« ここで待つわ 待てない原因編 | トップページ | ここで待つわ2 さりげない方法編 »

2008年4月15日 (火)

カルビは置いて行きます

 動物病院に経過を診ていただく為に行ったのは、午後の診療開始時間である4時頃だったので、実際に診察を受けてから家に戻ったのは、5時頃でした。

病院に行ったのがみんとだけなら、自宅前の駐車スペースに車を止めてみんとを車からおろし、そのまま1度も家に入ることなく、散歩に行ったことでしょう。
しかし、病院へはオカメインコのぴこちゃんもバスケットに入って同行したので、家の中の鳥かごに戻してやらなくてはなりません。

りどみぃは、みんとのリードを玄関ドアのドアノブにかけて、「待て」と命じて独りだけ家の中に入り、ぴこちゃんを餌や水や小松菜が用意されている鳥かごに戻してやりました。

その間、耳を澄ましても、外で待たせているみんとは、ひと声も鳴きませんでした。くんくん☆と鼻を鳴らすことさえ、1度もありませんでした。
しかし、本当は早く散歩に行きたくて行きたくてしょうがなかったようです。(^▽^;)

りどみぃがドアを開けて、腰のごほうびポーチ(チョークバッグ)から、骨付きカルビを1本出し、「鳴かずに待てて、いいこでした(*^^*)」と言って渡した時、1度はくわえて受け取ったみんとさん、それをそっと地面に置いたのでした。

あれ?みんと、カルビ食べないの?( ‥)

りどみぃに声をかけられて、先に立って行こうとしていたみんと、振り向いた顔には「それどころじゃないです!散歩、散歩に行かないとっ」と書かれていました。(ーー;)

どうやらカルビはそこに置いて行って、戻って来たら食べるプランのようなのです。

へ~っカルビは置いて行くんだ!(・・;)

 しかし、そんな物を玄関先に放置して出かけた後、もし猫やカラスが発見して「あそこにはいい物が落ちている」なんて餌場の1つにカウントされでもしたらいけないので、りどみぃは取り敢えず拾い上げておくことにしました。

と・・・りどみぃがカルビを拾い上げるのを見たみんとさん、「いや、回収される位なら、食べて行きますので!」とりどみぃの手元にお鼻をちゅん☆と当てました。
りどみぃが、「あら、やっぱり食べるの?」と渡すと、今度はばりばり☆と積極的に食べ始めました。

その食べ方の早いことと言ったら!
骨を食べているとは思えない・・・人間がおせんべいやあられを食べる時のような、ばりぼり☆という力強くも軽快なリズムの音が周囲に響き渡りました。

うひょ~(^▽^;)

急いで散歩に行きたいみんとさんのそこまでの心情を汲んで、りどみぃはみんとが食べ終わると、直ちに散歩に出発しました。(^▽^;)

|

« ここで待つわ 待てない原因編 | トップページ | ここで待つわ2 さりげない方法編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/20212751

この記事へのトラックバック一覧です: カルビは置いて行きます:

« ここで待つわ 待てない原因編 | トップページ | ここで待つわ2 さりげない方法編 »