライバーを出せばその手元を間近で見ようとするし、壁の中にネジが効く部分をセンサーで探している時も、その機械を見に来るし・・・で、まことに物見高く、かつ、お邪魔様でした。

みんと、お前の安全の為にやってるんだから、邪魔しないでよ(ーー;)

と、じじくんも嘆いとりました。
でも、じじくんは甘いので、みんとに対しては「危ないよ、みんと(*^^*)」なんてソフトな退け方しか出来ません。

そこで、みんとを遠ざけておく為に、骨ガムにチーズを塗った物を渡したり(舐め終わるのに時間がかかる)、りどみぃの後ろに来るように命じたりして、なんとか作業を終えました。
まぁ、サークルに閉じ込めておく程の事にはなりませんでした。(^▽^;)

「あっち持って」「ここ押さえてて」とチームワーク全開の協力によって無事に完成。こんな感じになりました。どうざんしょ?

ふふふふふ・・・みんと、これはお前の関所じゃ
勝手にここを出ることは許されんのじゃ( ̄ー ̄)ニヤ

完成して後数時間使っての感想ですが、安心感が全然違いますね。
りどみぃが階下に行く時に、みんとを待たせる時は、階段上の廊下で”ふせ”をさせて行ったりしたものですが、根っこに悪魔を飼っているみんとさんですから、いつ何時りどみぃを裏切って勝手に立ち上がるかはわからんところがありました。

それが、ゲートで遮られることによって、うっかり足を滑らせて落ちるという心配が無くなったのです。

自分で考えていた以上に、それまでのりどみぃはみんとの事を案じていたようで、下に行った時にも1秒でも早く用事を済ませようとしていた焦っていたらしいです。
たとえば、何か必要な物を取りに行った時でも、いつも心の中では気ぜわしく、「えーと、えーと、えーと」というリズムを刻んでいました。しかし、みんとの安全が確保されてからは、「え・・・と、何を取りに来たんだっけ・・・?」というのんびりした心境になっていたのです。

のんびりして初めて、今まで焦っていたことを実感しました。

「こんなに心底安心できるなら、もっと早く付ければ良かったね」と語り合った、じじくんとりどみぃなのでした。

|

« 君は何を狩るのか | トップページ | 1個より2個、1回より2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/21344392

この記事へのトラックバック一覧です: みんとの関所:

« 君は何を狩るのか | トップページ | 1個より2個、1回より2回 »