« プレッシャー係 | トップページ | アレルギーのぷちぷち☆ »

2008年4月10日 (木)

栄養失調のオカメインコ

 「栄養失調ですね」と動物病院でぴこちゃんを診ていただいた時、りどみぃ驚愕の診断が下されました!

えええええええっ〜?(T▽T)

ナイスな環境に置いておくと、独り身でありながら卵をぽこぽこ☆生んでしまうオカメインコのぴこちゃん、餌や住環境を工夫したことで、今シーズンは1個も生まなくてしめしめ・・・と思っていたのに、それは栄養失調状態に陥っていたからだった!とな?(・△・;)

 4月6日の日曜日、ぴこちゃんのフンは、未消化の餌がそのまま排泄された形でした。
消化してない・・・消化力が落ちていると思われます。

しかし、食欲はあったので、特に心配していませんでした。4月1、2日頃にも1度こんなフンの状態になったことがあって、やはり食欲があって元気だったので様子を見ていたら、平常通りのフンの状態に戻り、以後は問題無くなっていたからです。

ところが、翌7日月曜日は、朝から食欲が無いらしく、餌を食べている様子がありませんでしたし、朝したばかりのフンも1つも見当たりません。
あるのは、乾いてしまった前夜の分のフンで、状態はツブツブのままでした。

実は、みんとも土曜日の朝に自分で右目をこすったらしく、目ヤニが多めに出ていたり、白目が赤くなっていたりという異常が見られましたが、昼前には目ヤニも少なくなり、赤さも取れたので「トリミング直前で一番毛が長い時だから、毛先が目に入っちゃったんだろう」位に思っていました。
その同じ目を、トリミングから戻った後でもう目に毛が入らないにも関わらず、日曜日の夜に再びかゆそうにかいているのを発見、まぶたの上に傷らしい赤い小さなぷつぷつ☆としたミミズ腫れのようなものが見られて、「これは明日動物病院で先生に見ていただく方が良さそうだね」とじじくんと話し合っていたので、病院には行く予定にしていたのです。

みんとの狂犬病予防注射や、フィラリアの予防の為の血液検査など、出来るようならばついでにお願いすることもありましたが、そんな来月でもいいようなことはさて置き、とにかくぴこちゃんです。
・・・鳥は食べなくなったら体力がすぐに衰えちゃうんですもの。
すぐに身支度を整え、ぴこちゃん、みんとさんを車に乗せて、りどみぃは動物病院に急ぎました。
そして、冒頭の「栄養失調」診断です。フンを検査しても、悪い菌などは見られず、体力的に衰えていることで消化も衰えてしまったらしいのです。

オカメって、オカメって・・・
セキセイインコや文鳥と同じような餌の内容だと、栄養失調になっちゃうのねん・・・( ̄□ ̄;)

道理でわざわざ”中型インコ”の餌とか、”オカメインコの餌”とかいう商品名で配合飼料が売っているわけです。
まぁ、ぴこちゃんもこういうのを食べていて、それで栄養過多で卵を生みまくっていたので、ぴこにとってはそのままだとそれはそれでいけなかったのですが、りどみぃがやり過ぎてしまったらしい・・・

中型インコ用と殻付き餌とヒエにしとけば良かったのかな・・・(@_@;)

あと、小松菜も週に1度位はやっておけば良かったのかも・・・と、反省。
ごめんね、ぴこちゃん。(T T)

 消化を良くするお薬と栄養剤が処方され、リンゴジュース飲ませるようにとのことでした。
お薬のおかげか、ぴこは帰宅後すぐに食欲を取り戻し、りどみぃが入れてやった小松菜も、ばりばり☆食べていました。それらを食べたことによるフンは前のように消化された良い状態で、このまま投薬を続けて、次回は金曜日に体重が増えているかどうかなど、状態の変化を見ていただくことになっています。

|

« プレッシャー係 | トップページ | アレルギーのぷちぷち☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/20113050

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養失調のオカメインコ:

« プレッシャー係 | トップページ | アレルギーのぷちぷち☆ »