« 苺の季節 | トップページ | ドッグ・カフェは経験だ »

2008年5月23日 (金)

階段落ち

 みんとが階段から落ちました。
いえ、上から下まで落ちちゃったわけではありません。段数で言えば、ほんの1段です。
でも、危険な遊びの時に恐れたように、階段を踏み外すということが現実に起こってしまったことにショックを受け、りどみぃとじじくんの寿命は10年くらい縮まったのでした。(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)

りどみぃが階段を上がって行く時、既に2階に居たみんとはじじくんと一緒に居た部屋から廊下へ勝手に飛び出し、階段の一番上から、りどみぃを見ようとしていたと思われます。

りどみぃは、階段の一番下に立った時、フローリングの床をひっかくようなみんとの爪音を耳にしたので、「みんと、待て!」と勢いを断とうとしたのですが、結局はみんとの右前足が階段の一番上を踏み外す格好になったらしく、横向きに寝るような形で1段落ちてしまったのです。

りどみぃは、下から両腕を前に差し出して、落ちて来たら受け止めるつもりで階段を駆け上がりました。
結果的には、幸いにも1段落ちただけで済みましたが、それは1番踏み代が広い部分に落ちたからです。もしも、曲がり階段の内側の踏み代が狭い方に落ちていたら、そのまま下までずだだだだだだだ★・・・と落ちていた可能性もあります。
骨折とかしたかもしれませんし、打ち所が悪かったらそれが原因で死んじゃったかもしれません。(TロT)怖すぎる・・・

 足の裏の毛が伸びていて滑ったのかと思いましたが、そんなに伸びてはいませんでした。
どちらかと言うと、肉球が硬くつるつる☆している感じです。多少はジェルを塗るなどしてお手入れしてぷにぷに☆感を取り戻せたとしても、やっぱりポストに届け物があったりした時、物音に反応したみんとが、再び部屋を飛び出すことはありそうです。

階段の上の廊下と階段の境、にゲートをつけることにしました。(ーー;)
階段上なので、またぐタイプのではなくて、片開きの開閉式の物をつけることに。
いろいろとタイプがあって検討しましたが、ベビーゲートとして売られている、敷居が無い物にしようと思います。

このタイプだと、壁に取り付けることになるので、ネジの穴が開くようですが、じじくんは、「みんとの安全の為なら、壁に穴なんか開いてもいい」そうです。

じじくんのみんとへの愛は、限りなく深いなっヽ(´▽`)ノ

|

« 苺の季節 | トップページ | ドッグ・カフェは経験だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/21125705

この記事へのトラックバック一覧です: 階段落ち:

« 苺の季節 | トップページ | ドッグ・カフェは経験だ »