« 猫社会を乱す犬 | トップページ | 丘の向こうに »

2008年5月13日 (火)

ここで待つわ7 鳴かなかった編

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん(2歳1ヶ月)は、待つのが苦手なので練習しています。

今までの経緯は、左にある「サイト内検索」の空欄に”待つ”とキーワードを入力していただけるとご覧いただけます。d(*^^*)

5月1日にコンビニCで、1度も鳴かずに待つことが出来ました。

ここは練習場所である公園内X地点、コンビニA、B、C、ドラッグストアの中で、1番条件的に厳しい所です。

みんとは、誰も来なければ待てる場合でも、誰か通ると「助けてください!」とばかりに鳴く傾向があるのですが、ここコンビニCは商店街に近く、お店の前の道路を通学路に使う学校も複数あるという、優しくて助けてくれそうな人がたくさん通る場所なのです。(ーー;)

そんな場所でも、りどみぃが「待て」と言ったら、助けを求めずにじっと我慢して待たなくてはいけません。
でも、これまで1度も鳴かずに待てたことはほとんどありませんでした。

 4月中、下旬は”1回だけ鳴いちゃうけど、後は鳴かずに待てる”状態が続いていました。りどみぃが「待て」と命じてからお店に入り、デザートや飲み物をてきぱき☆選んでお会計をして出て来るまでの間に一声だけ、「わほぉん」と遠慮がちな小さな声で、でも耐えられなくて泣きたい気持ちで鳴き声がもれちゃった・・・みたいな。(^▽^;)

それが、この日は1度も鳴き声を出しませんでした。
りどみぃは連れ去り等が怖い為、店内からでも常にみんとの方を見ているようにしているのですが、「あれ?誰も通らなかったのかな?」と我が目を疑っちゃいました。
というのは、りどみぃの目には、会計を済ませて店を出た人がみんとの横を通るのが見えていましたし、下校する中学生3人組がお店の前にいるのも確認してたんです。

「なぜ鳴かないんだろう?」と思いつつ、お会計を済ませた後、そっとみんとから見えないように店内から様子をうかがっていたら、みんとは目の前を通り過ぎる中学生をそのまま見送り(跳び付こうともせず、鳴いて呼び止めようともせず!)、おすわりしたまま、コンビニのドアからりどみぃが出て来るのを待っているようでした。
りどみぃの前にお会計を済ませた方が出て行っても、鳴きませんでした。

なんで鳴かないの~っ?!(・◇・;)

不思議なもので、鳴かないように練習していたというのに、鳴かないと気持ち悪い(?)くらいです。

理由は解らないままに、みんとのところに戻って気がつきました。
それまでなら、りどみぃが戻ると喜んで大興奮し、「待ってたんだよぉ」とばかりに跳び付こうとしたものですが、この時のみんとは静かに尻尾を振る程度で取り乱していませんでした。

お顔も大感激!という感じじゃなくて、落ち着いた表情をしていました。

どうやら、「待て」と言われたからちゃんと待っていたようです。
服従心が不安に勝ったのか、練習によって”不安を感じるまでの時間”が徐々に長くなってきていて、不安を感じないで待てたのかもしれません。
どうもそんな気がします。

と言うのは、この後、もう一度、別の日に、銀行の前で鳴かずに待つというのが出来ましたが、その翌日に1時間ほどペットショップに時間預かりで預けたところ、帰り道に寄ったコンビニBでは1回鳴いてしまいましたし、りどみぃが戻った時には喜んで跳び付こうとしました。

 みんとさんが待つ時に”不安を感じるまでの時間”の長さは、その日の状況や心理状態によって微妙に変化するようなのが良く解りました。

一進一退(?)しつつも、じわじわと前進している・・・そんな手応えを感じる今日この頃なのでした。ヽ(´ー`)ノ

|

« 猫社会を乱す犬 | トップページ | 丘の向こうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/20903107

この記事へのトラックバック一覧です: ここで待つわ7 鳴かなかった編:

« 猫社会を乱す犬 | トップページ | 丘の向こうに »