« わんこのバナナシフォンケーキ | トップページ | おつかいわんこ »

2008年6月 6日 (金)

ネコタイヤ

 燃費が良い走り・・・のエコタイヤならぬ、ネコタイヤ。
我が家で言うところのネコタイヤとは、猫のプリントらしき浮き輪のことでございます。

猫・・・ですよねぇ。どう見ても。(− −;)

しかし、猫は水が苦手だろう・・・という突っ込みはさておき、これはみんとがアジリティーのタイヤの練習の為に買った物なのです。

 最初のアジリティーのレッスンの時、ハードルは跳べるのに、高さとしては変わらないタイヤを跳ぶのは苦手だったみんとさん、先生は「動くのが嫌なんでしょう」と仰っていました。
タイヤは鎖で四方から張っていある形で、ちょっと触れただけで揺れるからです。

山中湖では浮き輪を使った用具を跳んでいたし、レッスンの時もごほうびで誘導し、一応またぐと言うか、通り抜けることは出来たのですが、おっかなびっくり。出来れば通りたくないという感じでした。

そこで、いつ何時でもためらいなく跳べるように、お家で練習したかったのですが、タイヤなんて無いので、浮き輪で代用することに。
ホームセンターでなるべく内径の大きなのをと探したら、これが60cmで、売っている商品の中では一番大きい物のひとつだったわけです。

 家での練習は、腕で作った輪を跳ぶ芸を教えた時と同じように、一番低い&動かないようにして、みんとがタイヤ(浮き輪)を通り抜けることが平気になるように慣らしました。

通り抜けると美味しいごほうびがもらえるという法則を理解すると、1回の練習では右から通る、左から通ると往復するしかしないので、片付けられて届かない場所にある浮き輪をみんとが「あれやりたいな」と言いたげにじっと見たりするようになりました。

そこで、次は浮き輪を手で指示して「タイヤ」と声をかけることに。
それにも慣れて来たので、今はタイヤを床から5cm程離した状態にして、少しばかり揺れてもためらい無く跳べるようになったところです。
跳んだ時に後脚が少しばかりネコタイヤに触れても振り返りもしなくなりました。

この練習で、本物の競技用のタイヤも跳べるようになると良いですなぁ・・・ヽ(´▽`)ノ

|

« わんこのバナナシフォンケーキ | トップページ | おつかいわんこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/21381954

この記事へのトラックバック一覧です: ネコタイヤ:

« わんこのバナナシフォンケーキ | トップページ | おつかいわんこ »