« 新しい迷子札 | トップページ | シープドッグのテリア »

2008年6月22日 (日)

人影、服装、しっぽ振り

 じじくんは週に1、2回公園を走るのを楽しんでいます。
健康の為もあるけれど、木々の緑が美しい公園で走るのは、たいそう気持ちが良いらしい・・・


じじくんお気に入りのコースの一部

一方、りどみぃとみんとも朝早く公園に行く事があります。
夕方長い散歩1回よりは、朝や昼間、折に触れて短い散歩を何回もする方がリーダーとして尊敬されるらしいと気がついてからは、意識して機会を作っています。

同じ公園を、りどみぃとみんとは歩き、じじくんは走るんですな。(^^;)
公園には何通りもの遊歩道がありますが、じじくんお気に入りのコースがあるらしく、そこを何周か走るので、りどみぃとみんとがたまたまそこを歩くと、追い抜いて行く事もあります。

みんとは思わずじじくんの後を追いそうになりますが、リードがぴん☆と張るとりどみぃが停まってしまうので諦めます。

置いて行かれて、ちょっと寂しそうな後頭がいいわぁ(☆☆)

散歩を終えたりどみぃ達は、公園の出入口付近でじじくんが走り終わるのを待ち、一緒に帰るのですが、待っている間、みんとはずっと木立の間に見える遊歩道の奥を見ています。

あっちからじじくんが来る・・・と解っていて、それをひたすら待っているらしいのです。

 じじくんを待っているみんとを見ていると、最初は人影を認識するのがわかります。
遊歩道の地平線(?)に人影が現れると、みんとがぴく☆っとなります。

1度その人影を認識すると、次はその人影が段々近付いて来るのを、目を離さずに見つめ続けます。
公園なので、人影はウォーキングをしている方々だったり、じじくんとは別のランナーだったりすることもありますが、みんとはいちいち注目しています。

人影が見え始めてから、10m程距離が縮まると男女の区別や体型の違いが判るようです。女性だとわかると、みんとのわくわくした背中の緊張感はふっ☆っとゆるみ、普通の「人が好き」状態になります。
しっぽをゆらゆら揺らして、その方が前を通り過ぎるのを見送ります。

人影が男性の場合は、「じじくんかな?」という気持ちを持ち続けるようで、なんとか見極めようとじっと近付いて来るのを待っています。
そして、その方の服装が見えるようになると、じじくんが着ていた物の記憶と照らし合わせて、本人かどうかを判断しているようです。
つまり、ランニングウェアだとまだ注目が続きますが、単なるスウェットの上下でウィンドブレーカーのウォーキングの方や、明らかにじじくんのウェアとは色が異なる場合は、性別判定から10mほど距離が縮んだところで見極めがつくようで、「じじくんじゃないや」と判断するとわくわくの緊張が緩みます。

 人影が男性で、かつじじくんの服装と似ている場合、みんととの距離が10mくらいになるまでは他人だとは気がつかないようです。(^^;)
服装での判断が済むと、かなりの割合で「じじくんだ、じじくんが来た!」と思っているらしく、しっぽの振り方は全開。おすわりしていても、足踏みして立ち上がりそうにわくわく感が盛り上がっています。

10m程手前になると匂いで判るのか、顔かたちがはっきり見えてじじくんではないと悟るのか・・・「あ・・・(・・)」と、みんとの声が聞こえて来そうな程、しっぽが一瞬停まり、がっかりした空気が伝わって来ます。

なまじすぐ近くに来るまで判断がつかなかった為に期待も大きくなってしまい、落胆の気持ちへの振り幅も大きくなってしまうようなのです。

基本的には「人が好き、犬が好き、猫が好き、鳥も好き(狩りたい)」みんとさんですから、じじくんでない男性ランナーにも応援のしっぽを振る事を思い出すのですが、その時はすでにランナーは目の前を通り過ぎており、後姿を見送りながらしっぽを力無く振っているので、哀愁が漂っております。

その分、本当にじじくんが現れた時は、この上なく喜んで幸せそうで、しっぽもちぎれんばかりに振り続けるし、跳びついて大歓迎の気持ちを表そうと、びょんびょん☆跳ねます 。

よかったね、みんと、じじくんが来て(^^;)

 
笑顔♪

|

« 新しい迷子札 | トップページ | シープドッグのテリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/21783356

この記事へのトラックバック一覧です: 人影、服装、しっぽ振り:

« 新しい迷子札 | トップページ | シープドッグのテリア »